ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    滝沢秀明

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所の子会社『ジャニーズ・アイランド』滝沢秀明代表取締役社長による“中居正広追放”が、恐ろしいスピードで進んでいる。

    中居は6月に契約更新できず、9月に解雇されるのではないかといわれているほどだ。

    n


    「中居は『滝沢が偉くなったらオレは辞める』と以前から言っていますから、中居自身が自ら辞めるかもしれません。
    しかし、中居が残ろうとしても解雇される可能性もあります。
    滝沢がクビにするのです」(ジャニーズライター)

    中居と事務所との契約は、今年の9月8日まで。

    その3カ月前の6月初めまで契約の意思を示さなくとも、自動的に更新する仕組みになっている。

    「つまり話し合いなどせず、黙っていても契約更新になるわけです。
    ただ、そこが怖いところです。
    1年契約ですから、自動更新する意思を伝えても、事務所が『契約しない』ということもできる。
    滝沢は、中居に対して6月で自動更新せずに9月で解雇するのではないかという話です」(同・ライター)

    何と言っても、今、ジャニーズタレントの人事権を持っているのが滝沢社長だ。

    滝沢社長が中居を嫌っているのは有名な話だけに、解雇という強硬手段に出ることも考えられる。

    「滝沢が人事権を掌握してからというもの、ジャニーズ内にさまざまなことが起こっているのは周知の事実。
    業界内も“滝沢恐怖政治”に驚き一色です。
    特に中居に関しては一日でも早く追放したいのでしょう。
    異様な速さで“中居切り”が進行しています」(同)

    https://myjitsu.jp/archives/74569

    所長見解:出るんやろ・・・

    【【9月解雇決定】中居正広がジャニーズと契約解除説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『ジャニーズ・アイランド』社長である滝沢秀明が頭を悩ませている問題があるという。

    『TOKIO』をどうやって解散に持っていくのか、いい手が見つからないらしいのだ。

    「『嵐』は2020年末に活動休止が決まったばかり。
    人気のピークを過ぎているし、活動停止という形に持っていくことに成功しました。
    リーダーで人気のない1学年上の大野智を不要だと判断。
    会見では大野自身が『前から脱退する気持ちがあった』というニュアンスを伝えていましたが、確実に滝沢の圧力でしょう」(ジャニーズライター)

    滝沢は年長者が嫌いだ。

    大野は1学年上。櫻井翔は同学年。相葉雅紀、松本潤、二宮和也は1~2学年下だ。

    「櫻井は無能なキャスターですが、東京五輪の日本テレビ代表リポーターに決まっています。
    その後、仕事を与えなければいい。
    だから20年で活動休止にしたという話もあるほど。
    年下の松本と二宮は俳優として木村拓哉の後継者にする。
    相葉はレベル落ちなので何でも要員です」(同・ライター)

    j


    キーマンは長瀬

    ところが『TOIKIO』の場合、そう簡単にはいかない。

    先輩でもあり人気も人望もある長瀬智也を、簡単にはつぶせないからだ。

    「長瀬は10代からグループと平行してソロアイドルとしても活躍。
    事務所への貢献度は滝沢よりはるかに高い。
    しかもジャニー社長、メリー副社長の両方に気に入られている。
    だからタトゥーを入れたりしても一切の処罰がなかった。
    浜崎あゆみとの交際も認められていたし、彼自身のマスコミの評判も非常にいい」(女性誌記者)

    当然ながら、年上である長瀬は“反滝沢派”だ。

    「長瀬は一度、滝沢の下ではやりたくないので、別会社での活動を実質権者のメリー副社長に直訴。
    しかし、却下された。
    そんな中、中居正広は一気に2番組を切られ、木村拓哉は今やバラエティーをやらされ、ピエロ扱い。
    あくまで長瀬は、滝沢に対抗する意識です」(同・記者)

    それだけに長瀬がいる『TOKIO』は、滝沢としてもおいそれと活動休止には持っていけないようだ。

    「滝沢もメリー副社長に懇願し、『TOKIO』だけの別会社を作って移籍させることを考えているようです。
    完全に治外法権化して自分は関係なしにしたい。
    ワイセツ事件を起こして追放された山口達也を戻すのは、別会社の問題にしたいのです。
    それぐらい長瀬は、滝沢にとって頭痛のタネなんです」(同)

    今や“独裁者”の滝沢にも弱点はあったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1672627/

    所長見解:大変やね・・・

    【【TOKIO解散へ】長瀬智也 VS 滝沢新社長の結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    1月27日に開かれた記者会見以降、連日、嵐の活動休止に関する報道が続いています。

    その大半は、嵐の活動休止を悲しむ声や、彼らの素晴らしさを称えるものですが、飛び抜けて反響が大きかったのは、「無責任」質問に関する記事。

    ある記者の「『お疲れ様でした』という声もある一方で、『無責任』という指摘もあると思う」という発言に批判が殺到しただけでなく、「モーニングショー」(テレビ朝日系)の石原良純さんや羽鳥慎一さん、「バゲット」(日本テレビ系)の青木源太さん、「バイキング」の坂上忍さんら情報番組の出演者たちもこの発言に批判的なコメントを発しました。

    しかし、嵐の会見で見えた本当の問題は、いち記者による「無責任」質問ではなく、「メディアとしてどうなのか?」と思わせるところが多々あったことなのです。

    嵐の人間性や仕事やファンと向き合う姿勢は素晴らしいものがありました。

    それだけに、メディアに対する疑念が浮かび上がってしまったのです。

    s


    ■恋愛や結婚に触れる質問はなし

    ところが、今回の会見では恋愛・結婚に触れる質問はありませんでした。

    「全員アラフォーのグループに対して恋愛・結婚に関するフレーズはタブー」という状態は明らかに異常。

    「個人の意思を尊重する」という風潮の現代においては時代錯誤です。


    また、同じアラフォーで昨年、芸能界引退した滝沢秀明さんと退所した渋谷すばるさんの名前が出ないことも「不自然」と言われても仕方がないでしょう。

    大野さんは2人と「40歳を前に自分の人生を考え直した」という共通点を持ちながら、異なる道を選びました。

    2人と比較することで、より大野さんの思いを掘り下げるチャンスだったのに、それをしなかったのです。

    大野さんにとっても憶測を書かれてしまうリスクを回避できるだけに、「2人にふれるな」というジャニーズ事務所と「2人にはふれない」というメディアの閉鎖的なスタンスに疑問を抱かざるをえません。

    名前が出なかったことで「やっぱり」と思わされたのは、SMAPも同じ。

    大野さんが最初に相談を持ち掛けたのは2017年6月であり、SMAPが解散した2016年12月からわずか半年後のことでした。

    今回の会見でも、「人生を考えるうえでSMAP解散の影響はあったか?」という質問くらいはできるはずですが、いまだSMAPというフレーズ自体がタブーになっていることを再認識した人は多いでしょう。

    もし滝沢さん、渋谷さん、SMAPの名前をあげた質問があったとしても、自然体で聡明な嵐の5人なら、自分たちの言葉でしっかりコメントしたのではないでしょうか。

    もし返答に困る人がいたとしても、質問することでふだんとは異なる顔を見せてくれたはずであり、そういう取材をあきらめたかのようなメディアの姿勢には首をひねりたくなってしまうのです。

    ただ、これらの忖度をメディアに求めるジャニーズ事務所も、ジャニーズ事務所に忖度して避けるメディアも、「このまま前時代的な商慣習を続けていいとは思っていない」でしょう。

    ネットの進化によって人々の発信力が高まっているだけに、自分たちの利益を追求するような古い商慣習は批判され、影響力が弱まっていくことはわかっているはずです。

    その後、会見を取材していたメディアらが、「活動休止の真相」「結婚の可能性」などの記事を次々に報じました。

    しかし、どれも会見で質問して掘り下げられなかった分、表面的かつ憶測の多いものであり、もどかしさを感じてしまいます。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00263156-toyo-soci

    所長見解:さすがやね・・・

    【【圧力忖度】嵐、記者会見の禁止ワード「結婚」「SMAP」「滝沢」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    滝沢秀明氏ジャニーズアイランド代表取締役社長就任

    昨年末をもって芸能活動を引退した滝沢秀明氏(36)が、ジャニーズ事務所の100%子会社「株式会社ジャニーズアイランド」の代表取締役社長に就任したことが16日、分かった。

    社長“初仕事”として、今年春に開催するジャニーズJr.の単独ライブをプロデュースすることも決まった。

    t


    この日、都内で日刊スポーツなどの取材に応じた滝沢氏は、「人生初」という名刺を使い、「社長」として初めてあいさつした。

    「全然実感ないです。照れますね。一部スタッフからは『社長』とイジられてますが、これまでと変わらない呼び方がいいですね」と笑った。

    ジャニーズアイランドは、前日15日に設立したばかりの新会社だ。

    主にジャニーズJr.の舞台やライブなどのプロデュース、新人の発掘、育成などを行う。

    社員は十数人で、ジャニーズ事務所でJr.のマネジメントを行っていたスタッフらも出向する予定だ。

    同社の会長に就任したジャニー喜多川氏(87)からは「ユーが決めて」と滝沢に任されている部分が多いという。

    早速、社長としての“初仕事”も決まった。

    3月に横浜アリーナで開催されるJr.内グループSixTONES、Snow Man、Travis Japanそれぞれの単独コンサート(SixTONESは5月に大阪公演も開催)をプロデュースする。

    さらに、Snow Manへの新メンバー3人の加入も決めた。

    関西ジャニーズJr.向井康二(24)ジャニーズJr.目黒蓮(21)の実力派2人に加え、中学3年生のジャニーズJr.村上真都(まいと)ラウール(15)を大抜てき。

    プロデューサーとしての手腕を振るっている。

    滝沢氏は「ジャニーズJr.という枠にとらわれず、それぞれのグループにブランド力をつけられるようなライブにしたい」と話した。

    東京・原宿にあるジャニーズショップとは別に、Jr.に特化したグッズ販売店をオープンさせる予定もあるという。(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)  

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901170000013.html


    所長見解:どうなるのかね・・・

    【【ジャニーズ事務所】滝沢秀明氏、代表取締役社長就任ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年のジャニーズ事務所の注目の1つに『TOKIO』の元メンバー山口達也が復帰できるかどうか、という点がある。

    滝沢秀明新体制の“冷酷さ”に話題が集中している折、やはり山口の復帰は滝沢の手に掛かっているといえる。

    「滝沢は9月に発売された『週刊新潮』の単独インタビューで『ダメなものはダメ』と、明らかに山口を指し、復帰を否定しています。
    年長者嫌いで、ましてワイセツ事件を起こした山口を復帰させることは、おおよそ考えられません」(週刊誌記者)

    t


    しかし、コトはそう簡単ではない。

    「『TOKIO』のリーダー・城島茂は、前身である『城島茂バンド』から山口と組んでいて、
    山口の追放に今も納得してしません。
    山口とはたびたび会い、どうやって復帰の方向に持っていくか、頭を悩ませています」(ジャニーズライター)


    滝沢に相いれない人間が『TOKIO』にもう1人いる。

    グループでは最年少だが、滝沢より4歳年上の長瀬智也だ。

    「長瀬は、ジャニーズ事務所への貢献度でいえば、滝沢とは比べものにならないほど高い。
    下積みがなく『TOKIO』のボーカル、ギターとして長く活躍。
    それが一転、滝沢より下位の位置となり、滝沢の言うことを聞けというのだから、承服するはずないでしょう」(同・ライター)

    滝沢はジャニー社長、メリー副社長のお気に入りで知られるが、長瀬も事務所では数少ない両人のお気に入り。

    そのため、かつて浜崎あゆみとの公の交際や、そろってタトゥーを入れたことも黙認された。

    「長瀬はメリー副社長に直訴し、山口達也を戻すだけでなく、別会社での活動を申し出ています。
    自分の貢献度も考えてくれというわけです。
    別会社といっても系列会社ということです」(女性誌記者)

    「長瀬は一度、メリー副社長に“独立”を直談判して却下されています。
    その最大の理由は、やはり山口です。
    どんな形にしろ、事務所系列に戻せばジャニーズ事務所の処罰の甘さを批判されかねないからです。
    そこで城島と長瀬は、ひとまず『TOKIO』は関連会社に移籍。
    その上で山口をフリーで参加させる構図を描いています。
    ギャラの支払いは別会社だし、フリーなら誰を使おうが別会社の勝手。
    これは通るかもしれません」(同・記者)

    https://myjitsu.jp/archives/71530


    所長見解:無理やろ・・・

    【【滝沢体制下】TOKIOが企む「山口達也復帰」作戦がコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ