滝沢秀明

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月6日発売の「週刊文春」が、来年からジャニー喜多川社長の後継者として事務所後輩のプロデューサーとして活動する滝沢秀明について報じている。

    t


    それによると、来年早々には「ジャニーズ・アイランド」なる社名で、ジャニーズ事務所の子会社が設立され、滝沢は事実上のトップとなる予定だという。

    「この会社活動の第1弾としてジャニーズJr.の6人組ユニット『SixTONES』を売り出す予定だそうです。
    すでに、来春公開の映画『少年たち』への出演も決定。
    メンバーには、俳優の京本政樹の息子・大我もいて、彼は滝沢が長年続けてきた舞台の後継者との噂もあります」(芸能記者)

    新会社では、Jr.のプロデュースの他、映画監督や脚本家などを育成する養成所を新設。

    ジャニー社長直轄の“Jプロジェクト”と呼ばれているチームが動いているという。

    その一方で、Jr.のユニット「Love‐tune」の解散と全員の退所が発表された。

    その原因となったのは、ジュリー副社長の発案による契約書にサインするかしないかで揉めたからとある。

    「ジャニー氏は、新しいプロジェクトのことで頭がいっぱいで、メリー氏とジュリー氏の会社運営には興味がないようです。
    昔、SMAPを任せていた飯島さんに対しても“彼女は別会社”と言って口出しはしませんでした。
    そういう割り切り方をする人なんです」(芸能ジャーナリスト)

    世間が危惧するジャニーズ事務所の内紛はなさそうだが、ジャニー社長&滝沢とメリー&ジュリー副社長という分裂体制になりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1603150/


    所長見解:ゴタゴタ・・・

    【【新会社設立】滝沢秀明、メリー&ジュリー副社長と分裂の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    何かと問題のジャニーズ事務所だが、今、『嵐』の松本潤が急激に評判を上げている。

    これまで松本というと、俳優としてそれなりの評価は得ていたが、全体的な人間像は見えないところもあった。

    「仕事では、あまりたたかれることがないのは確か。
    櫻井翔の司会のヘタさ、相葉雅紀の演技のひどさはつとに有名。
    大野智は司会も演技もダメで、この3人のレベルは低過ぎ。
    相対的に二宮和也と松本は、実力以上によく見える。
    ちょっと得なところはありますね」(ジャニーズライター)

    松本とともに俳優の評価が高い二宮は、現在フリーアナの伊藤綾子と交際中。
    結婚目前とされ、『嵐』の中ではファン離れが加速している。

    「二宮は日本テレビの『news every.』『VS嵐』で、わずか二度、一緒に仕事しただけで伊藤と付き合い始めるという手の速さでヒンシュクを買っている。
    彼は、かつて長澤まさみ、佐々木希との同棲現場を押さえられ、伊藤で三度目。
    いくら何でも、もうファンは信用しませんよ」(同・ライター)


    交際復活で妙に男を上げる

    では、松本の素行がいいかというと、そうでもない。

    「女優の井上真央との交際は長く、結婚目前と見られていた。
    ところが1年以上前に話がプッツリ切れて、いつの間にか雲散霧消。
    その間にセクシー女優の葵つかさとの交際が浮上。
    一度別れた後、葵に変態癖をバラされたりもした。
    ところが松本は葵とのヨリ戻しを懇願し、交際復活。
    井上とは不透明のままで、注目は葵に移ったのです」(女性誌記者)

    j


    松本は葵にフラれた後、「どうしても会いたくなっちゃう」「忘れられない」と泣き付き、交際を見事に復活させたことも明らかになっている。

    「葵との復活は、単なるセ○レではなかったことのアピールにもつながった。
    それがファンの間でも評価されたのです。
    松本は井上との関係をウヤムヤにしているにもかかわらず、葵との交際で妙に男を上げた格好です」(同・記者)

    松本は昨年、ジャニー喜多川社長に事務所の演出責任者候補として名指しされた。
    さらに今年7月、西日本豪雨で被害を受けた広島県と愛媛県を1人で訪問。
    知事に義援金目録を手渡すなど、事務所は松本だけを妙にプッシュをしているフシもある。

    「結局、演出担当には滝沢秀明が引退して就くものの、松本は表向きの実動隊である俳優部門でトップになる可能性大。
    つまり木村拓哉を抜き、ジャニーズの演者一番手が松本ということです。
    滝沢新体制では、彼より年上は、みんな閑職へ追いやる方向。
    松本は2歳年下だからセーフ。
    松本にはすごい追い風が吹いており、葵と結婚すれば、それこそ美談だらけになるはず。
    滝沢とは仲がいいとは聞きませんが、今はネコをかぶるはず」(同)

    葵サマサマだ。


    https://myjitsu.jp/archives/66031 


    所長見解:そういうことか・・・

    【【葵問題】嵐・松本潤の評価が急騰した理由・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    突如、年内での芸能活動引退を発表した『タッキー&翼』の滝沢秀明。
    今後はプロデュース業など裏方に回るというが、ファンからは惜しむ声が続出。

    《タッキーほどのイケメンが裏方に回るなんて…》
    《せっかくのお顔がもったいない》
    《表舞台に出てなんぼの人でしょう》

    などといった反響が起こっている。

    滝沢はイケメン集団であるジャニーズの中でも、頭一つ抜けているイケメンだとファンの間でも有名。
    しかし一方で、ジャニーズの中には「なんでこの人がジャニーズなの?」「全然カッコよくないんですが…」と疑問を持たれる人も実は結構いる。

    j


    まずは『関ジャニ∞』の村上信五。
    彼は番組で共演しているマツコ・デラックスから“ブサイクいじり”をされることが定番で、
    「庶民ウケを狙ってブサイクに整形した?」とツッコまれたことさえある。

    番組スタッフが村上をイジることも多く、街中の若い女性に「関ジャニ∞の中で誰が一番好き?」というアンケートを実施。
    すると村上が圧倒的最下位となり、人気のなさが露呈してしまった。
    数少ない村上ファンはSNSなどで「ヒナちゃん(村上信五)の魅力は顔じゃないから!」「ヒナは内面が素敵だもん」と“フォロー”したのだが…。


    ジャニーさんでも見抜けなかったブサイク化

    続いては『Hey!Say!JUMP』の薮宏太。
    何と『Yahoo!JAPAN』で「薮宏太」と検索すると、関連ワードに「ブサイク」と出てしまうほど、視聴者からそのルックスに疑問を持たれている。

    先輩である錦戸亮主演ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)に出演し、錦戸をイジメる社員役を演じた際には、錦戸ファンからブーイングが続出したことも。
    このとき、「錦戸くんをイジメるこのブサイク許せない!」「このブサイクにムカつき過ぎて調べたら、まさかのジャニーズの後輩で笑った」といった声が上がっていた。

    ちなみに、薮を擁護すると、少年期は天使のようにかわいかったらしい。
    子供の成長後の姿を見抜きまくるジャニー喜多川社長でも、薮の成長後は見抜けなかったのだろうか。


    最後は、『A.B.C-Z』の塚田僚一。

    遅咲き苦労人のグループ『A.B.C-Z』の中で、現在大活躍を見せている彼だが、『Yahoo!JAPAN』で「塚田僚一」と検索すると、薮同様に「ブサイク」という関連ワードが。

    しかし塚田はジャニーズらしからぬノリの良さがウリで、バラエティー番組に出演したときなどは、一定の評価を得ている。
    だがジャニーズだと思われることも少なく、「お笑い芸人だと思ってた…」「完全に芸人顔じゃん。こんなのがジャニーズかよ」「この子だけは、“ジャニーズにしてはブサイク”のレベルじゃない」といった辛辣な声が上がってしまう。

    超絶イケメンのタッキーを裏方に回してしまうジャニーズ。
    顔面偏差値が下がらないか心配だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1522400/


    所長見解:少しはね・・・

    【【これはひどい】ジャニーズなのにブサイク過ぎる3人がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所が滝沢秀明体制になってからというもの、毎日のように滝沢の“強権ぶり”がもれ伝わっている。

    今度はマスコミ各社宛てに「元SMAPの表記を使うな」と、一斉通告してきたというのだ。

    「実際、スポーツ紙や月刊女性誌、女性週刊誌などには事務所からFAXなり、担当者にメールで届いたようです。
    ただし男性週刊誌には、そんなものが来たなんて話は聞きません。
    だいたい『SMAP』であれ、『元SMAP』であれ、それを使ったからって何だというのでしょうか。
    意地悪な週刊誌は、そんな話を聞いたら、今後ますます使うでしょう」(週刊誌編集者)

    “SMAP禁止”は正直、今さらな話とも言える。
    解散直後に事務所はメンバーに対して『SMAP』の名と楽曲は新しい仕事で使うなというお達しがあった。

    「でも、そんなのなし崩しでしょう。
    法律じゃあるまいし、名前を使う使わないで自分たちの活動が制限されるのはおかしい。
    それこそ滝沢の独裁です」(ジャニーズライター)

    すでに出されている禁句の文言を、なぜ再び滝沢は使わないよう通達したのか――。
    どうやら滝沢は“かつての栄光人間でもそれは過去のもの”、“自分の体制では何ら功労や栄光は関係ない一兵卒である”、そんなことを示したかったようなのだ。

    t


    独裁事務所・タッキーズ

    「滝沢はすでに『50歳定年制』を打ち出しているといわれています。
    夢を売る男性アイドルですから、SMAPの残党も事務所のいちタレントということで、過去の栄光を捨てて出直し。
    そういう意味が『SMAP使用不可』に含まれているようです」(女性誌記者)

    しかも、このルール徹底は間違いなく、中居正広と木村拓哉の力を削ぐためのものだという。
    過去に出演した大ヒットドラマ、楽曲での栄光は、すべて『SMAP』在籍当時のもの。
    いつまでもすがらせるわけにはいかないのだろう。

    「滝沢の本音は、天敵・中居はもちろんのこと、彼は木村の勢いを削ぎ、両者を事務所の閑職に追いやるのが狙いです。
    滝沢による『SMAP禁止令』は、自分の体制を盤石にするための強権発動でしょう」(同・記者)

    中居も木村も完全にロックオン状態だ。

    https://myjitsu.jp/archives/64928


    所長見解:怖いね・・・

    【【ジャニ新社長】滝沢秀明氏「おまえら『SMAP』使うの禁止な」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    盤石に思われた”ジャニーズ帝国”に、いま「亀裂」が走っている。
    内部分裂に繋がりかねない、造反の種が芽吹きつつあるという。

    「ファンたちの間で、TOKIO・長瀬智也(39)がジャニーズ側にTOKIOの事務所を設立したいと申し出たという噂が話題になっています。
    TOKIO・山口達也(46)の追放で『鉄腕DASH!』(日本テレビ系)は視聴率が低迷。
    彼らのメインである、音楽活動も山口なしでは休止状態です。

    男気のある長瀬は、現体制よりも山口を復帰しやすくするため、自由に動けるTOKIO専門の事務所を作ろうと相談したというのです。
    正確には”独立”ではなく、エージェント契約を結ぶマネジメント会社のようなものだと思われます」(女性週刊誌記者)

    この噂が出た背景には、9月にジャニー喜多川社長(86)から”後継指名”を受けて電撃引退をした滝沢秀明(36)のある言葉があるという。
    滝沢は2018年10月4日号の『週刊新潮』(新潮社)でTOKIO・山口をはじめとする不祥事を次のように批判している。

    「これらの件については、僕は誰もが思うのと同じ感情を抱いています。
    ダメなものはダメだ。反省すべきところは反省すべき。
    ただ、それは別に会社が教えるべきことでもないとも思いますが。
    自分自身が、社会人として当然、学ぶべきことだったんじゃないかな、と」(引用)

    y


    ”教える”とか、”社会人として”など、たしかに後輩の意見とは思えない”上から目線”ではある。
    滝沢といえば、SMAPの独立騒動の時も、『事務所に感謝するのは当たり前。それをわからなかったら(SMAPメンバーは)アホでしょう』と事務所側に立つ発言をして物議をかもした。
    体育会系気質の長瀬としては、この発言も鼻についたのは想像に難くない。
    不祥事を許さない滝沢らの体制では山口の復帰がより厳しくなると考えたのかもしれない。

    「長瀬の提案は事務所にうまくかわされ無かったことにされるとは思います。
    しかし、問題は長瀬に続いて事務所に不満を持つ空気が蔓延してしまうことです。
    蟻の一穴のように、造反の声が続出することも懸念されます」(前出記者)

    屋台骨のSMAPが2016年12月の解散して以降、山口やNEWS・小山慶一郎(34)らのスキャンダルが続出。
    現在主力の嵐にも結婚ラッシュの波が来ようとしている。
    その一方で、独立した稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(41)が『新しい地図』で時代にマッチしたwebやCMで好調に活動している。
    上世代が詰まってる上、ネットすら解禁されないジャニーズの現況に不安を感じるジュニアたちも多いという。
    これでは独立を考える”造反”が起こっても不思議ではないだろう。

    ネット時代の大きなうねりの中、ジャニーズと男性アイドルの今後がどう変わるのか。
    行く末を見守りたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1540691/ 

    所長見解:ボロボロやん・・・

    【【TOKIO独立へ】長瀬智也を追い込んだ滝沢秀明新社長問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ