ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    滝沢秀明

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(37)が、辞めた者に対してこれまで以上に圧力を強める可能性があるという。

    とくに9月末で『関ジャニ∞』を辞めた錦戸亮(35)に関しては、特別な“お触れ”を出すというのだ。

    n


    「錦戸は辞めたあとの動きというべきか、下準備がすごい。
    10月からコンサートチケットを売り出し11月はじめにはライブを終えたところもある。
    11月いっぱい全国ツアーを開催。
    綿密に練った独立計画だったことがわかります」(ジャニーズライター)

    独立の翌日10月1日に事務所を設立。

    オフィシャルサイト、ファンサイト、ツイッターなども立ち上げ、個人事務所としての形もでき上がっていた。

    特筆されるのはオフィシャルインスタグラムのフォロワー数がいま(11月23日現在)、100万人ちょうどに達したことだ。

    「11月中に主要都市の全国ツアーを終え、その後12月にアルバムを発売。
    これも完成済みらしく、予約販売されています。
    9月末までジャニーズにいたのに用意周到過ぎ。
    異常なほど展開が早い」(前出・ジャニーズライター)

    12月11日、自主レーベル『NOMAD RECORDS』からアルバム『NOMAD』を発売予定。

    これが1stアルバムとなる。

    「錦戸は今年になっていきなり辞めることになったのではなく、昨年、その前から独立説が出ていました。
    今年になってジャニー喜多川氏の容態がよくなく(7月死去)、独立延期していましたが、
    いまの動きの早さを考えると、相当前から独立準備していたと見るのが普通。
    ジャニー氏のことがなければ、もっと前に辞める気だったのかもしれません」(音楽雑誌編集者)


    それにしても錦戸は、なぜ、こうも素早く再活動ができたのか。

    「ジャニーズ事務所を追放された元『KAT-TUN』赤西仁(35)が相談役だといいます。
    2人はジャニーズ時代から仲がよく、今回の独立を赤西が支援。
    スタッフまで出しているのだとか。
    事実、11月12日、都内の会場でおこなわれた錦戸のライブに赤西がお忍びで訪れている。
    “あぶれ者同士”の絆は強いみたいです」(前出・音楽雑誌編集者)


    赤西といえば、滝沢副社長の大のお気に入りとされる『KAT-TUN』の亀梨和也とは大の不仲。

    体制ベッタリでゴマすりの亀梨と対立。

    赤西も引導を渡されたクチだ。

    「錦戸が見つけたのか、赤西なのかはわかりませんが、錦戸の後ろにはメディアミックス企業A社がついているとされます。
    A社は、今後音楽に力を入れるために、錦戸をその核にするともいいます。
    A社グループの売り上げは、ジャニーズ事務所の売り上げ1000億円を上回ります」(レコード会社関係者)


    錦戸は『関ジャニ∞』時代、バラエティー色の強い村上信五(37)をメインに据える事務所の方針に猛反対だったという。

    「錦戸、赤西は事務所の不満分子である若手を今後引き抜くことを考えているみたいです。
    当然、滝沢氏としては外部でガンになりそうな錦戸を、早めに潰しにかかりたいのです」(前出・ジャニーズライター)


    事務所を辞めても、滝沢氏との抗争は続きそうだ。


    https://k-knuckles.jp/1/9346/2/

    所長見解:そやね・・・
    【【ジャニーズ事務所】滝沢副社長が錦戸亮に圧力説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「滝沢氏は子会社の社長であっても本社の重役級、常務クラスの立場ではないかと見られていましたが、それを超える大出世となりました。
    副社長ということはタレントの採用、人事、営業、賞罰など、すべてを掌握することになるでしょう」 

    ここで注目なのが、タレント部門最年長の〝マッチ〟こと近藤真彦だ。

    今回の人事で、近藤は末端の取締役にも入れなかったという。

    「マッチは、もう何年も仕事らしい仕事をしていません。
    ただメリー新会長のお気に入りなので、当面、籍を置いておく方針。
    マッチには、これまでの長年の功労者給金として、毎年数千万円が支払われていたそうですが、滝沢氏の意向で来年からは半分に減額。
    メリー氏にもしものことがある場合は辞めてもらうつもりです。
    ジュリー新社長はマッチシンパでもなく、滝沢氏に同意するといわれています」(同・ライター)


    タレント部門の序列は滝沢副社長、東山紀之、『嵐』松本潤……だとされる。

    木村拓哉は末端の子会社社長候補。

    中居正広は追放要員。

    やはり意外なのが東山だ。

    h


    「東山も長期的にはタレント部門から外れていく方向です。
    その昔、ジュリー社長と東山がともに独身時代に〝結婚説〟がありましたが、完全な作り話。
    ジャニーズを知らない人間がテキトーに書いただけです。
    ジュリー社長は活字にできない理由で東山が大嫌い。
    滝沢副社長はジュリー社長の意向を受け、ジワジワと東山を外しにかかるでしょう」(女性誌記者)

    https://myjitsu.jp/archives/96079

    所長見解:理由・・・

    【【衝撃暴露】ジャニ―ス事務所・新社長ジュリー氏が東山紀之を大嫌いな理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニー喜多川氏(享年87)の逝去に際し、身内だけの「家族葬」が7月12日に執り行われたが、〝マッチ〟こと近藤真彦の正式コメントが波紋を呼んだ。

    マッチは「長男でいながら……」と心痛の内容を発表。

    しかし、本人は長男を名乗りながら、出棺の際に遺影を持って車に乗ったのは『ジャニーズアイランド』代表の滝沢秀明氏だった。


    t


    「滝沢氏がメリー副社長の意向で遺影を持ったのです。
    遺影を持つのは親族の代表ですから、滝沢氏も勝手に持つことはできない。
    メリー氏がそうしたのでしょう。
    となると、長男を名乗ったマッチはどうなるのか。
    あくまで〝自称・長男〟です。
    葬儀で実質の長男が滝沢氏であることが、はっきり分かったわけです」(ジャニーズライター)

    本サイトは、これまで圧倒的な速さでタレント部門のトップは滝沢氏、2位は東山紀之…と報じてきた。

    葬儀後はスポーツ紙、大手週刊誌サイトも「序列1位・滝沢氏、2位・東山」に変更している。

    これまでマスコミの間では1位・近藤、2位・東山と妄信的に報じられてきた。

    「葬儀後、マスコミ各社はマッチを序列3位に落としていますが、『まいじつ』は、すでに3位は『嵐』の松本潤としています。
    いつも『まいじつ』の後追い記事を出す週刊誌サイトAは、『マッチは不要人物』とまで書く始末。
    各社、今度は3位を松潤に訂正するでしょうね」(同・ライター)


    故人の意思を汲むなら…

    他社の追随はさて置き、今後、注目なのは稲垣吾郎らの『新しい地図』だ。

    本サイトは稲垣らは「家族葬」には呼ばれないと報道。

    その通りになった。

    このあとは、後日に行われる予定の「お別れの会」に草彅剛、香取慎吾を含めた3人が出席できるかどうか。

    それとともに3人の所属事務所の社長であり、元『SMAP』のマネジャーだったI女史も列席を許されるかどうかだ。

    「稲垣らには連絡はいくという話です。
    ただ騒がれるので、お悔やみの弔電かもしれません。
    I女史に関しては厳しい。
    メリー副社長がクビにしたので『出てほしい』というのもおかしな話。
    生前、ジャニー氏はI女史を評価していたので、そこが救いとなり出席の可能性もあります」(女性誌記者)

    何はともあれ、最後はきれいに故人を送ってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1927510/

    所長見解:タッキ―なんやね・・・
    【【これはつらい】「長男」近藤真彦、ジャニーズ内の序列がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズを率いたジャニー喜多川社長が亡くなり、所属タレントが次々と追悼のコメントを寄せている。

    TOKIOの国分太一はMCを務める「ビビット」(TBS系)の生放送で、ジャニー氏への思いを涙ながらに語った。

    少年隊の東山紀之は「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)で、故人との思い出を振り返っている。

    メリー喜多川副社長から「ウチのトップ」とされた近藤真彦もまた追悼のコメントを発表した。

    だが、このコメントが思わぬ波紋を呼んでいる。


    j


    マッチのコメントは闘病中のジャニー氏とのエピソードを明かし、氏の強さと優しさを改めて示している。

    そして「長男でいながら、何度も泣いちゃいいました。叱られそうです。ジャニーさんありがとう」と感謝の気持ちを綴った。

    「この『長男でいながら』という部分が注目を集めています。
    マッチはジャニーズに在籍しているタレントの中では最古参で、その意味では確かに長男です。
    ただ、昨年、滝沢秀明がジャニーさんに後継者として指名されてから、タレント出身者内の序列は下がったと一部マスコミが報じています。
    以前は近藤、東山、滝沢の順だったのが、今は滝沢、東山、近藤と格下げされたとか。
    滝沢は、カーレースに夢中のマッチを事務所に必要ない人間と考えているとも。
    『長男でいながら』発言は、自分がトップであると世間に誇示したかったのではないでしょうか」(芸能関係者)

    ネット民も「マッチの必死さがにじみ出てる」「タッキーとヒガシを牽制してる」とザワつく事態に。

    今後、ジャニーズ事務所の権力争いはますます激しくなりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1922658/

    所長見解:楽しみやね・・・
    【【仁義なき戦い】ジャニーズの権力闘争が勃発の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川さん(享年87)について、ジャニーズの“次男”東山紀之(52)が、メインキャスターを務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!」で“長男”近藤真彦(54)、“後継者”滝沢秀明氏(37)とともに過ごした最期の病室の様子を明かした。


    j


    “子供たち”約150人で行った「家族葬」から2日がたった。

    悲しみは、そう簡単には癒えない。

    東山は番組で、胸に残る後悔を明かした。

    ジャニーさんは9日午後4時47分、息を引き取った。

    「3分から5分遅れて行ったんですが。
    既にマッチさん(近藤真彦)と滝沢(秀明・ジャニーズアイランド社長)が号泣していて、ああ…間に合わなかったなと。
    『間に合わなくてホントごめんなさい』と」と悔やんだ。


    病室でジャニーさんに寄り添う近藤に代わり、亡くなったばかりの“父”の手を握ったという。

    「まだ温かくて、心臓が止まったようには見えなかった。
    このまま起き上がって『ユー、何しているの』と言いそうな雰囲気だった。
    それがジャニーさんとの最期だった」と振り返った。


    一代でアイドル帝国を築きながら、“裏方”に徹して生涯を終えたジャニーさん。

    「ユーお魚の食べ方うまいね。プロ級だよ」というのが、唯一、褒められた言葉だったという。

    東山はその姿を思い浮かべながら「ジャニーさんとの出会いによって、ここに存在しているわけですから、やっぱり親だと思う。
    これだけ顔も知らない、声も知らないのに、でもこんなに知られている人って世界にいないんじゃないか。
    いつも期待していてくれて、見守ってくれていた」と感謝の思いをかみ締めた。


    https://news.livedoor.com/article/detail/16774785/
    スポーツ報知

    所長見解:どうなるのかね・・・
    【【衝撃告白】ジャニーさん、最期の病室の様子がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ