滝沢秀明

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ滝沢秀明副社長が激怒!?


    手越祐也“くん付け会見”許さん…

    先ごろ、長らく所属していたジャニーズ事務所からの退所について記者会見した元『NEWS』の手越祐也。

    各ワイドショーでも大きく取り上げられたが、「失敗だった」という意見ばかりが目立っていた。

    「とにかくヒドい会見でした。
    芸能界追放どころか、一般社会でも相手にされないことが分かりましたね。
    今後、彼を使うテレビ局なんてないでしょう」(芸能記者)


    自粛期間中に女性を集めて飲んでいたことは問題だが、他方で、世のため人のために介護に関わる仕事を始めるなら、それはそれでスバラシイこと。

    もちろん、それが本当ならばの話だが…。


    何と言っても、手越の言葉の端々にはどこか偉ぶったぞんざいな態度が見受けられた。


    今回、手越を事実上クビにしたとされる滝沢秀明副社長に対し、

    「滝沢くんと会って話したかった」
    「滝沢くんとの対立はない」
    「滝沢くんには感謝しかない」

    ……など、立場の違いを理解しているとは思えない〝滝沢くん〟呼びを連発。

    周囲をアゼンとさせた。

    t


    一発ホンバンの会見で気持ちが大きくなった!?

    「事実上のクビですし、契約解除された身ですから滝沢くんでもよかったのでしょうが、会見にいた取材陣は『2人って年齢近かったっけ!?』と思ったほど。
    ジャニーズでは年齢が上でも〝くん付け〟はごく普通のこと。
    でも年齢を確認すると手越は6歳も下。
    まして滝沢氏は今、1000億円近い売り上げを誇るジャニーズの副社長。
    たかだか手越に〝滝沢くん〟呼ばわりされる筋合いはない。
    滝沢氏の怒りはすごいといいます」(ジャニーズライター)


    手越としては、中居正広が6月28日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した際に指摘したように、一発ホンバンの会見で気持ちが大きくなったせいもあったのかもしれない。

    「とはいえ、いかにも対等な口ぶりで、自分の力を誇示したかったところはあるでしょう。手越はいろいろ言い訳を作りましたが、〝滝沢くん発言〟が一番、滝沢氏が目をヒン剥いたといいます。
    社会通念からいっても、手越のような下っ端が滝沢氏にあのような表現は使うべきではなかった。
    滝沢氏はテレビ関係者の間から〝スゴウデ〟として知られていますが、滝沢氏から手越への圧力があったら絶対使わないでしょうね」(女性誌記者)


    こうなった以上〝ガンバレ手越くん〟としか言いようがない…。


    https://myjitsu.jp/archives/123367

    所長見解:しゃあない・・・

    【【これは干される】ジャニーズ事務所・滝沢秀明副社長が手越に激怒の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    手越祐也、滝沢副社長との対立否定「感謝しかない」「手越大丈夫か?と心配してくださった」


    19日にジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」の手越祐也(32)が、23日夜に緊急会見を行い、その模様を自身のユーチューブチャンネルで生配信した。


    t

     
    「退所する際に滝沢(秀明)副社長と話ができていなかった」ことについて聞かれた手越は「本音を言っちゃうとショックだなという思いはあります。
    破天荒ですけども、こだわりはもって活動してきたので、会ってほしかったなという気持ちはあります」と率直な思いを吐露。


     
    「ただ、雑誌とかで書かれていた『滝沢くんと対立』なんてことは一切ないし、なんなら『タッキー&翼』でアイドルとして同じ立場で活躍されていて、タレントの気持ちをわかってくださる方なので。
    共通の友人を通じて『手越大丈夫か?』と心配してくださってもいた」と明かした。


     
    「僕のことを心配してくれた滝沢くんには感謝しかないし、かっこいい先輩ですしジャニーズを背負っていくお方だと思う。
    もし今後お会いできる機会があるなら、できることがあるなら一緒にしたいですし、手伝えることがあったらさせてくださいと話したいです」と前向きに語った。
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/23/kiji/20200623s00041000448000c.html



    所長見解:干される・・・

    【【衝撃告白】ジャニーズ事務所退所の手越祐也、滝沢副社長との対立がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    NEWSの手越祐也(32)がジャニーズ事務所を退所する意向を固めたことが26日、分かった。

    新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に何度も外出。

    期間限定ユニット「Twenty★Twenty(通称トニトニ)」のメンバーから外され、さらに無期限の活動休止という新たな処分がこの日、発表された。

    一連の処分に反発した手越が、独立を決断した形だ。

     
    無期限の活動休止という新たな処分が下された手越。

    今後、事務所側と協議するとみられるが、気持ちは退所で固まっている。


    t

     
    知人によると、手越はすでに個人事務所の設立を準備中。

    退所後は自身の知名度を生かして「実業家になりたい」などと話しているという。

     
    退所決断の背景にあるのは処分への不満だ。

    特に「トニトニ」のプロデューサーを務める滝沢秀明副社長(38)に強く反発しており「自分をトニトニのメンバーから外す処分を主導したのが滝沢さんだと思い込んでいる。
    今後も“滝沢体制”が続くのなら出て行ってやるよということ」(知人)という。

     
    手越は緊急事態宣言中の4月下旬に女性を伴い外出していたことが判明したため、今月13日に発表されたトニトニのメンバーから外れた。

    これまでも軽率な行動を繰り返し、そのたびに注意を受けてきたが、改心する様子がないと判断した事務所としては「我慢の限界だった。
    トニトニのメンバーから外したのは、次に問題を起こしたら退所の覚悟が必要だというイエローカードの意味合いがあった」(ジャニーズをよく知るテレビ局関係者)という。

     
    それでも、23日未明に都心で複数の男女と飲み会を開いていたことなどがウェブサイト「文春オンライン」で報じられた。

    事務所が本人に確認したところ「一部、事実関係に相違がある」ものの、酒席への参加自体は認めたという。

    事務所は26日、公式サイトで処分を発表。

    「すべての芸能活動の自粛もやむを得ないものと判断するに至りました」と説明した。

     
    手越はこの日をもって活動を休止。

    レギュラーを務める日本テレビの人気番組「世界の果てまでイッテQ!」の出演も見合わせる。

    年間視聴率3冠王の同局をけん引する同番組に13年にわたって貢献してきたが、退所が決まればそのまま降板することになる。

    コロナ渦での電撃的な退所劇は物議を醸しそうだ。

     
    ◆手越 祐也(てごし・ゆうや)
    1987年(昭62)11月11日生まれ、神奈川県出身の32歳。
    03年、山下智久や小山慶一郎らと9人組「NEWS」を結成、シングル「NEWSニッポン」でデビュー。
    特技は4歳から始めたサッカー。
    トレードマークの金髪は遠くからでも分かってもらうため。
    05年、映画「疾走」で初主演。
    06年に早稲田大に入学も10年に4年生で中退。
    1メートル68。血液型B。

     
    【手越祐也これまでのスキャンダル】

    ▼キス写真流出 
    13年に当時のSKE48のメンバーらとの合コンを週刊誌が報道。
    酒に酔った2人のキス写真も掲載された。

     
    ▼容疑者と写真 
    16年に福岡で起きた金塊強奪事件の容疑者男性のSNSに、手越と一緒に撮った写真が過去にアップされていたことが17年に発覚。
    事務所は「面識はない。写真撮影を求められ応じてしまった」と説明。

     
    ▼未成年と飲酒疑惑 
    17年12月に未成年女性を含む男女とダーツバーでパーティーをしたことが週刊誌に報じられた。
    当時撮影された動画にシャンパンなどが写っていたが、女性は飲酒を否定。

     
    ▼首相夫人と 
    今年3月下旬に安倍昭恵首相夫人が開いた“桜を見る会”に参加。
    イベントなどの自粛を求められていた時期に大人数で集まったため、国会でも話題に。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/739907864220adf08c0aa10b6e0db7ec56240c99

    所長見解:さすがやん・・・
    【【ジャニーズ退所へ】手越祐也「実業家になりたい」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ジャニーズ事務所は26日、アイドルグループ「NEWS」の手越祐也(32)の活動自粛を発表した。

    14日発売の「週刊文春」報道に続き、23日公開の「文春オンライン」で外出自粛期間中に酒席に参加していたことを報じられたことを受けての決定となった。

     
    同事務所は「この度の新たな週刊誌報道を受けて直ちに手越本人に事実確認をしましたところ、一部、事実関係に相違があるとのことでしたが、報道にありましたような酒席に参加していたことを認めました」とし、「今回の件につきましては、日本全国の皆様が感染拡大の防止を最優先事項としてあらゆる代償を払いながら外出や活動を自粛されている中での出来事であり、世の中の状況や自身の置かれている立場に対する自覚と責任に著しく欠けておりましたことを弊社といたしましては重く受け止めております」と記した。

     
    さらに「そのため、当初、チャリティーソングへの不参加のみ、ご報告しておりましたが、弊社からの度重なる説明や要請にもかかわらず、緊急事態宣言期間中に新たな酒席への参加が確認されたこと等を踏まえまして、すべての芸能活動の自粛もやむを得ないものと判断するに至りました」と活動自粛の処分を発表。

    「芸能活動を自粛させることはファンの皆様ならびに関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけすることとなりますが、日本全体で難局を乗り越えなければならないこのときに、日常の生活を取り戻したいと願う皆様の思いに反するような行動をとったことは到底許容できるものではございません」と厳しく記した。

    続けて「今回の出来事につきましては、ひとえに本人の自覚の欠如によるものではございますが、所属事務所といたしましては、本人に対して他の所属タレント以上に、仕事は個人で行うものではなく、関係してくださる多くの方々に対する配慮の上に成り立つため、行動には十分気を付けるよう、これまでに繰り返し伝えてまいりました。
    しかし、今日に至るまで本人に理解させることができず、ファンの皆様や関係者の皆様には大変申し訳なく、責任を感じております」と謝罪。

    今後については「本人に反省を促し、所属事務所として真摯に向き合ってまいります」としたうえで「今回のことを生かして、弊社の所属タレントに対しましては、ジャニーズJr.として弊社に所属した段階から仕事を通じて社会人として成長できるよう、保護者と連携しながら適切な指導・マネージメントに努めてまいります。
    そして、本業であるエンターテイメントによる活動とSmile Up ! Projectとして行っております支援活動にジャニーズグループ一丸となって取り組む姿勢をご覧いただくことで皆様に信頼していただけますよう、精進してまいります」とした。


    t

     
    手越は緊急事態宣言が発令されていた4月下旬の大型連休中に、女性を伴って飲食店に外出していたことが14日発売の「週刊文春」で報じられ、手越本人が事実と認めたことを受け、事務所側もユニットのメンバーにふさわしくないと判断。

    15組計76人参加するチャリティーユニット「Twenty★Twenty(通称トニトニ)」のメンバーから外れる処分が下されていた。

    手越はこれまで軽率な行動を繰り返し、そのたびに注意を受けてきたこともあり、すでに“イエローカード”が出ていた状態での今回の報道で、事務所側も厳しい処分を下した形。

     
    事務所は所属する全タレントに不要不急の外出を控えるよう通達。

    また、ジャニーズグループの支援活動「Smile Up!Project」を通じて「ステイホーム」を呼び掛けていたこともあり、手越の行動を問題視。

    手越の場合は緊急事態宣言が出る以前、不要不急の外出自粛を求められていた期間中にも同様の行動があり、事務所から個人的に注意を受けていたとの情報もある。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200526-00000131-spnannex-ent

    所長見解:タッキ―・・・

    【【タッキ―激怒】NEWS・手越祐也、ついに芸能活動停止ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月22日、ジャニーズは初の試みとして、SixTONES(ストーンズ)とSnow Man(スノーマン)の2組を同時デビューさせた。

    いずれも滝沢秀明副社長(37)によるプロデュースだが、双方のファンから「二度とやってほしくない!」と怨嗟の悲鳴が――。


    「2組のデビューシングルには両方の曲が入っており、ファンは自分が推すグループのCDの売り上げを伸ばすため、競い合って購入しました。
    しかも、特典である『スペシャルイベント+ハイタッチ会』への抽選応募の締め切りが、発売日から5日間しかなかったのです」(レコード会社関係者)

    結果、初週の売上げは132万8000枚を記録。

    メディアは「史上最速ミリオン!」などと書きたて、滝沢の戦略は大当たりとなった。

    だが、肝心のファンは疲弊しきったようだ。

    「ハイタッチ狙いで100枚買った子もいます。
    結局、売上げはSnow Manが若干下回り、待ちに待ったデビューなのに悲しい気持ちになりました。
    互いのファン同士がSNS上で罵り合うことも少なくありません」(Snow Manファン)


    しかも滝沢は、自身が演出する舞台「滝沢歌舞伎」をジュニア時代から支えてきたSnow Manを“ゴリ押し”しているという。

    「2009年から活動していた彼らを『売れない』と言い切るジャニー(喜多川)さんに対し、
    タッキーは『新メンバーを導入してはどうですか』などと、何度もデビューの提案をしていた。
    そこで、俳優・京本政樹の息子の京本大我などのスターを抱え、人気の高いSixTONESと抱き合わせることでデビューに至ったのです」(ジャニーズ関係者)


    z


    滝沢はジュニア時代からリーダーとして、100人以上の仲間を率いてきた。

    元ジャニーズタレントが明かす。

    「ジュニア時代は松本潤、山下智久、生田斗真に目をかけていて、特に松潤は『全然言うこと聞かない』と手を焼いていたね。
    後輩がヘマをすると、彼を可愛がっている先輩を目の前で怒る。
    『そうやるとその後輩は反省するんだ』と」


    滝沢がジュニアを育成する子会社社長に就任後から、厳罰化が進行。

    神田沙也加と不倫した秋山大河や、飲酒・喫煙した未成年メンバーは即退所処分を受けた。

    「昨年、ファンとのベッド写真が流出した橋本涼と作間龍斗は必死でタッキーに謝罪し、年内活動自粛に止まったが、『次はない』と、厳しく釘を刺されたそうです。
    これらの不祥事に対し、藤島ジュリー景子社長は『スルーしてもいい』との方針でしたが、
    タッキーの意見で厳罰処分が下りました」(別のジャニーズ関係者)


    可愛がるジュニアは強引にデビューさせる一方、社長の意見をも覆す“恐怖政治”を敷く滝沢。

    アメとムチを使い分けながら、事務所内での権限はますます強大となっている。

    「ジャニーさん亡き今、ジュニアたちは『滝沢君に嫌われたらデビューできない』と感じています」(同前)

    かつて夜遊びが盛んだったSixTONESのメンバーも「飲みに行かないように気をつけよう」と自粛しているという。


    石も雪も落ちたら出られぬ“滝つぼ”かな。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200301-00034522-bunshun-ent&p=1

    所長見解:やるやん・・・

    【【衝撃暴露】ジャニーズ若手「滝沢社長に嫌われたらデビューできない」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ