ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    満島ひかり

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年も残りわずか。

    今年もさまざまな芸能人が華々しい活躍を見せたが、一方でちょっと“コケて”しまった人たちもいる。

    なかには真偽が不明だったり、いまだ波紋を呼んでいたりするケースもあるが、そんな世間からの評判が芳しくなかった女性芸能人の顔ぶれを振り返ってみよう。


    筆頭に挙げられるのが、女優の吉岡里帆だ。

    1月クールの『きみが心に棲みついた』(TBS系)で待望の連続ドラマ初主演を果たすが、全話平均視聴率7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低調に終わる。

    7月クールの『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)でも主演を務めるが、同5.8%と散々な結果に終わり、「2作連続で“大爆死”」と不名誉な称号を得てしまった。

    また、吉岡の演技力には「下手すぎてイライラする」「学芸会レベル」などと酷評が相次いだ。

    さらに、10月公開の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(アスミック・エース)ではヒロインを務め、主題歌も熱唱したが、初週の興行ランキングでは初登場12位とトップ10圏外に。

    テレビ局関係者からは「数字の取れない女優」「ドラマも映画も大コケ」「もはや主演失格」との声も聞こえてくるのが実情だ。

    とはいえ、清楚で愛らしいルックスで人気の吉岡。

    現在も多数のCMに出演しており、25歳という年齢を考えても、19年以降に挽回のチャンスはありそうだ。

    y


    プライベートが思わぬ反響を呼んだのは女優の剛力彩芽だ。

    4月にZOZOの前澤友作社長との交際が報じられると、お互いに認め、その後はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)での“ノロケ投稿”が相次いだ。

    7月にはFIFAワールドカップの決勝戦を観戦したことを報告したが、前澤氏のプライベートジェットでロシア入りし、一緒にVIP席で観たことが明らかになり、「浮かれすぎ」と批判的な声が多くあがった。

    結果的に、剛力はインスタグラムの過去の投稿を謝罪すると同時にすべて削除するという事態に発展した。

    剛力にとっては初ロマンスだが、前澤氏が結婚歴はないものの3人の子持ちで、さらに当代きっての資産家である点も、世間の関心を集めている。

    一方で、以前は毎クールのように連ドラ主演を務めていたが、18年は『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)に出演したのみで、女優として存在感を示したとはいいがたい。

    19年の巻き返しが期待されるところだ。


    3月に事務所を退社しフリーとなった満島ひかりは、その後「親友の安藤サクラと“絶縁状態”にある」「気に入らない仕事には電話もメールも返さない」などとネガティブな報道が相次ぎ、「面倒くさい女優」のレッテルが貼られかけた。

    しかし、12月に生出演した情報番組『あさイチ』(NHK)で「マスコミさんにいっぱい書かれました」「信じないでください~」「普通に生きてるし、ちゃんとお返事も返してるし、サクラちゃんとも仲いいし!」と疑惑を一蹴、ファンからは安堵の声が続出した。

    しかしながら、剛力と同様に今年は女優としての露出が激減した感が否めないため、いまだ心配する声は少なくない。

    演技派としての呼び声が高いだけに、スカッとするような活躍を見せてほしいものだ。

    https://biz-journal.jp/2018/12/post_26084.html


    所長見解:どんぎつね・・・

    【【2018年】今年「評価ガタ落ち」の女性芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    21日の『あさイチ』(NHK)に女優の満島ひかりが出演し、事務所を独立してフリーになった経緯や、批判的な週刊誌報道の真相についてすべてを明かした。

    いわく、「絶縁」を報じられた安藤サクラとの関係は今も良好で「ソウルメイト、戦友」であり、「気に入らない仕事のオファーは無視」との報道にも「ちゃんと(連絡を)返してる」と説明。

    自らの言葉で語った。

    m


    「満島つぶし」にいっせいに走る週刊誌

    満島は今年3月、約10年間所属した事務所「ユマニテ」を退所しフリーに。

    ユニマテは公式サイトで「プロダクションという枠に守られる形ではなく、すべて自分の責任のもと自由に独りでやってみたいという本人の意思を尊重することにいたしました」と説明しており、円満独立と見られていた。

    その後、満島はフリーで仕事を続けていたが、今年6月には宮藤官九郎脚本・演出の舞台『ロミオとジュリエット』の降板が報じられ、にわかに雲行きは怪しくなる。

    満島の内面やプライベートにも報道が及ぶようになり、11月に「女性セブン」(小学館)は、女優・安藤サクラとの不仲説を報じた。

    ふたりは映画『愛のむきだし』で共演以来、互いに“家族のような存在”と認めるほど親友だったが、安藤が朝ドラ『まんぷく』で主演に抜擢されたことに満島が〈複雑な思い〉を抱き、〈なんで彼女が先なの? 許せない〉とショックを受けたという。

    その後、互いに距離を置くようになり、連絡も取らず、絶縁状態にあると伝えられていた。

    さらに「女性セブン」は12月にも、独立後の満島が〈自分の琴線に触れるような仕事じゃないと受けない〉と仕事を選り好みするようになり、オファーの連絡すら返さないと報じている。

    これにテレビ局は困惑しているそうだ。

    満島が、マネージャーをつけずすべて自分1人で行うという〈樹木希林さん流のスタイル〉で女優業を再開したことに対して、さも“思いあがり”であると批判するような論調だ。

    このように、満島ひかりをめぐってはよからぬ噂が溢れ返っていた。

    ほんの1年前、満島の出演ドラマ『カルテット』(TBS系)が「年間ドラマ大賞」を受賞した頃などは、各メディアは異口同音に満島ひかりを褒めそやしていたというのに、いったいどうしたことだろう?

    思い起こせば、満島が独立する直前の2017年11月にも、東京国際映画祭のポスター撮影で満島がワガママに振舞ったという“悪評”が伝えられその兆候はあったが、もはやマスコミがいっせいに「満島つぶし」に傾倒するような、異常な状態だ。

    タレントや女優の独立騒動には業界のキナ臭い話がつきものだが、満島は円満退社ではなかったのか? 

    いずれにせよ、満島が大局からのバッシングによって、にわかに苦境に立たされていることは火を見るより明らかだった。


    『あさイチ』出演の満島が全てを華麗に否定

    さて、こうした状況をふまえて満島ひかりの『あさイチ』スタジオトークを見ると、じつに痛快だ。

    前番組の『まんぷく』では、安藤サクラ演じる福子が泣くシーンがあったが、満島は番組冒頭から「(安藤)サクラが泣いてると、なんか……」と、いきなり目に涙を浮かべた。

    満島が、まるで安藤を抱きしめるようなしぐさでおどけて見せると、MCの大吉が「安藤サクラさんとはお友だち?」と質問。

    満島は「特別な関係です」とキッパリと答え、「人生の節目節目で連絡しあったりとか、昔から戦友なんですけど、もともとはソウルメイトみたいな感じです」と説明した。

    さらにダメ押しとばかりに、安藤サクラの両親である奥田瑛二、安藤和津とともに高知のよさこい祭りに参加したときの写真を披露する。

    このとき安藤サクラはいなかったが、満島は安藤家と家族ぐるみで仲良しのようだ。

    そしてトークが進むと、大吉は満島の事務所独立について切り出した。

    これに満島は「思い切ってますよね」とあっけらかんと笑顔を見せ、現在はマネージャーをおかず、出演交渉や事務作業まですべてを「お手伝いしてもらうこともありますが、ほとんど一人でやっています」と明かした。

    『あさイチ』への出演も、満島本人が交渉や打ち合わせをしたという。

    これに対し、大吉が「番組の流れが事前に全部分かっちゃうから、ドッキリは仕掛けられなくなっちゃいましたね」とからかうと、満島は笑いながら「でも気がつくと、20何年会社にいて……。

    http://dailynewsonline.jp/article/1621032/?page=3

    所長見解:大変やね・・・

    【【闇深案件】女優・満島ひかりへのバッシングの理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「満島さんは沖縄と東京を行ったり来たりして、気ままに暮らしています。
    現在はマネージャーも雇っていないので、仕事の窓口もすべて自分。
    メールでの対応はもちろん、携帯にも本人が出るそうです」(芸能関係者)

    12月30日放送のNHK BSプレミアムドラマ『満島ひかり×江戸川乱歩』に出演する満島ひかり(33)。

    今年3月には所属事務所から独立し、フリーとして活動していくことが明らかに。

    マネージャーもつけずひとりで活動していくという、樹木希林さん(享年75)を彷彿とさせるスタイルで再出発中だ。


    今月上旬では一部週刊誌が、満島の“ひとり焼き肉”姿をキャッチ。

    h


    今秋に都内で“自宅兼仕事場”となるマンションを借りた彼女は、慣れない事務作業への苦労をこう明かしていたという。

    《もうちょっと時間がかかるかなぁ。今まで事務所にお願いしていたのを、全部自分でやってるから》

    そうした作業に追われているからか、以前と比べて影が薄くなったようにも思えるが……。

    満島の知人はこう語る。

    「表立った女優の仕事が減った印象があるかもしれませんが、それは『やりたくない仕事は受けない!』というスタンスを貫いているからです。
    来年には舞台が2本決まっていて、映画も1本撮り終えていると聞きました。
    仕事のオファーは今もありますし、お金にも困っていません。
    だから彼女は、“自分の琴線に触れるような仕事”じゃないと電話もメールも返さないんです。
    あくまでマイペースを大事にしているということです」

    だがそんな彼女に対して、仕事関係者から“ブーイング”が上がっているという。

    「オファーを出してもいっこうに返事が戻ってこないので、受けてくれるのかどうかもわからない状態。
    その間は他の女優さんにもお願いしづらいので、仕事が滞ってしまうんです。
    みんな、かなり困っています。
    今年6月には、11月の舞台『ロミオとジュリエット』を降板すると報じられました。
    もともと自分から売り込んだものでしたが、それをキャンセルしたといわれています。
    そういうことが続くと、オファーもしづらくなってしまいます」(テレビ局関係者)

    前出の満島の知人も、こう不安の声を上げる。

    「樹木希林さんも自分でマネージメントしていましたが、こうしたトラブルはありませんでした。満島さんもまずは事務処理能力を磨く必要がありますね……」

    満島の19年の活躍は密な連絡にかかっているといえそうだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181219-00010006-jisin-ent


    所長見解:干されそう・・・


    【【仕事関係者困惑】女優・満島ひかり、嫌な仕事には連絡返さないスタイル ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月15日発売の「女性セブン」が、親友同士だった安藤サクラと満島ひかりが絶縁状態にあると報じた。

    記事によると、2人の関係が悪化したのは、NHKの朝ドラが関係しているという。

    「満島は長年、朝ドラの主演に強い憧れがあったようで、これまで何度もオーディションを受けていたそうです。

    そしてようやく、08年の『瞳』で最終オーディションに残ったものの、ヒロインには榮倉奈々が抜擢。

    11年の『おひさま』でも最終まで残ったようですが、最後には井上真央が合格するなど、満島はあと一歩のところで主演を逃してきたとのこと。

    それが今回、親友の安藤がオーディションもなく、NHKから直接『まんぷく』のオファーを受けたことで、『なんで彼女が先なの? 許せない』と満島はショックを受け、関係が悪化していったと同誌は伝えています」(芸能記者)

    m


    今回の報道にネットでは、

    「満島さんが嫉妬で絶縁するとか信じ難い」
    「憶測が多すぎるけど本当なのかな」
    「友達同士だって、結婚や出産等で環境が違うと疎遠になることってある」

    など、満島を擁護する声も多く飛び交っている。

    また記事におかしな点があるため、ある別の疑惑が浮上しているという。

    「確かに『おひさま』に満島は出演していますが、この時のヒロインはオーディションでなく、NHKからの直接オファーで井上に決まっているんです。

    そのため、彼女が同ドラマでオーディションを受けた事実はなく、記事の信憑性は怪しい。

    満島といえば今年、長年所属していた芸能事務所を辞めてフリーになりましたから、一部では、彼女の独立をよく思わない何者かがメディアを使って潰そうとしているのではないかという憶測も飛び交っています。

    もし事実でないなら、朝ドラに出演中の安藤も今回の記事に驚いていることでしょう」(前出・芸能記者)

    昨年10月に行われた東京国際映画祭では、安藤のことを「彼女と最初に大きな作品で一緒に出演をできたことは今でも宝物」と瞳を輝かせながら語っていた満島。

    今後、彼女の口から真実が語られる日は訪れるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1575223/

    所長見解:そんなことで・・・

    【【不仲説】安藤サクラと満島ひかりが絶縁問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    来年1月にTBS系の日曜21時枠のドラマで主演することが内定している木村拓哉(45)のヒロイン選考が、案の定、難航しているという。
    人気女優にオファーをしては、ことごとく断られるのが最近のキムタクの恒例行事となっているが、今回のキャスティングは、いつも以上に行き詰まっているらしい。

    この数カ月間に相手役として名前が挙がったのは、柴咲コウ、満島ひかり、波瑠、高畑充希、石原さとみ、綾瀬はるか……。
    最近、女優業を始めたばかりの加藤綾子の名前まで取り沙汰された。
    かつて“視聴率男”と呼ばれたキムタクだが、すっかり嫌われてしまっているのだ。
    理由を探ると、「あの男に関わると面倒くさい」という声が現場から聞こえてきた。

    過去にドラマで2度の共演歴がある柴咲にまで、他のスケジュールと重複することを理由に断られたというから、深刻な状況がうかがえる。

    柴咲に近い関係者がこう言う。

    「2013年放送の前作『安堂ロイド』(TBS系)は初回の視聴率が19%を超えたにもかかわらず、最終的に平均で12%台にまで落ち込んでしまった。
    これについて木村は、まるで共演者が悪かったような口ぶりだったそうです。
    責任をなすりつけられた形になった柴咲側としては、たまったものじゃありません。
    木村との共演を避けるのは当然だし、ささやかな抵抗かもしれません」

    r


    ■「芝居ができない役者さんじゃ……」

    今年3月に前所属事務所から独立した満島はもっと辛辣だ。
    最近、満島と接触を持ったTBS関係者によると、「大体、木村さんって、芝居ができない役者さんじゃないですか……」とあからさまに共演を避けたがっていたという。
    4年前にトヨタのCMで共演して一緒にダンスまで踊った女優にここまでダメ出しされたら、木村も立つ瀬がないだろう。

    木村の主演ドラマといえば、必ず事前にリストアップされるのが綾瀬はるかだ。
    7年前に「南極大陸」(TBS系)で共演して以来、木村のお気に入りとなったためだが、事務所同士の交渉直前に横ヤリが入って、話が宙に浮いてしまったという。

    「局側は綾瀬のスケジュールを水面下で押さえていたのに、共演が流れてしまったのは、誰あろう木村の妻・工藤静香が“待った”をかけたためといわれています。
    静香は木村が後輩の綾瀬を役者として可愛がっていることをどこかで知り、そのことを快く思っていないようです」(TBS関係者)

    すべてが木村のせいとも思えないが、フラれまくりの状況になっている。
    取材によると、今のところ相手役になってくれそうな女優は、今年「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)で共演したばかりの菜々緒くらいしかいない。
    “消去法”でヒロインに選ばれたとしても、菜々緒も複雑な心境ではないか。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/234324/3

    所長見解:嫁か・・・

    【【超絶難航】木村拓哉ドラマのヒロイン選びの結果wwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ