ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    清原和博

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    甲子園では球児たちが白球を追い、かつて甲子園を沸かせた清原和博(52)は六本木のスポーツジムで打撃練習に励んでいる。

    このジム通いに隠された、離ればなれになった家族のドラマを知る者は少ない――。

    打撃練習をする番長の姿を「週刊ポスト」が掲載したのは、8月上旬のこと。

    現役時代に指導を受けたトレーナーが主宰するジムだ。

    「記事では清原さんのスイングの豪快さを取り上げていました。
    でも実は、もっと深い話があるんですよ」

    と、ジムに出入りする事情通が明かす。


    「元妻の亜希さんもジムに通っていたのですが、覚醒剤事件の2年前、2014年に離婚して以来、足が遠のいていました。
    ですが近ごろ、再びジムに来るようになって、清原さんとニアミスしているんですよ」


    k


    人目を忍んで逢っているのか。

    否、事件以降、元妻は弁護士を介して息子に対する接見禁止を通告したほどだから、それはあるまい。

    どういうことなのか。

    「清原さんが、息子さんにバッティングを指導しているんです。
    なんでも、いまリトルシニアのチームに所属している息子さんたっての希望なんだそうです」

    それで清原は、息子の送り迎えをする元妻とニアミスしているわけだ。

    ちなみにこの息子とは、現在中学2年生の次男。

    長男はすでに野球をやめている。

    「17年の暮れごろから清原さんはフラッと現れるようになりました。
    で、今年の6月あたりからは週に2回か3回と、定期的に通うようになった。
    息子さんを見かけるようになったのも同じ時期です」


    3面鏡とあと1面が曇りガラスの個室に入り、

    「清原さんが振っているときは“バコォーン!”とモノ凄い音がします。
    それを息子さんが見ていたり、バットを握る息子さんに清原さんがスイングの指導をしているんです。
    とにかく、2人とも楽しそうですね」

    この指導のためか、清原は木製バットをジムに置いているという。


    西武ライオンズ時代の先輩で、東京の新橋で居酒屋を営むデーブ大久保氏は感慨深げだ。

    「キヨは事件後、しきりに“子どもたちに会いたい”と洩らしていたからね。
    亜希さんから子どもに会わないよう告げられたときは相当ショックを受けていた。
    子どものほうから習いたいと言われたのは、キヨにとってこれ以上ない喜びだろうし、もう二度と裏切れないという決意を一層固くするんじゃないかな。
    亜希さんもいろいろ思うところはあるだろうけど、それを抑えて希望を叶えてあげてるんだから立派だよ」


    自分が見た甲子園の景色を見せたる。

    そんな思いで、父親は息子との時間を過ごしているのだろうか。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190903-00579259-shincho-base

    所長見解:ええ話やん・・・

    【【疑惑】清原和博が最近になって週3で定期的に会っている男性がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    一気に猛暑となった7月下旬のある昼下がり、都心のジムの一室で、一心不乱にバットを振る巨漢がいた。

    ガラス張りの部屋は、ティーバッティングもできる練習スペースで、ボールが破裂するかのような打撃音に、周りも思わず振り返る。

    一般の利用客とはモノが違う豪快なスイングをしていたのは、清原和博氏(51)だった。

    k


    2016年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕された清原氏。

    保釈後には有力スポンサーのバックアップで「焼肉店を経営する」「ラーメン店を開く」などと報じられたこともあったが、現在まで新たなビジネスを始めたという話はない。

    まだ再起の道は見えないが、この日の清原氏は休むことなく30分以上も一心不乱にバットを振り続けた。


    1週間後、清原氏は再び同じジムに姿を見せた。

    傍らにいた練習パートナーにスイングを動画撮影してもらい、2人でチェックしながら話し合う様子もあった。

    この日は150球以上の打ち込みを見せた清原氏。

    2008年の引退から実に11年ぶりのフルスイングだった。

     
    近くを通りかかった5歳くらいの男児が「音、スゲー!」と言って思わず立ち止まると、母親が「巨人で4番だったんだよ~」と説明する場面もあった。


    その後、清原氏はストレッチやマシンを使ったトレーニングに移り、およそ2時間半にわたって汗を流した。


    清原氏といえば甲子園で通算13本塁打の記録を持ち、いまだ破られていない。

    8月6日から始まる夏の甲子園に触発されてのバッティングだったのだろうか。


    清原氏に近い野球関係者が語る。

    「実は彼、元高校球児が再び甲子園を目指す『マスターズ甲子園』を目指しているという話もあるんです。
    出身校であるPL学園は今年から参加し、桑田真澄氏を中心に大阪府予選の決勝まで勝ち進んでいる。
    そこに参加したい思いが強いのではないか」

     
    練習を終えた清原氏を直撃し、練習の目的を聞いたが、終始無言のまま。

    しかし、ファンに向けてメッセージを求めると、小さな声で、「ありがとうございます」とつぶやいた。

    夢の「KKコンビ」の復活が見られるかもしれない。



    週刊ポスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190805-00000007-pseven-spo 

    所長見解:なんでまた・・・

    【【これはあかん】清原和博さん、また打ち始めた模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    春めく陽気に包まれた3月9日の夕方、週末の羽田空港第2ターミナルは多くの利用客で混雑していた。

    ターミナルの外では、車寄せに停まった1台の高級外車の周囲に人だかりができていた。

    中央で仁王立ちする全身黒ずくめの大男は、元プロ野球選手の清原和博氏(51)。

    傍らには2人の警察官が立っていた。

    p


    警察官は、頭から足元まで清原氏の全身をくまなくチェック。

    ダウンジャケットやジャージのポケットにも手を突っ込む念の入れようだった。

    「職務質問で所持品検査を受けたみたいです。
    言われるがままに従っていましたが、苦々しい表情を浮かべていました」(目撃した人)


    ※画像がコチラ


    清原氏は2016年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、同年5月に懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。

    その後は薬物専門の医療機関での治療を続け、完治を目指している。

    3月6日には厚生労働省主催の薬物などの依存症啓蒙イベントに、特別ゲストとして出席した。

    「少しでも自分のように苦しんでいる人のためになればと思い、(出席を)決めました」

    「こつこつと治療してきて、それが厚生労働省に認められたのかなと思うとすごく嬉しいと思いました」

    逮捕されてから3年、初めて公の場に姿を見せた清原氏はそう話していたが、そのわずか3日後に受けた身体検査には我慢ならなかったようだ。

    「警察官との話が終わって車に乗り込んだ清原さんは、警官の背中に向けて中指を立てていました」(同前)


    厚労省には認められたけど、警察への“啓蒙活動”はまだ足りない?


    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190318-00000007-pseven-spo

    所長見解:しかたない・・・
    【【所持品検査】清原和博氏、警察官に中指を立てるってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2016年に覚せい剤取締法違反(使用など)で有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博さん(51)が6日、東京都内で開かれたイベントに出演した。

    k


    このイベントは、アルコールや薬物などの依存症への理解を深めるための啓発が目的。

    現役時代、西武や巨人で活躍した清原さんは現在も依存症治療中で、国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦・薬物依存研究部長との対話を通じて、自らの体験を語った。


    ※画像がコチラ


    松本 今回、厚生労働省のこの依存症啓発のイベント、オファーがきて驚かれたのでは?


    清原 正直、自分は逮捕されて3年になりますが、こつこつと治療してきて、それが厚生労働省に認めてもらえたのかなと思うと、すごくうれしい気持ちでした。

    松本 (イベントへの出席を)迷ったり、ちゅうちょしたりする気持ちはあったか。

    清原 少しでも自分のように苦しんでいる人のためになればと思い、すぐに決めました。

    松本 治療を受けようと思った経緯は?

    清原 やはり大きなきっかけが逮捕されたこと。自分が立ち直っていく上でどういうことをすればいいのかと考えた中で、薬物の専門の病院に通おうと決め、弁護士さんに相談して病院を探していただきました。

    松本 つらい時期とかはありましたか。

    清原 約2週間に1回病院に通って、いろんなテキストで、薬物について勉強したりすることによって、どんどん「自分はこうだったんだ、ああだったんだ」と理解できていったんで、すごく良かったと思います。

    松本 薬物に悩んでいて「このままではいけないな」と思いながらも行動を起こせない方もいるのではないかと思う。悩んでいる方へメッセージを。

    清原 自分の体験なんですが、薬物は一時的にやめられても、やめ続けることは自分自身は非常に難しいことだと思う。勇気を出して専門の病院にいってほしいなと思います。

    松本 本人を支えている家族ら周囲の人へのメッセージは?

    清原 自分はいろんな人に支援していただいて、支えられています。先ほど、松本先生がおっしゃったように、自分の身近な人に、正直にものを言えることが自分は一番変わったことだと思いますし、薬物を使っていた時はそれを使うためにうそをつき、自分をどんどん追い詰めていってしまい、ほとんど苦しみの日々でした。それが近くにいる人の理解があれば、今、自分は苦しいんだ、つらいんだと言える。その環境があることが一番大きいことだと思います。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000080-mai-soci

    所長見解:太ったね・・・
    【【真相告白】清原和博「自分をどんどん追い詰めていってしまい、ほとんど苦しみの日々でした」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2016年(平成28年)2月2日、球界に衝撃が走った。

    清原和博(51)が、覚せい剤取締法違反で逮捕されたのだ。

    すでに、懲役2年6月、執行猶予4年の判決が下されているものの、巨人時代の後輩にはまだいい足りないことがあるとか。

    その後輩とは、元プロ野球選手の野村貴仁(たかひと)氏(50)だ。

    巨人時代は清原を慕う選手の一人として知られていた彼は、06年に覚せい剤取締法違反で逮捕されている。

    ちなみに、判決は懲役1年6月、執行猶予3年だった。

    野村氏本人が憤りをあらわにしてこういう。

    「アイツは、“現役時代は覚醒剤に手を出していなかった”といっている。
    何を寝ぼけたことを言っているんだ。
    これだけはいっておきたいけど、ヤツが現役時代からシャブを使っていたことは間違いない」

    当の清原は裁判でも、後に出版した『告白』でも“覚醒剤を使い始めたのは引退後”としているが、「俺が巨人へ移籍した1年目の1998年、宮崎キャンプが終わった後に残ってグラウンドで調整していた。
    そこへ初対面の清原から、“マリファナを仕入れてもらえへんか”といわれたのが始まり。
    結局、マリファナは入手できなかった。
    すると、今度は“覚醒剤が欲しい。手に入るか”と。
    それで、俺がシャブを用立てることになったわけだ」

    野村氏は、“裏社会”に通じた名古屋市内に住む旧知の女性に頼んで覚醒剤を入手している。

    ちなみに、この時の数十万円に限っていえば、彼がすべて支払っていた。

    「ヤツはホテルや車中などで常習的にシャブを使っていた。
    方法は(腕などに注射で打つ)ショットでなく、覚醒剤を細かく砕いて鼻からの吸引。
    次第に清原の髪の毛はボサボサになり、目の周りの窪みが目立ち始めた。
    それで心配になり、“シャブは止めた方がいいですよ”といったほど。
    まあ、俺の忠告なんて聞く耳を持たなかったけどな」

    n


    “おふくろは元気か”
     
    野村氏の巨人在籍期間は4年間。

    退団後、清原と疎遠になっていた。

    「俺が逮捕されて刑が確定した後、清原から電話があり、“おふくろは元気か”と聞いてきた。
    アイツはおふくろと面識はないから、すぐにピンときたね。
    俺が、ヤツのことを警察に話していないかを探ってきたんだ。
    それで“警察にはうたってない”と答えると、“そうか、すまん”とだけいって電話を切った」

    翌日、清原から再び電話があった。

    が、写真誌の記事を巡って2人は口論となり、それ以降、野村氏は彼と一切会話を交わしていないという。

    「俺のいっていることは絶対に間違いない。
    清原が嘘だというのなら、白黒つけよう。
    対談だって、なんだってしてやる。
    実は、2年ほど前から大工の仕事をしているんだ。
    高知市内にお遍路さんが立ち寄る接待所を作っている。
    そこでたこ焼きや今川焼きを売るから、清原が来たら歓迎するよ」

    清原に真偽を確認したが、返答はなかった。

    かつて番長と呼ばれた男は、大工になった後輩の“挑戦状”にどう応じるのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190113-00554672-shincho-base


    所長見解:あいかわらずやね・・・

    【【清原問題】野村貴仁「嘘だというのなら白黒つけよう。対談だって、なんだってしてやる」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ