深田恭子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    9月下旬の東京・麻布十番。そこに深田恭子(36才)がいた。

    知人女性に脇をかかえられながらヨロヨロ歩いていた。


    f


    「ラーメン店から超スタイルのいい女性が出てきたので気になって顔を見たら、深キョンでした。
    彼女は酔いながらもまだ飲みたそうな表情でしたが、ドデカい高級外車の後部座席に押し込まれていました。
    交際している不動産会社会長の車だったみたい。(居合わせた通行人)

     
    深田は主演していたドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)の放送が終わったばかり。

    「長丁場だった撮影を終え、ホッとしたのかもしれません。
    ただ彼女の場合、機嫌よく歩いている姿がたびたび目撃されています。
    深田さんに限っていえば、通常通りなのかもしれません(苦笑い)」(テレビ局関係者)

     
    夜の都会で見せた人気女優のワンシーン。

    あまりの“迫真の演技”はドラマのようだった。


    ※画像がコチラ



    ※女性セブン2019年10月17日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191005-00000015-pseven-ent

    所長見解:デカいな・・・
    【【悲報】深田恭子さんの泥酔状態がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    深田恭子主演の連続ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)が最終回を迎えた。

    深田演じる泥棒一家の娘・三雲華と、瀬戸康史演じる警察一家の息子・桜庭和馬の涙ながらのキスシーンには視聴者から感動の声も寄せられ、惜しまれつつのラストとなった。

    今回のドラマでは、深田がボディラインのわかる泥棒スーツを着ていることも話題になり、
    ネット上では「深田恭子のぽっちゃりボディ」などという記事が頻出したが、果たして深田恭子は本当に“ぽっちゃり”なのだろうか?


    f


    深田恭子は“ぽっちゃり”ではなく“スリム”

    深田恭子といえば、10代の頃から体型の変化が激しい、つまり「太りやすい」と揶揄されてきた。

    ネット上では過去の写真と比較し、“激太り”などと揶揄する記事も多い。

    いつからか「ぽっちゃり女優」の代名詞のようになっている。

    しかし実は、深田恭子が他の女優と並ぶとき、とても「ぽっちゃり」には見えない。

    むしろスリムだ。

    2017年の「UQ mobile」のイベントで、CMに三姉妹として出演している深田、永野芽郁、多部未華子が舞台に並んだが、深田の体型は二人と変わらず華奢そのものだった。

    永野と多部は「ぽっちゃり」と揶揄されたことがない女優で、実際、深田は二人と同様にスリムなのだろう。


    深田恭子の「華奢だけど健康で色っぽい」肉体美
     
    そんなスリムな体型を維持する深田恭子は、トレーニングやスポーツに励んでいるようだ。

    深田は9月下旬、ボディメイクトレーナー・樫木裕実氏のInstagramに登場。

    深田は月に1回ほどのペースで樫木氏のスタジオに通っているといい、タンクトップとショートパンツ姿で『ルパンの娘』の“泥棒ダンス”を披露していた。

    実は2歳の頃から水泳を習っており、彼女が水泳好きなことはファンの間では有名だ。

    昨年9月に発売された深田恭子の写真集『Blue Palpitations』(講談社)には、30歳から始めたというサーフィンやサップヨガに興じる姿が収められている。

    その他、彼女のInstagramには、アイススケートのレッスンをする様子などが見られ、定期的に運動をしているようだ。

    運動によってつくられた深田恭子のボディは、“ぽっちゃり”ではなく、健康的かつセクシーな肉体美といえるだろう。


    https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9057038

    所長見解:せやな・・・

    【【検証画像】深田恭子は「ぽっちゃり」説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    オヅラ最低だな


    f

    所長見解:どこ・・・


    【【放送事故】深田恭子さん生放送スタジオの照明が強すぎて衣装がスケスケってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の深田恭子が8日、都内で行われた東京ガスの電気2019年新CM発表会に出席。

    アニメ『うる星やつら』をモチーフにした新CMが9日よりオンエアするということで、ヒロインのラムちゃん風の姿で登場すると、会場を魅了し“シビレ”させた。

    r


    新CMは、ラムちゃん役の深田とテンちゃん役の寺田心が、電気代に“うる星やつら”(うるせい奴ら)として登場。

    黄色い角のカチューシャに電気マークのイヤリング、青い電気マークが施された肩出しワンピース姿の特別衣装で、電気を東京ガスに切り替えていないサラリーマンに「損だっちゃー!」とシビれさせており、東京ガスの電気に切り替えないと損であることを伝えるコミカルな内容に仕上がっている。

    ラムちゃんを演じて「『だっちゃ』という言葉が意外と難しかったですね。
    前回は歌のお姉さん役だったのですが、ラムちゃんの高いテンションに持っていくのが中々難しかったです」と苦労したと告白。

    CMでは、アニメでおなじみの「◯◯だっちゃ」ならぬ「損だっちゃ!」という言葉や、CMシリーズでおなじみのトクトクダンスの新ver「ラムトクダンス(ラムちゃんトクトクダンス)」と披露。

    撮影中も「ダーリン電気代、東京ガスに切り替えたっちゃ?」のセリフにスタッフから「かわいい…」と言われたり、監督から「もっと笑顔で!」の指示に「だっちゃ◆みたいな感じですか?」(◆=ハート)と聞き返すなどラムちゃんになりきったそうで、この日は、実際にCMダンスを披露して報道陣を和ませた。

    『うる星やつら』は、浮気者の高校生で主人公・諸星あたると、彼を愛する一途な宇宙人美少女・ラムを中心に展開されるドタバタラブコメディー。

    1980年に『少年サンデー』で本格連載がスタートし、その後、テレビアニメ化。

    「虎縞模様」のビキニとロングブーツを着用し露出度が高いラムは、彼女の一途な姿に男女ともに支持され人気キャラとなっている。


    深田恭子、『うる星やつら』ラムちゃんに 東京ガス新CM

    動画①


    画像①

    画像②

    画像③

    画像④

    画像⑤

    画像⑥

    画像⑦

    https://www.oricon.co.jp/news/2139400/full/ 



    所長見解:なんか・・・

    【【検証画像】深田恭子、ラムちゃん衣装に赤面ってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優の深田恭子さんが7月7日、東京都内で行われた主演ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)の会見に登場した。

    ドラマは放送前から、深田さんらが演じる泥棒を家業としている「Lの一族」の“泥棒スーツ”のビジュアルが話題となっており、深田さんは「一番はじめに泥棒スーツを着た時は、本当にどうしよう……と。
    恥ずかしい、どうしようという気持ちでいっぱいでした」と明かした。


    f


    会見には、共演の瀬戸康史さん、小沢真珠さん、栗原類さん、大貫勇輔さん、渡部篤郎さんも登場。

    深田さんは、共演者と共に泥棒スーツを着て「みんなで撮影する時は、ちょっとうれしいというか、自分が強くなったような気持ちになった」といい、スーツ姿で刑事を演じる瀬戸さんに「私たちが撮影している時に瀬戸さんがずっとモニターを見ていたので、『こっちのほうが楽しそうでしょ』と優越感が出てきた」と笑顔で話した。

    瀬戸さんは泥棒スーツについて「着たいです。自分の分も作ってもらいたい」と羨ましがっていた。

    ドラマは、横関大さんの小説(講談社)が原作で、泥棒を家業としている「Lの一族」(Lは大泥棒ルパンの頭文字)の娘・三雲華(深田さん)と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸さん)との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。

    「Lの一族」の面々として渡部さん、小沢さん、栗原さん、どんぐりさん、麿赤兒さんも出演。

    「Lの一族」が着用する泥棒スーツは、2009年公開の映画「ヤッターマン」で深田さんが演じたドロンジョの衣装デザインも手がけた人物デザイナーの柘植伊佐夫さんが担当している。

    7月11日から放送。
     

    画像①

     
    画像②

    画像③



    https://mantan-web.jp/article/20190707dog00m200000000c.html 

    所長見解:スーツ・・・
    【【検証画像】深田恭子さん、泥棒スーツに「恥ずかしい、どうしよう…」←これwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ