深田恭子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ここへ来て、深田恭子が主演を務める7月11日スタートのフジテレビのドラマ「ルパンの娘」が、一気に注目を集めている。

    同ドラマは、深田恭子演じる泥棒一族“Lの一族”の娘・三雲華と、瀬戸康史が演じる警察官・桜庭和馬との禁断の恋を描くストーリーで、作家・横関大氏による同名の小説が原作だ。

    「6月7日には、深田が自身のインスタグラムでドラマがクランクインしたことを報告し、
    《毎日、刺激的なシーンの連続でわくわくしながら撮影させていただいています》としながら、アクションシーンに不安を抱いていることも明かしていましたね。
    そこで少々気になったのが、『泥棒スーツ?を着て街に繰り出すのです』とコスチュームをまとう点に触れていた点だったんです」(ネットウオッチャー)

    深田でコスチュームと言えば、2009年の映画「ヤッターマン」で、今回と同じく泥棒のドロンジョを演じた際のピッチピチでパンパンのレザー衣装が即、思い出されるだろう。

    d


    となると、気になるのが「ルパンの娘」での深田の衣装だが…。

    「6月13日の『めざましテレビ』で“初公開”としてメイキングとともにコスチュームが披露されたのですが、これがある意味、ドロンジョの時を超えるきわどさ。
    肌の部分はそこまで出ていないものの、柔らかい素材の紅色の布地の全身スーツで、ピッタリとボディーに張り付き深キョンのボディラインが丸分かりだったんです。
    視聴者からは、《フジテレビのドラマの救世主になるかも!》の声が上がるなど、期待値が増すばかりなんです」(前出・夕刊紙記者)

    ひょっとすると、結婚前の最後の大胆衣装になるかもしれないだけに、放送開始が待ち遠しいばかり。
     

    画像①

    動画①


    https://www.asagei.com/excerpt/128401



    所長見解:録画やな・・・

    【【朗報】深田恭子、新ドラマでボディ密着ピタピタ衣装ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉田沙保里、態度も深田恭子似に!?

    「現場で芸能人オーラ漂わせ……」業界でも嫌われ始めている!?


    元女子レスリングの吉田沙保里が、”親友”深田恭子と一緒に写った動画をインスタグラムに投稿し、話題となっている。

    吉田はこの日、髪をピンク色に加工するアプリで撮った動画を公開。

    「流行りのアプリで遊んでみましたぁー気付いたら、ご飯を食べる事を忘れるぐらいアプリに夢中になっていた二人 恭子ちゃんのピンク髪、めちゃ可愛いー」というメッセージとともに、
    「この日も、笑いっぱなしの1日でした…」と2人で遊んだことを報告した。 

    これに対し、ネット上は吉田に批判が。

    「イタい」
    「深キョンに寄せてきている」
    「勘違いはなはだしい」

    といった辛らつなコメントが並んでいた。


    w


    「吉田さんは引退後、髪を伸ばしたり、私服のテイストを深田さんに寄せてきているといわれ、よく批判されるように。
    さらに、最近はやたらとテレビに出ているため、批判も多くなってきています」(週刊誌ライター)


    徐々に世間から嫌われ始めている吉田だが、業界内からも不満の声が上がっているという。

    「現場では、やたらと“芸能人オーラ”を漂わせるようになっているんです。
    その上、現役時代は腰が低かったのに、今では結構上から目線。
    その原因は親友の深田さんでしょう。
    深田さんのわがままぶりは有名で、
    北川景子さんとのW主演の映画撮影の際、忙しい北川さんのスケジュールに合わせたら大激怒した、というウワサもありましたからね。
    スタッフでも共演者でも、なりふり構わず自己中心に動く人。
    そんな彼女と一緒に入れば、おのずと似てくるのでしょう。

    それゆえ、現場のスタッフから『態度も深キョン化するのでは?』と言われ、みな戦々恐々としていますよ(笑)」(放送関係者)
     
    売れっ子であるのは確か。

    だが、今後のためにも、態度を改めたほうがいいのではないだろうか?



    画像①
    https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201906_post_206185/ 


    所長見解:まあな・・・

    【【悲報】吉田沙保里が美人になりすぎた結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の深田恭子(36)が16日、自身のインスタグラムを更新。

    所属事務所の後輩で女優の大野いと(23)との2ショットを披露した。

    f


    深田は「久々のいとちゃん しばらく会えてなかったのですがあっという間に大人になっておねえちゃんは眩しいです」とコメントし、妹のようにかわいがっている大野と並んだアップショットを投稿。

    続けて「最近周りが若い方だらけのことが多く一緒にはしゃいでしまうけど、自分の年齢を考えると現実逃避したくなる時があります笑」と本音を吐露し、「もう!!こうなったら素敵で魅力溢れる大人になりたいと今更決意を固めた今日この頃でした」とつづった。

    ハッシュタグでも「でもどうしたらいいのかな笑」「時間かかりそう…」と悩める胸中を記した深田だが、フォロワーからは

    「そのままの深キョンでいてください」
    「もう充分素敵で魅力溢れる女性だと思います」
    「永遠に可愛い」
    「奇跡のアラフォー降臨」

    など美しさに称賛の声が上がっていた。


    ※インスタ画像がコチラ


    http://news.livedoor.com/article/detail/16324519/
    スポーツ報知

    所長見解:いいやん・・・


    【【奇跡の36歳】深田恭子「自分の年齢を考えると○○したくなる時が…」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    現在、月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』(フジテレビ系)に出演中の本田翼。

    彼女が出演する『LINEモバイル』のCMも、「とにかくカワイイ」とSNSなどで話題になった。

    中には「あざとすぎる」といった声もあるが、注目を集めたということでは大成功だろう。

    本田に限らず、石原さとみや深田恭子など、絶対的な容姿がクローズアップされ、ときには演技以上に注目されることも多い。

    “美”への興味が高まる昨今、やはり“カワイイは正義”なのだろうか?

    b


    本田に限らず、ここ最近の芸能界を振り返ると、絶対的な容姿が再評価されている例は多い。

    たとえばアイドル界にしても、少し前まではAKB48に代表される“親近感あふれるアイドル”が人気の主流であったが、最近では乃木坂46・白石麻衣のような圧倒的な美貌に注目が集まり、男性のみならず女性からも高評価。

    写真集なども爆発的なヒットを記録している。

    女優界では、石原さとみや深田恭子がまさに好例だろう。

    20代半ばころから「急に可愛くなった」と言われる石原は、ドラマはもちろん、美貌がものを言う化粧品CMなどでも引っ張りだこ。

    出演番組には、「石原さとみの美しさを堪能するために観る」「録画は一生残しておこう」といった声まで聞こえるほど。

    男性からの支持はもちろん、女性から“なりたい顔・理想の顔”として、憧れられることも多い。

    もちろん、女性芸能人の評価は、容姿だけで決まるわけではない。

    女優なら演技力、歌手なら歌唱力のほか、人間的魅力や面白さなども重要な要素となるだろう。

    とはいえ、端的に「ずっと見ていたい」と思える美貌に理屈はいらないし、数万人から勝ち上がった、スカウトされて磨かれた、選ばれし芸能人ならではの強みだ。

    一般でも、メイク動画配信や整形への興味など、“美”に対する憧れがとみに高まっている現在。

    InstagramやTikTokで自分の写真や動画を公開することが増え、“可愛さアピール”への抵抗感も薄れたように思われる。

    本田の『LINEモバイル』CMなどはそれこそTikTok的であると言えるし、あざとさよりも「可愛い!」が勝れば、バズることができる昨今なのだ。

    また、橋本環奈が「奇跡の1枚」で一気にスターダムにのし上がったことからもわかるとおり、絶対的な容姿はSNSやネットによってハイスピードで拡散され、世間に強く訴えかける。

    その人物の内面や実力が知られるには時間がかかるが、“美”が伝わるのは速く、爆発的だ。

    芸能人の美しさ、可愛らしさが評価されることは今も昔も変わらないし、最終的には中身が評価されてこそ、本物の人気者となりえる。

    だが、“美”の瞬間風速が最高潮に達している今だからこそ、“カワイイは正義”という言葉がより一層説得力を持つのではないだろうか。

    一般視聴者としては、彼女たちの絶対的な容姿に癒されつつ、その奥に秘められた深い魅力に触れる楽しみを堪能したい。


    ▼画像
    https://contents.oricon.co.jp/special/img/52000/52822/detail/img400/1554804245661.jpg
    https://www.oricon.co.jp/special/52822/ 


    所長見解:そやね・・・
    【【正論】カワイイはやっぱり正義説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の深田恭子が1日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で開催された第42回日本アカデミー賞の授賞式に出席。

    その模様は同日21時から日本テレビ系で放送され、ネット上では深田の艶やかな衣装が話題になった。

    f


    深田は、『空飛ぶタイヤ』で赤松徳郎(長瀬智也)の妻役を演じ、優秀助演女優賞を受賞。

    同賞は初で、過去には『下妻物語』(04年)で優秀主演女優賞、『死者の学園祭』(00年)で新人俳優賞を受けている。

    司会・西田敏行とのやりとりでは、「男性陣がそれぞれが正義を持って戦っていて、みんなが自分のことだけを考えているわけじゃないという本当に心苦しさはありました」と胸の内を明かし、「旦那さんの後姿がすごく物悲しく、切なく、そして力強く」と長瀬の演じる姿を絶賛していた。

    深いスリットからの美脚と、谷間もあらわなセクシー衣装でレッドカーペットに登場した深田。

    抜群のスタイルを惜しげもなく披露し、ツイッター上では

    「今夜の最優秀ドレス賞を差し上げるべき」
    「圧倒的な凄さ」
    「峰不二子みたい」
    「セクシーすぎ」
    「綺麗」
    「とてもお似合い」
    「女神みたい」

    のほか、

    「ドロンジョ様」

    と『ヤッターマン』(09)でのドロンジョを思い出す声もあった。


    第42回日本アカデミー賞 深田恭子
    画像①

    画像②

    画像③


    http://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1881595/ 


    所長見解:いいね・・・


    【【永久保存版】深田恭子のセクシーすぎる衣装がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ