ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    浜崎あゆみ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    浜崎あゆみ(40)と、浜崎の育ての親でエイベックス会長の松浦勝人氏(54)との交際を振り返り話題の小説「M 愛すべき人がいて」(小松成美著)について、お笑いタレントの今田耕司(53)がテレビでこう言った。

    「これって世の中の人はビックリしてるんですか? こちら(芸能界)の人間は当時から誰でも知っていることですよ」


    業界では「今さらなぜ」という声とともに、こんな疑問も上がっている。

    「松浦氏との交際より、もっと有名だった長瀬との交際はどうして語らなかったのか、語れなかったのか」――。


    TOKIOの長瀬智也(40)とは、浜崎が松浦氏と破局した翌年の2001年に熱愛が報じられた。


    写真誌フライデーにツーショットが何度も載るなど、オープンな交際を続け、ファンは結婚するのではと盛り上がったものだ。

    お揃いのタトゥーをそれぞれの肩にいれ、浜崎の楽曲「ANGEL’s SONG」などは、長瀬とのことを歌っているのではないかと臆測が飛び交った。


    「この交際も07年に破局を迎えますが、復縁説があったりして、いまだに注目されています」とスポーツ紙芸能デスクは言う。


    h


    ■「恋人の枠を超えた家族兄弟のような関係」

    事実、破局した当時、浜崎は公式ファンクラブに向けて「7年間もの月日を共に歩んできた同志なわけだから、いきなり『さよならっ。ハイ、他人。』なんてなるわけもなく、今までと変わらず連絡も取り合うし、一緒にゴハン食べたりもするんだなぁ」とコメント。

    「つまりね、私達は恋人同士という枠を越えて、家族のような兄弟のような、そんな関係になったんだよね」と続けている。

    これに応えるように長瀬も「1番に好きな人ではなくて0番に好きな人。
    惹かれ合いすぎて届かない存在。
    彼女と出会って別れたことも含めて、完ぺきな人生を送っていると思います」などと振り返った。


    小説の発売に際し、浜崎の「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」とのコメントが寄せられ、話題になったが、長瀬との交際も、松浦氏と同等かそれ以上の熱愛だったのではないか。


    小説は浜崎への取材をもとに、ノンフィクション作家の小松氏がまとめたもの。

    発売元・幻冬舎社長の見城徹氏はトークアプリ「755」で発売までの経緯をこう明らかにしている。

    「サイバーエージェントの藤田から浜崎あゆみ、生涯最大の恋物語の企画を電話で持ちかけられた。
    本にしてくれたら、ぜひ、映像化したいんです、と。
    藤田はその時、松浦勝人と浜崎あゆみと3人で西麻布で飲んでいたのだ。
    そこから全ては始まった」

    前出の芸能デスクはこう言う。

    「藤田氏は気さくな人柄で、幅広く、分け隔てなく、いろんな人たちと交流しています。
    その藤田氏と松浦氏の同意もあって一気に出版へとつながったのでしょう。
    かたや長瀬はジャニーズ事務所所属で、本にするには根回しが難しかったのかも」

     
    浜崎の恋物語は来春テレビ朝日でドラマ化される。

    第2弾はぜひ、長瀬との語られざる秘話の暴露を期待したい。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/260518/4 

    所長見解:そら無理やろ・・・


    【【疑惑】浜崎あゆみ暴露本に長瀬智也が登場しない理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    キャスティングも注目 あゆ小説 来春連ドラに オファー殺到の中でテレ朝が獲得
     

    歌手の浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)との交際を初告白した小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が来春、テレビ朝日で連続ドラマ化されることが16日、分かった。


    f

     
    同書は、浜崎への取材を基にノンフィクション作家の小松成美氏が手掛けた“激白小説”。

    秘められた恋の告白は話題を呼び、7月31日の発売から今月6日までアマゾンの書籍ランキングの「総合」で7日間連続1位。

    同じく「日本文学」のカテゴリーでは16日まで17日間連続1位となっている。


    幻冬舎によると、初版は5万部で、この日までに2度の増刷で計13万部を発行。

    同社は「日本文学のジャンルで、このスピードでこれだけの部数が出るのは異例のこと」としている。


    反響を受け、映像化のオファーが相次いだ中、広告代理店関係者によると、テレビ朝日が獲得した。

    来春に連続ドラマにする方向で話が進んでいるという。


    注目のキャスティングはこれからになるが、スキャンダラスな魅力もある“平成の歌姫”を誰が演じるのか。

    現役のトップスターをテレビドラマで演じること自体が珍しいだけに、さらに話題を呼びそうだ。


    同書では、本のタイトルとなっている浜崎の代表曲「M」が松浦氏との交際の中で生まれた歌詞であるという事実が判明。


    その突然の告白にファンの間で

    「Mは“勝人のM”だったのか」
    「今さら昔の恋愛を持ち出さなくても」

    と疑問の声が出た一方で、芥川賞候補にもなった作家で社会学者の古市憲寿氏(34)が「ごく個人的な切実な物語というのは、時にとんでもない普遍性をもってしまうんだね。
    『M』で答え合わせができてうれしい」と評価するなど、賛否両論の議論が巻き起こっている。

     
    ≪生歌唱中号泣≫小説では20年前の1999年、松浦氏と破局直後に出演したテレビ朝日「ミュージックステーションスーパーライブ」の様子が描かれている。

    その日、浜崎は生放送の歌唱中に涙をこらえられず号泣。

    当時は涙の理由が謎だったため、ファンの間でこの時の映像が再び注目され話題となっている。

     
    ▽「M 愛すべき人がいて」の内容 

    1998年の歌手デビューからトップスターに上り詰めるまでの2年間に秘められた“出会いと別れの物語”を、赤裸々に描き出した小説。

    松浦氏ら実在する人物や渋谷109などの具体的な場所が実名のまま登場する。

    浜崎の代表曲「M」「Boys&Girls」などが松浦氏との交際の中で生まれたことなども明かされている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000005-spnannex-ent 

    所長見解:どうなん・・・
    【【朗報】浜崎あゆみ物語がドラマ化ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の浜崎あゆみとエイベックス松浦勝人会長の“禁断の恋”がつづられた自伝的小説『M 愛すべき人がいて』(小松成美著、幻冬舎)が話題となっている。

    「平成の歌姫」が令和の時代に再び脚光を浴びるその裏で、ひっそりと安堵のため息をついた関係者もいるのではないだろうか。


    8月1日に発売された同書は、浜崎が“マサ”と慕うプロデューサーと出会い、恋に落ち、別れるまでを赤裸々に描いた「事実に基づくフィクション」。

    2000年のヒット曲『M』の歌詞は松浦氏への愛を込めたものであることも明らかにされ、“あゆの歌”とともに青春時代を過ごしてきた往年のファンの間で賛否を巻き起こしている。

    発売に際して「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」とコメントを寄せた浜崎。


    m


    松浦氏との恋が“人生をかけた大恋愛”であったことが強調されているが、彼女の傍らには絶えずさまざまな男の影があった。

    その筆頭は、TOKIOの長瀬智也だろう。

    人気絶頂の2001年に交際を認め、ビッグカップルとして世間を騒がせた2人。

    結婚秒読みとも言われていたが、約7年の交際期間を経て2007年に破局を迎えた。

    両者の特別な関係性を表す「おそろいの翼のタトゥー」の存在は広く知られており、“禁断の恋”と聞いて長瀬のことを浮かべたファンも少なくないはずだ。


    その後も俳優の玉山鉄二との交際がささやかれた他、ブランドデザイナー、マネージャー、バックダンサーらと数々の浮名を流し、外国人男性と2度の結婚・離婚を経験した浜崎。


    最近では、SNSでの“匂わせ投稿”をきっかけに、現在活動自粛中のAAAのリーダー・浦田直也との熱愛疑惑が持ち上がるなど、アラフォーを迎えてもなお、そのモテモテぶりは健在だ。

     
    お相手の松浦氏も公認とはいえ、現役シンガーが関係者の実名を挙げた告白本を出すというのは、いわば「禁じ手」に近い。

    浜崎との破局後、自らメディアに“あゆとの関係”を暴露した元カレ、マロこと内山麿我は「素直に興味あるなー、、、買おうかなwwww」(8月1日付ブログ)と高みの見物を決め込んでいるが、この騒動の裏で過去の交際相手たちが「ひょっとして次はオレ……?」と焦っている可能性は十分ある。


    「どうしてこんなの世間に出すの? 信じられない」

    「私の青春が崩壊…」

    「Mが誰だとか知りたくなかった」

    とファンが悲鳴を上げる一方で、その話題性の高さから大手通販サイトなどでもランキング上位をキープし、販売を順調に伸ばしている同書。

    「あゆと長瀬くんとのことを知りたい」
    「第2弾でたらぜったい買う」

    とシリーズ化を期待する声も上がっており、しばらくは元カレたちの眠れない日々が続きそうだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1953670/
    日刊大衆

    所長見解:売れてんの?・・・
    【【悲報】浜崎あゆみの暴露本に困惑する元カレたち問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手・浜崎あゆみ(40)が、8月1日発売の小説「M 愛すべき人がいて」(小松成美著、幻冬舎)で、育ての親で、所属するエイベックスの松浦勝人会長(54)とかつて交際していたことを明かした。


    y


    同小説は、ノンフィクション作家の小松氏が、浜崎への取材を基に歌手デビューからブレークするまでのサクセスストーリーをまとめている。

    その中で、浜崎を見いだした松浦会長との交際していた過去が描かれており、実名で登場するという。


    浜崎は「もしも誰かに『今回の人生で一生に一度きりだと思えるほどの大恋愛をしましたか?』と問われたなら私は何の迷いもなくこう答えるだろう。
    『はい。自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました』と」とコメントを寄せている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-07310658-nksports-ent 


    所長見解:知ってたわな・・・

    【【悲報】浜崎あゆみ、松浦勝人と交際していた模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    現在、自身最長となる2年越しのライブツアー真っ只中の浜崎あゆみ(40才)。

    全国各地の会場を駆けまわっているさなかの8月1日、一冊の本が出版される。

    タイトルは『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)。

    17才だったあゆのデビュー前夜からブレークを遂げた1999年まで約4年間の軌跡が綴られている。


    「驚くべきは“禁断の恋”。
    あゆとエイベックスの代表取締役会長・CEOである松浦勝人さん(54才)との壮絶な恋模様がつぶさに描かれていて、彼女の名曲誕生の裏側も明かされています」(レコード会社関係者)


    m

     
    かつては「女子高生のカリスマ」と呼ばれたあゆ。

    歌はもちろん、ファッションやメイクまで彼女の一挙手一投足が世間の関心を集め、安室奈美恵さん(41才)や宇多田ヒカル(36才)らをしのぐ人気を誇った。


    あゆはまた、恋愛や結婚などプライベートでも多くの話題を呼んできた。

    なかでも最もよく知られているのは、TOKIOの長瀬智也(40才)との恋だろう。

    「2人の関係は2000年から7年間も続きました。
    交際宣言をし、おそろいのタトゥーを入れて公然と関係をアピール。
    海外旅行から帰国した時、報道陣の前を手をつないで歩いた2人の姿は今も鮮明に覚えています。
    日本のアーティストも堂々として“ハリウッド女優”のようになった、格好いいなと思った印象的な出来事でした」(スポーツ紙記者)

    しかし、この恋は終焉を迎える。

    その後あゆは2度の結婚と離婚を繰り返し、そのたびに「長瀬との恋が尾を引いているのではないか」などと噂されてきた。

    しかし、本書では松浦さんとの恋こそ彼女の人生において最大の“柱”だったことがうかがえる。
     
    本の表紙を開くと、そこにあるのは《事実に基づくフィクションである》という一文だ。

    この本の著者は、ノンフィクションライターの小松成美さん。

    彼女は、著名人を丹念に取材するノンフィクションの名手として知られる。

    「小松さんがあゆを長期間にわたって取材してまとめたのがこの本で、大部分は事実だと思われます。
    当時を知る人の間では“あゆの暴露本”とさえ囁かれています」(前出・レコード会社関係者)

    事実、本書にはこれまでごく一部の人しか知りえなかった内容が綴られている。

    福岡で育ったあゆは幼い頃に父親が蒸発し、母親と祖母の3人で暮らしてきた。

    小学生の時にスカウトされてモデルデビューを果たした後、母や祖母とともに上京。

    女優として活動し、家族を支えるようになる。

    そんな中、東京・六本木のディスコ・ヴェルファーレのVIP席で出会ったのが、当時エイベックスの専務でカリスマプロデューサーとしてヒット曲を生み出していた松浦さんだった。

    本書ではあゆのデビュー秘話についても触れられている。

    《専務は、三人か四人のグループにして、そのボーカルに私を、と言った。
    (略)私には無理。
    グループの中では自分を表現できない。
    (略)小学校の通信簿にも、六年間、協調性の欄に「努力しましょう」と書かれていた。(略)一人でいれば、人の顔色をうかがわず、自分のペースで生きることができる》
     
    そう考えたあゆは、松浦さんに「一人で歌わせてほしい」と直談判し、ソロデビューが決まったという。
     
    やがて松浦さんに対して恋心を募らせるようになったあゆ。

    彼女は楽曲のほとんどの作詞を手掛けているが、当時の詞に綴られていたのは、松浦さんへの切ない恋心だった。

    《頭に思い浮かぶ語彙のすべては、その人への想いの偽りのない反映だ。
    (略)ノートに書いた文章は、つまりラブレターだった》

    1998年、ついにデビューを果たしたが、当初の評判は芳しくなかった。

    一方で、彼女にかける松浦さんの情熱はすさまじく「浜崎あゆみは人気が出ない」と言い放つテレビマンに殴りかかろうとしたこともあったという。
     
    次第に思いを抑えきれなくなったあゆは、松浦さんに気持ちを伝える。

    そして、離婚し独身に戻っていた松浦さんは、あゆに運命的な告白をした。

    《私がドアを開けると、スーツを着た専務が立っていた。
    そして、(略)母に一礼すると、こう言った。
    「あゆみさんと付き合っています。真剣です」》

    互いの思いを確認した2人は同棲を開始。

    あゆは15才年上の松浦さんのことを「マサ」と呼び、忙しい合間を縫って愛を注ぎ合った。

    交際に気づいたエイベックスの幹部らが猛反対したが、松浦さんは周囲を説得したという。


    NEWSポストセブン
    https://news.livedoor.com/article/detail/16855864/

    所長見解:あれま・・・

    【【これはすごい内容】浜崎あゆみ、暴露本を出版ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ