ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    流行

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    なんだかね

    n

    所長見解:ちょっとね・・・

    【【悲報】N国の立花に飽きてきてしまった説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京タピオカランドのプレスイベントが8月19日に実施され、”ホストの帝王”として知られるローランドさんが登場した。

    その中で、ローランドさんは今年9月末に、自身がプロデュースしたタピオカ専門店を東京・八王子に出店すると明かした。

    タピオカについて、「すぐに飲めるもんじゃないんで、いろんな話が出来たり素晴らしいなと」とコミュニケーションツールになるといい、「この場を借りて発表なんですけど、タピオカ愛が強すぎて店を、『ザ・パール』というお店を新しくオープンさせようかなと」と話した。

    t


    ■ ローランド名言入りカップで提供 今後は京都にも?

    ローランドさんはイベントに、東京タピオカランドにも出店しているタピオカ屋「謝謝珍珠(シェイシェイパール)を持って登場。

    司会に味を聞かれると「僕もう2000回以上飲んでるんで、今更味わう必要もないくらい。
    でもやっぱり美味しいですよね」と話す。

    「僕地元が八王子なんですけど、謝謝珍珠の方に『ぜひともこの味を!』と、めちゃくちゃ頼み込んで技術指導をしていただきまして、ザ・パールというお店を満を持して八王子にオープンさせて、美味しいタピオカを提供して地元を活性化しようかなと思っています」

    コンセプトはメンズとかも来やすいクールなイメージで、「ローランドのこだわりをたくさん詰めた。カップに名言を入れてみたりして」と説明。

    タピオカ屋は行列になることが多いが、「入口からローランド。
    行列から店鋪が見えてきた瞬間、味わえるんじゃないかな」と語っていた。


    今後の出店については「インバウンドのお客様も増えている京都も視野には入れている」とは言うものの、「そもそもタピオカ屋さんは営利目的というか、本当(タピオカが)好きで出す。
    もっと効率のいい出店候補もあったんですが、少しでも地元を盛り上げたいなっていうのもあったので、営利目的ではなく楽しんでやっていけたらいいなと」と語った。


    ■ “タピオカは太る”に対し、「美味しいものを好きなだけ食べて、その分動いたらいい」

    タピオカとの出会いについても語った。

    経営しているホストクラブで営業終了後、若い従業員が「仕事終わったしタピろうかな」と話しており、”タピる”の意味が分からなかったという。

    「僕もう今年で27になるんですけどタピるってなんだろうって思って、『タピるって何?』って聞いたんですね。
    そしたら本当におっさんを見るような目で『いや社長、タピるも知らないんですか?』って言われて。
    そこからググって調べた」


    従業員の気持ちを理解すべくタピオカを飲んだら「なんて美味しいんだろう、と謝謝珍珠に出会った」と明かす。

    同店は当時、栃木にしか店鋪がなく、「僕は欲しいものは確実に手に入れたいんで」と、熱意を伝えて東京まで送ってもらったという。


    “インスタ映え”をテーマにした東京タピオカランドについては、「基本俺の行った先がインスタ映えなんであまり気にしないんですけど、世の中の方はそういう訳じゃないので何かしらの力を借りて映えさせなければいけない人たちはここに集ったらいいんじゃない」とコメント。


    “タピオカは太る”ということについては、「美味しいものを好きなだけ食べて、その分動いたらいいだけの話。
    明日もジム行きますし。
    美味しいものを食べたいじゃないですか、人生1度しかないし。
    我慢するくらいなら次の日はハードにトレーニングする方が建設的というかポジティブな生き方じゃないですか」と語った。


    写真:ローランドが八王子にタピオカ屋オープンを発表
    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2019/08/190820ll2.jpg
    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2019/08/190820ll3.jpg
    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2019/08/190820ll1.jpg


    https://news.careerconnection.jp/?p=76976

    所長見解:いまから・・・

    【【カリスマホスト】ローランドがタピオカ屋オープンってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タピオカドリンクのブームは過熱する一方で、新規出店が相次いでいる中、タピオカ専門店が暴力団の新たな資金源になっていることに警視庁が警戒心を強めている。


    y


    タピオカは日本で90年代のバブル後半期にティラミスに隠れてささやかなブームになった。

    2008年に第2次ブームがあったが、沈静化。

    17年に本場、台湾のブランド店が立て続けに日本進出したことで第3次ブームとなった。

    渋谷や原宿の人気スポットのみならず、主要駅には雨後のタケノコのごとく、出店ラッシュとなっている。


    「“インスタ映え”すると女子中高生の間で爆発的なブームになったタピオカには暴力団もいち早く目をつけて、クレープやケバブ店をタピオカ専門店に変えるなど、新規店を続々とオープンさせているんです」(飲食業専門コンサルタント)

     
    タピオカ専門店は持ち帰り専門なら座席は不要。

    調理場も含めて最低5坪あれば開業できる。

    調理も簡単なので技術も必要がない。

    しかも初期投資が少なく済む上に回収率がいい。

    楽でボロ儲けできることで暴力団の新たな資金源になっている。

     
    警視庁の生活安全課関係者は「おいしいといわれるタピオカドリンクの原価は50円程度。
    質が落ちる暴力団関係の店になると1杯6円程度。
    それを500円前後で売る。
    暴力団関連の店は女子中高生が好みそうなカラフルでファンシーな店構えで、女子中高生に『タピオカ増量』と唱えて、売りまくっている。
    暴力団が表に出ず、アルバイトを雇っているために実態が把握できない。焦ってますよ」と言う。

     
    ヤクザが女子高生をタピオカ漬けにしてカネを巻き上げる…。

    工夫をこらしての正業と思われるが、この儲けを資金源にして覚醒剤を密輸したり、闇カジノをオープンするなど、一般人を廃人にして荒稼ぎする反社会的行為を行うことになるのだから、資金源は断たないといけないだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16941072/

    【【悲報】暴力団さん、原価6円のタピオカで「濡れ手で粟」ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    東京・原宿で開催しているフードイベント「東京タピオカランド」に対し、施設を運営する企業が「業務改善」を求めていたことが分かった。

    同イベントをめぐっては、SNS上で不満が多数書き込まれていた。


    p


    ■「強く業務改善を伝えています!」

    東京タピオカランドは、複数のタピオカ店を集めて開催されているイベントで、2019年8月13日~9月16日の期間限定で実施している。

    入場料は前売り1000円、当日1200円。

    会場は、電通とサニーサイドアップ(SSU)が共同運営する商業施設「jing(ジング)」内に構え、タピオカ店のほか、フォトブースの設置やグッズの販売をしている。

    しかし、オープン後にはSNS上で

    「内装が文化祭レベル」

    「過去のイベントのフォトブースを使いまわしている」

    「出店が片手程 水分売ってるのにトイレ無し 入場料1000円超で再入場不可」

    「よくもまぁ4店でタピオカランドとか言ったものだ...」

    などと辛らつな意見が多数書き込まれている。

     
    その上、電通とSSUも運営に関わっているとの情報も広まり、あるまとめサイトでは両者の名前を挙げて揶揄する記事が配信された。

     
    この記事に反応したのが、SSUの次原悦子社長だ。

    ニュースサイト「NewsPicks」上で、「今回のタピオカのイベントは、あくまでもテナントとしてスペースを貸しているだけで、運営自体には一切関係ありません」などと抗議し、「企画運営会社には強く業務改善を伝えています!」とも明かした。



    再入場は16日から可能に
     
    東京タピオカランドのプレスリリースを見ると、7月16日配布の主催欄には「東京タピオカランド実行委員会」、共催欄に2つの企業名があったが、8月6日のリリースでは共催欄が消えている。

     
    実行委員会に16日、書面で取材を申し込むと「改善意向の有無ですがあります。
    そしてすでにトイレや再入場の件などすでに改善させて頂いております」と回答。

      
    「トイレに関しましてはイベント初日の想定以上の来場で受付隣に御手洗があり、その旨周知するオペレーションが徹底出来ておらず、1部来場者(原文ママ)の方に御迷惑をおかけ致しましたが、2日目以降入場の際に周知させて頂いております」

      
    「再入場不可に関しましてはオペレーション簡素化のために記載致しましたが、上記御手洗の利用を鑑みて再入場用のリストバンドを手配致しました。
    本日から再入場は可能となります」

     
    SNS上で指摘された内装への不満は「ご指摘を真摯に受け止め、今後の運営向上に努めたく思います」とし、過去のイベント設備の転用については「アイスランド(編注:昨年開催されたイベント「東京アイスクリームランド」)で人気のフォトスポットを前回来場していなかったお客様に復活して欲しいとの声をいただいたため1部復活しました」と理解を求めた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000013-jct-bus_all

    所長見解:あれな・・・

    【【炎上】東京タピオカランド、改善するってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨今のブームを形容して「タピオカ戦国時代」と言われているそうだ。

    専門店が乱立する中、店をオープンした彼女は、戦場に突如現れた一介の野武士といったところか。

    有力大名ならぬ芸能人の妹から支援を受けての出陣とはいえ、不安の声も聞こえてくる。

     
    その芸能人とは、今や押しも押されもせぬ人気タレントとなったユッキーナこと木下優樹菜(31)のこと。


    7月17日、自身のインスタグラムに、

    〈ゆきなのお姉ちゃんさやかがオープンしました 20日から是非タピりにいってね〉

    と投稿して、姉が都内に「#ALLRIGHT」というタピオカドリンク店を開店したことをちゃっかり宣伝。


    p

     
    ユッキーナは東京都葛飾区出身で3姉妹の末っ子。

    10年前にはフジテレビ系の「SMAP×SMAP」の名物コーナー、ビストロスマップに3人で出演したこともある。

    このたび、お店を出したのは次女の方だ。

     
    さて、早速本誌(「週刊新潮」)記者が下町の商店街にあるお店を訪ねたところ、開店祝いの花が飾られていた。


    オーナーの次女に話を聞こうとするも、

    「優樹菜は妹だからインスタにあげてくれただけで、何も語る気はありません」

    そう言って、取りつく島もない。

     
    近隣の商店主はこう言う。

    「あの店が出来てから活気が生まれました。
    数日前には妹である優樹菜さんも来ていましたよ」

     
    ご近所の評判は上々のようだが、過去2度の大流行も“短命”だったことから、ひと夏かぎりのブームとも言われるタピオカ。

    お節介ながら、店の今後は大丈夫なのだろうか。


    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08120557/?all=1

    所長見解:原価がな・・・

    【【荒稼ぎ】木下優樹菜の姉が「タピオカ屋」をオープンってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ