流出

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年12月に離婚していたことが明らかになったタレントのあびる優(33)と格闘家の才賀紀左衛門(30)。 

     
    離婚を報じたAERA dot.の一報(「あびる優、離婚していた 夫が我慢できなかったあびるの悪癖」)を受け、あびるはインスタグラムで、「これからもヨツハ(長女)のママとして、大切に大切に愛情いっぱいに育てていくことを誓います」と、離婚後も長女の育児に関わっていくことを主張。

    一方、夫の才賀も「僕、才賀紀左衛門が親権並びに監護権(育児権)を持ち責任を持って育てていく」とインスタグラムに投稿した。

    異なる両者の主張にネット上では「普通は母親が圧倒的に親権で優位なのに」、「あびるが育児放棄してたのかな?」など、疑問の声が続出した。 


     
    離婚から3カ月弱の月日が流れ、あびると才賀はどんな日常を送っているのだろうか。

    “その後”を追うと、驚きの現状が浮かび上がった。 


    「いまヨツハちゃんは才賀さんと暮らしていて、落ち着いた生活を送っているようです」と才賀の知人は話す。 

     
    あびるは離婚後、しばらくして家族3人で暮らしていた東京都港区のマンションを出ている。

    現在は、そこで才賀と長女が二人で暮らしているという。 



    「離婚前のヨツハちゃんは、お酒を飲んで帰宅したあびるさんに起こされて、深夜2時や3時に目が覚めてしまうこともあった。
    それが癖になって規則正しい生活が送れていなかったようです。
    いまは才賀さんが幼稚園の送り迎えや食事の世話をしていて、たまに才賀さんの母親も育児を手伝っています。
    普通の4歳児と変わらない生活ができている」(前出の知人) 


     
    一方、離婚後のあびるはどうか。

    才賀は昨年12月のAERA dot.の取材で「僕にとって最も大切な存在は娘です。
    その娘は母親である優を愛しているはずです。
    だから優がお酒を断つのであれば一緒に育てていきたいとは思います」と話していた。

    さすがに離婚後は飲酒を控えていると思いきや、「長年染み付いた悪癖は簡単には治らないみたいです」と知人は肩を落とす。 




    所長見解:そうなんか・・・

    【【悲報】あびる優さん、ヤバすぎるLINEが流出の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    c


    セブンイレブンさんの危機!

    店内で店員が・・・



    所長見解:ヤバいな・・・

    【【悲報】最近のコンビニのサービスがやばい・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    h


    ダウンタウン浜田雅功さんのハ●撮り画像が流出する



    所長見解:ほんまや・・・

    【【流出】ダウンタウン・浜田雅功さんのヤバすぎる画像がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    唐田えりか“圧巻のポエム力”に爆笑!

    「自分に酔いまくりやんwww」


    俳優・東出昌大と3年にもわたる不倫関係を続けことが露呈した女優・唐田えりか。

    唐田はインスタグラムの〝裏アカウント〟にて東出との関係に葛藤する気持ちをつづっていたようだが、ネット上ではその〝文面〟が嘲笑されている。


    既に大きく報じられているように唐田は、妻の杏と3人の幼子を持つ東出と不倫。

    三者の所属事務所すべてが報道内容をほぼ認めており、東出と唐田に対し連日の大バッシングが浴びせられている。

    そんな中、唐田の〝裏アカウント〟の存在が『週刊文春』の取材で明らかに。

    そこには、彼女が東出との関係を葛藤する様子が赤裸々につづられていた。


    k


    不倫関係に陥ったと考えられている2017年5月には、

    《ほんとだめ、ほんとむり、やばいこの感じ初めてすぎてどうすればいいの、、、どうしようもないんだけどさ、、、》

    という何とも生々しい投稿。その後も、

    《どーしよ、、やっぱ好きになってしまった、ぽい》

    とした上で、東出との恋人役に自身の思いを重ねようとしたのか、

    《わたし、100%、恋してくるね。というか思う存分、恋してくるね》

    と、ナゼか不倫行為を前向きに捉える様子も記されていた。


    「これ系の人とは実生活では極力関わらないようにする」

    さらに19年11月の投稿では、

    《事務所に反対されたからとか今は仕事が大事だからとかそんなん私も同じだし そんなことよりも好きだから!!!で全部ひっくるめて付き合いたかった めちゃくそに愛情注いでくれないと無理って分かり切ってるんだから わしゃ次だよ次》

    《あーもーーほんと何やってんだか何回繰り返してんだか、、、だけどやっぱり彼女にはなれないってことだけは再び確実に分かり切ったし 私ももうこれがなんの好きかよくわかんない とにかく繰り返してグズグズすんのは無理だわ なんか本当に友達とやらになった様子。
    友達以上恋人未満は自分でも軽蔑する。もういい。新しい相手を求む!(何回めって感じだけど) 本当にもう次なのだよ。目が覚めた。どっちも》

    と、長文で投稿している。


    「この2つの投稿から分かるように、唐田が葛藤しているのは不倫ではなく〝東出と付き合えるかどうか〟の一点。
    杏の存在など微塵も気にしていないかのようです」(芸能ライター)


    しかし驚くべきは、その〝ポエム力〟。

    ネット上では、

    《妻子持ちとイケナイ恋に落ちたアタシ…って悲劇のヒロイン楽しんでただけやん》

    《え、コレ唐田さんご本人のポエム?ww 自分に酔いまくったメンヘラビッチ様じゃんww》

    《自分に酔い過ぎてドン引きだし吐き気した》

    《私、SNSこれ系の人とは実生活では極力関わらないようにするよう努める》

    《長年不倫してる友人のTwitterとめちゃくちゃ似てて笑ったw》

    などと、独特な文章に爆笑の声が多く上がっている。


    禁じられた恋に悩む女子たちへ送る「恋愛ポエマー」としてなら、イバラの道もスイスイと進めそうだ。


    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0201/myj_200201_8470180272.html

    所長見解:恋やね・・・
    【【でっくん速報】唐田えりかさん、天才ポエマー説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の東出昌大との2年以上にわたる不貞関係が暴かれた、女優の唐田えりか。

    出演していたドラマからは緊急降板。

    専属モデルを務めるファッション誌も、1月28日発売号では姿を見せたものの、次号以降は出演見合わせ。

    一方の東出も、CM4社が打ち切りとなり、その違約金は6億円とも言われている。


     
    1月30日発売の「週刊文春」では、当事者である唐田えりかが“裏アカウント”に残した東出への思いが報じられている。

    「記事によると、この裏アカウントを見られるのは友人、事務所のマネジャー、仕事関係者に限られており、閲覧には唐田の承認が必要なのだとか。
    はじめは仕事に関する書き込みでしたが、やがて東出との恋愛に関する書き込みになっていったそうです」(芸能ライター)


    k

     

    2018年、唐田は映画「寝ても覚めても」でヒロインに抜擢。

    恋人役を演じたのが東出だった。

    「当時、唐田は『やばいこの感じ始めてすぎてどうすればいいの、、、どうしようもできないけどさ』『どーしよ、、やっぱ好きになってしまった、ぽい』などと、東出への思いと見られる書き込みをしていたのだとか。
    また、この時期から唐田のSNSには東出の写真が頻繁に登場するように。
    しかし、東出は妻子ある身。
    唐田は東出と距離を置くようになり、昨年9月にはインスタに『もう恋愛はしたくない人間になった!』と、破局を思わせるコメントを残していました」(前出・芸能ライター)

     
    しかし、その2週間後には「でっくん。。。」などと、東出の愛称を載せた写真をアップしていたという。

    「そして、いよいよ2人の関係が杏の知るところとなり、東出が別れ話を切り出すことに。唐田はその時の心境も裏アカで『事務所に反対されたからとか今は仕事が大事だからとかそんなん私も同じだし そんなことよりも好きだから!!!で全部ひっくるめて付き合いたかった』と、ぶちまけていたのだそうです」(前出・芸能ライター)

     
    清楚系若手女優が残した生々しいほどの恋慕。

    今後の女優としての活動に活かしてほしいものだ。


    https://www.asagei.com/142206

    所長見解:そうなるわな・・・
    【【でっくん速報】唐田えりかさんのインスタ裏アカ流出の模様・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ