ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    河野景子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「彼女は、息子の芸能活動を諦めていません。
    家族関係もスッキリと片がつき、いよいよ“俳優”として本格始動させるようなんです」

    女性誌記者がそう話すのは、10月25日に貴乃花(46)と離婚していたことが分かった元フジテレビアナウンサーの河野景子氏(54)について。

    貴乃花は11月27日に、朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)にサプライズ出演し、「お互い結婚を卒業しようということを2人で決めました」と河野氏と“卒婚=離婚”を報告した。

    「“卒婚”と、あくまでも円満な離婚であったとアピールしていましたが、実際のところは夫婦間での、長男・花田優一(23)の進路についての考え方の相違が離婚の原因になったようです。
    貴乃花が優一に靴職人として精進することを期待する一方で、景子さんは息子をどうしてもタレントにしたかったのだとか。
    優一も両親同様、12月12日に離婚していたことを『デイリー新潮』が報じましたが、現在は都内の実家で景子さんと暮らしているようですよ」(スポーツ紙記者)

    h


    ■河野景子が花田優一のタレント活動を後押し?

    そんな景子氏だが、今年の夏頃に以前の職場であるフジテレビを訪れ、「息子と一緒に出られる番組はないか」と相談していたという。

    前出のスポーツ紙記者が続ける。

    「景子さんは2016年に個人事務所を設立して代表取締役に就任し、『河野景子のことばのアカデミー』を運営し、講演やトークショーをこなしていました。
    ですが、ここ最近は自分の活動よりも、息子のタレント活動を優先し、息子との共演を関係者に打診していたようなんです。
    靴職人としても一人前でない優一を、どうしてタレントの道に進ませるんだと貴乃花は憤っていたようです」

    花田優一といえば、2017年夏から芸能活動を開始し、同年10月からはTBSラジオにて冠番組『花田優一 First Step』のパーソナリティを務めた。

    また、2018年2月には『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演し、離婚した妻との出会いについて、初対面で「こいつ嫁かな、って思った」と振り返るなどバラエティ番組にも多数出演。

    だが、同年9月に事務所との専属マネジメント契約を解除されていたのだ。

    「実際のところクビ同然で事務所を解雇されてしまった優一ですが、母の景子さんはそんな彼を“どうしても俳優にしたい。どうすればいいでしょうか?”と、さまざまな映画関係者に相談しているそうなんです。
    優一は、2017年1月に“こいつ嫁かな”と感じて、元幕内・富士乃真の陣幕親方(58)の長女と結婚した後も、銀座のホステスと遊びまくり、密会写真まで撮られています。
    また、本業の靴に関しても、50人近い顧客から靴の注文を受けたにもかかわらず、納期までに靴が作れなかったという報道もありました。
    そんな話しか出てこない優一が、はたして厳しい演技の世界で通用するか……
    かなり疑問ですね」(前同)

    さらに、演技の世界への進出を企むのは花田優一だけではない。

    12月13日には『東スポWeb』が、河野景子氏に女優デビューの動きがあることを伝えた。

    貴乃花と河野景子、そして花田優一にとって2019年はどんな年になるのか。

    それぞれの活動を見守っていきたい。


    http://dailynewsonline.jp/article/1611263/
    日刊大衆


    所長見解:もうね・・・

    【【元貴乃花夫人】河野景子「花田優一を俳優にしたい!」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平成の大横綱・元貴乃花の離婚が発覚したのは、11月26日。

    それ以後、連日マスコミでは憶測も含め様々な報道がなされる中、注目を集めているのが景子元夫人の多才ぶりだ。

    k


    「貴乃花部屋のおかみさんを続けながら、2016年には美容販売・イベント企画会社『ル・クール』を設立。
    そして自身が校長を務める『ことばのアカデミー』を主宰。
    この他に美容液『スヴィエ エッセンシャルセラム』のディスカウント販売、さらに年間50回にものぼる講演会をこなすなど二足どころか、三足も四足もの草鞋を履いていたことが『夕刊フジ』などの調べで明らかになりました」(スポーツ紙記者)

    29日に放送された生番組「バイキング」(フジテレビ系)では、年間50回にものぼる講演会を場所中にも行っていたことが明らかになり、コメンテーターの岩崎宏美や薬丸裕英から「大切な弟子たちの本場所中に、部屋をあけるのはありえない」と言った声が上がった。

    「離婚報道が報じられた当初は、景子元夫人に対して辛口でなるおぎやはぎの小木博明も『元々華やかであんなきれいですから、これからどんどん羽ばたいて欲しい』とコメントするなど今後の活動にエールを送る声も聞かれましたが、おかみさん時代の副業が明らかになるにつれ、非難する声が高まりつつあります」(前出・スポーツ紙記者)

    さらに靴職人の長男・優一氏を連れてテレビ局まわりをしていたなど、息子の溺愛ぶりに疑問を呈する声も上がり、景子元夫人に対する逆風は日増しに強くなりつつある。

    「離婚報道の直後は、キャスターとして復帰するという噂も流れましたが、逆風が吹き始めた今、すぐには難しいでしょうね。
    ここは焦らずほとぼりを冷ます意味で、海外へ短期留学するのも選択肢の一つではないでしょうか。
    現在、長女・次女はアメリカに留学中でもありますし」(夕刊紙記者)

    今後、キャスターとして復活するためにもイメージは大切。

    景子元夫人の考えやいかに!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1596122/

    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【衝撃事実】河野景子さん、おかみさん時代の秘密が次々発覚した結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「これは卒婚です」。

    離婚が発覚した直後、元貴乃花親方(46)は、スポーツ紙の取材にそう強調した。

    が、そのウラには、元妻・河野景子さん(54)に男の影を疑う苦悩も。

    時を同じくして、タレント長男からも「離婚報告」が届いていた。

    k


    ひと月以上も隠されていた離婚が表に出たのは、11月26日のこと。

    折しも元弟子の貴景勝が劇的な初優勝を決めた翌日だった。

    2人は1995年、貴乃花が綱を張っていた時代に結婚した。

    以来、彼は力士、また親方として幾度も危機があったものの、その都度乗り越えてきたが、
    「離婚の直接のキッカケは、親方が9月末、相撲協会を退職したことです」と語るのは、経緯を知る部屋の元後援者だ。

    「8名の弟子を預かっていた親方が突然、協会を離れると発表した。
    しかも、驚くべきことにこれを景子さんに相談していなかったんです」

    これでは景子さんが怒るのも当然だろう。

    「そもそも、景子さんはここ数年、夫と距離を置いていました」と元後援者が続ける。

    「直情径行な言動を繰り返しては周囲と軋轢を生む夫に愛想が尽きていたんです。
    親方は普段、部屋に寝泊まりしていましたが、景子さんはまだ学生の2人の娘さんの通学の便を理由に五反田の家に住み、時々部屋に通うという生活を続けていた。
    とりわけ最近は、パーティーなど公式な行事には顔を出し、おかみさん然と振る舞うものの、部屋そのものには寄り付かなかった。
    親方の身の回りは荒れ放題だったそうです」

    事実上の“別居”状態だったのだ。

    が、景子さんが決定的なところに踏み切らなかったのは、彼が理事長になる目があったから。

    「理事長夫人になる夢を見ていました」(同)

    夫の出世こそが夫婦を繋ぎとめる唯一の縁。

    が、そこに来ての仰天の退職、そして「事後報告」に、もう愛想も全て尽きた、ということなのである。

    一方の元親方にも“事情”があった。

    もともと姉さん女房に惚れっ放しの元親方だったが、ここに来て、“変化”が生じていたという。

    「この夏頃でしょうか。
    親方がしきりに“協会でも孤独ですが、家でも一人ですよ……”とこぼすようになったんです」

    と言うのは、元親方の知人。

    「そうかと思えば、周囲に“景子に親しい男がいるんじゃないか”“知っていますか”と嗅ぎまわるようになった。
    別に具体的な証拠があるワケではないので、単に親方の勘繰りだったんでしょうが、思い込みの激しい人ですから、信じ込んでしまって……」

    暴挙に出るには、かような背景があったのである。

    「加えて子どもの将来についてもミゾが生まれていました。
    長男の優一クンは、靴職人として働く一方、タレントとしても活動してきましたが、親方はこれに反対。
    地道に働いてほしいと願っていました。
    が、景子さんは逆で、息子を芸能事務所に紹介してしまったほど。
    優一クンもお母さんべったりで、親方は娘も含めた家族全体から浮いた存在でした。
    優一クンは周囲に“あんな奴、父でも何でもない”と公言していたほどです」(同)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00552772-shincho-ent

    所長見解:あらら・・・

    【【貴乃花元妻】河野景子さんに男の影 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    先ごろ離婚を発表した大相撲の元貴乃花親方・花田光司氏と元フジテレビアナウンサー・河野景子さんの長男で、靴職人の花田優一氏が大きなトラブルを抱えているようだ。

    写真週刊誌『FRIDAY』11月30日号によると、優一氏に靴を注文した客から「商品が届かない」というクレームが殺到しているという。

    しかも、客が連絡を取ろうとしても、優一氏は何だかんだと理由を付けて逃げ回っていたそうだ。

    何件かは最終的に返金という形でコトを収めたと報道されている。

    同誌の記者が直撃取材を試みるも、優一氏は無言のまま逃げるようにビルの中へ。

    このトラブルにより、所属していた事務所から解雇されたという。


    ネット上ではこの件について、

    《高額品なんだから内金→商品と引き換えに全額支払いが普通なんじゃないん?》
    《さんまに作った靴を見てこれはアカンと感じたわ》
    《靴だけ作ってれば良かったのに出過ぎだよ》
    《先払いさせて結局作らず連絡取れず事務所に電話してやっと返金って、詐欺以外の何者でもない》
    《客商売でこんな話が出たらもう終わりだね》

    など、当然の厳しい意見が並んだ。

    y


    優一氏のトラブルはこれだけではない。

    『週刊新潮』12月6日号によると、結婚生活が危機的な状況だという。

    「既に妻とは離婚することで合意していて、後は離婚届を提出するだけ。
    優一氏が結婚したのは2017年10月で、まだ新婚だったのですが、重度のマザコン・シスコンと不倫疑惑報道によって、妻が呆れ返ってしまったようです」(芸能記者)

    また、優一氏は両親の離婚理由の1つだというウワサも。

    一部スポーツ紙の記事によると、元親方は優一氏が靴職人として成長してもらいたいと思っていたが、母の景子さんは芸能活動も含めて、優一氏の活動を応援したいとし、教育方針の違いがあったという。

    そんな中、当の優一氏は両親の離婚についてブログで、

    《スーパーヒーローのように憧れた父 いつも太陽でいた母 2018年の今日、笑顔あふれる、変わらない毎日!靴づくり、自分は修行 以上!》

    と能天気なコメント。

    出始めた当初は、

    「久々にしっかりとした2世が出てきた」
    「親に頼らないのは好感が持てる!」
    「若いのに真面目で、応援できる」

    と評判だったが、結局はただのバカ息子だったようだ。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15674334/
    週刊実話


    所長見解:そうね・・・

    【【二世タレント】靴職人・花田優一氏の化けの皮が剥がれた結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元横綱・元貴乃花親方の花田光司氏(46歳)と妻・花田景子さん(54)が、10月25日付けで離婚していたことが判明した。

    まさかのおしどり夫婦の「熟年離婚」が、お茶の間に波紋を呼んでいる。


    花田氏と景子さんは1995年に結婚。

    2003年に横綱を引退した後は、貴乃花部屋の師匠と女将として部屋を運営してきた。

    そして、2018年10月、花田氏の相撲協会退職にともない、部屋も消滅。

    やはり「生きがい」と公言していた”部屋”をたたんだことで、景子さんの気持ちもプッツリと切れてしまったのか。

    「たしかに二人を結びつけていたのは”部屋”だが、後進育成に後半生を賭けた親方と、”ビジネスのタネ”と考える景子さんとでは”部屋”について考え方が180度違っていた」と、ある後援会関係者は説明する。

    「もともと二人の関係は、後援者らの間では”修復不可能”と囁かれていました。
    8月の東北巡業中に親方が倒れて病院へ緊急搬送された際も、景子さんは”仕事”を理由に看病を断っています。
    この仕事というのが、自身の会社が手がける通称”女将講演”だったんです」

    同氏によれば、景子さんは日本各地で年間50本もの講演(17年度)をこなし、単価50万円とも言われる講演料は年に3000万円前後とも。

    k


    景子さんは当初、部屋の経営を支えるために自身の会社で講演会を始めたが、いつのまにか主客転倒して、この”女将利権”が本業となってしまったという。

    「アナウンサー出身でもある本人は「ことば」や「話し方」「美容」などをテーマにしたがってましたが、客層のオバサン連中が求めるのは「女将の苦労話」「横綱の妻の悩み」といった”部屋”にまつわる話。
    それゆえ景子さんは部屋や女将というポジションを手放すわけにいかなかったんです」

    離婚のわずか2週間前、10月11日には、長男・優一氏(23)が二人のツーショット写真をブログにアップし、「喧嘩するほど仲がいい二人です」とのコメントを付けたばかりだった。

    SNSからは「幸せそうな家族」「景子さんの旦那様を見る目が優しい・・・」など声が飛び交っていた。

    景子さんが守ろうとしたのは一体何だったのだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1591070/


    所長見解:いろいろね・・・

    【【貴乃花離婚】河野景子、仮面夫婦でも死守したかった凄すぎる「女将利権」とは・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ