ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    河野景子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「2ヵ月ほど前に親方と電話で話をしましたが、とても元気そうでしたよ。
    相撲は日本の国技。
    『もっと子どもたちに親しんでもらい世界に広めたい』と、意欲的に語っていました」

    こう話すのは元貴乃花親方のタニマチだった、龍神総宮社(京都府)代表・辻本公俊氏だ。


    河野景子さんと離婚して1年。

    都内に建てた約5憶円の豪邸は景子さんに明け渡し、江東区の貴乃花部屋も引き払った。

    日本相撲協会引退直後は引っ張りダコだったテレビも、最近はメッキリ出演が減少。

    大半の後援者が離れ、寂しき独身生活を送っている……と思いきや。

    貴乃花親方は、意外にも周囲に「毎日が楽しい」と語っているというのだ――。


    t


    「親方は今年5月に『貴乃花道場』の事務所を神楽坂(東京・新宿区)に作り、自身は近くのワンルームマンションで一人暮らしをしています。
    江東区にあった貴乃花部屋は賃貸だったので、土俵などを取り払い元の状態に戻すのに数百万円かかったそうです。
    景子さんに明け渡した豪邸のローンも残っており、マンション暮らしを余儀なくされているとか。
    出費を抑えるためでしょう。
    8月には近所の100円ショップで買い物をする姿を、『FRIDAY』にキャッチされています」(相撲協会関係者)


    画像①


    あまり「楽しい毎日」という印象を受けないが、貴乃花親方にとっては新鮮なようだ。

    「生まれてからずっと、大所帯の部屋暮らしでしたからね。
    誰の干渉も受けず、一人でノビノビ生活するのが楽しくて仕方がないようです。
    よく近所の居酒屋などに、単身で飲みに行っているとか。
    一時はおカネに困っていましたが、最近は海外の日本人コミュニティからも講演依頼が多く入っています。
    子どもの相撲大会にも積極的に参加し、寂しいどころか多忙な日々を送っているんです。
    講演の出演料は1回50万円ほど。
    週に1回こなせば、月に200万円になります。
    相撲協会理事をしていたころの月収が百数十万円ですから、むしろ収入はアップしているんですよ」(同前)


    まだまだ相撲改革の意思も衰えていないようだ。

    前出の元タニマチ・辻本氏が語る。

    「スポーツ庁などと組んで外郭団体を作り、相撲協会を変えていこうと考えているようですよ。
    例えば60日以上ある巡業日数を減らす。
    ロクに休みも取れずバス移動を強いられる力士たちは、疲弊していますからね。
    また協会に溜まったおカネの用途も課題です。
    協会内で使うのではなく、全国の小学校や中学に土俵を作るなど相撲の普及に役立てたほうが効果的でしょう。
    親方はこうした意見を理事会に訴え続けてきましたが、その都度ハネ返されてきました。
    外に出て、初めて自由にモノが言えるようになった。
    親方の発信力は、今後どんどん上がっていくと思いますよ」


    人生初の一人暮らしは、野に下った平成の大横綱を奮起させたようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191106-00000002-friday-spo 



    所長見解:よかったやん・・・


    【【あの人は今】元貴乃花親方「一人ぽっちで毎日が・・・」←これ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「私はこれからと~っても素敵な仕事をするの。
    あなたも、素敵な仕事をしてね」。

    仕事の打ち合わせに向かう河野景子さん(54才)は、本誌・女性セブン記者の問いかけにこう言い残すと、足取り軽くその場を立ち去った。

     
    素敵という言葉を繰り返し、どこか晴れやか。

    再スタートを切った人生の行く先が、明るい証拠なのだろうか。


    k

     
    景子さんは昨年10月、23年連れ添った元貴乃花親方・花田光司氏(47才)と離婚。

    “家主”である貴乃花が家を出る形で、景子さんは都内の高級住宅街に建つ、5億円はくだらないという豪邸で暮らし続けていた。

    その生活が、夏を境に変化していた。

    「2か月ほど前に、大きなトラックが3~4台来て、荷物を運び出していました。
    最近は景子さんの姿を見かけることもないし、家に明かりもつかない。
    小さい頃にお子さんが遊んでいたバスケットゴールも撤去されて、草木も心なしか伸びている。
    近所づきあいがないかただからハッキリとはわからないけれど、引っ越したんでしょう」(近隣住民)

     
    離婚から10か月ほどでの引っ越しには、理由があったようだ。

    「貴乃花親方と景子さんには3人の子供がいます。
    長男の優一くんは社会人になっていますが、2人の娘はまだ学生。
    親権は親方ですが、生活を共にしているのは景子さんです。
    景子さんは今、美容品・健康食品のプロデュースや講演会をメインの仕事としていて、それなりに収入もあるとか。
    いつまでも元夫の家に住み続けるわけにはいかないと考え、7月頃に新居に引っ越したようです」(花田家の知人)

     
    景子さんの新居は、元の家からほど近い住宅街の一角にある。

    周囲を見下ろす高台で、閑静なエリアの高級マンションだ。

     
    今年7月、景子さんは『FRIDAY』で、妻子あるイタリア料理店オーナーシェフの男性との仲むつまじい様子が報じられた。

    「あの年齢でも変わらない美貌とスタイルですから、離婚直後から“新パートナー”の存在が噂されていました。
    実際、食事を共にする男性はいるようですよ。
    貴乃花親方の家を出たことで、再婚という話も現実味を帯びてくるかもしれません」(前出・花田家の知人)

     
    一方の貴乃花は、昨年10月に日本相撲協会を退職し、相撲を通じて子供たちに学びの機会を与えることを目指した一般社団法人貴乃花道場を立ち上げた。

    今年の10月20日には福島県猪苗代町で行われた運動会に参加するなど、地道な活動を続けている。

     
    離婚からちょうど1年となる10月中旬、景子さんに「引っ越しの理由」や「報じられた男性との近況」などを尋ねたが、「プライベートなことはお話しできません」と笑顔で返答。

    そして冒頭のように記者に“助言”して去っていった。

     
    今年6月、出席したイベントで女将さん時代を振り返り、「つらい時は笑顔で自分をごまかしていた」と話していた景子さんだが、今回の余裕すら感じられる笑顔は、本物のようだった。


    ※女性セブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20191025_1473924.html?DETAIL

    所長見解:さすがや・・・
    【【元貴乃花妻】河野景子さん再婚説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本一有名な家族が歩み出したそれぞれの道

    午後1時半過ぎ、高級中華『N』を出た河野景子さん(左)とI氏は談笑しながら裏原宿のマンションへと向かった。

    その夜、「旧・貴乃花一家」の面々が都内の有名イタリア料理店に集結していた。

    河野景子さん(54)は娘とその友人を伴って19時前にタクシーで到着。

    少し遅れて、長男で靴職人のタレント・花田優一(23)が姿を現した。


    当然といえば当然だが――景子さんが三行半(みくだりはん)を突きつけ、優一と靴作りや離婚を巡って衝突していた一家の長、花田光司氏(46)の姿はそこにはなかった。



    t


    昨年10月に景子さんと光司氏は離婚。

    本誌が不倫疑惑を報じた優一も陣幕親方の娘と破局した。

    以来、「日本一有名な家族」は一家離散状態にあっただけに、再会がよほどエキサイティングだったのだろう。


    2時間以上に及んだディナーが終わった後も優一は店の前の消火栓に登ったり、妹やその友人とバレリーナのようなポーズを決めて記念撮影をするなど大ハシャギ。

    最後は3人揃って自撮りしたりと、超ゴキゲンだった。


    一方、楽しげな子どもたちの様子に目を細めていた景子さんは、アゴヒゲを蓄えた恰幅(かっぷく)のいい中年紳士にそっと、肩を抱かれていた。

    テディベアを思わせる愛らしい風貌のこの男性、件(くだん)のイタリア料理店の有名オーナーシェフ、I氏(49)である。

    「お父さんは『POPEYE』や『BRUTUS』を創刊した有名編集長でテレビキャスターとしても人気でした。
    その影響か、I氏が経営するトラットリアには福山雅治や元格闘家の高田延彦、放送作家の小山薫堂など一流の著名人が常連として通っています」(芸能プロ幹部)

    昨年夏、広島の長野久義(34)が盟友の巨人・片岡治大コーチ(36)と合コンをしていたのもI氏の店であった。

    「先代・貴ノ花時代から交流が始まり、子ども同士も仲良し。
    文字通り、家族ぐるみの付き合いをしているそうです」(I氏の知人)



    旧知の店での食事会を終え、優一が乗ってきたミニバンで貴乃花一家は家路に就(つ)いたのだが――この3日後、本誌は意外な場面に遭遇した。

    いつものように朝、自分が経営する会社に出社した景子さんは、昼過ぎにタクシーを拾って原宿で下車。

    胸元の大きく開いたブラウスに黄色のスカートという、
    真夏を思わせる情熱的なファッションで老舗の高級中華『N』へ向かった。

    店先で彼女を出迎えたのは、つい先日会ったばかりのI氏だった。


    二人きりのランチデートが終了したのは、1時間以上経過したお昼1時半過ぎ。

    相撲一辺倒だった前夫と比べれば、I氏の話はバラエティに富んでいるのだろう、景子さんはケラケラと実に楽しそうに笑っている。

    そのまま二人は人気(ひとけ)のない裏路地へ入り、裏原宿にあるマンションへと入っていった。


    いかにも包容力がありそうなI氏はたしかに魅力的な人物だが、妻子持ちのはずである。

    まさか不倫……なんて訝(いぶか)っていると、マンションから二人が出てきた。


    I氏はキョロキョロと落ち着かない様子。

    そのまま大通りに出ると、二人はタクシーを拾って都心方面へ走り去った。


    マンションで二人は何をしていたのか? 

    後に景子さんはカシミアのショウルームを訪ねていたとブログで明かしたが、I氏の存在は伏せられていた。


    さらにこの数週後、I氏のバースデーを祝おうと優一が一人でトラットリアを訪れると、やはり一人で彼に会いに来ていた景子さんと遭遇する一幕があった。

    家族ぐるみの付き合いという枠を超えて、もはや新しい「パートナー」としか思えない距離感の二人なのである。  


    ※画像がコチラ


    https://news.livedoor.com/article/detail/16761710/
    FRIDAYデジタル

    所長見解:不倫・・・

    【【元貴乃花婦人】河野景子さんの新たなパートナーがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    靴職人でタレントの花田優一が4日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演。


    h


    父で元横綱の貴乃花光司氏について、「全然会ってない」と明かした。

    俳優・高橋英樹から「お父さんとは最近会ってるの?」と聞かれた花田は「全然会ってないです」と明かし、「会うとちょっと圧力というか、威圧感で仕事が手に付かなくなる…」と話し、スタジオには笑いが起こった。

    母親でフリーアナウンサーとしての活動を再開した河野景子とは「母は会いますね。父にはもともと年に1回か2回会うか…」と説明した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16724073/
    デイリースポーツ


    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/0/805fa_50_8ef69c5b_76e90c82.jpg 

    所長見解:まだ出るね・・・
    【【あの人は今】靴職人・花田優一の現在・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年10月に元貴乃花親方・花田光司さんと離婚した元アナウンサーの河野景子さんが出版した告白本「こころの真実 23年間のすべて」(世界文化社)が物議をかもしている。

    「結婚生活の苦労や離婚に至った経緯などを綴ってはいますが、全体的には当たり障りのない話がほとんどです。
    “暴露本”ともいえるほどのインパクトはないのですが、出版する必要があったのかということで、景子さんへの批判の声が高まっています。
    自分の思いを吐露するのはいいのですが、相手があることですからね。
    また、離婚から半年も経っていないだけに、出版はさすがに早すぎた感も否めませんね。
    景子さんは、もともと同性に支持されにくいキャラクターでしたが、貴乃花ファンや相撲ファンの主婦層からの反感は強いようです」(ワイドショー関係者)

    k


    一方、いまや本職が何かわからなくなっている息子の花田優一は、同書で河野さんがマスコミに追いかけられ精神的な苦痛を覚えたことのなどを綴っていることについて10日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、「僕は生まれた時からそういう環境だったので、そこは宿命として。人の足を引きずった人は勝手に落ちていくと信じて…へっへっへ」とコメントし、またしても批判を呼んでいる。
    https://www.zakzak.co.jp/smp/ent/news/190316/ent1903160001-s1.html 


    所長見解:まあね・・・

    【【似たもの親子】河野景子さんと花田優一氏に主婦らの反感強まる問題。 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ