沢尻エリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の中谷美紀が「ウィーン国立歌劇場管弦楽団」などでビオラ奏者を務めるドイツ出身のティロ・フェヒナー氏と結婚していたことが明らかになった。

    11月27日に一部スポーツ紙が報じ、中谷は2ショット写真と直筆の手紙で結婚を報告している。

    長きにわたって独身だった中谷の40代での国際結婚が話題となる一方で、その直筆も注目を集めている。

    中谷は手紙で「互いの文化に敬意を払いつつ、共に齢を重ねて参りたいと存じます」などとつづっており、まるで書家のような達筆に、インターネット上では「字までお美しい」「品の良さがにじみ出ている」と称賛の声があがっているのだ。

    フジテレビの山崎夕貴アナウンサーは『とくダネ!』で、自身が書道十段であることを明かした上で「私の教養レベルではこれは読めない。ちょっと読むのに時間がかかるほど達筆です」と感想を述べていた。

    結婚や妊娠、離婚などの際に芸能人が直筆の文章で報告することは珍しくない。

    過去には、菅野美穂や鈴木亜美が直筆メッセージを発表した際に「字がきれい」と称賛されている。

    なかでも、字のうまい女優の筆頭に挙げられるのが井上真央だ。

    ファン向けの手紙などでの美しい文字が過去にもたびたび話題となっており、主演を務めたNHK連続テレビ小説『おひさま』ではドラマ内で直筆の手紙が使われたという。

    綾瀬はるかも、主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の中で習字を披露した際に「うますぎる」と話題になったことがある。

    一方で、逆の意味で注目を集めてしまった芸能人も少なくない。

    宮沢りえは、16年3月に離婚を発表した際、ファックスの直筆署名が独特で「何かのロゴみたい」「まるでギャル文字」「40過ぎてこれはイタい」などと衝撃を受ける人が続出した。

    ただ、18年3月にV6の森田剛との結婚を発表した際にも同様に署名入りのファックスで報告したが、「字がうまくなった」「美文字になっていて別人レベル」という声があがっていた。

    沢尻エリカは、テレビ番組で過去の履歴書が公開された際に「字が汚すぎる」と波紋を呼んだ。

    s


    http://dailynewsonline.jp/article/1590511/


    所長見解:ひどすぎはね・・・

    【【これはひどい】字が汚すぎて大恥をかいた芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    欧米系からアジア系へ

    日本におけるハーフタレントの歴史を考えれば、E・H・エリック(1929~2000)、岡田眞澄(1935~2006)の兄弟を草分けと挙げられるだろう。
    両親のうち父親が日本人、母親がデンマーク人だった。

    その後も日本の芸能界ではハーフの俳優、歌手、タレントが活躍を続けた。
    父親がアメリカ人の草刈正雄(66)やアン・ルイス(62)。
    母親がアメリカ人の梅宮アンナ(46)、ジョン・カビラ(59)と川平慈英(56)の兄弟――。

    父親がヨーロッパ系の芸能人なら、宮沢りえ(45)はオランダ人、滝川クリステル(41)はフランス人、ホラン千秋(30)はアイルランド人、となる。
    沢尻エリカ(32)はフランス人の母親を持つ。

    このように、大半は父親か母親のどちらかが欧米人。
    日本人の白人コンプレックスが大きな影響を及ぼしていたことは言うまでもない。

    h


    その傾向は今も続いている。
    例えば、トリンドル玲奈(26)の父親はオーストリア人、マギー(26)は父親がカナダ人、という具合だ。
    しかし最近、“非欧米系”のハーフタレントも目立ってきている。

    中でも最大の人気を誇るのはローラ(28)だろう。
    キャラクターが苦手な人でも、その美貌は誰もが認めるところだ。
    そして彼女の容姿は、母親がロシア人のクォーターという側面より、父親がバングラデシュ人というインパクトの方が強い。

    美人でキュート、なおかつトーク力が高いのが特徴

    ご存知の方も多いだろうが、バングラデシュは南アジアに位置する。
    隣国のインドやミャンマーと並んで世界クラスの美人国として知られている。
    同じ美人国とされるロシアも加わって、日本人離れした、くっきりとした目鼻立ちが、ローラの魅力だ。
    しかし、どこかアジア的で優しい表情なのは、バングラデシュ=日本というアジアのDNAが流れているからだろう。

    そして同じ理由から、近年の芸能界はフィリピン系ハーフのモデルやタレントが芸能界を席巻している。
    民放キー局でバラエティ番組の制作担当者が指摘する。

    「日本人なら誰でも、『フィリピン人の美人』と聞けば、ある種のイメージが浮かぶはずです。
    我々からするとエキゾチックだけど、お高くとまった印象は与えない。
    美人なのにキュート。
    何よりも陽性の魅力に満ち、キャラが明るいんですね」

    年齢別に表を作って見たが、現在、その筆頭格として活躍中なのが高橋メアリージュン(30)だという。
    秋元才加(30)と並んで、彼女たちがフロントランナーと考えて間違いないだろう。

    「高橋メアリージュンさんと秋元才加さんの魅力で特筆すべきは、そのトーク力ですね。
    お二人とも魅力的ですから、モデル、女優という本業をしっかりこなしつつ、話がしっかりしていて面白いのでバラエティでもいけるんですね。
    フィリピンの方のサービス精神は世界的に有名だそうで、彼女たちを見ていると、さもありなんという気になります」(同・番組制作担当者)

    例えば高橋メアリージュンの出演記録を見てみると、2004年にモデルとしてデビューすると、2010年ごろまではバラエティ番組で存在感を発揮していることが分かる。
    そして2015年ころから女優にも挑戦し、今も順調に演技の仕事に臨んでいる。
    秋元才加と並び、何でも器用にこなしてしまうタイプのようだ。

    興味深いことに高橋メアリージュンを筆頭とする“高橋ファミリー”を見てみると、スポーツ界でもフィリピン人ハーフが活躍していることが分かる。
    例えば高橋メアリージュンの弟、高橋祐治(25)はJリーガーなのだ。
    現在はサガン鳥栖に所属している。

    また妹の高橋ユウ(27)はモデル・女優として活躍しているが、夫はキックボクサーの卜部弘嵩(29)。
    その弟も同じキックボクサーの卜部功也(28)で、兄弟の母親がフィリピン人だ。
     

    http://news.livedoor.com/article/detail/15518452/
    デイリー新潮


    所長見解:多いね・・・

    【【芸能界】フィリピン系ハーフ芸能人の一番人気がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の沢尻エリカ(32)が美女4人と「沢尻会」を開いたと、女性週刊誌『女性自身』が報じた。
    インターネット上では、本誌に掲載された「沢尻の服装」に注目が集まっている。


    ■ド派手なファッションに注目
    報道によると、写真が撮られたのは9月下旬の午後7時過ぎ。
    東京・渋谷にある人気焼き肉店に、沢尻はモデル風の美女4人と訪れたという。

    居合わせた客は、「みんなド派手なファッションでしたから、すごく華やかでしたね。
    高級和牛の盛り合わせやお酒が次々と運ばれ、沢尻さんの楽し気な笑い声が響いてきました」と話している。
    この日の沢尻のファッションは、ネオンカラーのミニワンピースにニーハイブーツ、サンローランの黄色のバッグというものだったようだ。

    no title

    ■ネットでは「華々しい」と好印象
    今回の報道を受け、『Yahoo! ニュース』や女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、好感の声が相次いでいる。

    「陰キャの引きこもりだから、大人になっても友達と目いっぱい楽しむことができるのうらやましい。イケイケな格好で同性の友達と夜遊びなんて、最高のリア充じゃん」
    「独身で若くてキレイでお金がある! 人生のきらめいている瞬間だと思う。たくさん笑って楽しめばいい」
    「いいんじゃないかな。演技は素晴らしい。若いときからそうだった。華々しく、一般人には真似できない、うらやましいくらいの楽しみ方をすればいい。それが超有名人であり、芸能人だよ」
    「銀座で見かけたことがありますが、まあ本当に美人。演技力もあり、昔より角も取れて魅力的な女優さんだと思います。頑張ってほしいです」

    美しく気高く、周りの人が羨望の眼差しを向けるような輝きを持つ沢尻に、「最高にイケている」とのコメントが寄せられている。


    ■「洋服のセンスはない」との声も
    一方、沢尻のファッションについて、「センスがない」とのコメントも見られる。

    「前から思ってたけど、洋服のセンス…」
    「いっつも派手なのに服のセンスない」
    「浜崎あゆみと似たようなセンス」
    「相変わらずセンスないんだね。かわいいのに服はいつ見てもやばい」

    コメントの中には、「浜崎あゆみと同じ匂いがする」といったものも。
    浜崎といえば、年齢を感じさせない若々しいファッションが頻繁に話題になっている。


    ※ 全文は記事でご覧下さい。
    https://www.news-postseven.com/archives/20181005_776863.html?PAGE=1#container


    所長見解:派手やね・・・

    【【沢尻エリカ】噂の「沢尻会」の様子がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能人の貴重なオフショットを見かけるチャンスも多いインスタグラム。
    そんなインスタで、深田恭子が後輩女優たちと一緒に写った写真を投稿したところ、ファンから絶賛の声が相次いだ。

    深田は7月27日、土屋太鳳、大野いとと3人仲良く並んだ写真をアップ。
    「先日、大野いとちゃんのお誕生日お祝いをしました」「実はこの3人で会うのは昨年お花見でお食事に行った以来なので大分久しぶり」と綴られた投稿には、「#最近はいつでもどこでも1番上のお姉ちゃん」という、やや自虐気味なハッシュタグも付けられている。

    今年で36歳になる“アラフォー”の深田だが、インターネット上では「年を重ねるごとにかわいくなっていく」などと驚嘆する声が続出。
    インスタにアップされた今回の3ショット写真に対しても、「俺も深キョンみたいなお姉ちゃんが欲しい」「若手の女優と並んでもかわいさがまったく損なわれないのがすごい」など、熱いコメントが寄せられた。

    1998年のドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系)で、HIVに感染した女子高校生というショッキングな役を演じた深田は、透明感のあるルックスで注目を浴びた。
    今年1月期のドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)で主演を務めた深田を見て、「10代の頃と同じくらいツヤのある肌をしていて驚いた」「この若々しさでアラフォーとは信じがたい」「20年間全盛期を保ってるって、深田恭子は化け物かよ」など、驚きの声を上げる視聴者も少なくない。

    適度な肉づきを残しつつもキュッと引き締まった体型は多くの男性を魅了しており、昨年末には写真集『palpito』(講談社)を発表すると大きな話題になった。
    アラフォーとは思えないグラマラスなボディをあらわにした水着ショットが多数公開され、ファンを大喜びさせた。

    また、年齢を重ねても“天然ぽさ”が抜けない人柄も人気を集める要因だろう。
    7月下旬からオンエアされている東京ガスの教育番組風CM『でんきdeラッキー ちゃっかりお得篇』では、“うたのおねえさん”役にチャレンジ。
    あどけない表情でダンスを披露する姿に、ハートを撃ち抜かれた人が続出している。

    深田のほかにも、「30代になってから魅力が増した」と支持を得ている女優は多数いる。
    たとえば、沢尻エリカは“性格が丸くなった”として評価が上がり、ネット上には「昔の尖っていた時期より、今のほうが優しい雰囲気がして好き」「会見中、『別に……』しか言わなかった人と同一人物とは思えないほど落ち着いている。良い歳のとり方をしたなあ」といった意見が多く見られた。

    2015年に第一子を出産した上戸彩も、10代の頃と変わらない人気を誇っている。
    むしろ、母親になって新たな魅力が生まれたようで、ネット上には「あの美貌に母性が備わったのか。上戸彩は無敵だな」「子育ても女優業も頑張ってるから応援したくなる」などプッシュする声が多数。

    彼女らが40代に突入しても、魅力に磨きがかかっていくことを期待したい。


    Business Journal 
    https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_461501/?ptadid=

    no title


    所長見解:たしかに・・・

    【【アラフォー】深田恭子、後輩女優たちとの写真を投稿した結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の沢尻エリカが16日放送のテレビ朝日「帰れマンデー見っけ隊!!3時間SP」に出演。11年前の出演映画の舞台あいさつでの“「別に…」騒動”を起こす直前に出演した番組での共演者たちに謝罪した。

    沢尻はヒロイン役を務める19日スタートの同局系ドラマ「ハゲタカ」の番宣で、同ドラマに主演の綾野剛らと出演。

    11年前、騒動を起こす直前、生放送番組「ラジかるッ」(日本テレビ系)で共演し遺恨を残した、タレントの中山秀征、お笑いコンビ・タカアンドトシと初めて揃って再会した。

    番組を振り返り、トシは「この並び、けっこう緊張してるんです」と告白し、沢尻は「そうですよね」と苦笑い。
    中山が「ちょうど同じメンバー…」と切り出すと、沢尻は「なんかデジャヴみたい」と苦笑した。

    同番組では、不機嫌モード全開の沢尻が3人をすっかりたじろがせたが、中山は「でも面白いですよね、こうやってまたお会いできて話ができるって」としみじみ。

    綾野が「エリカが全面的に悪かったです」とその場をまとめると、沢尻は「すいませんでした」と改めて頭を下げた。
    「当時、“エリカ様”と呼ばれていたことからも分かるように、沢尻はすっかり“天狗”になっていて、『触ったらケガをする』ぐらいとんがっていた。
    ところが、今やまったく別人。
    あの騒動で批判され、どん底にたたき落とされたことですっかり変わってしまった」(日テレ関係者)

    過去の共演者と“和解”した沢尻だが、実は、当時の所属事務所のタレントたちとはいまだに共演NGのようだ。

    j


    「騒動を起こした映画は『クローズドノート』だったが、当時の事務所の先輩・竹内結子と共演。
    いまだに竹内はあの時のことを根に持っている。
    さらに、沢尻の前夫でハイパーメディアクリエイターの高城剛氏が、一部メディアで所属事務所社長から沢尻がセクハラを受けていたことを告白。
    そんな経緯から、古巣の事務所とは共演NGのまま」(芸能記者)

    とはいうものの、沢尻の“改心”に周囲も安堵しているはずだ。


    https://npn.co.jp/sp/article/detail/72564558/ 


    所長見解:丸くなったな・・・

    【【別に騒動】沢尻エリカ、竹内結子と共演NGの理由・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ