池田エライザ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    池田エライザが「ヤッターマン」ドロンジョになる…

    「本能むき出し」で今秋WOWOWドラマ主演


    d


    女優でアーティストの池田エライザ(26)が、WOWOWの連続ドラマ「DORONJO/ドロンジョ」(今秋放送・配信スタート=初回は無料放送)に主演することが分かった。

     
    「タイムボカン」シリーズなどを生んだ「タツノコプロ」創立60周年記念作で、「ヤッターマン」に登場する悪役「ドロンボー一味」のリーダーにスポットを当てたストーリー。

    ドロンジョといえば仮面にマント、レオタード風のコスチュームに身を包み、お色気とキュートさを併せ持つ悪役ながら屈指の人気を誇るキャラクターで、2009年の映画「ヤッターマン」では女優の深田恭子(39)の熱演でも話題を呼んだ。

    今作では、なぜドロンジョが悪の道を選んだのかが描かれる。

     
    池田が演じるのは、のちにドロンジョと呼ばれることになる主人公の泥川七音(どろかわ・なお)。

    貧しく過酷な環境で生まれ、勝負の世界に身を投じていく役どころで、池田は「戦いの場に上がる時も、絶望の淵に立たされた時でさえも、心の中で轟轟(ごうごう)と燃える七音の闘心はきっと誰かに希望を与えてくれると思います」と振り返る。

    「本能剥(む)き出しで明日に向かって足掻(あが)いていくこのキャラクターを演じることができてとても幸せでした」と言葉に力を込めた。

     
    このほど公開されたビジュアルでは、戦闘服のようなコスチュームに左足は義足という、一見すると「これがドロンジョ?」と首をかしげてしまうビジュアル。

    ストーリーが進むにつれてヤッターマンやドロンボー一味は登場するのか、誰もが知るドロンジョ姿の披露はあるのかにも期待が高まる。


    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://hochi.news/articles/20220517-OHT1T51157.html?page=1


    “令和のドロンジョ”を演じる池田エライザ
    https://hochi.news/images/2022/05/17/20220517-OHT1I51328-L.jpg

    https://hochi.news/images/2022/05/17/20220517-OHT1I51325-L.jpg


    「DORONJO」のポスター
    https://hochi.news/images/2022/05/17/20220517-OHT1I51326-L.jpg


    ドロンジョ(C)タツノコプロ
    https://hochi.news/images/2022/05/17/20220517-OHT1I51327-L.jpg
    所長見解:なんやな・・・

    【【検証画像】池田エライザがドロンジョになるってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    池田エライザさん、ガチで消えるwwww


    g


    どうして

    所長見解:あれな・・・

    【【閲覧注意】池田エライザさん、ガチで消えた理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん



    h




    池田エライザさん、女装したおじさんみたいになってしまう




    所長見解:ええけどな・・・

    【【悲報】池田エライザ、女装したおじさん説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    y


    池田エライザって例の1件以降確実に人気落ちたよな

    話題にしてる人見かけなくなった
    所長見解:あれか・・・

    【【悲報】池田エライザの例の件ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    池田エライザ「私のお色気イメージは虚像」「私生活はセクシーじゃない」

    世間の評価とのギャップに悩み


    k


    「じつは私、“ガリ勉” 気質で(笑)。
    たとえばファッションは、お仕事を始めたころ、当時の事務所のマネージャーに『お願いだから服について興味を持って』と頼まれて、勉強したんですよ。
    あとは、『ブログに上げる写真が不細工過ぎるから、どうにかもっと、かわいい写真を上げて』とも言われましたね。
    当時、ぎりぎりまでガラケーで粘っていたんですが、そう言われてスマホにして専用アプリを入れて、撮り方を研究しました」



    “ガリ勉魂” が高じて、ティーンの女子ファンたちから「おしゃれのカリスマ」と呼ばれるまでになった池田。

    しかし新型コロナ感染対策による2度の自粛期間を経て、そのライフワークにも変化が。


    「コロナ禍でいちばん自分とのあいだに距離ができたものが、SNSをはじめとする、デジタル社会でした。


    かつてはSNSでのイメージが自分を形成していて、ネット上での自分の見られ方をすごく大事にしていました。
    だけど、操作しようとしてもできないし、操作しようとすること自体が間違っていると思うようになったんです。
    『誤解する人はどうやっても誤解するし、わかってくれる人はいるから、私は職務をまっとうするか』と。


    考えてみれば、私の与えられた職業はSNSだけで成立するものでもありません。
    それで『あれもこれもとやりすぎると、どれも中途半端になるなあ』という思いに至って、もともと自分の本質に近い、文章・映画撮影・芝居というところに戻ってきましたね」



    SNS上のみならず、“イメージとの戦い” の歴史は、池田の女優人生そのものでもあった――。

    蠱惑的なルックスとスタイルから、大きな話題を呼んだ映画『みんな!エスパーだよ!』(園子温監督)をはじめ、セクシーな役を演じることも多かった彼女は、世間の評価と現実の自分とのギャップに、悩んだ。


    「ずっと、その差を埋めようとがんばってきました。
    自分からも、『本当の私はそうじゃないよ、役のイメージは虚像。
    責任取れないっすよ。
    ふだんあんなセクシーな格好する人、おらんやろ』って言ってみたり……。
    だって映像の中の私は、あくまで『役』ですから。


    私は男性に対して “理想の殿方” のイメージを持たないタイプですし、私が演じた役柄のような女性らしさを求められると困ってしまうんです。
    もちろん仕事ですから、『ちゃんとイメージどおり振る舞ったり、舞台挨拶だからしなやかにしたりしないといけないのかな』と悩んだり、がんばって『私生活は本当にセクシーじゃないんです』と “逆ビジネス” もしました。
    でも、もう、あきらめました。
    お芝居の仕事が始まった瞬間から今までずっと、けっしてギャップを作るためではなく、本気で『役は私じゃない』と言ってきたんですが、どうやっても伝わらないですね……」



    10年の戦いを経て、あきらめの境地に達した池田。

    迷いは、晴れたのか。


    「正直、今でもめーっちゃ疲れますよ。
    私にとっては、“勘違いがひとり歩きしている” 状態。
    日々、どこかで『本当に違うんですよ!』と言いたいと思っています。
    でもバラエティ番組に出る機会もないですし、伝えるチャンスもありません。
    うわべだけのガリ勉だったら、映画なんて作れないのに(苦笑)」



    画像①


    画像②
    全文はソースをご覧ください
    https://smart-flash.jp/entame/136763




    所長見解:ええやん・・・

    【【衝撃告白】池田エライザ「私のお色気イメージは虚像」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ