歴史

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    明智光秀、実は本能寺に行っていないことが判明


    nob


    「光秀ハ鳥羽ニ」、最期の言葉も 本能寺の変に新情報

    天下統一を進めていた織田信長を支えた明智光秀が、主君を裏切った本能寺の変(1582年)。

    事件の87年後にまとめられた「乙夜之書物(いつやのかきもの)」には、
    参加した人物の証言として、光秀本人が本能寺に行かなかったことが書き残されていた。

    複数の研究者によれば、この古文書の記述は信頼性が高いとみられ、
    今後の研究を通じて、本能寺の変に新たな解釈が加わるかもしれない。

     
    金沢に現存する「乙夜之書物」は、加賀藩主・前田家に仕えた兵学者、関屋政春(せきやまさはる)が記した自筆本だ。


    全3巻のうち本能寺の変のエピソードが記された上巻は1669年に成立し、関屋家に代々伝わってきたとみられる。


    前田家に所蔵が移ったが、戦後の1948年に前田育徳会尊経閣(そんけいかく)文庫から金沢市に寄贈された。


     
    今回、詳しく読み解いた富山市郷土博物館の萩原大輔主査学芸員(日本中世史)は、「乙夜之書物」には「光秀ハ鳥羽ニヒカエタリ」と、
    光秀が本能寺に行かなかったことが記されているほか、本能寺の変に関わる以下の4点が新しい情報とみている。

     
    ①光秀重臣の斎藤利三(としみつ)が事件前日の6月1日昼に亀山城(京都府亀岡市)を訪れ、光秀謀反の決断を知る


    ②光秀軍の亀山城の出発は1日の日暮れ前


    ③光秀軍の兵たちが本能寺に向かうことを告げられたのは、真夜中に休憩した桂川の河原


    ④(2日早朝)信長側の光秀軍襲撃の第一発見者は寺で水をくむために門外に出てきた召使。信長は乱れ髪で白い帷子(かたびら)姿。



    https://www.asahi.com/articles/ASP136SHXNDZULZU00D.html
    所長見解:そうなんや・・・

    【【新事実】明智光秀、実は本能寺に行っていないってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    b


    江戸時代の食事メチャクチャ旨そうwwww

    健康的だよな


    no title

    所長見解:米食いすぎ・・・

    【【検証画像】江戸時代のメチャクチャ旨そうなごはんがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    h



    邪馬台国がどこにあったのか未だに決まらない理由何なの?

    いつまでやってんのw


    h

    所長見解:そやな・・・

    【【歴史】邪馬台国がどこにあったのか未だに決まらない理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    江戸時代末期 英国と米国の海図に「日本海」の呼称が 韓国の主張崩れる

    j


    日本海の国際呼称をめぐり韓国が「東海」への改称や併記を求めている問題に関連し、江戸時代末期にあたる1850年代に刊行された英国と米国の公的な海図が日本海の呼称を使っていた。

    日本国内で日本海の呼称が一般的になるのは明治時代だが、それより前から国際的には定着していたことを示すものだ。


    島根大の舩杉力修(ふなすぎ・りきのぶ)准教授(歴史地理学)によると、「日本海の呼称が普及したのは日本の植民地支配の結果」とする韓国側主張の矛盾を突く資料の一つになるとみられている。


    https://special.sankei.com/a/society/article/20200720/0001.html


    所長見解:せやろ・・・

    【【朗報】「日本海」、やっぱり「日本海」だった件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    g


    ガチでヤバい浮世絵が発見される・・・・

    画像①

    画像②

    画像③


    https://twitter.com/seisoken_jp/status/1254403477435891712 

    所長見解:なんや・・・

    【【閲覧注意】ガチでヤバすぎる浮世絵が発見された模様・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ