歌舞伎

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『週刊文春』によって報じられた鈴木杏樹と俳優の喜多村緑郎の不倫。

    喜多村には'13年から結婚している元宝塚のトップスターの妻・貴城けいがいたのだ。

    j


    先日報じられた「東出昌大・唐田えりか」の不倫があれだけ世間のひんしゅくを買い、彼にいたっては今もマスコミに追われ“車中泊”を余儀なくされているというのに、よくやったな……。

    今回も瞬く間にネットニュースで拡散されたわけだが、同じ不倫であるにも関わらず、コメント欄が「東出・唐田」の件とは異なる反応をみせているのが興味深い。


    《ええー。鈴木杏樹好きだったのにこれは残念に感じる。可憐で清楚なイメージが台無し。いい大人なんだから分別を持って踏みとどまって欲しかった、少なくとも相手が結婚しているならば》

    《そんなイメージ無かったなぁ ま、あくまでもイメージはイメージでしか
    ないけど。旦那さん病気でなくして辛い目にあったのに。ちょっと残念…》

     
    全体の傾向として目立ったのは「叩く」よりも「ショック」といった論調の多さだ。

    '13年に外科医の夫にがんで先立たれたという同情すべき点もあるだろうが、まず、あまりにも彼女のイメージ=不倫に結びつかないために、非難する気持ちよりも驚きのほうが勝っているようにみえる。

    しかし、年齢が50代に差し掛かったにもかかわらず“可憐で清楚”とはこれいかに──。


    週刊女性プライム
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200207-00017147-jprime-ent

    所長見解:男があれやし・・・

    【【ゲス不倫】鈴木杏樹の不倫が叩かれない理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ドラマ「あすなろ白書」(フジテレビ系)でブレイクし、近年も「相棒」(テレビ朝日系)、NHK連続テレビ小説「なつぞら」などで好演をみせる女優の鈴木杏樹(50)。

    そんな彼女が、妻のいる俳優と不倫関係にあることが「週刊文春」の取材で分かった。

     
    その男性とは喜多村緑郎(51)。

    2013年に元宝塚歌劇団宙組トップスター・貴城けい(45)と結婚。

    一方の鈴木は1998年6月に外科医と結婚するが、2013年に死別している。

     
    2人の出会いは、昨年10月から1カ月にわたり京都南座で催された舞台での共演だった。

    深い仲になったのは昨年の暮れのことだという。

    「全公演終了後に2人を含めた東京在住の共演者が都内で打ち上げを行ったそうです。
    その席で2人は意気投合。
    それ以降、喜多村さんは『あの子はホントいい子よ。あの子の舞台は全部観に行きたい』と隠すことなく周囲に好意を公言するようになったというのです」(舞台関係者)


    j


    「週刊文春」取材班は、今年1月、2度にわたってデート現場を確認している。

     
    1月30日には、昼過ぎから1時間半にわたって千葉市美浜区で海岸デート。

    2人は人目もはばからずハグやキスを繰り返していた。

    その後、鈴木がハンドルを握る高級外車で、ラブホテルへと消えていった。

     
    2月3日、「週刊文春」取材班は2人を直撃。

    鈴木杏樹は「ちょっと急に言われても。何を申し上げていいか……」、喜多村は「交際というか……」などと不倫を否定せず、言葉を濁すだけだった。

     
    鈴木はなぜ禁断愛に溺れたのか。

    そして2人の関係を知った喜多村の妻・貴城は――。


    2月6日(木)発売の「週刊文春」では2人のデートの様子、直撃取材について4ページにわたって詳報している。


    「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年2月13日号
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200205-00031860-bunshun-ent

    所長見解:やるなあ・・・

    【【悲報】鈴木杏樹さん(50)、ゲス不倫の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    n


    歌舞伎版ナウシカ、コメディだった…



    所長見解:アウト・・・

    【【検証動画】笑ってはいけない「歌舞伎版ナウシカ」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の藤原紀香が6月27日のブログで新幹線移動を様子を報告し、鉄道ファンの注目を集めている。

    この投稿で紀香は夫である片岡愛之助とともに「大事な方」の米寿のお祝いのため、仙台に向かったことを明かした。

    同時に新幹線の社内で仲睦まじい様子の写真を公開している。


    n


    「2人が乗っているのはE5系新幹線のグランクラスです。
    グランクラスはグリーン車の上の最も高級なシートで、1編成あたり18席しかありません。
    料金は東京から仙台まで1万9380円。
    普通車なら1万890円ですから、ほぼ倍です。
    それを2人で利用するとは、さすが芸能人と思わずにはいられません。
    東京駅から仙台駅までは約1時間半。
    こんなわずかな時間なら、グリーン車で十分な気もします」(鉄道ライター)

    紀香は16年の11月にも、片岡とともに新幹線で仙台に移動したことをブログで明かしている。

    この時はE2系新幹線のグリーン車に乗車。

    当時、E2系新幹線は「やまびこ」で運用されており、E5系新幹線の「はやぶさ」よりも停車駅が多く、時間がかかることから、「なぜ紀香はE5系のはやぶさではなく、E2系のやまびこに乗ったのか」と鉄道ファンから疑問の声が上がった。

    「E2系に乗った理由が紀香さんから語られることはなく、真相はわかりません。
    ただ、E2系のほうが窓が大きいので、車窓を楽しみたかったからではないかと言われています。
    今回、E5系に切り替えたのは、グランクラスに乗りたかったからなのかもしれません。
    E2系にグランクラスはありませんから」(前出・鉄道ライター)

    鉄道に対するこだわりが感じられ、一部から「紀香は鉄子」説も出ている藤原紀香。

    もし鉄道好きだとしたら、グランクラスを思う存分、堪能したことだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16704221/

    所長見解:おもろいね・・・

    【【驚愕】藤原紀香は鉄子説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    水は美容・健康に欠かせぬもの。

    だが、御年47歳になるこの女性の水へのこだわりは尋常ではない。

    「水素水」から始まり「酸素水」。

    そして、今度は「宝石水」なる珍妙な水へと飛びついた藤原紀香。

    片岡愛之助(47)と結婚し、梨園の妻となってはや3年経つが、スピリチュアル志向に拍車がかかった!?

    今年9月から主演する舞台「サザエさん」の準備に追われているという紀香。

    梨園の妻との二足の草鞋に、歌舞伎界はさぞ眉を顰(ひそ)めていると思ったら、「むしろ、よくやっているという声の方が多いです」と、芸能レポーターの石川敏男氏は語る。

    「忙しい合間を縫って、愛之助の地方巡業にもよく同行しています。
    ロビーでのお客さんへの挨拶もしっかりしていると好評です」

    一方では、こんな声も。

    「梨園ではしおらしく振舞っているかもしれませんが、ブログでは相変わらず奔放ですよね。
    あの怪しい水の紹介は、さすがにまずいでしょう」(歌舞伎関係者)

    またか、と呆れる読者も多いことだろう。

    そう、紀香といえば水である。

    彼女が最初に執心したのは「水素水」だった。

    2016年の愛之助との結婚式の引き出物として出された「水素発生器」は芸能界で語り草になっている。

    水素水ブームが下火になった翌年には、ブログで「酸素水」を愛飲していると紹介。

    そして、今年5月5日、また新たな水をブログ上で“お披露目”したのだ。

    その名は「宝石(鉱石)水」。

    以下、ブログの紹介文である。

    〈最近いただいたもので感動したもの!〉

    文章の合間には、鉱石が入った美しいガラス瓶の画像が掲載されている。

    〈この中にお水を入れると、ますます甘くてまろやか、美味しくなりました〉

    〈水が変わるとカラダは中から作り変わる…古くて新しい健康と心と美の方程式〉

    と、すっかり心酔した様子だ。

    販売会社のホームページによれば、この容器に水道水を入れると中の鉱石の波動で水が変質し、水道水に含まれる有害な物質が中和されたり、pH値や酸素量が向上するらしい。


    w


    ■典型的なニセ科学

    だが、法政大学元教授で『暮らしのなかのニセ科学』の著者・左巻(さまき)健男氏は、「紀香さんの感じたことは気のせいでしょうね」とばっさり斬る。

    「衛生上の理由でしょうが、瓶の中の鉱石はガラスで覆われています。
    だから、中に水を入れても、ごく微量のガラスが溶け出すだけで、鉱石からの影響はまったく受けません。
    得体の知れないエネルギーとか波動などの言葉で説明しようとする典型的なニセ科学です」

    山形大学理学部物質生命化学科の天羽(あもう)優子准教授もこう継ぐ。

    「綺麗なガラス容器に入った、ただの水を飲んでいるだけです。
    気分が高まるというプラシーボ効果はあるかもしれませんが。
    水素水、酸素水ともに、紀香さんが信じる効能は科学的にエビデンスがないものであり、また彼女のオカルトが始まったと思いました」

    気になるのは、紀香と販売会社の関係だ。

    紀香はブログでショールームの住所まで紹介しており、両者の怪しい関係が窺えるが、販売会社は、「藤原紀香様はお知り合いの方から弊社商品をプレゼントされたそうで、弊社との金銭のやり取りは一切ございません。
    ブログを見て、ショールームにお越しくださる方は増えています」

    水でカラダに磨きをかけるのも良いが、夫婦仲に水を差さないように。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00564712-shincho-ent

    所長見解:うさんく・・・

    【【悲報】藤原紀香がこだわる「宝石水」は「ただの水」説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ