歌舞伎

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    藤原紀香が夫・片岡愛之助が監修した食パンを絶賛 こだわりの“焼き印”を作るプライベート写真も公開


    藤原紀香が夫・片岡愛之助が監修した食パンを絶賛
     
    女優の藤原紀香(49)が3日、ブログを更新。

    夫で歌舞伎役者の片岡愛之助が監修した食パンを絶賛した。

    片岡がパン専用の焼き印を真剣なまなざしで手彫りするプライベート写真も公開し、夫婦仲の良さを見せている。


    「8月限定の美味しい食パン~」と題し、片岡が監修し、歌舞伎の定式幕の3色をイメージした、抹茶、黒豆、カボチャを使った食パン「黒豆と抹茶」を紹介し、「この食パンは本当に美味しい」と絶賛。

     
    つづいて「味だけでなく、愛之助がこだわった部分が落款(らっかん)です。
    俺のベーカリーさんのパンには、いろんな焼印がついていますが、愛之助は自身でそれを作りたい。と、ステイホーム中に、こつこつと石に掘っていました」と力説している。

     
    マスクを着けた片岡が作業台に座り、一心不乱に、「愛之助」の文字を彫り込む様子が分かる写真も3枚披露し、夫の努力を称賛し、内助の功ぶりを見せている。


    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200803-00010010-chuspo-ent

    所長見解:ええやん・・・

    【【朗報】藤原紀香と夫・片岡愛之助が仲良し夫婦な件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    半沢直樹って神ドラマじゃないか?倍返しだっ!!


    h


    所長見解:おもろいな・・・

    【【高視聴率】半沢直樹、神ドラマ説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    市川海老蔵“いつまでも麻央さん話”…ファンも辟易「もうやめたら?」


    歌舞伎俳優・市川海老蔵がブログにつづる〝故・麻央さん話〟に対し、麻央さんファンから「もうやめたらどうか」などの声が上がっている。


    海老蔵は6月22日、自身のブログを更新。

    麻央さんの命日であることから、「あの日の空、赤かった」と3年前の空の写真をアップ。

    当時を回顧した。


    すると、ネット上には、

    《もういいかげん麻央さんをブログのネタにするのはやめてほしい》
    《こんなに毎度毎度ブログで書かれて思い出話にされる。麻央さんだって嫌がっていると思います》

    などの意見が…。


    「海老蔵はコトあるごとに麻央さんの話をブログにつづるのはいつものこと。
    亡くなったのは2017年ですから、もう3年がたちました」(芸能記者)


    海老蔵のブログ好きは有名だが、麻央さんが亡くなってからも、思い出の場所や思い出話などを通し、たびたび登場させている。

    こうした海老蔵の行為に、一部からは〝麻央さんネタで食っている〟などと陰口までされているのだ。

    z


    “いいお父さん・海老蔵”なんて似合わない!?

    「大した話題がないから麻央さんを出していればいいって感じにも取れます。
    完全な話題作りの材料です。
    だから彼女のファンが嫌がっているのでしょう」(同・記者)

    海老蔵には長女と長男の2児があり、長女は年頃ということもあるのか、ブログでは顔を隠している。

    一方、長男はそのまま。

    「2人とも舞台に上がっているのですが、年齢を考えるとあえて顔を出すのも、どうかなという気もします。
    麻央さんが存命ならしなかったでしょう」(歌舞伎関係者)


    折からのコロナ禍で海老蔵の舞台も思ったように進行していない。

    そのため麻央さんや2人の子供を使って近況報告を装い、宣伝をしているのかもしれないが…。

    「正直、麻央さんを引きずる〝いいお父さん・海老蔵〟なんて似合っていません。
    今、海老蔵には、かつて付き合っていた米倉涼子似のスタイル抜群の本命がいます。
    早くブログで新恋人を公開すべきです」(芸能ライター)

    その方が、麻央さんファンもイライラしないだろうし、麻央さん本人も安心するかもしれない。


    https://myjitsu.jp/archives/123386

    所長見解:ええやんか・・・

    【【ブログ】市川海老蔵さんが今も麻央さん話をする理由・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「地球よーごめんね」

    藤原紀香、謎の“コロナポエム”に集まった批判

    n


    「うちの妻もそこにおります。ちょっと、早く」

    「はい。こんにちは、みなさん」


    5月13日、テレビ東京の「家、ついて行ってイイですか?」に自宅からリモート出演していた片岡愛之助(48)に呼ばれ、しずしずと登場した藤原紀香(48)。

    「自宅紀香いいね!」というMCの矢作兼のコメントに控えめに笑顔を送ると、すぐに画面からフェードアウト。

    突然の共演だったが、ばっちりメイクで決め、腕にはパワーストーンが――。


    2016年の結婚当初は「着物が派手」「でしゃばっている」などと歌舞伎関係者から不興を買っていた紀香だが、最近はすっかり梨園の妻としての振る舞いが板についてきた。

    「ひいき筋の名前やお顔はもちろん、好みも把握されて、愛之助さんの舞台の時はお出迎えやお見送りをきっちりこなされている。
    ファンと愛之助さんが写真を撮る時は『私が撮ります』と申し出るなど、裏方に徹しようとしている様子が窺えます」(歌舞伎関係者)

    その生活ぶりには随所に“紀香流”のこだわりが見られる。

    まずは食事だが、「すべて奥様が管理していて、愛之助さんは『遅くなっても必ず食事の支度をして待っていてくれる』と、惚気ていた。
    一時期ふっくらしていましたが、特製のスムージーや、根菜やキノコを煮込んだデトックススープでスリムになったと評判です。
    天然鉱石を入れた水も飲んでいます」(同前)

     
    現在はコロナの影響で、愛之助が出演する歌舞伎の公演やドラマ「半沢直樹」(TBS系)の撮影はすべて中止に。

    紀香のブログには、夫のリクエストで作ったカレーや野菜たっぷりのすき焼きなどが次々と紹介され、二人で「人生ゲーム」を楽しむ様子も描かれていた。


    ブログに“ポエム”を掲載、炎上ふたたび

    そんな巣ごもり生活の中で、紀香は“風水”の考え方を熱心に取り入れている。

    「彼女が一番はまっているのは“おうちダイエット”。
    『気の流れをよくするために』と断捨離や部屋の模様替えに励んでいます。
    家の内装はもちろん、愛之助さんのファッションも風水を用いてアドバイスするとか。
    リモート出演の際、背後に飾られていた天使の形をした水晶などは、紀香さんが毎日磨いて大事にしている物です」(芸能関係者)

    だが、そうしたスピリチュアル方面への傾倒は、時に波紋を呼ぶことも。

    ブログにたびたび、自然に対するメッセージのような“ポエム”を掲載し、批判を浴びてきたのだ。

    16年の熊本地震の際には〈火の国の神様、どうかどうか/もう/やめてください〉と記し、大炎上してすぐに削除。


    そしてコロナについても発言せずにはいられなかった。

    3月27日のブログでは、〈コロナが依然として猛威を奮(ママ)いまくっています〉と述べた上で、〈目に見えないものといえば、ウイルスだけじゃなく/これまで自然や動物の声を、/人はちゃんと聞いてきたのだろーか…/共存の道を、ジコチューにしてきたんじゃないか…〉

    果ては〈地球よーごめんね、そして、ありがとう〉とまで綴っている。


    この内容にSNS上で、

    〈コロナで大変な目に遭っている人が読んだら、は? ってなる〉
    〈亡くなっている人もいるんだから〉
    〈能天気〉

    と批判のコメントが寄せられ、また炎上したのだ。


    自粛ムードでも“ノリノリ紀香節”は止まらない。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/553e89f46783bf767667c7d4018c9c70e63c24f5

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【ポエマー】藤原紀香さん「地球よーごめんね、そして、ありがとう」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「松竹は4月10日までに結論を出す予定で、海老蔵さんと話し合ってきました。
    最終的に延期の方向で決定していたのですが、7日に緊急事態宣言が発令されることに。
    海老蔵さんは京都でのドラマ撮影が終わるとすぐに東京へ戻り、発表することになりました」(梨園関係者)


    4月7日、市川海老蔵(42)の『十三代目市川團十郎白猿襲名披露』が延期になったと松竹から発表された。

    延期となるのは、5月から7月にかけて行われる予定だった歌舞伎座での襲名披露興行。

    それに伴い、11月の福岡・博多座から1年かけて行われる予定だった地方公演の日程も練り直しとなる。


    もともと6月には長男・勸玄くん(7)による八代目市川新之助のお披露目も行われる予定もあり、親子同時襲名が話題になっていた。

    また7月には長女の麗禾ちゃん(8)が市川ぼたんとして、女性としては異例の歌舞伎座出演を果たすことになっていた。

    市川家総出となってのお祝い事となるはずだった今回の襲名披露興行。

    延期の決定に至るまでには、水面下での激しいせめぎあいが続いていたという。


    「新型コロナウイルスが猛威を振るう3月下旬、東京都から松竹へひそかに『5月6日までは公演を自粛してほしい』という要請が来ていました。
    松竹は、5月3日からの團十郎襲名披露興行を4年かけて準備してきました。
    当然、是が非でもやりたいところです。
    しかし東宝など、ほかの大興行主が次々と自粛を決定。
    さらに先行きが見えぬなか、松竹もついに苦渋の決断を迫られることになったのです。
    最終的には、海老蔵さんも含めた会議で決定しました。
    海老蔵さんは周囲に『厳しい話ばかりじゃなく、誰か吉報を持ってきてくれないか……』と漏らしていたそうです」(前出・梨園関係者)


    z


    断腸の思いで延期を自ら決断した海老蔵。

    團十郎襲名という35年ぶりの一大イベントを、松竹とともに並々ならぬ思いで準備を進めてきたという。

    それだけに、落胆は大きかった。


    「公演初日には安倍首相や天皇陛下などにもご臨席いただけるよう、お願いしていました。そうしたスケジュールの再調整だけでも、困難をきわめます。
    また、金銭的な面でも大打撃です。
    海老蔵さんの父である先代が團十郎を襲名した際も3カ月にわたって公演が行われ、興行収入は30億円にものぼりました。
    今回は東京五輪も重なっていたため、当時を上回るともいわれていました。
    それが、すべて吹っ飛んでしまったのです。
    時期をずらして行うとはいえ、それまでの収益がゼロになるわけですから……。
    影響は周囲にも広がっていて、歌舞伎を支える三味線や大道具の方々も悲鳴を上げています。
    長期にわたって仕事に穴があくことになり、『このままでは廃業してしまう……』と言う人もいました」(前出・梨園関係者)


    だが決して、これで終わりではない。

    これからも海老蔵の闘いは続きそうだ――。


    https://news.livedoor.com/article/detail/18121526/
    女性自身
    画像①



    所長見解:しゃあない・・・

    【【歌舞伎】市川海老蔵さん、團十郎襲名延期での損失額がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ