ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    歌舞伎

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の藤原紀香が6月27日のブログで新幹線移動を様子を報告し、鉄道ファンの注目を集めている。

    この投稿で紀香は夫である片岡愛之助とともに「大事な方」の米寿のお祝いのため、仙台に向かったことを明かした。

    同時に新幹線の社内で仲睦まじい様子の写真を公開している。


    n


    「2人が乗っているのはE5系新幹線のグランクラスです。
    グランクラスはグリーン車の上の最も高級なシートで、1編成あたり18席しかありません。
    料金は東京から仙台まで1万9380円。
    普通車なら1万890円ですから、ほぼ倍です。
    それを2人で利用するとは、さすが芸能人と思わずにはいられません。
    東京駅から仙台駅までは約1時間半。
    こんなわずかな時間なら、グリーン車で十分な気もします」(鉄道ライター)

    紀香は16年の11月にも、片岡とともに新幹線で仙台に移動したことをブログで明かしている。

    この時はE2系新幹線のグリーン車に乗車。

    当時、E2系新幹線は「やまびこ」で運用されており、E5系新幹線の「はやぶさ」よりも停車駅が多く、時間がかかることから、「なぜ紀香はE5系のはやぶさではなく、E2系のやまびこに乗ったのか」と鉄道ファンから疑問の声が上がった。

    「E2系に乗った理由が紀香さんから語られることはなく、真相はわかりません。
    ただ、E2系のほうが窓が大きいので、車窓を楽しみたかったからではないかと言われています。
    今回、E5系に切り替えたのは、グランクラスに乗りたかったからなのかもしれません。
    E2系にグランクラスはありませんから」(前出・鉄道ライター)

    鉄道に対するこだわりが感じられ、一部から「紀香は鉄子」説も出ている藤原紀香。

    もし鉄道好きだとしたら、グランクラスを思う存分、堪能したことだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16704221/

    所長見解:おもろいね・・・

    【【驚愕】藤原紀香は鉄子説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    水は美容・健康に欠かせぬもの。

    だが、御年47歳になるこの女性の水へのこだわりは尋常ではない。

    「水素水」から始まり「酸素水」。

    そして、今度は「宝石水」なる珍妙な水へと飛びついた藤原紀香。

    片岡愛之助(47)と結婚し、梨園の妻となってはや3年経つが、スピリチュアル志向に拍車がかかった!?

    今年9月から主演する舞台「サザエさん」の準備に追われているという紀香。

    梨園の妻との二足の草鞋に、歌舞伎界はさぞ眉を顰(ひそ)めていると思ったら、「むしろ、よくやっているという声の方が多いです」と、芸能レポーターの石川敏男氏は語る。

    「忙しい合間を縫って、愛之助の地方巡業にもよく同行しています。
    ロビーでのお客さんへの挨拶もしっかりしていると好評です」

    一方では、こんな声も。

    「梨園ではしおらしく振舞っているかもしれませんが、ブログでは相変わらず奔放ですよね。
    あの怪しい水の紹介は、さすがにまずいでしょう」(歌舞伎関係者)

    またか、と呆れる読者も多いことだろう。

    そう、紀香といえば水である。

    彼女が最初に執心したのは「水素水」だった。

    2016年の愛之助との結婚式の引き出物として出された「水素発生器」は芸能界で語り草になっている。

    水素水ブームが下火になった翌年には、ブログで「酸素水」を愛飲していると紹介。

    そして、今年5月5日、また新たな水をブログ上で“お披露目”したのだ。

    その名は「宝石(鉱石)水」。

    以下、ブログの紹介文である。

    〈最近いただいたもので感動したもの!〉

    文章の合間には、鉱石が入った美しいガラス瓶の画像が掲載されている。

    〈この中にお水を入れると、ますます甘くてまろやか、美味しくなりました〉

    〈水が変わるとカラダは中から作り変わる…古くて新しい健康と心と美の方程式〉

    と、すっかり心酔した様子だ。

    販売会社のホームページによれば、この容器に水道水を入れると中の鉱石の波動で水が変質し、水道水に含まれる有害な物質が中和されたり、pH値や酸素量が向上するらしい。


    w


    ■典型的なニセ科学

    だが、法政大学元教授で『暮らしのなかのニセ科学』の著者・左巻(さまき)健男氏は、「紀香さんの感じたことは気のせいでしょうね」とばっさり斬る。

    「衛生上の理由でしょうが、瓶の中の鉱石はガラスで覆われています。
    だから、中に水を入れても、ごく微量のガラスが溶け出すだけで、鉱石からの影響はまったく受けません。
    得体の知れないエネルギーとか波動などの言葉で説明しようとする典型的なニセ科学です」

    山形大学理学部物質生命化学科の天羽(あもう)優子准教授もこう継ぐ。

    「綺麗なガラス容器に入った、ただの水を飲んでいるだけです。
    気分が高まるというプラシーボ効果はあるかもしれませんが。
    水素水、酸素水ともに、紀香さんが信じる効能は科学的にエビデンスがないものであり、また彼女のオカルトが始まったと思いました」

    気になるのは、紀香と販売会社の関係だ。

    紀香はブログでショールームの住所まで紹介しており、両者の怪しい関係が窺えるが、販売会社は、「藤原紀香様はお知り合いの方から弊社商品をプレゼントされたそうで、弊社との金銭のやり取りは一切ございません。
    ブログを見て、ショールームにお越しくださる方は増えています」

    水でカラダに磨きをかけるのも良いが、夫婦仲に水を差さないように。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00564712-shincho-ent

    所長見解:うさんく・・・

    【【悲報】藤原紀香がこだわる「宝石水」は「ただの水」説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年8月に芸能界引退を発表した元フリーアナウンサー小林麻耶さん(39)が30日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」(木曜、後9・00)にVTRで出演。

    昨年7月に結婚した夫で整体師・国光吟(あきら)氏同席のもと、坂上忍のインタビューに応じた。

    麻耶さんは2017年6月に最愛の妹・麻央さんが34歳の若さでこの世を去った直後から、義弟の市川海老蔵との再婚報道などが続き、「心がボロボロになった」と打ち明けた。

    z


    麻央さんが亡くなった直後に、ピンク色のバッグを持ち、手を挙げている1枚の写真がメディアに掲載され「“悲しんでいない”“後釜狙ってる”“再婚説”に結びついていきました」と麻耶さん。

    街を歩いていても、知らない人に「再婚は進んでる?」などと声をかけられたという。

    さらに、麻央さんの娘の麗禾ちゃん、息子の勸玄君を幼稚園に送り迎えすると「“母親気取り”って(言われ)」。

    2人の舞台を観に行くと、実際に観客らに「よく来れますね」「(2人は)あなたのことを必要としてませんよ」などと言われたという。

    「どんどん心がボロボロになって…。
    妹の亡くなった直後ですよ。
    そこからずーーっと(海老蔵との)再婚のことを言われ…、
    姪っ子、甥っ子と離れろ、と言われ…
    私は、最愛の妹を亡くし、そのように書かれ……、
    本当に…、こう言うことを言ってはいけないけれど、死にたくて仕方がありませんでした。
    本当に死にたかった」と怒りと涙で声を震わせた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000164-dal-ent

    所長見解:たしかに・・・

    【【衝撃告白】小林麻耶さん、海老蔵との「再婚説」の真相がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の藤原紀香(47)が6日、自身のブログを更新した。

    藤原といえば先月、夫で歌舞伎俳優の片岡愛之助(47)の誕生日を祝福したことをブログで明かし、「おめでとうございます!お二人とも年齢より若いですね!」「素敵な夫婦の笑顔!!」といった声が多く寄せられたばかり。

    そんな藤原はこの日、「美味しいものを見つけました。国産 有機栽培の厳選素材を使っているフェリシエッタビスケット(中略)さつまいも、にんじん、かぼちゃ、そして、グルテンフリーのココナッツ、ドライフルーツがあり、素材本来のナチュラルな美味しさを味わえるところが魅力です」とつづり、グルテンフリーのビスケットを紹介した。

    n


    この内容に対し、ブログのコメント欄には

    「安心して食べれそうな優しいビスケットですね」
    「これは人気になっちゃう!ほしい!」

    といった称賛の声が寄せられている。


    ※画像がコチラ


    以前の投稿では、水素を吸いながら酸素カプセルに入るという美容健康法を紹介した藤原。


    今回のグリテンフリーもすでに多くのハリウッドセレブや芸能人に支持されているが、藤原が紹介したことで今まで以上に注目を集めるかもしれない。

    今後も彼女のオススメ健康法から目が離せなくなりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1769178/

    所長見解:あやしいな・・・
    【【話題】藤原紀香、水素水に次ぐ新たな健康食品を紹介した模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    来年5月に十三代目市川團十郎の襲名を控える市川海老蔵さん。

    結婚前は歌舞伎界きってのモテ男として、数々の浮名を流しましたが、現在はよきパパとして2児の子育てに奮闘中。

    「今遊べばおもしろくなくなる」と語る私生活に作家の林真理子さんが迫ります。


    z


    林:海老蔵さんのブログを見ると、いつもジムに行ってるか、お子さんたちのお世話をしてるか、劇場に行ってるかですけど、遊びに行ったり飲みに行ったりする時間はないんですか。

    市川:今、一滴もお酒飲んでないです。元旦にお屠蘇(とそ)を飲んだだけ。
    去年も一滴も飲んでないです。

    林:ほんとに? ちょっと寂しくないですか、それ。

    市川:いや、それが酒ほど無駄なものはないという思考になってるんですよ。
    今はほぼストイックな生活をしてまして、今日も稽古があるので何も食べてないですし、いつも仕事のことを考えています。
    ただ半年に1回ぐらい、なんにも考えないで、タガがはずれたように好き三昧やる日が一日だけあるんですけど、昨日がまさにそれで。
    昨日は朝から男友達とそばを食べて、渋谷の街を歩いて、VR(バーチャルリアリティー)をやって遊んでストレス発散して、スクランブル交差点を見下ろしながらチョコバナナパフェを食べて。夜は友達のすし屋ですしをいただいて、家に帰ってから、アニメ動画を見ながら、シュガーバタートリュフのクレープを三つ食べて寝ました。
    これで十分なんですよ。

    林:え~そんなのつまんない(笑)。

    市川:つまらなくないです。女の子のいるところ、例えばクラブも昔はよく行っていた時期もありましたが、今はもう行かなくなりましたね。

    林:だけど京都の南座に出るときは芸妓さんのいる座敷に行くんでしょう?

    市川:ああ、もうないですね。確かに「芸の肥やし」っていうのは使える言葉かもしれない。お茶屋の子が最新の情報を持ってて、それを聞くために通うわけですよね。でも今、情報は私のほうが持ってるので、その時間があれば勉強したり、友人に会うほうが良いですよ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190301-00000045-sasahi-life

    所長見解:またー・・・

    【【歌舞伎】市川海老蔵「酒ほど無駄なものはない」←これwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ