ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:歌舞伎

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    同じマンションで生活を…海老蔵&米倉涼子に復縁の可能性

    市川海老蔵(40)が長女の麗禾ちゃん(7)と長男の勸玄君(5)を連れて、9月上旬に麻布十番の老舗たい焼き屋を訪問する姿を「フライデー」(9月28日号)が報じた。

    この日の東京は気温が35度を超える猛暑日。
    勸玄君に手を引かれるように、たい焼き屋の暖簾をくぐったのだろう。

    駐車場に車を止め、親子3人で麻布十番の商店街を歩くと、通りすがりの買い物客らが“海老蔵、頑張れよ!”とか“勸玄君、可愛い!”と口々に声を掛けていたという。

    一部メディアは海老蔵の第13代団十郎襲名の時期をマジメに探っているが、今の海老蔵の関心事はそれよりも、自らが専門委員を務める東京五輪の成功なのだという。

    未発表だが、海老蔵は、東京五輪の晴れ舞台で、狂言師の野村萬斎と歌舞伎との“コラボ”を披露する。
    これを「最大の楽しみ」と関係者に漏らしている。
    年齢は野村の方が海老蔵よりひと回り上だが、作品づくりの現場では、海老蔵が積極的にアイデアを出しているという。

    そんな海老蔵の周辺から自然と漏れてくるのが“再婚”の話題だ。
    妻の小林麻央さんが34歳の若さで急逝してから1年3カ月が経過する。
    襲名披露を控えて「そろそろ」を期待する歌舞伎ファンもいるという。

    後援者との歓談の席で、海老蔵は「東京五輪は家族4人で迎えられたらいいですね」と話題を振られ、「ご縁があれば」と否定も肯定もしなかったことが報じられた。
    マスコミはこの情報に尾ヒレをつけようとしているが、専門委員会の関係者によれば、海老蔵は「特にこだわりはない」と語ったそうで、再婚を急いでいる様子はうかがえない。


    ■海老蔵に問いただすと…

    しかし、歌舞伎界きってのモテ男が、このまま枯れていくはずもない。
    前妻の喪が明けた前後から、“相手候補”として複数の女性の名前がうわさされては消えた。実は、冒頭の麻布十番での家族だんらんのシーンも、新恋人探しの延長線上にあった。
    複数の女性の中でも芸能マスコミが狙いを定めているのが、あの米倉涼子との“復縁”だ。
    前夫と離婚してから2年が経過する米倉が“再婚”するとしても、何ら障害らしきものはない。

    z


    あるテレビ関係者は米倉の気持ちを代弁して、「いつでもウエルカム! の状態だってさ」と私に耳打ちした。
    さらに、海老蔵親子は現在、渋谷区内のマンションに居を構えているが、偶然なのか、同じマンションに米倉の部屋もあるという。

    過去に結婚寸前までいった元交際相手と同じ屋根の下で暮らしているとしたら、あらぬ誤解を招いたとしても不思議ではない。

    「同じマンションに住んでいれば、2人の子供を寝かしつけたあとに、相手の部屋に行くことだってできます」(芸能関係者)

    にわかに、海老蔵の新恋人探しが熱を帯びているわけだ。

    もっとも、ある五輪関係者が米倉との復縁の可能性について、海老蔵に問いただしたところ、本人は鋭い目でこう答えたという。

    「若い女の子ならいざ知らず、(散々遊んだ)年上の女性とやり直すと思いますか?」

    海老蔵は、うまくけむに巻いたつもりかもしれないが、もしかしたら年内にも決定的スクープが出る可能性がありそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000003-nkgendai-ent 


    所長見解:ないな・・・

    【【復縁か?】市川海老蔵と米倉涼子が同じマンションで生活をしている模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌舞伎俳優・市川海老蔵が、最近になって夜遊びを再開しているという情報が業界内を駆け巡っているという。
    海老蔵といえば、昨年6月に妻の小林麻央さんをガンで亡くした。

    最近は、自身のブログで長男や長女との日常生活を綴るなど良きパパぶりを見せているが…。

    「麻央さんが亡くなって1年以上が経ち、一部で再婚相手の候補にも取り沙汰されていた義姉の麻耶さんが7月に4歳年下の別の男性と結婚したこともあってか、最近は一時に比べると夜に飲み歩くことも増えているそうです。
    特にこれから年末にかけては地方公演も多数入っており、メディアのチェックが都内ほど厳しくない地方で、さらに羽を伸ばすのではないかと言われています」(梨園関係者)

    z


    もっとも、こんな話も出ている。

    「われわれメディアのほうも、最近の芸能人が、何かと周囲の目が厳しい都内よりも地方で遊ぶ傾向が強いことは熟知していますからね。
    まして海老蔵のスキャンダルとなれば話題になることは間違いなしとあって、一部女性誌や写真誌は地方にも情報収集の手を伸ばしてマークしているそうですよ」(スポーツ紙芸能デスク)

    年末に向けて一波乱ある!?

    https://www.asagei.com/113532


    所長見解:いいんじゃないの・・・

    【【歌舞伎】市川海老蔵「夜遊び再開」ってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌舞伎俳優の市川海老蔵(40)が24日、長野県・志賀高原で行われた植樹プロジェクト「ABMORI 2018」に、長女・麗禾ちゃん(6)、長男・勸玄君(5)と参加。
    昨年6月22日に乳がんのため死去した、妻でキャスターの小林麻央さん(享年34)の遺志を継ぐ活動が、一部批判の声を受けて頓挫していることを明かした。

    z


    最愛の妻を失って1年、海老蔵の歩む道には、想像以上の強い“圧力”がかかっていた。
    昨年の「ABMORI」で宣言していた、乳がん患者を救うための“麻央基金”設立の進捗状況を問われると、「まだ放置してますね。やらないといけないんですけど、やろうとすると余計なこと言う人もいるし…」と、表情を曇らせた。

    同基金は、麻央さんの生前の希望に基づくもので、海老蔵も強い意欲を見せていた。
    だが「本来なら、困っている人を助けるべく、麻央も願っていたと思うんですが、そこは正直、ネガティブなことを言う人もいるんで」と、一部の心ない反対や中傷の存在を示唆。「それに耳を傾けているわけではないけど、そこを乗り越えるだけのまだ材料、力はないので、ちょっとまだ時間掛かるし、難しいかもしれない」と、基金設立断念の可能性もうかがわせた。

    また、昨年12月に明らかにしていた、麻央さんのブログの書籍化についても「それも同じなんですね。人々の救いになることもあるけど、違う風に受け止める方もいらっしゃる」と、やはり反対の声を受けていることを告白。
    「せっかく情熱を、愛情をもってやっていても、逆の効果も昨今、あるじゃないですか。
    それは彼女(麻央さん)も望んでいない。
    だから、作ったけど、出しませんでした。
    多分出さないと思います」と、すでに本にまとめているものの、出版は行わないとした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000079-dal-ent


    所長見解:いろいろね・・・

    【【あれから一年】海老蔵 麻央さんブログの書籍化断念の理由・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌舞伎界、片岡愛之助を排除の動き…役者人生を狂わす嫁・藤原紀香の存在

    f


    4月発売の「女性セブン」(小学館)は、歌舞伎俳優・片岡愛之助が歌舞伎界の面々から冷たい視線を集めていると報じた。
    ドラマ『半沢直樹』(TBS)への出演をきっかけに、2013年にはオリコンの「ブレイク俳優ランキング」で3位にランクインした片岡。
    「ラブリン」の愛称で親しまれ、歌舞伎界では珍しく養子として梨園に踏み込んだ苦労人であることから、その好感度も高かった。

    「そもそも、梨園の出身ではなく養子である片岡が『愛之助』の名を継いだことを、よく思っていない歌舞伎界の重鎮も少なくなかったんです。
    そんななか、『半沢直樹』でのブレイクによって、舞台よりもテレビの仕事に忙しくしている彼の姿がさらなる反感を買ってしまった。
    その上、周囲の反対を押し切って藤原紀香と結婚したことで、一気に味方が減ってしまったようです」(テレビ局関係者)

    同関係者によれば、かねてからマスコミに報じられていたとおり、藤原紀香の傍若無人な振る舞いが梨園内で相変わらず問題視されているのだという。

    「梨園の妻になったからといって、彼女の女優然とした態度は変わらなかったんです。
    公演に現れても悪目立ちする彼女の存在は、もはや片岡の評判を下げる要因になってしまった。
    映画やドラマのために本業をおろそかにしている彼の存在をよく思っていなかった人たちからすれば、藤原の出現によって“攻撃のネタ”ができたんですよ。
    結果、片岡を排除しようとする動きが活発化しつつあるというわけです」(同)

    万が一梨園から排除されるとなれば、片岡は今後、テレビや映画で活躍の場を広げていくことになるのだろうか。

    別のテレビ局関係者が続ける。

    「最近のドラマ界では、元劇団四季の石丸幹二の評価が高いんです。
    片岡と石丸は、見た目の雰囲気や年代がかぶるので、起用するほうとしてはどちらかを選択することになります。
    でも、石丸のほうが演技はうまいですし、使い勝手もいい。
    実際のところ、テレビ界や映画界からも、それほど必要とはされていないんじゃないでしょうか」

    一方で、そんな片岡を心配する声も聞こえてくる。

    「藤原の風水への心酔っぷりに、以前にも増して拍車がかかっているみたいなんです。
    陣内智則と結婚している頃もそうでしたが、すべてを風水で決められるので、大変みたいですよ。
    そうしたことが影響して、陣内のときと同様に、愛之助の心が藤原から離れてしまわなければいいんですが……」(同)

    愛之助が取り返しのつかない状況に陥らないよう、祈りたい。

    http://biz-journal.jp/2018/05/post_23405.html 


    所長見解:あらら・・・

    【【梨園の妻】片岡愛之助の歌舞伎役者人生を狂わす嫁・藤原紀香の存在 ←これwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    フリーアナウンサーの小林麻耶が10日、ブログを更新し、「神様がいるならば、妹ではなく私を召せばよかったと思う」とつづり、改めて「生かされているこの命を最大限に輝かせるためには『今を生きる』しかない」と、亡くなった麻央さんの分まで生きることを約束した。

    m


    ブログによると、麻耶はNHKのニュースで、アフラックのCMにも出演し、3月に亡くなった山下弘子さんのVTRを見たといい「弘子さんが伝え続けたメッセージ『今を生きる』」という言葉をつづった。

    そして「結婚して幼い子供が2人もいる妹と独身の私。神様がいるならば、妹ではなく、私を召せばよかったと思うのです」と、麻央さんではなく、独身の自分が天に召されれば良かったという思いをつづった。

    それでも麻央さんは亡くなり、麻耶は生きているという現状に「生かされているこの命を最大限輝かすためには『今を生きる』しかないですね」と、山下さんの言葉を噛み締め、麻央さんの分まで「今を生きる」と約束した。

    このブログにファンからは

    「あまり自分を責めないで」
    「私を召せばなんて言わないで」
    「麻耶ちゃんがいなくなってしまうのもとても悲しい」
    「生かされているものは精一杯生きましょう」

    など、心配するコメントが相次いでいた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000054-dal-ent


    所長見解:大丈夫か?・・・
    【【危険水準】小林麻耶さん病む・・・・・・・  】の続きを読む

    このページのトップヘ