歌手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年大みそか、平成最後の紅白歌合戦は、見どころが多かった。

    サザンオールスターズは35年ぶりにNHKホールでパフォーマンス、ユーミンこと松任谷由実(64)もNHKホールにサプライズ登場、サブちゃんこと北島三郎(82)の復活、米津玄師(27)初のテレビ生出演など、多くの話題を集めた結果、2年ぶりに視聴率40%超えを記録した。

    s


    NHK関係者も、胸をなでおろしている……と思ったが、「新たな火種が生まれてしまった。今年の年末が思いやられる」と、頭を抱えているという。

    いったいどういうことなのだろうか。

    「視聴率回復の要因となったサザンと米津玄師の遺恨です。
    自分たちが紅白最後の隠し球だと信じていたサザンにとって、不出場だったはずの米津玄師の出演は寝耳に水の出来事だったようです。
    また米津は、急遽出演が決定したにもかかわらず、彼の故郷である徳島県の大塚国際美術館内に5000本のキャンドルをともすという凝ったステージが用意され、国際的に活躍する菅原小春をダンサーに起用するなど、超特別待遇。
    最後の目玉アーティストが自分たちではなかったことは、サザンのプライドを大きく傷つけたはずです」(芸能記者)

    こうしたサザンのとまどいと怒りを察した一部のネットメディアは、12月28日に「米津の急な出場決定にサザンが激怒している」という記事を掲載。

    ネットは、この記事をめぐって一時騒然となった。

    ヒートアップするネット世論を沈静化させようとしたのか、サザンの公式ツイッターは、12月29日になって突如この記事に言及、激怒報道を完全否定したのだ。

    〈いよいよ紅白歌合戦が迫ってきました!! 
    米津さんの出演に、大激怒!? 
    なんて文言をWeb見かけましたが、逆ですよー。
    ラジオでも桑田さんは、数年前から絶賛しながら曲をかけています。
    チーム一同おめでとうございますです。
    今年の紅白を一緒に盛り上げましょう!! 
    宜しくお願い致します〉(サザンオールスターズ公式ツイッターより原文ママ)

    しかし、フォローのはずのこのツイートも、更なる事態の悪化を招いてしまった。

    レコード会社関係者はこう言う。

    「公式ツイッターの文言は建前で、やはりはサザン側は米津玄師のふるまいを面白く思っていなかったと聞こえてきています。
    というのも、実はサザンの所属事務所は、このようなツイッターをサザンの公式見解として発信したツイッター担当者に対しても怒ったといいます。
    あんなかたちで相手にする必要はなかった。
    放っておけば良かったのに、と怒りを表したようですよ」

    来年以降も両者に出場してほしいであろうNHKにとって、この問題が遺恨になるという事態だけはなんとしても避けたいだろう。

    はたしてNHKは、2019年末、この問題をどう乗り越えるのだろうか?

    http://dailynewsonline.jp/article/1647443/
    日刊大衆


    所長見解:怒らんやろ・・・

    【【紅白歌合戦】サザンオールスターズ、米津玄師に怒ってた模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    西野カナが8日、無期限の活動休止を自身のオフィシャルサイトで発表した。

    西野は「いつも応援してくれる皆さんへ」と題して公式サイトを更新すると「2008年にデビューしてから今まで、音楽を通してたくさんの方に出会い、大好きな音楽に囲まれて、最高の20代を過ごすことができました。
    もうすぐ、ずっと楽しみにしていた30代。
    旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります。
    来月のライブを終えたら一度活動を休止して、期限を決めずに色々と挑戦したいと思っています」と無期限の活動休止期間に入ることを発表。

    最後には「またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたいと思っています。
    最後に、こんな私をいつも応援してくれる皆さんに心から感謝の気持ちを伝えたいです。
    ありがとう」とファンへの感謝をつづり締めくくった。

    n


    突然の発表にネット上では

    「信じたくない」
    「嘘だと言ってくれー!」
    「無期限休止とかショック過ぎる」
    「西野カナの曲が聴けなくなるのか」

    といった悲しみのコメントが多数書き込まれたほか、

    「めっちゃビックリしたけど、前向きな休止なんだったらよかった」
    「カナやんの歌大好きだからずっと待ってます」

    など前向きにつづるコメントも多く見られた。

    西野は2月1日~3日にかけて横浜アリーナで開催される「Kana Nishino Love Collection Live 2019」をもって活動休止期間に入る。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15844631/


    所長見解:戻るよ・・・

    【【震えるファン】西野カナ、無期限の活動休止を発表した結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年も様々な芸能ニュースが駆け巡ったものの、多くの人に惜しまれつつも引退した安室奈美恵のニュースも今年だ。

    引退から数カ月が経過した今も安室ロスを嘆く人は存在するものの、謎の野望を抱いているアーティストがいると聞きつけた。

    それは一体誰なのか。

    k


    「倖田來未です。
    彼女は安室奈美恵が引退すれば自分自身がいよいよ国内のトップアーティストに君臨できると信じていたんです。
    歌姫として祭り上げられ、自分の時代が来ると考えていたようです」(音楽業界関係者)

    たしかに人気アーティストではあるが、安室奈美恵の引退がどうして自分の活動に影響すると感じたのだろうか。

    「自分は既に国内最高峰の歌姫であるとの自覚があった模様ですが、安室奈美恵がいるために影に潜んでいたと思っていたと聞いています。
    そのため、安室引退後は音楽番組からもオファーが来て、自分が平成最後の歌姫と称される可能性があると思っていたみたいです。
    もちろん、そんなことはないんですけどね」(同)


    なんだか痛々しい。

    「そもそも本当に求心力や才能があれば、誰がいようともその人がトップに立つのが実力主義の芸能界という世界です。
    それなのに自分がイマイチスターダムにのし上がれない理由を安室奈美恵に押し付けているんですから、イタいですよ。
    関係者も呆れていると聞きます」(同)

    だが、そこまで考えていたのであれば今はどのような思いで過ごしているのだろうか。

    「本人は落胆していると関係者から聞きます。
    ライブや音楽番組、密着取材などのオファーがくると思っていたようですが、何ひとつ以前と変わっていませんからね。
    とはいえ、まだまだトップアーティストの1人です。
    来年以降、実力でまた昔のような輝きを取り戻すかもしれません」(同)

    才能のない若手アーティストというわけではなく、実績も人気もある実力派なのだから、意味不明な妄想など捨てて地に足をつけて頑張っていただきたいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1622002/

    所長見解:お浜さんは・・・

    【【これはイタい】安室奈美恵の引退で「No.1歌姫」になれると信じる倖田來未 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アイドルグループ・HKT48の指原莉乃が、19日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『今夜くらべてみました』2時間SP(21:00~22:54)で、グループ卒業後は「歌わない」と断言した。

    15日に開催された「HKT48コンサート in 東京ドームシティホール~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!~」で卒業を発表した指原。

    s


    番組では、社会学者の古市憲寿氏が、卒業発表から4日後の指原を訪ね、「芸能界でこれからどんなポジションになりたいとかあるんですか?」と質問をぶつけた。

    指原は「意外と核心ついてくる」と言い、古市氏が「上沼恵美子さんですか?」とふざけると、「しょうもないニュースの記事みたいなこと言ってきますよね。なれるわけないじゃなですか。なれたら一番いいですけど」と苦笑。

    「歌は?」と聞かれると、「歌は歌わないです。一生(歌は)出さないです」「楽曲を出すことはもうないと思います」と断言した。


    https://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1855286/


    所長見解:いい判断・・・

    【【AKB卒業】指原莉乃「歌わない」「楽曲を出すことはもうない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平成紅白サザンが締め、大トリ後の最終歌唱者に内定

    サザンオールスターズが、大みそかのNHK紅白歌合戦の最終歌唱者に内定したことが16日、分かった。

    紅組でも白組でもない特別枠で4年ぶりに出演し、平成最後の紅白を締めくくる。

    特別出演の歌手が、最終歌唱を務めるのは史上初。

    NHKは、平成最後の紅白の目玉として、当初からラブコールを送り続け、今月に入って特別枠での出演が決まった。

    バンドとしては過去に白組で3回出場、14年にも特別出演している。

    今回は83年以来、35年ぶりに会場となる東京・渋谷のNHKホールのステージに立つことも発表されている。

    同局関係者は「平成最後の紅白を締めくくるアーティストは、紅組、白組という枠にこだわらず、日本を代表する国民的バンドのサザンオールスターズが最もふさわしいと考えました」と話す。

    サザンは今年6月にデビュー40周年を迎えた。

    8月に企画アルバム「海のOh,Yeah!!(オヤー)」を発表し、売り上げ55万枚を超える大ヒットを記録。

    6月にデビュー40周年キックオフライブをNHKホールで2日間開催した。

    さらに8月には茨城・国営ひたち海浜公園で行われた野外ロックフェス「ロック・イン・ジャパン」に出演。

    13年ぶりの野外フェスでトリを務め、約6万9000人を沸かせた。


    今年の紅白は、北島三郎(82)が特別枠で出演し、代表曲「まつり」を歌う。

    一方サザンは、平成最後の紅白を締めくくる大役だけに、同局側が特別な演出を用意する可能性が高い。

    幅広い世代から愛される国民的バンドだけに、誰もが口ずさめる「勝手にシンドバッド」など複数の曲を披露するとみられる。

    s


    ◆話題になった紅白最終歌唱

    ▼84年都はるみ(70) 引退宣言して臨んだラストステージとして「夫婦坂」歌唱。
    「私に1分間時間を下さい」と切り出した鈴木健二アナの呼び掛けに応えて「好きになった人」を歌う史上初のアンコール歌唱で瞬間最高視聴率84・4%を記録。
    鈴木アナの言葉は流行語になった。

    ▼03年SMAP アイドルグループ初の大トリとして大ヒット曲「世界に一つだけの花」を歌唱。

    ▼08年氷川きよし(41) 30代男性ソロ歌手の大トリは、83年細川たかし(当時33歳)以来、25年ぶりだった。

    ▼13年北島三郎(82) 紅白卒業を宣言し、白組で出場も、紅組・白組の枠を超えた最終歌唱者として「まつり」を熱唱。

    ▼15年松田聖子(56) 2年連続の大トリで、白組トリの近藤真彦との80年デビュー組対決が話題に。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812160000763.html


    所長見解:まつりは・・・

    【【紅白歌合戦】NHKさん「サザンが最終歌唱者」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ