歌手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2009年5月に死去したロック歌手の故・忌野清志郎さん(享年58)を偲ぶトリビュートライブがGW期間中の今月4日、東京・日比谷野外大音楽堂で開催され、俳優の木村拓哉(46)がサプライズで出演した。

    木村と清志郎さんは、97年に放送の木村が主演したフジテレビ系ドラマ「ギフト」で初共演して以来、公私にわたり10年以上の付き合い。

    木村のソロ曲「弱い僕だから」を清志郎さんが作詞・作曲していた。

    同ライブは10周年の節目を迎え、今回がファイナル。

    主催者が木村にオファーし、出演を快諾したという。

    「当初は清志郎さんのソロ曲『JUMP』のみだったが、木村の希望でアンコールにも登場。
    『雨あがりの夜空に』を、他の出演者たちとともに熱唱しました。
    ところが、観客はあまり盛り上がらず。
    登場に気付いていないファンもいたようでした」(イベント関係者)

    k


    木村は昨年B’zのコンサートにも飛び入り出演。
    SMAP解散後、生歌を披露する機会をすっかり失ってしまっただけに、ファンにとってはうれしい限りだろう。

    「CMではノリノリで歌を披露。
    そもそも、SMAPの中では最初にグループから離脱した森且行の次に歌がうまかったのが木村です。
    元SMAPの3人は続々と曲をリリースしているので、3人に触発されてソロデビューするのも近いのでは」(レコード会社スタッフ)

    ソロでのコンサートも楽しみである。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16455310/

    所長見解:もうね・・・


    【【朗報】元SMAP・木村拓哉、ソロ歌手デビュー説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「菅田さんはドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)で狂気的な高校教師役を熱演して若手俳優ナンバー1の地位を確立しただけでなく、ミュージシャンとしての評価も非常に高いんです。

    レコード会社との契約金は近年では異例といえる年間1億円だと聞きました。

    これはCDが売れず不況が叫ばれている昨今の音楽業界では破格の金額です。

    米津玄師さん(28)がプロデュースした新曲『まちがいさがし』も好評で、早くも年末の賞レースと『紅白』出場が確実視されています」(音楽関係者)


    今年デビュー10周年を迎えた菅田将暉(26)の勢いが止まらない。

    俳優やミュージシャンなど、多方面で活躍している。

    「最近はより本格的に音楽にのめり込み、寝る前にギターを弾いてリラックス。
    オフの日はギター片手に曲作りに没頭しています。
    プライベートでも親交のある米津さんや、カラオケの定番曲となった『さよならエレジー』を作詞・作曲してもらった石崎ひゅーいさん(35)など、アーティスト系の仲間と頻繁に飲みに行っては朝まで音楽の話で盛り上がっているそうです」(前出・音楽関係者)

    そんな菅田のプライベートを本誌が目撃したのは、仕事終わりの夕暮れ時。

    多忙の合間を縫ってマネージャーらしき女性と向かったのは、都内のガラス張りのおしゃれな眼鏡店だった。

    ファッショナブルな眼鏡やサングラスを何点も試着し、気に入ったものを購入。

    そのまま自宅へと帰っていった。

    菅田の大ブレークに、あのスターを思い浮かべる人が多いと語るのは、プロダクション関係者。

    「俳優としてシリアスな演技から三枚目までこなし、代表作がある。
    また、音楽でもアップテンポからバラードまで歌い上げる。
    そのため菅田さんを“福山雅治の再来”と評価している業界関係者は少なくありません」

    f


    実際、菅田はデビュー当時から福山雅治(50)に憧れていた。

    「8年前の菅田さんの写真集『DA-SU』の撮影は福山さんの故郷・長崎でした。
    『今度は福山さんゆかりの場所に行ってみたい!』と口にしていましたね。
    菅田さんは幼少期からずっと福山さんの曲を聴き、福山さんのドラマを見て育ったそうです。
    3年前、福山さんと月9『ラヴソング』(フジテレビ系)で初共演できたときは大変な喜びようでした」(仕事関係者)

    慕ってくる菅田を福山もかわいがり、さまざまなアドバイスをしているという。

    「福山さんはTシャツやタオルなどのツアーグッズも自ら積極的にプロデュースするんです。
    男性用下着やお風呂掃除セットなど、他のアーティストなら絶対に作らないものまで手がけています。
    菅田さんも自ら洋服を制作したりデザインするのが大好き。
    福山さんのそうしたこだわりを聞いて、“アーティストはファンのためにグッズ作りに深く関わるべき”と、自身のライブのグッズ作りに意欲を注ぐようになったそうです」(レコード会社関係者)

    テレビウォッチャーの桧山珠美さんは言う

    「俳優業、歌手業に加えて2人に共通するのは“ラジオ愛”でしょうか。
    菅田さんの『オールナイトニッポン』を聴くと関西人なのでノリがよく、取りつくろわず本音を話すところも好感が持てます。
    福山さんもかつてリスナーの“兄貴的存在”として君臨。
    菅田さんもそうなると確信しています」

    昨年3月、2人は民放ラジオ101局特別番組で共演。

    菅田が自らの音楽知識や技術が乏しいと嘆息し、「(音楽)やっていいのかなっていうのが正直あったんですよ、いまだにそれはあるんですけど」と打ち明けると、
    福山は「お芝居があります、そしてCM、ラジオにも出演させていただいて、歌もやる」と菅田と自分の共通点をあげ、「ちょっと俺の領域の仕事取らないでっていうふうに思いながら。
    まぁ年齢も違うから食い合い、潰し合うみたいなことはないだろう」と笑いながら菅田を強く意識する発言をしていたのだ。

    「結婚後、福山さんは人間的に丸くなりました。
    同じ事務所の大泉洋さん(46)が“福山さんが道を通ると信号が全部青に変わる”といった“スーパースター伝説”をテレビで披露すると大爆笑。
    大泉さん本人に『もっとやってよ!』とせがんでいました」(テレビ局関係者)

    デビューから30年。

    平成を駆け抜け50代になって、またおちゃめな顔を見せる福山の姿に、菅田は日々、感服しているという。

    一方の福山もすべて全力でぶつかる菅田に感心しているそう。


    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1732690/

    画像▼
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/05/suda_masaki_1_line_tw.jpg

    所長見解:どうやろ・・・

    【【人気俳優】福山雅治の再来と評される俳優がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今や歌手以外のタレントがテレビ番組で歌ったり、あるいはCDデビューすることは珍しいことではない。

    だが、その過去を口にしない、あるいは触れられたくない「黒歴史」を持つタレントも、中にはいるようだ。

    k


    「新垣結衣もその1人です。これまでアルバムとシングル合わせて7枚もリリースするなど積極的な活動を続けてきましたが、2010年、活動を突然ストップ。
    その背景には、彼女がネットの『音痴な芸能人』のまとめサイトに自分の名前を見つけたからという、まことしやかな噂も出回っていますが、定かではありません」(芸能ライター)


    また、木村佳乃もデビュー2年後の1998年6月に『イルカの夏』で歌手デビュー。

    2000年まで6枚のシングル、3枚のアルバムをリリースしている。

    「木村は『あさイチ』(NHK)の中で、『イルカの夏』を歌番組で歌唱しているシーンが流れた際、『ヤダヤダ! アップにしないで! 子どもにはまだ秘密にしてるんです』と絶叫していました」(同)


    一方で、たった1曲出しただけという女優も。例えば、竹内結子。

    1998年9月、同年公開された竹内の主演映画『イノセントワールド』の主題歌『ただ風は吹くから』を担当している。


    また、波瑠も雑誌「SEVENTEEN」(集英社)の現役モデルだったころ、岡本真夜の作詞作曲による「I Miss You/Message」という曲でデビュー。

    当時のインタビューでは、モデル仲間や家族から大絶賛されており、「もっとがんばろうって思う」と意気込んでいたが、売れ行きが悪かったのか、この1曲で終わっている。


    異色どころでは、元女子レスリングの吉田沙保里。

    しかも、現役時代の2015年、TBSアナウンサー石井大裕(弟)とTBS営業局員の石井大貴(兄)の兄弟ユニット「Well stone bros.」の曲『目を覚ませ』にフィーチャリングという形で参加。

    CDリリース記念イベントでも、観客の前で生歌を披露している。

    その際、吉田は、自分の歌声が「kiroroに似ていると言われる」ことを明かし、「紅白を狙いたい」とやる気を見せていたが、吉田の歌手活動もこの1曲だけだ。

    今やユーチューブでその歌声がアップされ、残ってしまう時代。

    今後もタレントの皆さんは、CDデビューのオファーには、くれぐれも注意したほうがいいかもしれない。
     

    画像▼
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/b/fbeda_188_7543eec3_8f18dfa6.jpg

    動画▼
    https://www.youtube.com/watch?v=YcFk6oMjhNU

    http://news.livedoor.com/article/detail/16398388/



    所長見解:悪くないけどね・・・


    【【触れてはいけない】新垣結衣、竹内結子、木村佳乃、波瑠、吉田沙保里の黒歴史がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の槇原敬之が26日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演。

    平成最大のヒット曲「世界に一つだけの花を」を歌唱すると、ネット上のSMAPファンを巻き込み大反響が起きている。

    5月1日から新元号「令和」が始まるため、この日の放送が「平成」最後の放送となった同番組。

    平成時代のシングル売上1位を記録するSMAP楽曲「世界に一つだけの花」(平成15年)の作詞作曲を務めた槇原が出演した。

    槇原は平成シングル売上歴代1位を記録したことについて、「うれしいことです。本当にありがたいこと」と感無量の様子だ。

    司会を務めるタモリが「SMAPにね、作って」とSMAPの楽曲として作詞作曲したことを尋ねると、槇原は「そうですね。SMAPがいたからこそ生まれた曲というか、はい、彼らがいなかったら生まれなかった曲だと思います」と自身の心境を率直に述べた。

    そして、「大勢で歌うために作った曲なので、もともと。良かったら皆さんも一緒にお願いします」と槇原は共演陣に呼びかけ。

    共演していたジャニーズWESTはサビ部分の振り付けをおこない、共演者もMステの平成最後のパフォーマンスを身体全体で受け止めていた。

    s


    この槇原のコメントや歌唱はネット上で大きな反響を呼んだ。

    ツイッターには

    「やはり聞くと込み上げてくるものがある」
    「マッキーさんありがとう」
    「こんな素敵な曲をSMAPに提供していただきありがとうございます」
    「SMAPがいたからって言ってくれた…本当にありがとう」

    と感謝が相次いだ。

    さらに、

    「SMAPが歌ってるのが見えて号泣」
    「SMAPはもういないんだよなって改めて思い泣く」

    と寂しさを募らせる声も多く、

    「次の時代で待ってるぞSMAP!」

    と期待するコメントも見られている。
    https://www.musicvoice.jp/news/201904260118634/ 


    所長見解:よかったよね・・・


    【【Mステ】槇原敬之が「世界に一つだけの花」を歌った結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の岡村孝子が22日、公式サイトで「急性白血病」であることを公表した。 

    t


    公式サイトで「皆様へのご報告」題し、「岡村孝子は先日行なった検査の際、「急性白血病」と診断され、急遽、長期の治療に入ることになりました」と報告した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000072-sph-ent 

    所長見解:あみん・・・

    【【衝撃告白】歌手の岡村孝子、急性白血病の模様・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ