歌手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優、歌手の小泉今日子(54)がゲストボーカルで参加したシングル「日本列島やり直し音頭二〇二〇」が7月22日にリリースされることが1日、発表された。

    アーティスト名は「切腹ピストルズと向井秀徳と小泉今日子とマヒトゥ・ザ・ピーポーとILL-BOSSTINOと伊藤雄和」。

    小泉がレコーディングに参加した楽曲のリリースは、俳優・中井貴一(58)とデュエットした2014年の「T字路」以来とみられる。

    k


    「日本列島やり直し音頭二〇二〇」は、豊田利晃監督の映画「破壊の日」(7月24日公開)のテーマソングで使用される予定。

    豊田氏は小泉の主演映画「空中庭園」(05年)を監督しており、旧知の間柄だ。


    歌手・西方裕之の「日本列島やり直し音頭」をリメイクしたもので、高田文夫氏の原詞を切腹ピストルズの飯田団紅と豊田監督が、高田氏の許可を得て改変。

    THE BLUE HARBのラッパー、ILL-BOSSTINOがリリックを書き下ろした。


    切腹ピストルズの歌と演奏に、ゲストボーカルとして参加した小泉、向井秀徳(NUMBERGIRL、ZAZEN BOYS)、マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)、ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、伊藤雄和(OLEDICKFOGGY)がマイクリレーしている。


    小泉は「レコーディング参加させていただき楽しかったです。
    スカッと晴れた青い空が見たいですね!」とコメントした。


    映画「破壊の日」は俳優・渋川清彦が主演し、マヒトゥ、イッセー尾形、松田龍平が共演。

    7年前に田舎町の炭鉱の奥深くで怪物が見つかり、7年後、疫病の噂が広がり心を病む者が増えていく村で、かつて即身仏になろうとして行方不明になった修験道者の若者(マヒトゥ)が「物の怪に取り憑かれた世界を祓う」と目覚める-というストーリーだ。


    ▼写真
    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2020/0601/koizumikyoko_art202006.jpg

    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2018/1023/mukaishutoku_art201810.jpg

    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2020/0601/seppukupistols_jkt202007.jpg

    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2020/0601/Seppukupistols_art202006.jpg

    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/06/01/0013387904.shtml 



    所長見解:もうな・・・

    【【悲報】キョンキョンさん「日本列島やり直し音頭二〇二〇」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    星野源(歌が作れる、歌える、演技ができる、うちで踊れる)←これ

    欠点ある?


    g

    所長見解:どやろ・・・

    【【完璧】星野源さん(歌が作れる、歌える、演技ができる、うちで踊れる)←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ムード歌謡コーラスグループの純烈が、新型コロナウイルスの影響で今後の活動継続を危ぶまれているという。

     
    スーパー銭湯などでのライブを主な活動としてきた純烈は、イベントができなくなってしまったいま、活動を存続させる手立てがなくなっている。
     
    純烈のリーダー・酒井一圭は4月22日放送の『クローズアップ現代+』(NHK)に出演。

    番組は「“イベント自粛”の波紋 文化を守れるか」という特集で、酒井は2月27日以降ステージに立つことができなくなり、収入が絶たれたことから事務所のダメージも計り知れないことを示唆していた。

     
    酒井は<当然、純烈を続けたいっていう思いはあるんですけど、僕らも収入がないと生きていけなくなっていく。
    その時に家族を守るっていうことを考えると、できなくなりますよね、必然的に>とまで発言し、グループの存続について考え直さなくてはならない可能性もあると言及していた。
     
    状況はその後も、好転していない。

    放送から約1カ月後、5月17日付デイリースポーツのインタビューで、酒井は4月の収入が0円であったと明かし、<これまでも俳優のオファーはきていたんですが、純烈を優先していた。
    分裂してバラ売り、みたいなことはありますよね。
    純烈から分裂になる方が、コロナの今にあっているのかもしれない>と、グループとしての活動停止を視野に入れていると語っている。

     
    「純烈が“分裂”」というアイデアは、コロナ禍の前からあったという。

    今年1月、イベントの壇上で、現在のメンバー4人がそれぞれリーダーとなって各々が新たな純烈をつくる「暖簾分け」の可能性を話したことがあった。

    しかし、今回出てきた「分裂」構想は、そのような発展的分裂とはまったく意味が異なるだろう。

     
    今回、表に出て窮状を明かしたのは純烈だが、もちろん大変なのは彼らだけではない。

    ミュージシャン、アイドル、お笑い芸人、舞台俳優など、ステージに立つ仕事で生計を立てていた多くの人が、キャリア存続の危機にある。

    ステージの裏で働く人々も同様だ。
     
    首都圏と北海道以外は緊急事態宣言が解除されたが、ライブハウスなど人が密集する場所がこれまでのような賑わいを見せる日はそう簡単には訪れそうにない。

    感染症の流行は第二波、第三波も懸念されており、コロナ以前のライフスタイルに戻すことは難しいだろう。

    となると、芸能関係者もライブではないやり方での公演方法を模索していくほかなさそうだ。


    no title


    https://wezz-y.com/archives/77210
    所長見解:そらな・・・

    【【解散へ】純烈が分裂ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手で俳優の星野源が、1日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」(毎週金曜よる9時~)に出演。

    「うちで踊ろう」制作秘話を明かした。


    星野は4月3日、新型コロナウイルスの影響により家にいなければいけない状況を鑑み、オリジナルソング「うちで踊ろう」を公開し、「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と投稿。

    「うちで踊ろう」はSNS上でブームとなり、さまざまなコラボ動画がアップされた。


    h


    同曲については「なんで『おうち』じゃなくて『うち』なのかというと。

    『おうち』だとどうしても家限定になるし、『うち』っていうのを漢字で『家』と書いてしまうと家限定になってしまう。

    ひらがなの『うち』ってすることによって『心の内』っていう意味になるなと思ったんですよね。

    「心の内側で踊ろうって…」とタイトルにある「うち」という言葉の意味を説明。


    続けて、「いま本当に大変で、気がどうしても立ってしまって、怒ったりとか悲しんだりとかどうしてもしてしまう。
    その中で日常っていうものの感覚だったりとか、楽しい、面白いっていう感覚とか、そういうのを忘れないようにしたいなと思った。
    心を躍らせようっていう意味を込めて『うちで踊ろう』っていうタイトル、歌詞にしました」と曲に込めた想いを語った。


    また、「僕たちがこうやって今家の中で生活できているのは、どうしても外で働かなきゃいけない人たちが働いてくだっているから」と現在も働き続けている人たちへ思いを馳せた星野。

    曲が広まり、色々な人が色々なアレンジやアプローチでコラボすることによって、その人たちの楽しみになればいいと思っていたことも打ち明けた。
    https://mdpr.jp/music/detail/2055492 



    所長見解:もうな・・・

    【【衝撃告白】星野源さん「うちで踊ろう」タイトルに込めた想いがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『週刊女性』2020年5月12・19日合併号(主婦と生活社)で「嫌いな女性芸能人」のアンケート調査の結果が発表された。

    10~70代の女性1433名が回答したこの調査で、ぶっちぎりで1位に輝いたのは和田アキ子だった。

    古希を迎えた今も歌手・タレントとして活躍する彼女が、そのパワハラ的な言動で批判を浴びている。


    世間が職場などでのパワハラに対して厳しくなってきたこともあり、和田がバラエティ番組の中で傍若無人な振る舞いをするのがやり玉に挙がる機会が年々増えてきている。

    2016年には『NHK紅白歌合戦』の選考にも漏れて、連続出場記録がストップしてしまった。

    好感度は下がりっぱなしで、歌手としての地位も危うくなり、和田は逆境に立たされている。


    しかし、歌手としてもバラエティタレントとしても何十年もトップに君臨してきた彼女を甘く見てはいけない。

    ここまで生き残ってきたのにはそれなりの理由があるのだ。

    彼女の経歴をたどりながらそれを考察していくことにしよう。


    w


    和田アキ子は1950年に大阪府で生まれた。

    父親は料亭を経営しながら柔道の指導をしていた昔気質の人物。

    母親は乾物屋を営んでいた。

    家庭では父が絶対的な権力者として君臨しており、子供たちは全員敬語で接していた。

    和田は毎晩父の晩酌に付き合わされ、正座でずっとお酌をし続けなければならなかった。

    理不尽に暴力をふるわれるのも日常茶飯事。

    家族は全員、父に脅えながら暮らしていた。


    家庭での抑圧が強かった和田は、その反動で非行に走った。

    小さい頃から体が大きかったため、街を歩いていてもすれ違いざまに「うわっ、でかっ」などとからかいの対象となることが多かった。

    それを聞くと思わず手が出てしまう。

    ケンカ、酒、タバコに明け暮れ、「ミナミのアコ」として恐れられていた。


    そんな和田の人生を決定づけた出来事があった。

    それは、中学のときのこと。

    初めての英語の授業でショックを受けた。


    「『ハウアーユー』って何やねん?」

    自分には全く理解できない新しい言語に触れて、新鮮な驚きを感じた。

    負けん気が強かった和田はそこで「ナメられてはいけない」と思った。

    さっそくレコード店に向かって適当に洋楽のレコードを買い、それを何度も聴いて英語の歌を覚えた。

    そして、友達の前で披露するようになったのだ。

    そのとき買ったレコードがレイ・チャールズの『愛さずにはいられない』。

    のちに親交を深め、「レイちゃん」と呼んで慕うようになる世界的ソウルシンガーをこのとき初めて知った。


    歌に目覚めた和田は、ジャズ喫茶やダンスホールに出入りするようになる。

    そこで他人が歌っているのを聴いた和田は「私の方がうまいんちゃう?」と感じた。

    すぐに舞台に上がり、自ら歌うようになった。

    その様子を見ていたホリプロ社長の堀威夫が彼女をスカウトして、歌手としてデビューすることが決まった。


    しかし、生活は苦しかった。

    ほとんど休みもないのに給料は月3万円のみ。

    寮の代わりに社長の自宅に居候していた。

    社長に気を使っていた和田は、ご飯のおかわりを申し出ることもできず、いつも空腹に苦しんでいた。

    近所の寿司屋で「ちらし寿司3人前を食べきったら無料」という企画をやっていたので、トイレで吐きながら無理矢理全部食べたこともあった。


    1968年に出したデビュー曲『星空の孤独』は期待していたほど売れず、和田はますます苦悩を深めていた。

    だが、2曲目にリリースした『どしゃぶりの雨の中で』がヒット。

    その後、『笑って許して』『あの鐘を鳴らすのはあなた』などのヒット曲が次々に飛び出して、和田は一気にスターダムに躍り出た。


    しかし、ぽっと出の新人歌手に対して芸能界の先輩たちは厳しかった。

    当時の楽屋は、一部の大御所以外は男女別の大部屋が当たり前。

    男性のように図体の大きい和田は先輩たちから「男がいるから着替えができないわ」と嫌みを言われたり、わざとお茶をこぼされたり、靴にマジックで「バカ」と書かれたり、といったイジメに遭った。


    収録中にも、ある男性歌手に「お前がいると俺の背が低く見えるから、俺の横に並ぶな」と言われ、蹴飛ばされたりしたこともあった。


    つづく


    https://news.yahoo.co.jp/byline/larrytoda/20200502-00175855/

    所長見解:そうなんや・・・

    【【悲報】「嫌いな女性芸能人」ぶっちぎりで1位がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ