槇原敬之

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    覚せい剤取締法違反(所持)などの疑いで逮捕されたシンガー・ソングライター槇原敬之容疑者(本名・範之=50)の“シャブ人脈”につながる決定的証言を本紙は入手した。

    有名芸能人の2度目の逮捕に、音楽業界やテレビ各局の大混乱が収まらないが、事件のキーマンとなるのは同容疑者と親密な関係だった男性パートナーA氏(43)だ。

    取材を進めると、同氏を軸として、ベテランの人気タレントXやバラエティー界の大御所Y、おネエタレントZの名が浮上した。

    逮捕の連鎖はあるのか――。

     
    世間を騒然とさせた槇原容疑者を巡っては、送検された14日にも動きがあった。

    警視庁は2018年春、同容疑者が当時住んでいた東京都港区のマンションを調べた際、自室から違法薬物と吸引用とみられるガラス製のパイプを発見していた。

    同容疑者は容疑を大筋で認めているという。

    東京地裁は期限を23日とする勾留を決定。

    槇原容疑者の所属事務所は同日、ホームページで「このような事態が生じたことは大変遺憾。深くおわび申し上げます」とコメントを発表した。

    m

     
    今回の逮捕劇で、やはりキーマンとなるのは槇原容疑者と同居していた個人事務所代表の男性A氏であることは論をまたない。

    1999年夏、覚醒剤事件で共に捕まる以前からの男性パートナーだ。

     
    A氏は、18年3月16日ごろ、その部屋で覚醒剤を使用したとして逮捕された。

    後に起訴され同年5月10日の初公判で事件が公になるや、槇原サイドは逮捕4日前の3月12日に、代表だったA氏を解任していたと明かした。

    ただ、事件とは無関係のクビで、A氏の覚醒剤使用は全く知らなかったと強調もしていた。

     
    裁判でA氏は、代表解任に納得がいかず、そのストレスから逃げるため、覚醒剤を炭酸飲料に溶かし1人で飲んだとした。

    冒頭陳述によると「2013年ごろには覚醒剤の使用を再開していた」といい、部屋からの押収量は1グラム以上あったが、裁判では槇原の「ま」の字も出さなかった。

    判決は、懲役2年、執行猶予3年だった。

     
    捜査関係者によると、A氏は18年3月の家宅捜索の際、自室にあった覚醒剤について「誰のもの?」と聞かれ、「それはマッキーの」と答えたという。

    「ただし、当時、槇原は現場におらず、逮捕には至らなかった。
    槇原の尿検査など、使用に関する検査も行われなかった」と同関係者。

     
    だが、99年の覚醒剤裁判で決別を誓った2人が、翌年秋には写真誌報道で同棲を再開させていたことが発覚。

    あれから約20年が経過しているのに、A氏がまた逮捕された時も槇原容疑者の名前を出したことから、警視庁は2人が密接な関係を続けていたとみて捜査を開始したのだ。

     
    そんな中、A氏のプライベート人脈を知る人物が、本紙の取材に驚くべき証言をした。

    「警察の取り調べでA氏は、有名タレントXの家で遊んでいたことも話したようだ」と声を潜める。

    「Xの付き人とカレがもともと友達で、Xを中心としたおクスリグループがあるの。
    プッシャー(売人)は、バラエティー界の大御所Yで、そのつながりでいい“ネタ”が入るから、結構荒稼ぎしてたみたい。
    内輪で遊んでいた狭いグループの1人が捕まったわけだから、そりゃ焦るよ。
    XのつながりでおネエタレントZもヤッてるって当時聞いた」

     
    歌手、俳優としてかつて一世を風靡したXは、現在芸能活動を休止中。

    Yは地上波ゴールデンタイムに出演するほど人気で、地方営業にも余念がない。

    Zは美容関連の仕事を手掛け、槇原容疑者が逮捕された13日にもツイッターを更新している。

     
    このX、Y、Zが、槇原容疑者にどれだけ近かったかは、現時点では不明だが、パートナーであるA氏が懇意だったのは確かなようだ。

    この情報を当局はすでに把握しているとみられ、芋づる式で逮捕されても何ら不思議ではない。

     
    長期間にわたって違法薬物を使った槇原容疑者のシャブ人脈。

    今ごろX、Y、Zは震え上がっているかもしれない。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-01742343-tospoweb-ent

    所長見解:誰よ・・・


    【【芋づる式へ】ベテラン人気タレントX、バラエティー界の大御所Y、おネエタレントZが薬物逮捕説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)が2年前まで住んでいた東京都港区のマンションで覚醒剤などを所持していたとして逮捕された事件で、警視庁組織犯罪対策5課は、現住所の渋谷区の自宅から押収した危険ドラッグ「ラッシュ」について、槇原容疑者の新恋人に事情を聴いていることが17日、分かった。


    槇原容疑者は2年前の事件で同棲していた所属事務所元代表の男性(43)とラッシュを使って行為をしていたと同課はみており、いまの新恋人とも同様の行為に及んだ可能性があるとみて、使用の有無を調べている。

     
    元代表はスポニチ本紙の取材に応じ「槇原容疑者に何度も覚醒剤を渡したことがある」と明かした。

    18年3月に逮捕された際に捜査員に「これは誰の覚醒剤か?」と聞かれ「それはマッキー(槇原容疑者)の」と答えたことについて「捜査員に槇原容疑者の部屋から出てきたという写真を見せられて“槇原のものじゃないのか?”と聞かれたので“槇原の部屋から出てきたということは、そういうことじゃないか”と答えた」と詳細を明かした。


    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00000090-spnannex-ent


    no title

    所長見解:やろな・・・

    【【衝撃暴露】マッキーの元カレさん「何度も覚醒剤を渡したことがある」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    覚醒剤および危険ドラッグ所持の疑いで、槇原敬之(50)は2度目の逮捕となった。

    今回の容疑は、2018年にマンションの一室で薬物を所持していたというもの。

    その現場で共に暮らしていた元恋人が週刊新潮の取材に口を開いた。

    m


    件のマンションは、ドッグカフェなどが併設された港区の物件だった。

    9匹の犬を飼っていたこともある犬好きの槇原に打ってつけの住まいというわけだが、「そこでマッキーと一緒に暮らしていたのが元恋人だったんです」と解説するのは社会部記者。


    この元恋人は、かつて槇原の個人事務所社長も務めており、今回の槇原と同じ容疑で、18年3月に逮捕・起訴されてもいる人物だ。

    当の元恋人が語る。

    「自分はかつて新宿・歌舞伎町のニューハーフパブで働いていたことがあり、槇原とは恋人関係で一緒に暮らしていました。
    自分たちは99年8月に覚醒剤事件で逮捕された。
    槇原はその後、自分とは“もう二度と会わない”と決別を宣言していたんですが……」

     
    しばらくして、槇原から連絡があり、ふたたび一緒に暮らすように。

    薬物の使用も再開してしまったという。

     
    06年には個人事務所社長となり、公私にわたる槇原のパートナーとなった元恋人。

    だが18年3月、槇原から別れを告げられてしまう。

    「槇原に彼氏ができたんです。
    “だから別れよう”と言われました。
    新しい彼氏は30歳過ぎのちょっとポッチャリの体型で。
    二人は出会い系サイトみたいなところで知り合ったと思います」

     
    さらには事務所の社長も一方的に解雇されてしまい、失意のどん底に突き落とされることに。

    自暴自棄になった彼は薬物に溺れ、新宿をフラついていたところを職質され、これが先述した18年の逮捕となった。

    解雇からわずか4日後の出来事である。

     
    2人は破綻直前まで、今回の槇原の逮捕容疑の舞台となった港区のマンションで暮らしていた。

    この2年前に、あと一歩まで迫りながら叶わなかった「槇原逮捕」の実現。

    そこには、元恋人による警察への“接近”があった。

     
    2人の関係の終わりが、今回の逮捕劇を招いたといえる。

    2月19日発売の週刊新潮で、元恋人の証言をくわしく報じる。


    「週刊新潮」2020年2月27日号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200217-00609148-shincho-ent

    所長見解:それか・・・

    【【悲報】槇原敬之の元カレ「彼から別れを告げられた日」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「もう、『なんでやねん!』という気持ちでいっぱいです。
    薬なんて、とうの昔にやめていると思っていました。
    最近も薬をやっている様子なんてまったくなかったですし、よく『一度やったらやめられない』という話を聞いても『そんなことはないよ。だって息子は実際にやめたんだから』と思っていたくらいです」


    泣きださんばかりの表情でそう語るのは、槇原敬之容疑者(50)の父・博之さん(79)だ。

    2月13日に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された槇原容疑者。

    '99年にも同様の罪で逮捕されており、その際に彼は直筆のコメントでファンや関係者に次のように謝罪していた。

    《今後は、絶対にこの様な事を起こさないことを、堅くお約束いたします》

    前回の逮捕から、長い時間がたった。

    その間、「息子は薬を断ち切っている」と心から信じていたという博之さん。

    2度目となる息子の“まさかの裏切り”に、憔悴している様子だった――。


    '69年5月、大阪府高槻市に生まれた槇原容疑者。

    父の博之さんは電器店を営んでいたが、一人息子の才能開花のためにサポートを惜しまなかったという。

    「槇原くんは5歳のころ、保育園の先生の影響でピアノを習い始めました。
    当時、男の子で音楽をやっているなんて彼ぐらい。
    でもお父さんは、誰よりも彼のことを応援していました。
    仕事が忙しいのに、よくコンサートに連れていったりしていてね。
    小学校のときには、彼が『家族で(ピアニストの)リチャード・クレイダーマンの演奏会に行ってきたんだ!』とうれしそうに言っていたのを覚えています」(地元住民)


    中学に入ると、友人とポップス同好会を作った槇原容疑者。

    次第に一目置かれる存在となっていったが、その陰にも父の応援があったようだ。

    「彼の家には、高価なオーディオがそろえられていました。
    それに、20万円以上するキーボードも。
    音楽にのめり込んでいく一人息子に、お父さんがプレゼントしてくれたのでしょう。
    おかげで、槇原くんはどんどんうまくなっていきました。
    当時はびっくりするぐらいまじめなコでね。
    生徒会の選挙にも立候補するほどだったのですが……」(別の地元住民)


    そんな親子の夢がかない、'90年にデビューを果たす。

    翌年に『どんなときも。』が発売されると、ミリオンセラーを記録。

    誰もが知るアーティストとなっていった。

    だが人気絶頂の'99年、覚せい剤取締法違反で逮捕。

    そして今回、2度目の逮捕となったのだ。


    今年、槇原容疑者はさまざまな企画に乗り出していた。

    デビュー30周年の特設サイトを開設し、コンサートツアーの開催も決定。

    昨年10月には“30周年記念第一弾”と銘打ち、初のカバー曲のベストアルバムもリリースしていた。


    博之さんはいま、槇原容疑者への“深い失望”に打ちひしがれている。

    「親と子ですからね。
    何か言葉にしなくても、それ(薬をやめること)はお互い気持ちで伝わっていると思っていました。
    実際、その後は順調にいっていると思っていました。
    ただ、今回で2回目。
    もう、息子の人生は終わりだと思います。
    私らも、ここには住んでいられなくなりそうです……」


    “一家離散の危機”に無念の思いを明かす博之さんは現在、79歳。

    5年前には大腸がんを患ったという。

    それだけに、逮捕の一報はことさらこたえただろう――。


    「女性自身」2020年3月3日号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00010000-jisin-ent


    幼少期の槇原容疑者

    no title

    no title

    所長見解:つらいな・・・

    【【一家離散へ】槇原敬之の父「人生もう終わり」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    m


    槇原敬之が所持していた「ラッシュ」の効果www




    所長見解:なるほど・・・

    【【極秘】槇原敬之さんが持っていた「ラッシュ」の効果がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ