槇原敬之

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    <槇原敬之被告>新パートナーと交際を明言!「今は薬を使わなくても十分幸せ」 


    覚せい剤取締法違反(所持)の罪などに問われたシンガー・ソングライター、槇原敬之被告(本名・範之、51)の初公判が21日、東京地裁(坂田正史裁判官)で開かれ、検察側は懲役2年を求刑した。

    即日結審し、判決は8月3日に言い渡される


     
    槇原被告は黒のスーツに黒の眼鏡でマスク姿、保釈時の長いひげは短くそり、髪も刈り上げて短髪にした姿で入廷し、起訴内容も認めた。


     
    裁判では薬物に手を染めた理由について、前パートナーから入手したと説明。

    このパートナーとは関係を解消しており、すでに新しいパートナーと交際していることも明らかにした。


    m


    再び薬物に手を出す危険性については「全く手を出すことはないと思います」と言い切り、その理由について「辛いことや大変なことがあっても周りに相談できるし、パートナーの彼といろんなことを分け合ってやっているので大丈夫だと思います。
    今は薬を使わなくても十分幸せだということを感じている」と語った。


     
    起訴状によると、槇原被告は昨年3~4月、港区のマンションで危険ドラッグ「ラッシュ」を約64・2ミリリットルと覚醒剤0・083グラムを所持。

    今年2月にも渋谷区の自宅でラッシュを所持したとされる。


     
    同被告は1999年12月にも覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/f20a0a11b131a4ac030e2df969d9e240dede2a82
    ▼写真 
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200721-00000553-sanspo-000-2-view.jpg



    所長見解:そうやな・・・

    【【熱愛告白】槇原敬之さんの新パートナーがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    これが保釈時の槇原被告。歯がボロボロだ。
     
    芸能人は歯が命のはずだが――。

    覚せい剤取締法違反などの罪で逮捕・起訴された人気シンガー・ソングライター槇原敬之被告(50)が6日に勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

    保釈保証金は500万円。

    湾岸署前では集まった報道陣を前に謝罪したが、特にネット民をザワつかせたのが、ボロボロの歯だ。

    覚醒剤の“後遺症”との説も浮上。

    薬物乱用が歯をダメにする恐怖を、本人は前回の覚醒剤逮捕のとき切々と語っていたのだが…。

    同被告を巡る歯のナゾに本紙は迫った。


    no title


    大勢の報道陣ややじ馬でごった返す中、槇原被告は午後7時、湾岸署の正面玄関から姿を現した。

    チャコールグレーのスーツに白シャツ、黒のネクタイ姿で「関係者の皆様、そしてファンの皆様に多大なるご迷惑、そしてご心配をおかけしましたことを、ここに深くおわび申し上げます。
    本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。

     
    10秒ほど頭を下げた後、迎えに来た黒のワゴン車に乗り込み、滞在先とみられるホテルへと向かった。

     
    それにしてもビジュアルは強烈だった。

    ボーボーに伸びた白髪交じりのあごヒゲ、荒れた肌はもとより、特に目を見張ったのがボロボロの歯。

    口を開くたびに上の前歯が1本だけ顔を出すのが目立ち、他の歯もガタガタで色素沈着が著しい。

     
    ある音楽関係者は「シンガーは歌うときに歯が見えるので、普通は審美歯科に通って手入れを欠かしません。
    歯並びの悪かったあいみょんが、歯列矯正をしたのはよく知られています。
    槇原さんのようにここまで汚いのは珍しい」と話す。

     
    だが、この汚い歯にこそ槇原被告の「歌手人生」をひもとくカギがあるようだ。

     
    もともと歯並びは悪い。

    なのに矯正しないのは、代表曲「どんなときも。」がヒットした1991年ごろ、歯医者に相談したら「矯正したら声質が変わるかも」と指摘され、ビビッてしまったからだ、とファンの間では語り継がれている。

     
    実際、槇原被告は歯を失うことに極度の恐怖を覚えていたのは事実だ。

    それは、1度目の覚醒剤事件(99年)でのこと。

     
    勾留中、ある薬物中毒者から「歌っているから歯は大事だよ」と言われた時の心境を、当時の初公判でこう明かしていたからだ。

    「その人は前歯が全部なくなっていました。
    恐ろしい…。
    もし捕まえてもらえず、このまま(覚醒剤を)続けていたら、自分の好きなこと(音楽)もできなくなると思いました。
    これでやり直せる。
    逮捕されなければやめられなかった。
    自分の中にそういう影響(歯の劣化)は見受けられなかったし…」

     
    警察の取り調べでは「最近、覚醒剤は使用していない」と供述しているようだが、少なくとも2年前には所持していたのだから、再び手を出していたのは間違いない。

     
    しかも、昔の写真と見比べると、今は明らかに劣化が進んでいるように見える。

    一部報道によると、20年来のパートナーだった個人事務所元代表A氏(43)は、槇原被告との覚醒剤使用法について「基本的には火であぶり、気化した覚醒剤の煙を口から吸っていた」という。

    加齢のせいも考えられるが、やはり覚醒剤の影響は否定できないだろう。

    あるレコード会社関係者はこう言う。

    「槇原のように、繊細な歌声を披露する人は、0・001%でも感覚が狂うのを嫌う。
    だから歯列矯正なんてもってのほか。
    それでも、キレイにメンテナンスぐらいはしてもいいと思うんですが、それさえもイヤだったのでしょう。
    あるいは、あまりにドラッグをやりすぎて、気が回らなかったか…。
    それだけクスリの魔力にはあらがい難かったということです」

     
    保釈時には、ファンとみられるやじ馬から「マッキー! がんばれ!」とのエールも飛んだが、まずは歯をきれいに心掛けることが、薬物から脱却する一歩なのかもしれない。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000034-tospoweb-ent

    所長見解:たしかに・・・
    【【閲覧注意】槇原敬之さん、汚すぎる問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本当に“作品に罪はない”と言い切れるのだろうか――。

    2月13日に2年前の“薬物所持”で覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された日本を代表するアーティスト槇原敬之容疑者。

    1度目の逮捕は‘99年。

    後に所属事務所の代表を務めることになる、同居パートナーのA氏と共に覚醒剤で捕まった。

    A氏をよく知る人物X氏に話を聞いた。

    「2人の出会いは‘99年に逮捕される1~2年前と聞いています。
    伝言ダイヤルで知り合って意気投合し、自宅も近いということで会うことになった。
    もちろんその頃には槇原は有名人。
    出会う前のやりとりの中で槇原は素性を明かした上でA氏と会ったようです」

    そして2人は親密になりしばらくして逮捕される。

    そのきっかけとなった薬物使用はどちらが原因をつくったのか。

    「普段から2人で使用する薬物を調達していたのはA氏です。
    しかしA氏だけでなく、槇原容疑者もA氏と出会う以前から薬物を使っていたと言っていたそうです。
    A氏がきっかけで薬物に手を出したわけではないんですよ」(同・X氏)

    そして‘99年、有罪判決が出たあと、半年が経たないうちに槇原容疑者はA氏の近況を心配するような電話をかけたという。

    「裁判の中でA氏は槇原被告とはもう会わないと約束したが、またパートナーに戻ることになった。
    さらにその半年後にはA氏は自宅を引き払い槇原容疑者の自宅に転がり込んだ。
    後に事務所の代表も務めることとなり、公私共に四六時中一緒にいることとなりました。
    そうなると当然のように再び薬物を使う関係になったみたいですね。
    2週間に1度のこともあれば、1カ月に1度薬物を使うことも。
    2人で定期的に薬物を摂取していたようですね」(同・X氏)


    槇原容疑者といえば、‘03年にSMAPに提供した『世界に一つだけの花』が300万枚を突破する大ヒット。

    薬物依存から脱却した象徴のようにこの曲が槇原容疑者を“返り咲かせた”のだ。

    m


    “ナンバーワンにならなくてもいい”という考え方が教育にハマったのか、同曲は教科書にも掲載されている。

    槇原容疑者はそれまで曲提供はほとんどしなかったが、この曲のヒットを契機に多くのアーティストや番組などから曲のオファーが来るようになったという。


    しかし驚くことに日本中に旋風を巻き起こしたSMAPの大ヒットの裏で、A氏と槇原容疑者は共に薬物を使用し続けていたという。

    「A氏はこれだけ大ヒットしている中で、自分はまだしも、槇原がまた逮捕されたらとんでもないことになると常に不安を感じていたみたいです。
    しかし薬物の前では2人は無力だった。
    ファンに申し訳ないと思いながらもA氏が持ってくる覚せい剤を槇原容疑者は断ることはできなかったようです」(X氏)


    「女性自身」は大阪府警から流出した覚せい剤取締法違反に関する捜査資料を公開。

    そこには、槇原容疑者の本名とともに、‘03年12月5日という日付も書かれている。

    つまり、警察も彼の薬物使用を疑い、捜査していたのだ。


    槇原容疑者これまでのインタビューで何度も『世界に一つだけの花の』について、

    「SMAPサイドから楽曲の依頼があり、制作期間はたったの2週間だった。
    しかし1週間で1曲完成させ持っていくとイメージに合わなかったようでボツとなった。
    ダメだったかと楽曲提供を諦めようとしたがSMAPサイドからさらに要請があり、残りの1週間で完成させたのが『世界に一つだけの花』だった」

    と制作秘話を明かしている。


    2年前に槇原容疑者に別れを言い渡されたA氏だが、いまだに槇原容疑者の才能については認めているという。

    だが、楽曲制作のプレッシャーが槇原容疑者をクスリに走らせた原因のひとつである可能性は十分に考えられる。


    どういう経緯で制作されたのかは別として『世界に一つだけの花』は日本人に愛された名曲であることに間違いはない。

    だが、曲を聴くと槇原容疑者の顔が脳裏によぎることも確かだ。

    この名曲に、作者である槇原容疑者自身が“傷”をつけてしまったのは、間違いないだろう。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200225-00000007-friday-ent


    20年ほど一緒に暮らしていた元社長と槇原容疑者(’10年)

    画像がコチラ


    所長見解:そやろね・・・
    【【悲報】槇原敬之容疑者『世界に一つだけの花』の時にもやってた模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「あの後、東京で息子に会ってきました。
    事務所の人といろいろ話して、接見できたのは2月17日。
    時間はあらかじめ決まっていて、約20分間の対面でした」

    記者にそう打ち明けるのは、槇原敬之容疑者(50)の実父・博之さん(80)だ。


    槇原容疑者が覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕された2月13日、本誌は彼の実家を取材していた。

    その際、博之さんは「どうか、嘘であってほしい……」と泣きださんばかりの表情で告白。

    そして取材後には、失意のまま東京へと向かっていた。

    それから4日後に、親子の対面を果たしていたのだ。


    m


    「槇原容疑者は現在、東京湾岸署に留置されています。
    覚せい剤所持の容疑についてはおおむね認めているものの、使用については否認していると報じられていました。
    そんななか、長年同居していた元パートナー男性・A氏が複数のメディア取材に応対。『(槇原容疑者に)薬物を何回も渡した』という“衝撃の告白”をしたのです。
    そのため、槇原容疑者はますます追い詰められています」(スポーツ紙記者)

    しかし、父・博之さんは笑顔で息子の様子をこう語った。

    「息子は憔悴しているどころか、とても元気そうでした。
    そして私に『僕はやってない。だから、心配しないで……』とはっきり言ったんです。
    本人から直接、その言葉を聞けてホッとしてね。
    息子の言うことを信じてあげようと思うのは、どこの親も同じ。
    それで『わかった。それやったら(警察の方に)しっかりと調べてもらい!』と言って帰ってきました」


    前回の取材では「(覚せい剤取締法違反容疑での逮捕は)今回で2回目。
    もう、息子の人生は終わりだと思います。
    私らも、ここには住んでいられなくなりそうです……」と語り、“深い失望”に打ちひしがれていた博之さん。

    だが「僕はやっていない」という息子の肉声を聞けたことで、落ち着きを取り戻したようだ。

    取材中、「前回の記事、読みましたよ。とてもよく書けていましたね」と笑う一幕もあった。


    ただ、それでもどこかで心配なのだろう。

    最後には、こんな複雑な胸中も漏らしていた。

    「(薬物をやっていないというのは)あくまで息子が言ったことなので……。
    最終的には、検察の方が調べることですからね。
    私は専門家でもないので、今後どうなるかはわかりません……」

    父に伝えたとおり、槇原容疑者は“無罪放免”となるのだろうか。

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1834546/ 



    所長見解:どうやろね・・・

    【【朗報】槇原敬之氏「僕はやってない。だから、心配しないで」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    18日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、覚せい剤取締法違反(所持)などの疑いでシンガー・ソングライターの槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)が逮捕されたことを報じた。


    番組では、槇原容疑者が現在まで同居していた男性が事情聴取されていることや、以前に同居していた個人事務所の元代表取締役の男性のコメントを紹介。

    h


    コメンテーターでタレントのヒロミ(55)は「このモメ方は、ドロドロになりそうな感じだよね。
    恋人関係で社長までにして、そこがもつれたら今まで知ってることを全部っていうような。もう、どうにもなんない感じが」と語った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-02180078-sph-ent 



    所長見解:そやな・・・

    【【放送事故】ヒロミさん、槇原敬之氏のあのことをバラした模様wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ