柴咲コウ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の柴咲コウ(38)が、種苗法改正に問題提起したことをめぐり、一部ネットユーザーから誹謗(ひぼう)中傷や脅迫などを受けていることを明かし、「法的措置も検討しています」とした。


    s


    柴咲は4月30日にツイッターで、「皆さん、『種子法』『種苗法』をご存知ですか?」と問い掛け、政府が進めていた種苗法改正について「種の開発者さんの権利等を守るため登録品種の自家採種を禁ずるという認識ですが、何かを糾弾しているのではなく、知らない人が多いことに危惧しているので触れました。
    きちんと議論がされて様々な観点から審議する必要のある課題かと感じました」と問題提起していた。


    27日にツイッターを更新し、問題提起した理由について「今回のことに限らず、例えば学校や会社などで何かを決めるときに、誰か一部の人の意見で物事が決まっていってしまうと、残された人の懸念や不安が置いてきぼりになってしまいます。
    意見を言うことは、誰にも平等に与えられた権利です。
    賛成、反対だけでなく、その間にある声も聞きながらベストを探っていく。
    その時間が必要だと思うのです。
    そうしていくことによって、当初のものよりも、より磨かれて抜け目のない強い決定になっていくはずです。
    一筋縄ではいかないことだからこそ、たくさんの知恵と意見が必要だと思います」と説明。

    「伝統野菜を作っている農家さん、家族でこだわりを持って営んでいる農家さんが、未来に笑顔で仕事ができるように祈っています」とした。


    柴咲の問題提起はネット上で賛否を呼んだ。

    「私は完璧な人間ではないので誤字脱字ミスも起こします。
    適切でないものは今回のことに限らず気づいた段階で削除し言い直したり更新しています。(もしそれにより困惑してしまった方がいらっしゃったら申し訳ないです)」とした上で、「しかし事実とは異なる投稿、捏造、誹謗中傷、脅迫行為、ミスリードしさらなる事実誤認した記事の作成元に関しては法的措置も検討しています。
    様々な人々が健全にオープンに物事を語り合える高尚な社会をこれからも期待します」とした。


    https://twitter.com/ko_shibasaki/status/1265492485054312448


    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202005270000318.html 

    【【激怒】女優・柴咲コウ、中傷脅迫するやつらに法的措置ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    柴咲コウ作員が赤旗に 共産党員か?

    @japanism_org
    共産党の機関紙「赤旗」よく見てください 


    no title

    no title

    所長見解:そうなん・・・
    【【悲報】柴咲コウ作員 ←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「種苗法改正案」今国会断念へ 柴咲コウさんの懸念ツイート 

    https://mainichi.jp/graphs/20200520/mpj/00m/010/012000f/1


    大和神王 @HrcSMWUo9JIkT8j

    @ko_shibasaki 百万回これ読んでくださいね。

    なにも分かってないくせにほざくな!!

    キチンと謝罪しろ!💢

    お前はどこの国の人間だ?


     no title



    ※キャプ画像の元ツイテキスト

    小野田紀美【自民党 参議院議員(岡山県選挙区)】 @onoda_kimi

    【種子法と種苗法】をごっちゃにしてる人も多く見受けられるのですが、以前廃止された種子法は「都道府県による種子の増殖」についてで、種苗法は「新たに開発された品種の知的財産権を守る」ものです。

    【日本で開発した品種ぜってー海外に流出させんぞ!】です。

    シャインの悲劇を繰り返さないために


    小野田紀美【自民党 参議院議員(岡山県選挙区)】 @onoda_kimi

    在来種はもちろん、一年以上流通している品種は品種登録できません。

    それらの品種について農業者が新たに許諾を受ける必要も許諾料を払う必要もありません(農林水産省)。

    各県の登録品種確認はコチラから→


    所長見解:いろいろと・・・
    【【政権批判】柴咲コウさん、完全論破され絶体絶命ピンチの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京高等検察庁の黒川弘務検事長の定年を延長する閣議決定を受け、自民党が検察庁法改正案の審議を5月8日に強行した。

    一連の政府の動きに真っ先に抗議の意思を示したのがSNSユーザーだった。

    5月9日から10日にかけて、「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグをつけた投稿がツイッターを中心に拡大。

     
    5月10日には、俳優の井浦新(45)、浅野忠信(46)、演出家の宮本亜門氏(62)などの著名人も続々と声を上げ、その勢いは増し、小泉今日子(54)が代表を務める「株式会社明後日」のアカウントも「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグを付けて投稿。

    ネット上で同じハッシュタグの投稿が100万件を超えた時点で「1.000.000超えました。この目に焼き付けました」などと、7回のツイートを展開。

     
    歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(27)も「#検察庁法改正案に抗議します」を付けてツイートすると、「この勇気に最大級の賛辞を贈ります」「えらい」といった声が寄せられ、ハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」のツイートがトレンドの1位に上昇。

    10日夕方には、ツイート数は400万件を超えた。
     
    しかし、きゃりーはその後、該当のツイートを削除。

    翌11日にツイッターを更新し、法改正案に関する発言をした理由について「今コロナの件で国民が大変な時に今急いで動く必要があるのか、自分たちの未来を守りたい。
    自分たちで守るべきだと思い呟きました」と説明。

     
    ツイートを削除した理由については「いろんな意見があって良いとは思います。
    私に対してのイメージ、理想それぞれあるとは思いますがファン同士で喧嘩するのは嫌だなぁ」という思いからだったと明かした。

    h


    同じく声を上げた小泉今日子は“アベノマスク”についてツイートしたりと、以前から“反安倍”の姿勢を表明しています。(夕刊紙記者)

     
    4月22日、小泉は「株式会社明後日」のアカウントで「アベノマスクの不良品を政府、公表せずというニュースをリツイートし、「人間だから間違えや失敗は誰にでもあるだろう。一生懸命やった結果だったら人はいつか許してくれるかもしれない。
    でも汚らしい嘘や狡は絶対に許されない。
    カビだらけのマスクはその汚らしさを具現化したように見えて仕方がない」と、安倍政権を真っ向から批判している。

     
    同日、安倍晋三首相が東京五輪延期にともなう追加費用を負担することに合意したという問題で、東京新聞の望月衣塑子記者が「コロナで経済が悪化してるのに、日本にオリンピック費用をそんなに負担できる訳がない。
    巨額な日本の負担は国民への税金に跳ね返る。
    これなら開催を見送るべきだ」とツイート。

    小泉はこのツイートに対しても「まったくそうだ」と同意していた。

     
    小泉は5月13日深夜にも、自民党の泉田裕彦衆院議員が「強行採決なら退席する」とツイートしたのち、「内閣委員をはずされることになりました」とつづった投稿を引用して「#泉田裕彦議員を応援します」とツイートしている。

    「小泉は“森友問題”にも関心を寄せていて、2018年に投稿された同問題に抗議するデモを呼びかけるツイートに“いいね”をしたこともあったようです。
    アメリカでは芸能人が政治に対して意見を述べることは当たり前ですが、日本では芸能人が政治的意思を表明することにはリスクが伴います。
    それでも“反安倍”の姿勢をつらぬく小泉には意志の強さを感じますね」(前出の夕刊紙記者)


    つづく


    週刊大衆
    https://taishu.jp/articles/-/74999?page=1
    写真 
    https://taishu.jp/mwimgs/5/e/-/img_5e542e42463ea42172fe5c017a6b2fa12626282.jpg 



    所長見解:どしたん・・・

    【【激怒】アベガー女優が増幅中の理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    柴咲コウ(37)の公式Instagramを見てみよう。

    例えば7月7日には、花瓶に飾られた美しい花、手巻き寿司のアップ、そしてトマトソースの煮込み料理が映された3枚の写真が掲載されている。

    その前の投稿は、美しいアクセサリーの写真と共に、「つゆやすみではあるが、FNS歌謡祭のリハーサルや、とある撮影で遠方に行ったりは、しているのですよ」とある。

    3つ目の投稿には、紫陽花の写真と共に「こころは、つゆやすみ 来月になったら再始動」と書き込まれている。


    どうやら柴咲は7月下旬、「梅雨休み」を満喫していたようだ。

    それは彼女の出演作品が、次々と放送されたり、公開されたりする状況にないことを意味する。

    k

     
    2017年、柴咲コウはNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で主人公の井伊直虎を演じた。

    この時、名実共に日本を代表する女優の1人になったと言っていいだろう。

    ところが、その後の仕事が続かない。

    表にまとめてみた。

    ※画像


    背景を芸能関係者に訊くと、「理由は2つあります」と解説する。


    「自分が本当に気に入った作品しか出演しなくなったというのが理由の1つ。
    そしてもう1つの理由が、実のところ柴咲さんは女優より歌手に強いこだわりを感じているということです。
    03年にRUIの名義でリリースした映画『黄泉がえり』の主題歌『月のしずく』が100万枚を超える大ヒット曲となりましたが、その後、ヒットに恵まれていません。
    どうやら事務所と柴咲さんとの間に齟齬があるみたいです」


    上の表でも、18年5月に歌手「MuseK」としての新曲発表が記載されている。

    厳選に厳選を重ねた中に歌の仕事が入っているのだから、やはり彼女としては想いが強いのだろう。


    だがその一方で、今年4月から6月にかけてはWOWOWで主演ドラマ「坂の途中の家」が放送された。

    さらに20年には映画「燃えよ剣」の公開が控えている。

    主演は岡田准一(38)で監督は原田眞人(70)と、賞狙いの要素もある作品だ。

    まだまだ「女優・柴咲」の商品価値は極めて高いようだ。


    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08050559/?all=1  

    所長見解:ええんやない・・・
    【【衝撃】柴咲コウがあまりテレビに出ない理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ