枕営業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ界が〝戦々恐々〟悪質スタッフいまだ多く・・・

    ある局のイメージガール、最終選考がほぼ肉弾審査だった



    f


    榊英雄監督(51)と俳優の木下ほうか(58)、園子温監督(60)と相次ぐ性加害疑惑は芸能界に波紋を広げている。

    だが、これらの騒動も氷山の一角にすぎないのだ。




    園監督は5日夜、個人事務所のホームページに直筆のコメントを掲載し、騒動について謝罪した。

    しかし「週刊女性」に報じられた内容については、事実と異なる点が多いとして、代理人を通じてしかるべく措置を取っていくとしている。



    もっともこうした行為は映画業界だけに限った問題ではないのだ。

    映画業界以上にひどいのがテレビ業界だという。


    「映画界も最近は関わる組織や人間の多い〝製作委員会方式〟の作品が増えており、昔ほど監督や一部の出演者に権限が集中することはないため、昔に比べると被害自体は減っているともいえます。
    その点ではテレビ業界のほうがいまだに悪質なスタッフの多い印象です」と大手芸能事務所のマネジャーは話す。



    先月30日放送の「バイキングMORE」(フジテレビ系)で坂上忍(54)が「この問題って映画業界だけでないのはもちろん、テレビも入ってます。
    舞台も入ってます」と語ったが、その発言に同意する業界人も少なくない。



    実際、あるグラビアタレントはこう語る。

    「業界関係者との食事会だと、同席するテレビ局員や番組プロデューサーの大半は、仕事と引き換えに肉体関係をにおわせてきますよ。
    ストレートな人もいれば、親しいお笑い芸人を呼んだ飲み会を別にセッティングする人も。
    芸人に場を盛り上げさせて、自分と肉体関係を持つことのメリットをアピールさせるんです。
    芸人たちがやたらとお酒を飲ませようとしたかと思うといつの間にかいなくなって、2人きりにして〝そういう流れ〟にもっていこうとするんです」


    さらにはこんな話も。

    「そもそも、ある局のイメージガールプロジェクトは、最終選考がほぼ〝肉弾審査〟だったことが業界内では有名でした。
    プロジェクトの担当スタッフはやりたい放題で、中には面接をきっかけにグラドルと結婚したスタッフもいました」

    このプロジェクトに関しては、その〝闇〟が当時から業界では知られていたため、参加タレントや所属事務所サイドもある程度覚悟して臨んでいたフシがあり、大事にはならなかったというが…。

    だからといって許されることではない。


    「さすがに最近はそこまであからさまなケースは聞きませんが、いまだにテレビ業界にこうした悪習があるのは間違いないでしょう」(同マネジャー)


    映画業界だけでなく、テレビ業界にも変革が求められている。


    https://www.zakzak.co.jp/article/20220408-RPXQ23KMDNIBDJC4B4NTOVVFBE/
    所長見解:やろな・・・

    【【衝撃暴露】イメージガールの最終選考がほぼ肉弾審査ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マリエの“タトゥー入り”ビキニ写真にドン引き

    「イメージが悪化していく」

    …もはや幻となった“枕営業騒動”


    i


    モデルのマリエが6月10日、自身のインスタグラムを更新。

    ビキニショットを公開したが、左肩から二の腕にかけて〝タトゥー〟が刻まれていたことで、ファンをドン引きさせている。


    マリエは《海外ブランド水着はネットで買えるけどやっぱり海外ものはサイズが怖くてポチッと出来なくて、ここのセレクトに出会って嬉しい》とつづり、海外ブランドの水着をPR。

    合わせて屋久島で撮影されたビキニカットを披露した。


    スタイルの良さはさすがモデルといったところだが、左肩にガッツリとタトゥーが入っていたことで、フォロワーも驚きを隠せないようだ。

    この投稿に、ネット上では

    《左肩辺りの柄っぽいのはタトゥー? なんか気になるんですけど》

    《ガッツリタトゥー入ってるな。ってか枕営業以来、水着姿さらしてるけど「何でもいいからお金欲しい!」って声が聞こえてきそう》

    《今度はタトゥーか。この人、枕営業告発からどんどんイメージが悪化していくね。一体なにしたいのかさっぱりわからん》

    《以前にもバッチリタトゥーがはいった写真アップしてたよ。都合の悪いときだけ画像加工で消してる》

    などといった声が寄せられている。



    もはや幻となった“枕営業騒動”

    「マリエは5月に、耳の後ろに〝PASCAL〟と刻まれたタトゥーが確認できる写真を公開しています。
    『PASCAL MARIE DESMARAIS』という本名を冠したブランドを展開しているため、本名のタトゥーのようですね。
    また、周囲の話では、腕だけではなく背中にも入っているようです。
    過去のインスタグラムの投稿を見ると、タトゥーのないカットもありますが、都合の悪いものは画像処理で消しているのでしょう。
    今のご時世〝タトゥー=反社〟と捉える人もいるため、マリエの人気も急落しています。
    もはや誰も〝枕営業告発〟の件を話題にしないのが、いい証拠でしょう」(週刊誌記者)


    一方、7月4日に投開票される東京都議選に出馬することを表明していたマリエの母・玉木真理氏は9日、出馬断念を表明。

    マリエの告発が母に注目を集めるためだったとの疑惑が浮上し、物議を醸したことで、出馬をあきらめたようだ。


    母の出馬にはもともとマリエは猛反対していたという。

    しかし、いずれにしてもイメージが悪いことに変わりはなく、母娘ともに顔も見たくないという人もいるかもしれない…。


    https://myjitsu.jp/archives/286497


    ※画像がコチラ

    所長見解:あかんかったな・・・

    【【これはヤバい】マリエさんのタトゥーがコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由


    y


    マリエさんの衝撃の告発から1カ月がすぎた。

    当初はSNSやウェブで取り上げられたものの、すぐに話題にのぼらなくなった。

    コラムニストの河崎環さんは、その理由の一つとして「日本人には『みんなが共感できる被害者を選ぶ』という、集団主義的な選択指向性がある」と指摘する――。



    ■「さもありなん」と誰も驚かなかった

    モデルで実業家のマリエさんが、かつて大物芸人から「枕営業」の誘いを受けたことをインスタグラム動画で告白、話題となった。

    雑誌モデルとして人気が出、まだそれほど芸能界に馴染みのない18歳当時、出演していたバラエティ番組のMCである大物芸人に収録前に挨拶できなかったことから呼び出された酒席で、「やらせろ」と迫られたのだという。


     
    その場に同席していた、当時中堅で、現在はベテランとして人気を博す芸人は大物芸人の言動を咎めることもなく「いいじゃんいいじゃん、やりなよ」と煽ったと、マリエさんは主張する。

    その芸人に対してもマリエさんは「許さない」と語気を強め、枕営業を断った結果として大物芸人と親しい制作会社へ出向いて謝罪し、その番組への出演がなくなったとの顛末までが大きな話題となった。


     
    悲しいことだが、世間はマリエさんが33歳の大人の女性になってようやく口にできたそんな15年越しの告発を聞いて、「ああ、あの黒い噂で引退した大物芸人ね、さもありなん」と誰も驚かなかった。

    枕営業、という言葉自体にも、「だって芸能界だものね」とすっかり耳が慣れてしまっていた。

    だが、あえて当事者たちの当時の年齢、つまりMC芸人50歳、中堅芸人42歳、そしてマリエさん18歳という具体性をもってあらためて状況を想像すれば、それが我々の住む一般世間であればどれだけ醜悪でひとりの女性の人生を深く傷つけるに十分な出来事か、わかるのではないだろうか。

    それなのに、SNSは決してマリエさんへの共感に溢れているとは言い難い。



    ■話題になったのは、たった1週間ほど

    さらに、本来ならいわゆる「#MeToo」運動の典型とも言える、エンタメ業界の古典的で構造的なハラスメントに対する告発のはずなのに、この件への注目は1週間程度ですっかり失われ、他のセンセーショナルなニュースに取って代わられた。

    引退した大物芸人は沈黙を守り、現在も活躍する芸人の事務所からは「事実ではない」と否定する声明が出され、材料が供給されないために報道が続かない。

    何より、週刊誌やウェブでいくつかの後追い報道はあっても、新聞やテレビで扱われることはなく、見事なスルーぶりに「むしろ変じゃない? 」と違和感を口にする人もいる。


     
    なぜマリエさんの告発は世間からも、マスコミからもスルーされるのか。

    考えるに、どうやら2つの理由がありそうなのである。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/488198fde6d5163265419f2a31a327324564f707

    所長見解:もうな・・・
    【【悲報】マリエの枕営業暴露が一瞬で消えた理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    出川哲朗、「マリエ告発」をテレビで完全否定! 

    「これから事実が判明」と笑顔で…今後も安泰か


    w


    テレビ業界的には問題ナシということだろうか。

    モデルのマリエがInstagramのライブ配信で告発した“枕営業”騒動。

    未成年だった15年ほど前に、島田紳助氏から枕営業を要求されていたと明かしたほか、その場に同席し、マリエに対し関係を強要するような言葉を発した人物として出川哲朗らの実名も飛び出し、ネットを中心に大きな騒ぎとなった。


     
    これを受けて、出川の所属事務所であるマセキ芸能社は4月9日、「お騒がせしているような事実はないと申しております」と否定。

    マリエは当初、英文で「私は嘘をつきません」と投稿するなど反論する姿勢を見せていたが、同月14日深夜のライブ配信では一転、「告発とかではない」「炎上させるつもりもない」とトーンダウン。

    動画を拡散させた“YouTuber”がマリエの意図に反して事態を大きくしたと弁解していた

    騒動後も変わらずテレビに出演し続けるも、公式発表以外では沈黙を保っていた出川だったが、5月13日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でついに具体的に言及。

    この発言が注目を集めている。


    この日の放送は「芸能人最強名前ランキング」と題し、姓名鑑定士が名前の画数から運勢などの良し悪しを診断、ランキング化して発表するという趣旨だった。
    これにダウンタウン・松本人志が「順位がわかるんでしょ? 絶対てっちゃん悪いでしょ」とイジりだすと、出川は「僕、100%言ってません! 本当に!」と必死で弁明。

    そして笑顔で「これから事実が判明しますから」と予告した。


     
    具体的に何について話しているかは伏せられていたが、マリエの告発騒動の件を指していたのは明白だろう。

    番組では他にも、出川の運勢について「波乱万丈」と発表された際、松本が「俺の知ってるかぎり、てっちゃんにトラブルなんてないけど」とボケた一方で、出川が「まさに今なんですよ!」「それまでは人生、何のトラブルもなく……」と叫ぶ場面もあった。

    また、松本は『ワイドナショー』『ボクらの時代』(フジテレビ系)でも騒動をネタにしたばかりだ。


    「出川サイドが名誉棄損で訴訟を起こす準備に入ったと一部で報じられていましたが、マリエのほうも、問題になったライブ配信の転載動画について著作権侵害として削除依頼するなど、火消しに走っていると見られる動きがあった。
    マリエが今もレプロエンタテインメント所属であることを考えると、マセキとレプロの間で内々に話し合いが持たれ、何らかの決着を見たのでは。


    暴露本か?と話題になった、『かなり衝撃的な内容がたくさん入っている』という自著についても、順調にいけば4月末~5月頭に出版予定としていたものの、その後まったく音沙汰がないことを考えると、マリエが矛を収めたかっこうになったと思われます」(芸能誌記者)

     
    番組冒頭では、騒動について「交通事故」とも形容していた出川。

    結局のところ15年前に何があったのか、出川の言う「これから判明する事実」はいつ明らかになるのか、気になる点は多いが、今回の放送ではっきりしたのは、出川が今後も安泰だということだろう。



    https://www.cyzo.com/2021/05/post_278523_entry.html

    所長見解:そうなるわな・・・

    【【マリエ暴露問題】出川哲朗氏、完全勝利の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    出川哲朗 松本に騒動突っ込まれ「交通事故も交通事故、こっちは元気」


    f

     
    タレント・出川哲朗が13日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演。

    冒頭で松本人志が「哲ちゃん、いま、元気ないから、シーッ」と口元に指を当てるポーズで騒動を振られ、出川は立ち上がって「めちゃめちゃありますから!」と反論した。


     
    4月にタレント・マリエが、インスタライブで18歳当時に、現在は引退している大物タレントから枕営業を持ちかけられ、出川がその場に同席していたなどと発言して、騒動に。

    出川の所属事務所が公式サイトで、社長名義の声明を発表し「出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております」としていた。


     
    「-DX」では、松本と浜田雅功が話を続けようとするのに対し、出川は「交通事故も交通事故で、こっちはめちゃめちゃ元気ですから、本当に」と訴えていた。



    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210513-00000157-dal-000-2-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/1d38889fde28ec0b10296eec926eb1906b5a8347

    所長見解:どうなんやろ・・・


    【【マリエ暴露問題】出川哲朗「交通事故も交通事故、こっちは元気」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ