枕営業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの若槻千夏が29日深夜に放送された『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)に出演し、芸能界のタブーともいわれる“枕営業”やグラビア撮影の過酷な現場について明かした。

     
    この日の放送で若槻は「私の時代が最後だと思うんですけど、“抱かれる時代”だったんです」「けっこうまわり(の女性タレント)が抱かれていなくなっちゃったんです」と話した。

    彼女がバラエティに引っ張りだこだった2000年代は枕営業が珍しくなく、その結果消えたタレントもいるということだ。

     
    さらに「良い子過ぎて抱かれちゃう人、まだいると思うんです。
    長い目で見たら続かないです。
    1回でも抱かれたら、2~3回その人の番組には出れます。
    だけど、その先がないんです」と、枕営業をしてもタレントとして生き残るのは難しいと明かした。
     
    もはや都市伝説のようになっている芸能界の枕営業だが、誰も彼も「自分はやってないけど、周りはしていた」という話し振りになる。


    m

     
    女優の濱松恵は2018年2月に『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に出演した際、枕営業は「実際にある話」「テレビ局の方だったり、雑誌社のお偉いさんだったりとかが『今日の接待、来ないんだったらもう仕事あげないよ』とか、そういうことが結構ある」と暴露。

    元タレントの坂口杏里も昨年10月に自身のYouTubeチャンネルで枕営業をしている芸能人をイニシャルで明かした。

     
    俳優の梅沢富美男に至っては、もっと直球だ。

    梅沢は2017年10月に『バイキング』(フジテレビ系)で「枕営業という言葉はこの業界では昔から飛び交っている。
    やっている奴はいっぱいいる」と断言していた。
     
    若槻は自身が活躍していた2000年代で枕営業は最後だったと言っていたものの、他の芸能人も枕営業の存在について言及しているところを見ると、決してひと昔前に限った話ではなさそうだ。


    「1年に17回膀胱炎になったりするんです。
    グラビアで(体が)冷えちゃうから。
    水着やりながらもバラエティやったりしてて体調壊し始めて、もっと健康にやれる仕事ないかなと思った」

    女優の吉岡里帆は以前、ライフ&カルチャーコミュニティ「She is」のインタビューで撮影の裏側を明かしていた。

    「グラビア撮影用の水着って、本当に冗談じゃないくらい痛いんですよ」

    「市販の水着はちゃんと伸びるし守ってくれるけど、私が着ていたグラビア用の水着は、人に見てもらうための水着だったから、ゴムが入っていないどころか、革紐や伸びない布でできることもあって。
    皮膚に食い込むくらいぐっと縛るから、次の日も跡が残っているんですよ。
    食い込ませることでお肉がちょっと盛り上がって、それが色気になるという」
     

    抜粋、以下全文
    https://wezz-y.com/archives/79671

    所長見解:そうなんか・・・

    【【衝撃告白】若槻千夏、枕営業を明かす「1年で17回も膀胱炎に」 吉岡里帆「水着は皮膚に食い込むくらい縛るから冗談じゃないくらい痛い」 ←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上沼恵美子が『快傑えみちゃんねる』で、昔の芸能界を振り返り「汚い」と表現した。

    番組では出演したグラビアアイドル出身の吉木りさに対し、他局の番組関係者らと「ベッドインした?」と振り、これに「裏技は使っていない」と吉木は答えた。

    そこで上沼は「昔はそんなんだらけやったわ」と苦笑い。

    力を持つ共演者に格下のタレントが“枕営業”を持ちかけるパターンが多かったことを示唆した。

    芸能関係者は「コンプライアンスが叫ばれる昨今ですが、少なからず“枕営業疑惑”を持たれているタレントは多い」と指摘する。

    「今も昔も最も多いのは、アイドルと女優ですね。
    出られるバラエティー番組の枠は以前ほど多くないので、自らの判断でプロデューサーやMCなどに近づくことはあります」(前出・関係者)


    m


    また、こんな事務所もあるという。

    「女優や俳優、グラビアアイドルを数多く抱える大手芸能事務所は基本的に、番組共演者やスタッフらとタレントの電話番号、SNSの連絡先交換を推奨している。
    その分、連絡状況を丸裸にしてすべて事務所に報告させるという形をとっています。
    そうすれば、関係者の誰がタレントに手を出して、仕事に還元されたのか一目瞭然。
    肝が据わったツワモノは、プロデューサーに電話をかけて会食場所に“接待要員”を買って出る者もいます」


    https://www.cyzo.com/2020/03/post_235093_entry.html

    所長見解:やろな・・・

    【【衝撃暴露】芸能界に蔓延する、アイドルや女優の汚すぎる枕営業がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コンプライアンスなど“お題目”にすぎず、現在もグレーゾーン、時には常識から大きく逸脱した、やりたい放題の芸能プロも存在する。

    最終回は、女性タレントの“枕営業”についてである。

    有力者と性的関係を持つことで仕事を得る闇のスタイルは、もちろん今も横行しているという。


    m


    「事務所が“行け”というパターンもありますが、さすがにそこまで露骨なのは減っているのでは。
    多いのは、有力者との食事会などに売り出したいアイドルを同席させて、途中で“あとはお前の判断に任せる”と、マネジャーが退席するケース。

    呼ばれた時点でアイドル本人もわかっていますから、ほとんどが小さな仕事にありつくために、関係を持って帰ってくることになります」(アイドル事務所マネジャー)


    事実上の斡旋であっても、こうして表向きは“あくまで自分の判断でやったこと”にして、もしもの時には責任を逃れようとしているのだから、悪質である。

    「大手プロで人気タレントを担当して業界に顔と名前を売ったあるマネジャーは、いくつものアイドル事務所に出入りし、際どい水着系シリーズを出すDVDメーカーの社長と新人タレントを橋渡しして、その際の枕営業成立を含めた“成功報酬”で高級外車を乗り回すほど稼いでいますからね。

    ただし、枕営業でDVDが出せても、タレントに入るギャラは5万円程度。
    発売イベントでアイドルファンと密着チェキを撮りまくっても、1円もタレントには入りません」(前出・アイドル事務所マネジャー)


    こんなことがまかり通るのは、もう芸能界くらいではないだろうか。


    https://www.asagei.com/excerpt/137935 

    所長見解:ひどいな・・・
    【【衝撃暴露】芸能界に横行する「枕営業」の実態がコチラ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    東京・六本木にある会員制のサパークラブ『Z』。

    薄暗い階段を降りた地下で、看板も出さず営業しているこの店は、アイドルや女優、プロ野球選手やJリーガーが夜ごと出入りする有名人たちの社交場だ。
     
    記者という身分を隠して潜入を繰り返した末、ようやく“核心”に辿り着いたのは、通い始めて1年が経った頃だった。
     
    「最近、芸能人と飲みたい、できれば“その先”もしたいっていう成金連中と仕事してるんだけど…。
    こういうのって、誰に頼めばいいんですかね?」
     
    タイミングを見計らって店長に持ちかけると、ある人物に連絡をとってくれた。
     
    後日、『Z』の個室で迎えてくれたのは、40代半ばの紳士だった。
     
    仕立てのいいジャケットを着こなし、腕には高級時計のオーディマ・ピゲを巻いている。

    短く刈り込まれた髪に精悍な顔つき、ジャケット越しでも分かる屈強な体つきで、黙っていても威圧感がある。
     
    彼が、いわゆるカタギでないことは、個室の外に立つ「若い衆」の存在からも明らかだった。

    「回りくどい話はやめましょう。
    このリストにあるタレントなら、私のほうで“都合”つけられますよ」

    そう言って渡されたのが、クリアファイルに挟まれたA4用紙2枚の紙だった。
     
    ひと目で息を飲んだ。

    そこには、名だたる女性芸能人の実名と値段が書かれていたからである。

    l


    ●グラビアアイドルS 200万円

    ●人気タレントY 200万円

    ●国民的アイドルグループの下位メンバー 30万円

    ●ママタレX 150万円

    ●現役トップクラスの女優A 1000万円

    ●往年の人気女優I 500万円

     
    記者が、この“売春名簿”を閲覧できたのは、時間にして1分にも満たなかった。

    他にも錚々たる名前が並んでいたが、途中で閲覧終了を告げられ、ファイルを取り上げられた。

    https://wjn.jp/article/detail/1509599/

    所長見解:あるんやね・・・

    【【極秘入手】「芸能人一晩の金額リスト」がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ネット上の噂だけでなく、小誌でもこれまで何度も報じてきたアイドルの枕営業。

    今回、編集部では顧客への斡旋を行っているという芸能ブローカー、T氏との接触に成功。

    話を聞くことができた。

    「事務所は強要したとの言質を取られると面倒なことになりかねないので、最近は“アイドルが自主的に行っている”という体裁を取るケースが多い。
    実際、『判断に任せるけど、分かっているよね』と言われたと話すコは何人もいました」

    m


    ただし、全員が枕営業をしているわけではない。

    「親が業界やスポンサー筋の幹部だったり、運営や業界の大物に気に入られているコは別です。
    そういったケースも含め、枕営業を持ち掛けてなくても誰がOKでダメかというのは大体わかります」

    実際、T氏が見せてくれたLINEの画面には、アイドルやグラドル、若手女優の名前が書かれており、なかには某人気グループメンバーの●●や●●の名前も。

    それぞれ値段と、枕に応じてくれる可能性が◎、○、△、×に分けて書き込まれていた。

    「◎は日常的に行っているコで、○も頻度は多くなくても枕の実績アリ、×は事務所が完全NGにしているコ、△は枕経験はないけど事務所的にはOKのコです。
    ちなみにこれはあくまで私が斡旋可能な範囲のコたち。
    同業者は個々に事務所との繋がりで、こうした枕斡旋のルートを持っています」

    また、T氏は会員制の高級デリヘルへの斡旋も行っているという。

    「私が紹介するのは1回20~30万円クラスの店。
    ネット上にも店のホームページは公開しておらず、会員は大企業の幹部や医者、弁護士など収入と社会的ステータスの高い方ばかりです。
    業界関係者が出資している店なのでバレる可能性は低く、稼ぎの少ないアイドルのバイト先としても最適です。
    ただ、枕営業もそうですがそういうことを続けているうちに途中で精神を病んだり、そのまま辞めて飛んでしまうコも多い。
    まあ1人いなくなっても次はいくらでもいるんで」

    こうした知られざる裏の部分もまた芸能界の実態なのだ。

    https://k-knuckles.jp/1/5156/2/

    所長見解:そうなんやね・・・


    【【闇深情報】アイドルの枕営業お値段リストがコチラ・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ