松田聖子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    「連日のコロナ関連の暗いニュースを、完全に忘れるほどの衝撃でした」

    音楽関係者がそう驚くのは、歌手・松田聖子のことである。

    「彼女のオフィシャルサイトですよ。
    今も衰えぬ艶肌と微笑みのトップ写真に、すごいな~と感心して見ていたら、何と次に出てきた写真がビキニショットじゃありませんか!
    60歳目前の“アラ還”にして、強い日差しのビーチで笑顔を満開にした、グラドル顔負けのビキニショットですから、腰が抜けそうになりました」(同・関係者)

     
    早速、確かめてみると、そこにいたのはストライプのビキニ姿の聖子。

    透き通るような白い肌と、見事にシェイプされたウエストラインを堂々と見せつけている。

    しかも、麦わら帽子が飛ばないように脇の下を丸出しにして両手で抑え、そのまま男性誌の表紙になりそうな挑発的なポーズでのビッグスマイルなのだから、今も現役のアイドルなのだと、あらためて思わされるのだ。


    s

     
    聖子がこんなにもサービス過剰なのは、実は今年の4月1日でデビュー40周年、大きな節目の記念イヤーということで、気合いが入っているからだろう。

    「6月3日には、デビュー40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』の発売が決定しており、その中から、『SWEET MEMORIES~甘い記憶~』が先行配信されています」(芸能記者)

    同曲は言うまでもなく、1980年代にサントリーのペンギンのキャラクターCMでおなじみになった、聖子の代表曲の1つ、『SWEET MEMORIES』のセルフカバー。

    当時、制作されなかった同曲のMVを、聖子自身が監督を務めたもので、4月1日に開設された「松田聖子オフィシャルYouTubeチャンネル」でも配信され、こちらも話題になっている。

    「当時のペンギンのCMをオマージュし、聖子本人がジャズバーの歌手に扮した作品。
    こちらでも、聖子は胸元のカットが大胆で、セクシーな首筋を見せつける悩ましいドレス姿を披露しています。
    全編、日本語でレコーディングされたという歌声は、艶と潤いを増しています」(同・記者)


    新型コロナの影響で、3月14日に予定されていた『SEIKO MATSUDA プレミアム バースデーステージ2020』は中止となり、6月からのコンサートツアーも開催はビミョーだが、「この若さと元気なら、終息後の大爆発は間違いなく、昭和、平成に続き、令和の時代も大いに話題を振りまいてくれそうです」(前出の音楽関係者)


    画像①

    画像②

    画像③
    https://npn.co.jp/article/detail/200004039



    所長見解:ええやんか・・・

    【【これはすごい】松田聖子(58)、セクシー過ぎてまだまだイケる悩殺ビキニ姿がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    d


    1  8 重盛さと美
    2  6 池田エライザ
    3  9 松田聖子
    4  1 橋本環奈
    5  5 篠田麻里子
    6  3 山本美月
    7  7 西内まりや
    8  2 吉瀬美智子
    9  4 蒼井優

    所長見解:強いな・・・

    【【最強】福岡県出身の美人打線、あまりにも強い説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テーマは、「歌姫」。

    m


    日本の音楽シーンを時代ごとに彩ってきた昭和、平成の歴代歌姫たちのシングル総売り上げ枚数”をランキングにし、そのベスト100位~1位までを一挙公開。
     
    https://news.mynavi.jp/article/20190210-769791/


    オリコン調べ

    順位 アーティスト名 合計売上数

    1  AKB48 5211.6万枚
    2  浜崎あゆみ 2149.3万枚
    3  ZARD 1773.2万枚
    4  安室奈美恵 1768.7万枚
    5  乃木坂46 1567.6万枚
    6  松田聖子 1550.1万枚
    7  宇多田ヒカル 1549.4万枚
    8  DREAMS COME TRUE 1511.0万枚
    9  モーニング娘。 1396.9万枚
    10  globe 1333.5万枚
    11  中森明菜 1287.7万枚
    12  大黒摩季 1164.9万枚
    13  山口百恵 1142.0万枚
    14  TRF 1139.9万枚
    15  ピンク・レディー 1103.6万枚
    16  SPEED 1103.1万枚
    17  中島みゆき 1036.0万枚
    18  工藤静香 981.6万枚
    19  SKE48 965.3万枚
    20  小泉今日子 942.3万枚
    21  Every Little Thing 910.3万枚
    22  中山美穂 872.4万枚
    23  松任谷由実 857.2万枚
    24  倉木麻衣 805.5万枚
    25  小柳ルミ子 795.5万枚
    26  岩崎宏美 774.2万枚
    27  NMB48 753.1万枚
    28  華原朋美 720.0万枚
    29  My Little Lover 690.3万枚
    30  八代亜紀 678.3万枚
    31  森高千里 640.8万枚
    32  LINDBERG 637.0万枚
    33  桜田淳子 590.7万枚
    34  今井美樹 564.5万枚
    35  PUFFY 563.5万枚
    36  JUDY AND MARY 528.1万枚
    37  欅坂46 513.5万枚          

    https://www.tbs.co.jp/utanogoldenhit/


    所長見解:そうなるか・・・

    【【一位は・・・】 昭和&平成の歴代歌姫ベスト100がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    80年代のトップアイドルと言えば、一番に名前が上がるのが松田聖子なのは異論のないところ。

    その松田聖子のヘアスタイル『聖子ちゃんカット』が、今、若者の間で流行の兆しを見せている。

    ブームの火付け役となったのは、ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)に出演している女優の清野菜名と橋本環奈だ。

    h


    80年代の女子高生役を演じる2人のヘアスタイルは、まさに当時大流行した『聖子ちゃんカット』そのもの。

    中高年にはおなじみのヘアスタイルだが、10~20代の若年層には新鮮に映ったようで、真似をする女子高生や女子大生が急増している。

    https://wjn.jp/article/detail/5881182/


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【懐かしい】「聖子ちゃんカット」復刻大ブーム説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元祖昭和のアイドル、松田聖子(56)が、8万9500円の超高額ライブを開催すると発売中の「週刊新潮」が報じて話題だ。

    m


    来月4日にビルボードライブ東京で開催される「PREMIUM SEIKO JAZZ LIVE2018」というジャズライブだ。
    この「ウルトラスーパープレミアムシート」がなんと8万9500円、最安値の座席でも4万9500円というから驚きである。
    ファンクラブ会員限定で、昼夜2回公演、各300人で、食事にボトルワイン、ウエルカムカード、プレゼントつきなのだとか。

    聖子は昨年3月にジャズアルバムをリリース。
    アメリカ進出を果たし、音楽配信サイトでもまずまずの成績をおさめたというが……。
    ビルボードライブ東京のホームページを見るとライブ当日は非表示、他のアーティストを見ると、ブラジルのセルジオ・メンデスでも1万3800円。
    いくらビルボードライブ東京がジャズで格式のあるスペースだとしても聖子のチケット代は破格。かなりの“強気”設定だ。
    通常のホールコンサートと同じだけの収益をあげようとチケット代に反映させたのではと勘繰ってしまう。

    30年来のファンがこう言う。

    「5万円のクリスマスディナーショーより高いのには驚きましたね。
    ジャズが別格扱いなのもファンの間でザワついています。
    いい席で聖子ちゃんを見たいと思うとプレミアムシートを選ばざるを得ないのですが、チケット代は年々上がるばかりです」

    9月に終えたコンサートツアーではプレゼントつきのプレミアムシートが2万2000円、S席が8900円。
    対して、来年2月から始まる「SEIKO JAZZ2」ツアーはプレミアムシートが2万6000円で、S席は1万1000円と約2000円増しになっている。

    芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

    「新しい分野に挑戦したばかりでライブが割高というのは疑問です。
    むしろ安くして“新しい私を見てください”という方がよりファンに受け入れられるのでは」

    今回の超高額ジャズライブ、聖子はよっぽどジャズに自信があってのことなのか。
    腕の見せどころだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000006-nkgendai-ent


    所長見解:いいんじゃないの・・・

    【【超強気設定】松田聖子ライブ「8万9500円」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ