松本人志

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    藤原紀香 幽霊見た…歯が真っ黒の3人「ごじゃる、ごじゃる」 


    p


    藤原紀香が12日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう 人志松本の酒のツマミになる話」で幽霊を目撃したことを語った。

    同日は過去の未公開シーンなどが放送された。

     
    UFOや幽霊の目撃談が続き、信じるかと聞かれると紀香は、「私、小学校の時にベッドで寝てて、すごい昔の言葉が聞こえてきて」と明かした。

    続けて「ごじゃるごじゃる、ごじゃるごじゃる、って言ってたから、目をぱっと開けたら、3人のお歯黒を塗った人が、私を見て、ごじゃるごじゃるって、すごい笑ってるの」と説明した。

    烏帽子をかぶって、歯が真っ黒だったそうで「すごい、びっくりして。これが幽霊なんだと思いました。公家っぽいです」と振り返り、「こわくなかったけど、どうしていいか、分からなかった」と語っていた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/1523a6322acb241a6328c969e288fb2e47cadf08
    所長見解:どうなん・・・

    【【これはヤバい】藤原紀香さん「幽霊見た」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    松本人志の“超豪邸”は「絶っ対手が届かない」「芸人がみんな落ち込む」同期大物芸人が指摘


    g


    お笑いコンビ「トミーズ」のトミーズ雅(61)が27日、司会を務める毎日放送「せやねん!」に出演。

    同期の「ダウンタウン」松本人志の“自宅事情”について語った。

     
    この日は国内外の有名人の豪邸について特集。

    その中で松本の自宅の話題になり、トミーズ雅は「家に入った後輩に聞いた」とした上で「ちょっと見たらあかんマンションやねんて。
    僕らの家とかは頑張ったら手が届くやんか。
    絶っ対に届けへんっていう家やねんて。
    ウソみたいなマンションらしいで」とコメント。

     
    松本自身は昨年放送のフジ系「ダウンタウンなう」で「ちょっと高い(階の)ところに住んでますよ」「上から東京を見下ろす感じで住んでます」と超高層マンションに住んでいることをにおわせている。

     
    トミーズ雅は「リビングが800畳ぐらいあるんちゃうか」と冗談を交えつつ「(家に入った)芸人がみんな落ち込むねんて。
    無理やから」と指摘していた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/97dda53d90abbbf5d57f6b353e47dd3e07d14c34

    所長見解:どこなん・・・

    【【これはすごい】松本人志の超豪邸がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    w



    松本人志の女の趣味って悪いよな



    所長見解:そやな・・・

    【【悲報】松本人志さん、女の趣味悪い説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    宮迫博之「自分のほうがトークうまい」発言の真相を直撃

    「泥酔してて覚えていない」


    g


    昨年末に人気ユーチューバーのヒカルがアップしたYouTubeの動画で、宮迫博之が炎上している。

    「手越祐也さんと一緒に出演し、お酒を飲みながら本音トークするという内容でした。
    ピー音が入っているため具体的に誰を指しているかはわかりませんでしたが、宮迫さんはお世話になった先輩よりも自分のほうがトークがうまいと爆弾発言。
    その先輩が松本人志さんのことでは? 
    とネット上で憶測が飛び交い、バッシングされる結果に」(ネットニュース編集者)



    その後、マズいと思ったのか、自身のツイッターで、

    《ネットニュース、Twitter等で色々憶測が飛んでおりますが、例のトークの後に絶対に裏切れない人として、お名前を出させて貰ってます。
    ちゃんと全部見て言って欲しい。
    もぉ大好き過ぎるくらい大好きやっちゅうねんッ》


    と、松本のことではないといった旨のツイートをして火消し。


    しかし宮迫を知るテレビ局関係者はこう指摘する。


    「少なくとも動画をアップしたヒカルさんサイドは、松本さんをイメージさせるような編集にしていましたよね。
    宮迫さんはサービス精神があるので、仮に動画内で松本さんの名前を挙げていたとしても決して本心ではなく、その場を盛り上げるためのリップサービスでしょう。
    ただ、そのサービス精神が裏目に出たのが、反社会的勢力のパーティーへの参加だったわけですから、言動には少し慎重になったほうがよかったのでは」



    一方で、宮迫が再び天狗になり始めているという話も。

    「去年の秋ぐらいですかね。
    付き合いのある番組スタッフらに宮迫さんから直接、売り込みの電話があったそうなんです。
    その際、“今、俺やヒカルなど人気ユーチューバーを起用すれば、若い視聴者も取り込める。
    起用しないテレビ局は感覚が古いんじゃないか?”と言われたそうです。
    宮迫さんがYouTubeで人気があるのは事実ですが、迷惑をかけたスタッフたちに上から目線で売り込むのは少し違うような気もします」(制作会社関係者)


     
    1月中旬、動画の発言の真相や売り込みをしているのが事実なのかを本人に直撃した。



    ─自ら番組のスタッフに電話をして、売り込みをしていると聞きましたが……。

    「まったくのウソですね」


    ─炎上した動画での発言は、誰を指しているんですか?

    「そうとう酔っ払っていたので、覚えていないんです」


    ─松本人志さんでは? と話題になっています。

    「(裏切れない人として)松本さんの名前を出しているので、そんなわけないでしょ」


    ─では、どなたですか?

    「それをここで言うわけないし……。とにかく、本当に泥酔していたんで、覚えていないんですよ」

     
    と記者に一礼し、立ち去った。


    炎上した動画の前日には、テレビ電話という形で、ひさびさに地上波への出演を果たしていた宮迫。

    今回の騒動で、完全復帰が再び遠のかなければいいけど……。
    https://www.jprime.jp/articles/-/19884




    所長見解:もうな・・・

    【【有名芸人批判】宮迫博之さん「自分のほうがトークうまい」←これ誰?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    松本人志の最高月収は10億レベル!? 

    たむらけんじの追及に〝匂わせ〟連発



    b


    松本人志(57)が17日未明放送の朝日放送「松本家の休日」に出演。

    「雨上がり決死隊」の蛍原徹、たむらけんじと〝禁断〟のギャラトークを繰り広げた。

     
    発端は松本の〝最高月収〟は知っているというたむらが、蛍原の最高月収を聞きたいと言い出したことから。

     
    松本が「一本はあったやろ、普通に」と言うと、たむらは怪訝そうな顔で「一本っていうのはどれですか。
    千(万円)でしょ? 
    どれぐらいで言ってたんですか? 
    億?」と質問した。


     
    松本は気まずそうに「うん…」。

    「月ですよ?」(たむら)、「あるわけないやん」(蛍原)と回りが動揺する中、松本は確認するように「吉本入って今までで、(月収が)億超えたことあるやん?」と再び聞いた。


     
    蛍原は「何言うてるんですか?」とキョトン。

    松本はやっと悟ったのか、「(自分も)な、な、ない、よ。かまかけたんやがな…」と芝居じみた口調で反応した。


     
    本来の〝標的〟の蛍原が一向に口を割らず、しびれを切らしたたむらは「僕は800(万円)」とカミングアウト。

    「みんな言ったから(自分は)800(万円)、(松本は)10億、ほんで?」と再び蛍原に迫った。


     
    ここでも松本は「あるか! 年100憶やないか」と反論したが、たむらに「その月すごい入ってきたってどっかから聞きました」と告げられると、「最高額ね。最高額の話ね」と否定も肯定もせず。


     
    これに「ちゃんと否定してくださいよ!」とツッコんだ蛍原。

    結局、本人はヒントすら出さなかった。



    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210117-02629764-tospoweb-000-13-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/57a6e86818ba7ee37799e5bf527e8cf1d7111504

    所長見解:すごいな・・・

    【【これはすごい】ダウンタウン・松本人志の最高月収がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ