松本人志

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、9日放送のフジテレビ系『ワイドショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。

    『M-1グランプリ2018』の審査員を務めた上沼恵美子へ“暴言”を吐いたとろサーモンの久保田かずのぶ、スーパーマラドーナの武智に対して「彼らは何より勉強不足ですよね。
    上沼さんという人がどれだけの人か、本当にわかっていない。
    勉強不足だし、勉強が不足しているということすら勉強できていない」と厳しく叱責した。

    m


    番組冒頭から「きょうは本当は休みたい」と、この話題について触れることに気が重そうな松本は「簡単に言うとハロウィーンで騒いでた若者たちと変わらないことを彼らはやってるんですよ。
    ただまぁ違うのは、彼らはもう40のおっさんだし、上沼さんは軽トラじゃない」と例えると、「これでもう終わりにしてもらっていいですか?」と漏らした。

    MCの東野幸治から「もうちょっとしゃべってもらっていいですか?」と振られると、「僕も若い頃は生放送で審査員にたてついたこともあるんですけど、僕はお酒に任せて言った事はないし、本人に直接言ってきた。
    その人はお笑いに全く関係ない審査員ですごく偉そうに言ったんで、僕もちょっと途中でキレちゃったんです」と自身の過去のエピソードを交えながら、「やっぱり彼らは何より勉強不足ですよね。
    上沼さんという人がどれだけの人か、本当にわかっていない。
    あの人の功績を考えたら」と猛省を促した。

    また、自身もM-1の審査員を務めた立場から「おそらく上沼さんの事だけを言ってるんじゃないと思うんですよ。
    たぶん僕のことも含まれてるんやろうな、審査員に対して何かうっぷんみたなもんが溜まってるんやろなと思うんですよ」と思いを吐露。

    “審査員を一般の人にしたらいい”という意見も耳に入っていることを明かした上で「プロが見てるという緊張感の中でエンターテインメントってすごく向上していくので。
    一般の人に向けての笑いばっかりやってると、絶対クオリティーは下がって行くと思うんですよね」と持論を述べた。

    自身は「審査員をやりたいワケじゃない」が、2001年にM-1がスタートする時に島田紳助さんから「お前に憧れて入って来た奴がいっぱいおんねんから、お前それやらなあかん」と言われたことで、これまで審査員を続けてきた。

    しかし、「でもいま考えたら、僕に憧れてる奴そんなにいないですから」と語った。

    また、久保田と武智が泥酔状態で動画配信したことについて「お酒飲んでSNSすんなって皆言うんですけど、それはそれで変なかばい方だなと思って。
    いくらお酒飲もうが、全く思ってない事言わないですからね。
    そこはごまかしたらいけないなと思います」と厳しく指摘し、「スーパーでサーモンとトロはしばらく買わないです」と笑わせた。

    騒動の発端となったのは、今回のM-1で7位だった武智が放送後に配信したインスタライブでの動画。

    昨年のM-1王者の久保田が泥酔した状態で登場し、名指しはしないものの審査員の上沼に対して「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」などと厳しく批判。

    撮影していた武智も相づちを打っていた(動画はすでに削除済み)。

    2人とも4日に自身のツイッターで上沼に謝罪、その後はまったく更新していない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000330-oric-ent

    問題の動画 
    http://video.twimg.com/ext_tw_video/1069351583572316160/pu/vid/640x360/STlh9u88YBaC7yG-.mp4


    所長見解:いよいよやね・・・

    【【芸人暴言問題】松本人志「勉強不足。上沼さんという人がどれだけの人か、本当にわかっていない」説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55歳)が、果物と野菜の違いをテレビ番組で語り、視聴者から大絶賛されている。
    以前から「果物と野菜の境界線」をどのようにして決めればいいか悩んでいたらしいが、ようやく答えが出たという。

    m


    ・マヨネーズがジャッジに寄与

    松本人志によると、マヨネーズをかけて食べられるのが野菜であり、マヨネーズをかけて食べないものは果物だという。
    つまりトマトは野菜ということになる。
    ちなみに日本の農林水産省はトマトを野菜としており、フランスでは果物と定義している。


    ・トマトは果物だと思ってた!

    しかしながら日本にはフルーツトマトと呼ばれるジャンルのトマトが出現しており、トマトが野菜なのか果物なのか、より分かりにくくなっているのが現状だ。
    人により「トマトは果物だと思ってた!」という人もいるかもしれないが、松本人志の理論であれば野菜となる。


    ・人により定義が異なる

    マヨネーズをかけて食べるものが野菜というのであれば、メロンにマヨネーズをかけて食べる人もいることから、「人により定義が異なる」ことにもなる。
    皆さんは、果物と野菜のはっきりとした違いを言えるだろうか。


    ・トマトはトマトでも糖度によって変化?

    ちなみにグルメ記者に話を聞いたところ「甘さを求めて食べたいと思うものは果物」と話していた。
    ということはトマトはトマトでも糖度によって野菜と果物に分かれることになるが、はたしてどうだろうか。


    http://buzz-plus.com/article/2018/11/05/downtown-vegetables-fruits/ 


    所長見解:ほんまや・・・


    【【果物か野菜か】松本人志「マヨネーズかけて食えるのが野菜だ!」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月28日に放送された『ワイドナショー(フジテレビ系)』で安田純平さんが過激派組織から解放された特集が組まれ、その中でコメントを求められた松本人志さんが、安田純平さんに苦言とも言える発言を語った。

    m


    松本さんは「まあいろいろ辛辣な意見は聞きますけど、NHKのニュースとかで『お帰りなさいよかった』ってやるのは当たり前で、それは大事なこと。じゃなかったら日本怖い。
    そこで1人の人を叩くような日本は大丈夫かと。
    ただ個人的に道で会ったら文句は言いたいと思います。個人的にはね」と安田さんにやはりいろいろ文句が言いたいそうだ。

    更に「極端な話、わざと人質になって身代金を折半する奴が出てこないとも限らない。
    そういうISの参加のしかたをする奴も出てくる。
    もちろん安田さんは違うと思う。
    そういうことを考えたらこれ以上はやめようねって……」とネットで言われている身代金ビジネスを語った。

    まさにカタールという国がそれをやっており、テロに資金を支援しており周辺国家からテロ支援国家と言われている。


    ※記事に動画あり
    http://gogotsu.com/archives/44316
    http://fast-uploader.com/file/7096248197031/


    所長見解:言っちゃった・・・

    【【苦言】松本人志「わざと人質になって身代金折半する奴が出てくる。安田さんがそうとは言ってないけど…」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    脳科学者の茂木健一郎氏が10月21日、自身のツイッターアカウントを更新し、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦がテレビの世界から消えつつある現状を嘆いている。

    中田といえば、今年3月に報道番組「ビビット」(TBS系)を卒業すると、先月にも「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)からの卒業を発表し、徐々に地上波テレビ番組への登場回数が減りつつあることから、“業界から干されているのでは?”といった懸念が一部で渦巻いていた。

    n


    こうした状況を受け、茂木氏は
    《オリラジ中田さんが「干されている」というニュースが次々と。
    そんなことはないと思うし、あってはならない。
    そもそも「大御所」に「異論」を言ったからって「干す」って、どれだけ同化圧力強いんだよ!笑》
    とつぶやき、テレビ業界の体質を糾弾している。

    そもそも茂木氏は上下関係を過剰に意識した現代のお笑い芸人による弱腰なスタンスに異を唱えていた。
    すると、ダウンタウンの松本人志がこれに反論、そこへ中田も参戦し、茂木氏の指摘に反論した先輩の松本について「ガッカリした」などとコメント。
    芸歴36年にもなるダウンタウンへの中田の“噛み付き発言”により、後に吉本興業の幹部からもお叱りを受けたという経緯がある。

    「この出来事が中田が“干された”原因だとする憶測は根強い。
    でも、そもそも中田にはこうした小競り合いの騒動以前から、同僚や先輩から日頃の悪態などを暴露されていて、業界内での評判が芳しくなかったという背景もあるかもしれませんよ。
    古くは、吉本の養成所時代にも中田には仲間や親友といった存在はなく、相方の藤森慎吾が同期の芸人らと談笑する姿を見ては“同期なんかと会話するな”“あいつらはライバルなんだから”と注意し、後にはんにゃやトレンディエンジェルなどの同期芸人からも『あの頃のあっちゃんは絡みづらかったし、怖かった』とたびたび証言されています。

    テレビのバラエティ番組は盛り上がる空気感を演者全員で作り上げ、視聴者を楽しませることが目的ですから、制作サイドもわざわざ他の芸人から疎まれている存在のタレントにオファーを出す訳にもいかないでしょう。
    “干されている”ことと“求められていない”ことは全然別物ですよ」(テレビ誌ライター)

    デビュー前から孤立を好み、独自のスタンスで歩を進めてきた中田。
    その一匹狼な方針によって最も被害を被っているのは相方の藤森慎吾なのかもしれない?

    http://news.livedoor.com/article/detail/15506394/


    所長見解:そうなんだね・・・

    【【武勇伝】オリラジ中田が干された本当の理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    オリエンタルラジオ中田敦彦の妻でタレントの福田萌が、夫がテレビ業界から“干された”との一部報道についてコメントした。

    f


    中田は今年3月にTBS系「ビビット」、9月に日本テレビ系「ヒルナンデス!」と、次々とレギュラー番組から卒業したが、9日発売の週刊誌「週刊女性」は“干された”説を唱えた。

    同誌が、中田が“干された”原因として挙げたのは、昨年、脳科学者の茂木健一郎氏が「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」と発言して物議をかもした騒動。

    当時、ダウンタウンの松本人志らは茂木氏を批判したが、中田はブログで「メジャーな先輩方が全員反対派だったので、がっかりしてしまいました」と反発。
    その後、所属事務所の幹部らから松本に謝罪するよう求められていることをラジオ番組で明かすも、「謝らない。僕も覚悟を持ってやってますんで」と語っていた。

    福田は10日更新のツイッターで「夫の中田敦彦がテレビ干されたとお騒がせしていますが」と言及し、「もし仮に彼を干した人物がいるのなら、それは紛れもなく“私”です。
    『ワークライフバランスは!?』『子育て手伝え!!』と言い続けた結果、このようになってしまいました」と、中田の番組卒業は家庭の事情だと説明。
    「そのことについてお詫び申し上げます」とした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15425484/
    日刊スポーツ


    所長見解:どうだか・・・

    【【武勇伝】オリラジ中田の干された原因は妻説。】の続きを読む

    このページのトップヘ