松嶋菜々子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「'19年、松嶋さんは『なつぞら』で23年ぶりにNHK連続テレビ小説に出演して話題を集めました。
    そして’20年は、また別の意味で松嶋さんにとって“転機の年”になるようです」と語るのは、ある芸能関係者。


    '20年には女優生活29年目を迎える松嶋。

    そんな彼女が“ある決断”を下したという。


    m


    前出の芸能関係者が続ける。

    「彼女は'20年から“女優を休業”するのです。
    実はあるテレビ番組制作会社が、'20年の仕事をオファーしたところ、かなりの好条件であったにもかかわらず、所属事務所に断られてしまったのです。
    ギャランティの値上げや、スケジュールも彼女に合わせることを提案したそうですが、それでもOKが出ず……。
    何度も交渉した結果、ようやく“オファーを受けられない理由”が明かされたのです。
    それは“長女の海外留学先に同伴するので、物理的に難しい”というものでした」


    松嶋の長女(15)は、現在都内の有名私立中学校に通っており、'20年3月に卒業予定。

    また次女(12)も、同じ系列の私立小学校の6年生で、3月に卒業予定。

    いわば松嶋と反町隆史(45)の育児の節目にあたる。


    これまでも“長女の留学計画”については、何度か報じられてきたことからもわかるように、松嶋にとっては長年温め続けてきたプランなのだ。

    松嶋は女優になってから英会話のレッスンを始め、その大切さについて気付いたという。

    彼女は“英語を学ぶことで世界が広がる”と、12年前には雑誌のインタビューで熱く語っていた。

    《海外の女優さんにお会いした時に、作品の感想を自分の言葉で伝えたり、仕事について深い話ができたらいいなという思いは募ってきましたね。
    〈中略〉(正しい表現にこだわりすぎることには)柔軟になる一方で、日本人としてのプライドを大切にしたいという思いは強くなりました》(『an・an』・'07年5月16日号)


    当時の彼女は、次女を妊娠したばかり。

    しかしこのときから“子供たちに英語を学ばせるとともに、異なる文化にもふれさせる”ことを考え始めていたのだろう。


    反町・松嶋夫妻の知人が言う。

    「上のお嬢さんはバレエをはじめとしたアートに興味があるそうです。
    また“正統派”とも評される英語を学べることから、留学先はイギリスに決めていると聞いています」

    “娘には本場の英語を”、12年間温め続けていた計画はついに実行に移される。



    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191217-00010002-jisin-ent

    所長見解:ええやん・・・

    【【悲報】女優・松嶋菜々子が休業するってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の反町隆史(45歳)が、8月4日に放送されたバラエティ番組「アオハルTV」(フジテレビ系)に出演。

    あまり明かすことのない、プライベートな一面を語った。


    番組はこの日、タレントのヒロミ(54歳)が、琵琶湖にある反町の別荘を訪問し、ブラックバス釣りを楽しむロケに臨んだ。

    そして夜、バーベキューの火を囲みながら、次第にトークはプライベートな家族の話に。


    ブラックバス釣りに夢中になっていう反町に対し、ヒロミは「奥さん(松嶋菜々子)もちゃんとケアしてるの?」と質問。

    反町は「もちろんしてますよ。仲良くやってますよ」「(バス釣りに熱中することについて、家族からは)怒られないですね。意外とクールです。休みになったら子供達、(琵琶湖の別荘へ)一緒に連れてきて遊んだり」と語る。


    また、年頃の女の子2人のパパでもある反町は、「家では普通にお父さんしてるの?」と聞かれると、「してる、してる。全然」と答えたが、「(女の子だと)全然遊べない。小っちゃい頃はよく(お出かけに)行ってたけど、(今は)ちょっと離れるみたいな。寂しくなりますよ」と、娘の“パパ離れ”を寂しがった。


    s


    そして、仕事の話題になり、20代の頃に抱えていた俳優としての苦悩について語る反町。

    当時は「自分が思うこととギャップって強いんだよね。
    もうちょっとこうしたいとか、そういう自分がイヤになっちゃう」と感じていたそうで、「そうした時に、何に打ち勝つかっていう。
    そこには僕にはプライベートでエベレスト登ったりとか、そういうことだったもうちょっとキツイところをやれば違う自分が見えてくるなって。
    山から下りるときに違った自分がいるんですよね。
    何か小っちゃかったな、ていう」と振り返った。


    https://news.livedoor.com/article/detail/16880130/

    所長見解:かっこいいやん・・・
    【【衝撃】反町隆史、妻・松嶋菜々子との関係を告白・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    恵比寿 14時55分

    ジムでのトレーニングを終え、送迎車に戻る松嶋。

    スレンダーな体躯は若い頃とまったく変わらない。 

    朝ドラ『なつぞら』で、ヒロインの育ての母を演じ、40代半ばにしていまだ衰えない美貌に注目が集まっている松嶋菜々子(45)。


    j


    そんな彼女の貴重なオフショットを目撃したのは、6月中旬のお昼前。

    恵比寿駅(渋谷区)近くのビルに入る松嶋は、Tシャツにパンツ、サンダルという超リラックススタイル。

    スッピンにもかかわらず肌はツルツルだ。

    このビルには、女性のアンチエイジングに長(た)けたパーソナルトレーニングジムがある。

    松嶋の美貌は、日々の鍛錬の賜物なのだろう。

    この日もみっちりトレーニングしたようで、松嶋がビルを後にしたのは3時間以上後だった。

    ビルを出た松嶋は、送迎車を探しているのか、怪訝(けげん)な表情を浮かべて左右をキョロキョロ。

    かと思ったら、なぜか舌をペロリと出したのだった。

    しかめっ面(つら)も、お茶目な表情も魅力的なのは、圧倒的な美貌とオーラのなせるわざか。
     

    画像①

    画像②

    画像③

    画像④

    画像⑤


    https://news.livedoor.com/article/detail/16761721/ 
    FRIDAYデジタル

    所長見解:デカいな・・・
    【【検証画像】松嶋菜々子のジム通いスッピン姿がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    都内のスポーツクラブの前に一台の高級外車が止まったのは、4月のとある平日の夕方。

    左ハンドルの運転席から現れたのは、ベージュのトレンチコートにくるぶし丈のデニムという春らしい装いの松嶋菜々子(45才)だった。

    日常の何気ないシーンでも驚くほど目を引く。

    s


    「娘さんのプールの送り迎えですよ。いつも真剣に練習を見守っています」(スポーツクラブ関係者)

    時折、ママ友と会話を交わす。

    レッスンを終えた娘は松嶋の元へ駆け寄る。

    濡れた髪をやさしく拭いてあげながら2人はクラブを後にした。

    「毎日テレビで“田舎の素朴な母親”役の松嶋さんを見ていますが、まったく違う! リアル松嶋ママは『なつぞら』よりカッコよすぎました(笑い)」(居合わせた人)

    松嶋は現在、NHKの朝ドラ『なつぞら』で、ヒロインの広瀬すず(20才)の育ての母親を演じている。

    舞台は戦後の北海道。

    自分のことは後回し、芯は強いがいつでも家族のために働く母親役。

    質素な装いに、ほぼすっぴんメイクで方言を話す松嶋の好演は評判だ。

    「収録の合間もすずちゃんに“ご飯食べてる?”と気遣うなど母親の顔を見せていました。
    『ひまわり』(1996年放送)のヒロインを演じて以来、20年以上ぶりの朝ドラですが、気持ちが入っていたようですね」(ドラマ関係者)

    冒頭の送迎シーンもそうだが、私生活でも、松嶋はよき母親である。

    2001年に反町隆史(45才)と結婚すると、現在は14才と11才、2人の娘の母親として多忙な生活を送っている。

    「松嶋さんは教育熱心。
    プールやバレエの送迎はもちろん、名門一貫校のお受験もしっかり合格。
    学校行事にも積極的で、ご夫婦そろって、出席されていますよ」(松嶋の知人)

    2人の娘の子育てに夫の協力は欠かせない。

    「今回の朝ドラは長い北海道ロケがあったのですが、その時は反町さんが仕事を控えて、家事やお子さんの送迎もこなしていらっしゃいました。
    反町さんはアウトドアの達人でフットワークの軽い人。
    車の洗車から草木の手入れ、料理までササッとこなしてくれる。
    ソファにドスッと座っているタイプとは正反対。
    だから松嶋さんも仕事に力も入れられるし、オンオフがしっかりつけられるんだと思います。うらやましい」(前出・松嶋の知人)

    松嶋が娘の送迎をしていた数日後、今度は都心を歩く反町の姿があった。

    カモフラージュ柄のパンツにTシャツというラフな装いだが、やはり目を引くオーラだ。

    スポーツジムや日焼けサロンなどをはしごすると自宅へ帰って行った。

    いい夫がいるのは『なつぞら』と同じようだ。


    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190512-00000003-pseven-ent

    所長見解:幸せやん・・・
    【【理想の夫婦】松嶋菜々子、反町隆史の娘がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気タレントのバロメーターとも言われるCM出演だが、キャスティングの際に「極秘資料」が存在していた。

    大手広告代理店関係者が声を潜めてこう話す。

    「毎年春に、CM企業2200社やCMクリエーター300人を対象に徹底調査を行って、『使いたい・使いたくないタレント』を一覧にしています。
    クライアントに向けた資料で、企業側が起用したいタレントに本当に宣伝価値があるのか。
    実際に仕事をしたクリエーターの評判も参考にして、テレビで受ける印象ばかりではなく、商品の売り上げを伸ばす上で、タレントとしての振る舞いや実績をシビアに精査しています」

    no title

    さて、クライアントが選ぶ「使いたくない女性タレント」1位の烙印を押されてしまったのは、昨年秋に不貞スキャンダルを起こした斉藤由貴だ。

    「相手の男性の頭にアンダーウエアをかぶせた衝撃写真まで流出し、春の時点でもダメージの回復はできなかった。企業にとって起用はリスクしかありません」(前出・広告代理店関係者)

    意外なランクインは2位の広末涼子。
    昨年は3本のドラマに出演し、目立ったスキャンダルもなかったようだが…。

    「若手時代は“プッツン女優”と呼ばれるほどヤンチャでした。
    CM撮影をすっぽかしたかと思えば、同じ日に都内から千葉まで無賃乗車した奇行を写真誌に撮られたこともあった。
    今でこそ落ち着いていますが、痛い目にあった仕事関係者は危なくて使いづらい印象のままなんです」(CM制作スタッフ)

    3位に選ばれた松嶋菜々子も、事務所のイメージ戦略が足を引っ張っていた。

    前出の広告代理店関係者がこう明かす。

    「2000年の主演ドラマ『やまとなでしこ』(フジテレビ系)で最高視聴率34.2%を記録するなど、松嶋ブームが最高潮だった頃の話です。
    CMの撮影日が決まっていたのに、事務所側から『当日に行けるかどうかはわからないし、撮影も本人がコンテを見て判断する』と言ってきたんです。
    スタッフは撮影できるのか、ビクビクして待っていたら、すごく低姿勢でニコニコしながら松嶋が現場入りしたんです。
    コンテを見て判断する話も本人はどこ吹く風で、どうも事務所側が『こんなに忙しい最中でも仕事を受けました』というふうに好感度を上げたかったようなんです。
    そんなことをされて、また一緒に仕事をしたいとは思いませんよ。
    人気が一段落してもCM料金は7000万円と強気で、最近になって下がってきました」


    http://dailynewsonline.jp/article/1509890/
    アサ芸プラス


    所長見解:そらな・・・

    【【極秘資料】スポンサーが「使いたくない女性タレント」がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ