松居一代

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    政治に芸能に次々とスクープを連発する週刊文春。
    2017年の「文春砲ベスト3」を選ぶなら?
    新谷学編集長がBuzzFeed Newsの取材に答えた。

    1位:山尾志桜里、9歳下のイケメン弁護士と「お泊まり禁断愛」(9月14日号)

    どれも現場が一生懸命つくった記事なんで順位はつけたくないんですが、週刊文春らしさや2017年を振り返るにふさわしいものを順不同で3本選んでみました。

    山尾さんの記事はいまだに尾を引いてますね。

    「男女の一線」というのがひとつの争点になっていますが、マジメな話をすると、それ以上に「政治家としての一線」を越えてしまった気がします。

    政治家って言葉を武器にする仕事なので、自分の言葉を重くしなきゃいけない。政治は説得の技術ですから。

    「痛みを伴う政策だけど、この人が言うならわかったよ」とか、「この人が言うんだから、将来的には正しいんだろう」とか。
    言葉に重みと説得力を持たせることが、政治家として一番大切だと思うんです。

    だけど彼女は、自分の言葉をものすごく軽くしてしまった。

    「ゲス不倫」の宮崎謙介さんをあれだけ批判しておきながら、自分は十分な説明責任も果たしていません。

    「あなたにだけは言われたくない」「お前が言うな」っていうのは、「あなたに言われちゃしょうがない」の真逆ですよね。

    「シド・アンド・ナンシー」みたいな、2人だけの正義があるのかなあ。
    人間的な興味は尽きませんけども。

    余談ですが、山尾さんに直撃した記者は昨年末の「新語・流行語大賞」で、文春くんのマスクをかぶって一緒に登壇してるんですよ(※文春は「ゲス不倫」、山尾氏は「保育園落ちた日本死ね」でともにトップテン入り)。

    直撃の時に「山尾さん、ご無沙汰してます」って言ったかどうかは知りませんが(笑)

    y


    2位:船越英一郎が松居一代に離婚調停 全真相(7月13日号)

    松居一代さんの件は印象に残ってますね。
    彼女が動画で「週刊文春は私、松居一代をだましました」と言った影響もあって、その号は完売。
    山尾さんの号より売れました。

    取材の端緒は、彼女が「船越が不倫している。書いてほしい」と人づてに私に手紙を渡したことでした。

    我々は彼女の言い分に丸々乗っかるのではなく、客観的な裏付けの取れた部分だけを書いた。
    双方の主張を精査して、「現状ここまでがファクトです」と示したわけです。

    松居さんのあのスクープは、SNSや動画と一体となった拡散の力を、まざまざと見せつけました。
    ネットと連動させながら紙を売っていくという意味で、すごく今日的なインパクトがありましたね。

    きょうも松居さんが離婚会見しましたけど(取材は12月15日)、各社から「以前の記事を使いたい」という依頼がきています。

    ワイドショーやバラエティー番組で週刊文春の記事や動画を使う場合、使用料をいただいています。
    取材費の足しになるぐらいには伸びており、ビジネスとしての可能性を感じています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00010002-bfj-ent


    所長見解:今年はショボかったね・・・
    【【週刊文春】2017年の「文春砲」ベスト3 1位はやっぱりってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月15日、前夫・船越英一郎(57)との「離婚成立」会見を開いたタレントの松居一代(60)。
    彼女が船越から刑事告訴されていることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

    「離婚成立」会見では「離婚を勝ち取った」「夢がかなった」と一方的に勝利宣言をし、ガッツポーズを何度も繰り返した松居。
    2人の離婚をめぐっては、今年7月から松居の言動が大きな注目を浴びていた。

    「ブログやYouTubeで攻撃する松居に対し、船越サイドはまず東京地裁に名誉毀損行為を差し止める仮処分を申請。
    その後、彼女が『二度と誹謗中傷しない』と表明したので、この仮処分申請は取り下げられました」(警視庁担当記者)

    しかし、民事とは別に、松居は船越によって刑事告訴もされているというのだ。

    「船越サイドは警視庁北沢署に名誉毀損の刑事告訴を行なっており、9月以降に正式受理されています。
    年明けにも捜査が始まると見られ、偽計業務妨害などに問われれば、3年以下の懲役、50万円以下の罰金となります。
    また任意の聴取に応じなかったり、反抗的な態度をとり続ければ逮捕の可能性もあります」(同前)

    松居の顧問弁護士に取材を申し込んだが、期日までに回答はなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171220-00005484-bunshun-ent

    no title


    所長見解:怖いよね・・・
    【【逮捕可能】ガッツポーズ離婚の松居一代、警視庁に「刑事告訴」されていたってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の船越英一郎(57)と離婚が合意したタレントの松居一代(60)が19日、自身のブログを更新。
    「名前が変わるって…こんなにもしあわせなんですね」と改めて心境をつづった。

    m


    松居は「幸せを噛み締めて…」のタイトルで記事をアップし、「しあわせと…言えば名前が変わるって…こんなにもしあわせなんですね 気分が、まったく違います」と清々しい胸中を告白。
    「昔からいいますよね…娘さんじゃなくって還暦ばばあ…ですが(笑)『箸が、倒れても笑っちゃう』そんな気分ですよ」とつづった。

    「名前が変わったものですべての名義変更が必要です」としたが、「厄介ですが嬉しくってピョンピョンしています」と記述。
    「だって…朝から夜まで泣いて…泣いて死まで追いこまれた地獄の2年半でした しかし、あたしは、生還したのです 明るい陽があるところに戻れたんです 本当に良かったです」と強調した。

    松居と船越は13日に東京家裁で行われた第2回離婚調停で合意に達し、調停離婚が成立。松居は15日の会見で「離婚が成立しました。本当にやりました」と報告した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000123-sph-ent


    所長見解:すごいよね・・・
    【【心境告白】松居一代「名前が変わるって…こんなにもしあわせなんですね」「嬉しくってピョンピョンしています」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    夫で俳優の船越英一郎との離婚が13日に成立したと発表された女優・松居一代が15日、
    都内で会見を開いた。
    松居は、黄色の明るい色のスカート姿で登場。
    終始満面の笑顔を浮かべていたが、会見中、実家の母親に生電話で離婚を報告する場面があった。

    m


    松居は会見冒頭で、家裁の約束で16日まで離婚は口外しないと約束していたことを明かしていたが、そのため実家の両親にも離婚を直接報告していなかった。
    そのため会見場では松居はスマホを手に母へ生電話。
    涙を浮かべながら「お母ちゃん、お母ちゃん…よかった。離婚できたから。良かった。本当に良かった…。本当に良かった…。でも神様に感謝してる。うん。初めて言えたから。またね。またね、ありがとう、ありがとう」と会話。

    スマホを切ると「母も泣いてました。見てるよと言ったのでテレビで見てるのかな、86歳の母ですけど、頑張ったからって母も泣いてました。
    本当に私は未来に向かって歩んでるんです。ドアが開きました。
    悔いないように、1回の人生、背筋伸ばして、約束キッチリ守って生きていきたい」と涙ながらに語っていた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000040-dal-ent


    所長見解:おもしろいな・・・

    【【放送事故】松居一代、生電話で「お母ちゃん、お母ちゃん…」ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の船越英一郎(57)と、妻で俳優の松居一代(60)が離婚したことを14日、船越さんの所属事務所が発表した。

    m


    13日に調停離婚が成立したという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00077230-nksports-ent


    所長見解:よかったね・・・
    【【離婚成立】船越英一郎と松居一代が離婚ってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ