ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    松居一代

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの松居一代(61)が5日、自身のブログを更新。

    米ニューヨーク・マンハッタンの「超高級レジデンス」を購入した松居は家具が約束の時間に届かなかったトラブルを明かし、「なめんなよ!!日本人を!!」と怒りをぶちまけた。

    ニューヨーク滞在中の松居は「購入した、家具が届く日なんですよ」とした上で「お約束の、時間は朝の、9時~11時なんです 先方からも何度も、メールが届いています しかし、いまは、午後の2時ですよ まだ…来ないんですよ」と告白。

    「日本人は、必ず時間は守る しかし、こちらはアバウトよ(笑)まあ…今日中には、来るでしょう 音楽でも聞いていますね ハッハッハ」とのんびり待つことを明かしていた。

    m


    しかし、その後に「松居ブチ切れ嘘つきヤローに」と過激なタイトルで記事をアップ。

    「家具屋の配送会社のドライバーをね 朝からずっと、家具を待っていたのよ 一歩も家から出ないでね それなのに…『居なかったね』と嘘をついたのよ この、ビルには入れないのにね!!『携帯に電話もしたけど…』ですって!!あたし携帯なんか…持ってませんよ」と配送会社がウソをついたと主張し、「あたしは、日本人であろうがアメリカ人で、あろうが嘘をつくヤツは絶対に大嫌いです」と激怒。

    「あんたが、大切な家具を運んでくるからずっと、朝から待っているわよ お腹が空いて、餓死しそうよ!!もし、あたしが病気になったら嘘つきのあんたを訴えてやるからね!!」と、どなりつけたことを明かし、「アメリカでも嘘つきヤローは許しませんよ なめんなよ!!日本人を!!」とつづっていた。


    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000073-sph-ent

    所長見解:あいかわらずで・・・

    【【悲報】松居一代さん、今度はアメリカでトラブルの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月12日のブログで、「安全をキャッシュで買いました」と、ニューヨークの中心に高級レジデンスを購入したことを報告した松居一代。

    松居は3月4日に突然ユーチューブを更新。

    「昨年の10月、30年ぶりにNYに行ったんです。
    実はそのとき、ときめく物件と出会ってしまったんです」とテンション高く話し、その日からブログやユーチューブで物件契約の様子をアップし続けた。

    「ニューヨーク州の弁護士数名を代理人として、4カ月かけて交渉を重ねてきました」と語っており、かなりのコストをかけたことがうかがえる。

    SmartFLASHでは、こうした本人のブログなどをもとに、【松居一代、NYで高額物件を現金購入「管理費は月85万円」】との記事を配信した。

    m


    だが、この記事に対し、ニューヨーク在住の日本人が疑問を呈す。

    「松居さんが言ってることはまったくの誇張です。
    6年前の2013年に建設されたOne57を『マンハッタンNo.1と呼ばれるレジデンス』だと主張していますが、そんなことはありません。
    管理費も日本円に直せば月15万円ほどです」

    松居が購入したOne57は、セントラルパークやカーネギー・ホールの目の前で、高さ306mの超高層。

    下階には「パーク・ハイアット・ホテル」が入っており、上層部が居住スペースになっている。

    全面ガラス張りで、波打ったようなカーブが特徴的だ。


    松居は3月8日のブログで「管理費等なんですが…今のレートで円に換算するとな、な、なんと 月に約85万円なんですよ」と綴っている。

    だが、米物件情報サイト「Street Easy」に掲載された不動産売買情報によると、管理費は月に1342ドル(約15万円)。

    これに税金が毎月1052ドル(約12万円)加算される。

    松居の言う「管理費等」に税金が含まれていたとしても27万円ほどだ。

    「松居さんはブログに『最上階はもちろん数百億ですって』と書いていますが、これも大げさです。
    One57の最上階を、デルCEOのマイケル・デルが2014年に買ったときは約111億円でした」(前出のNY在住日本人)

    先の不動産売買情報によると、松居の購入した物件価格は421万7062ドルで、約4億7000万円だった。

    生活用品が全部揃ってある部屋を購入し、その値段は部屋代とは別だったと書いているので、実際の支払額はもっと上乗せされるだろう。

    米サイト「Cityrealty」の「NYで最も有名なコンドミニアムトップ10」(2018年11月24日)という記事によれば、ニューヨーク最高のコンドミニアムは「220Central Park South」で、松居の買ったOne57から通りひとつ隔てた場所にある。

    ちなみに、One57は記事では10位になっており、高級物件なのは間違いない。

    それでも、管理費などを3倍近く大げさに言っていると思われる。

    この件について事務所に問い合わせると、「特に松居からのコメントはありません。
    本人はユーチューブもブログもやっており、前々から内容に偽りはないと申しておりますので、私どももそのように考えています」との回答。

    2017年の騒動後、投資家として活動しつつ、NYへ渡った松居。

    高級マンションを手に入れた喜びから、思わず筆が滑ったのだろうか。
    https://smart-flash.jp/entame/65286?sp 
    https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2019/03/21174403/matsuikazuyo_1.jpg 
    不動産情報サイトStreet Easyより


    所長見解:まあね・・・

    【【セレブ女優】松居一代さんがNYで購入した「月管理費85万円」超高級物件、ホントの管理費がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    松居一代、マンハッタンの一等地に「キャッシュで」自宅購入へ「笑顔で前進いたしますね」

    女優の松居一代(61)が自身のYouTubeチャンネルに動画をアップ。

    ニューヨーク・マンハッタンで家を買うことを明かした。

    m


    動画タイトルは「【速報】松居一代 マンハッタンでお家を買います!」。

    さらに「数々の試練を乗り越えて、松居一代はついに新しい人生へ出発します 一度の人生ですもの・・・笑顔で前進いたしますね」との言葉が添えられていた。

    動画の中での第一声は「久しぶりのYouTubeです。お越し下さってどうもありがとう」。

    続けて「まあ、人生はいろいろありましたがおかげさまで、すべて終わりました。たくさんご心配をいただきありがとうございました」と語った。

    松居は「さあ、ここからです。私の新しい人生は始まります」と前振りをして語リ出したのが“家の購入”。

    30年ぶりに訪れた米国で「ときめく物件に出会ってしまった」とし、米国の弁護士数名を代理人とし、丸4カ月交渉を重ねた結果、契約書にサインをするところまでこぎ着けたという。

    その家は「マンハッタンのど真ん中で、カーネギーホールの真ん前」と抜群の立地。

    眺望もよく、さらに「新築の物件」とあって、購入額も相当なもののようだ。

    今後の生活は「大好きな東京と、未来を賭けたマンハッタンのお家とを往復して楽しんでいきたい」とのこと。

    ブログや動画も継続予定で、ニューヨークからもアップしていくそうだ。

    動画の終盤では一部メディアで報道された仮想通貨によるトラブルについても言及。

    「私は仮想通貨からお金をいただいたって…とんでもありません。一円もいただいてませんよ。私が広告塔になんてなるはずがないじゃないですか?なる必要もないです。報道される前にはしっかりと調べてから報道していただきたい。切にお願い申し上げます」と、終始笑顔で訴えかけていた。

    最後は念を押すように「私のマンハッタンのお家も自分のお金で、そして現金、キャッシュで購入して参ります」と報告。

    これから空路、マンハッタンへ向かうことを明かした。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    女優の松居一代
    Photo By スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/05/jpeg/20190305s00041000310000p_view.jpg

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/05/kiji/20190305s00041000314000c.html

    所長見解:なんかすごいな・・・

    【【あの人は今】松居一代、マンハッタンの一等地にキャッシュで購入した自宅がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の松居一代に新たな火種が勃発か。
    今度は隣家に対して怒りを隠せないようだ。

    m


    松居といえば、前夫の俳優、船越英一郎との激しい“離婚バトル”は記憶に新しい。
    動画共有サービス「YouTube」やブログなどを駆使し、船越の私生活を暴いていく“松居劇場”の迫力はサスペンスドラマの比ではなかった。
    その矛先が今、意外にも松居の隣家へと向けられようとしている。

    「11月7日のブログを見ると、松居宅の隣にある家が、新築のため擁壁を壊したことが事の発端になったことがわかります。
    擁壁とは、土砂崩れを防ぐために斜面をコンクリートブロックなどで強化した壁のこと。
    問題の家は、松居の自宅の上に位置しています。
    その擁壁が壊され、掘り出された土が、山のように積まれていました。
    もし豪雨などに見舞われた場合、土の山が崩れ落ち、大量の土砂が松居の自宅を襲う可能性があるというのです」(芸能記者)

    一大事とばかり、危険を感じた松居は隣家と建設会社に連絡。
    その後、建設会社の担当者が駆けつけて危険を認めてくれたが、事は簡単におさまらなかった。

    「翌8日のブログでは、朝、松居は隣家、建設会社、解体業者の4人で緊急協議したことを報告しています。
    協議の内容は、山のように積まれた土が崩れ落ちないように、夕方までにフラットにしてほしいということでした」(前出・芸能記者)

    しかし松居との約束は破られ、日が暮れても土は山のように積まれたまま。
    そこで松居は

    「この、山が崩れて…うちを襲ってきたらどうするんですか!!」
    「一度、約束したならば守りなさい!! それが、約束というものです」

    と怒りを爆発させたのだ。

    「松居は朝の緊急協議では約束の書面を作る時間はなかったそうですが、タブレットで動画を撮影していたようです。
    動画の扱いには手慣れた松居ですから、問題がこじれた場合、その動画がどう使用されるのか先方も不安でしょうね」(前出・芸能記者)

    “松居劇場”がこれ以上続くことなく、円満に解決することを祈る。

    http://dailynewsonline.jp/article/1563954/


    所長見解:ややこしいな・・・

    【【隣人トラブル】松居一代が怒り爆発の件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    近隣住民が「彼女は猛烈に反対しているって話ですよ。実際に警察が駆けつける騒ぎになったこともありましたね」と話すのは、船越英一郎との離婚騒動で一躍その猛女ぶりが話題になった松居一代。

    YouTubeなどで夫婦生活を暴露し、元夫から名誉毀損で訴えられてしまった。

    「書類送検されたのですが、今年9月には不起訴処分とされました。
    バイアグラを持ち出したり、不倫疑惑を話すなど、やりたい放題。
    訴えられたのはしかたがないでしょうね」(スポーツ紙記者)

    そんな松居が次の“闘い”のターゲットにしたのが、ご近所で建設中のマンションだ。

    m


    「昨年末から建物の解体が始まり、今年4月くらいから建設が始まったんです。
    閑静な住宅街の細い道路に大きな重機が行き来したりして、危ない思いをした人も多かった。
    しかも、松居さんの家の前を通るもんだから、ついに彼女の怒りが爆発したんですよ」(前出・近隣住民)

    建設現場は松居の自宅と同じ区画。
    離婚騒動と同じく、今回もさぞや荒れているはずだ。
    そこで10月中旬、車で帰宅した松居を直撃取材した。

    ─マンション建設に対して、かなりご立腹だそうで?

    「ここ見てよ。これだけ道が傷ついているのよ(そう言うと、記者を10メートルほど先の道路へ)。
    この傷が上までずーっと続いてるの。
    うちの前にトラックを止めて、大型のショベルカーを降ろして走らせたの。
    それで、道路を土でドロドロに汚してもおかまいなし。
    何にも掃除しないから非常識じゃないのと。
    それでも工事関係者は“僕たち汚してません”って言うんですよ」

    ─警察ざたにもなったそうで?

    「5月ごろよ。
    あまりに認めないので警察を呼んだら、ちょうどショベルカーが移動しているときで。
    10人くらいの警官が駆けつけてくれましたよ。
    公道を汚したままにしているから怒ってるのよ。
    いや、怒ってるんじゃなくて注意ね。
    一方は反対運動をしていますけど、私はマンションを建てること自体に怒ってるわけじゃないのよ」

    警察の指導により、工事業者は高圧洗浄機で道路の汚れを落としたという。
    その後、工事車両は松居の家の前を通ることを遠慮しているようだ。

    「20メートル圏内の方だけに説明会はしているみたい。
    私のところは近くだけど、ちょっと圏外なのよ。
    だけど、こんなに近くで工事するわけだし、家の前も通るんだから、法律で決まっているからって、一律に20メートルで区切りをつけるのはどうかなって思うわね。
    しかも、この道路は通学路なのよ。
    そこに道幅いっぱいの重機が朝、昼と通るんですよ。
    事故が起こってからでは遅いじゃないですか」

    重機が通過する一部始終などは、すべてiPadで撮影しているという。

    そこで、彼女に噛みつかれたマンションを開発・販売している不動産会社に事実関係を確認すると、「契約者さんもおり、個別の案件についてはお答えすることはできません」と、困り果てた様子だ。

    工事はまだ基礎の部分のみ。
    来年夏ごろまで建設は続くようだが、彼女をまた怒らせるようなことがあったら、あのYouTube爆弾が再び炸裂するかも─。


    週刊女性
    http://www.jprime.jp/articles/-/13606?display=b


    所長見解:さすが・・・

    【【これはヤバい】松居一代、噛みつき警察が出動 ←これ・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ