東出昌大

    Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    不倫騒動の発覚後、頑なに沈黙を守り続けてきた東出昌大(32)が2月20日発売の「週刊文春」の直撃取材に重い口を開き、現在の思いを語っている。

    同誌に対し東出は開口一番、「本当に申し訳ないことをしてしまったと思っております」と反省の言葉を口にしていた。

    そして今後について聞かれると、「仕事に関しては……全てを失ったと思います。
    役者の仕事は今後の仕事ということであれば、自分がやりたいと言ってできることではありません。
    日々自分が今後どうすべきなのかを考えています」と答えていた。

    “役者廃業”を示唆するような発言だった。


    現在、東出は重い足を引きずりながら主演を務める連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)のロケ現場に足を運ぶ日々を送っている。

    これを追い掛けている週刊誌のカメラマンは次のように語った。

    「普通、主演クラスの役者が現場に入る際は、スタッフが総出でお出迎えをするものです。実際、桐谷健太にはスタッフらが整列して『おはようございます!』と大きな声で挨拶し、桐谷は片手を軽く上げて『おうっ!』と応じ楽屋に入っていきます。
    ところが、東出は裏口から顔を隠しながら現場に入っていきます。
    迎えるスタッフも誘導係のADらしき男性がひとり。
    この様子を遠くから眺めているだけで、東出の置かれているみじめな状況が分かります」


    ■「孫たちのことを思うと…」

    さらに、「ケイジ」に出演するある俳優の事務所関係者は次のように話した。

    「東出さんが現場に姿を見せるとスタッフの私語が消えてしまいます。
    明らかに空気が変わってしまうのです」

    四面楚歌の状態に陥ってしまった東出。

    今、現場ではあらぬウワサが飛び交っている。

    3月下旬に予定されているドラマの打ち上げパーティーに東出を呼ばないというのだ。

    いくら不倫騒動が原因で現場を混乱させたからといって、ドラマの主演を打ち上げに呼ばないなんて話は聞いたことがない。

    「不倫騒動から1カ月以上が経過するのに、東出さんの口から謝罪の言葉はありません。
    仮にこちらから打ち上げに誘ったところで、彼は出席しないと思います」(前出・ドラマ関係者)

    自業自得とはいえ、針のムシロ状態の東出に、ここに来て強力な助っ人が現れた。

    “息子の危機”を案じた東出の実母が杏(33)との間に立ち入り、二人の関係修復に向けて動き出したという。


    d


    若くして実父を病気で亡くした東出は、いわゆる“母親っ子”。

    今も母親には頭が上がらないといわれる。

    この実母が杏に

    「昌大にもう一度だけチャンスを与えて貰えませんか?」
    「3人のかわいい孫たちのことを思うと夜も眠れないんです」

    と涙ながらに訴えているという。


    母親がきつく叱れば東出の女癖もしばらくは治まるだろう。

    杏はNHKの朝ドラ「ごちそうさん」で東出との共演が明らかになったとき、スタッフに「運命の人だ!」と漏らして喜んだと伝え聞く。

    実は今も東出にぞっこんだという報道もある。

    姑の“泣き落とし”に杏はどう反応を見せるのか……。


    日刊現代
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00000001-nkgendai-ent

    ▼写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200224-00000001-nkgendai-000-view.jpg

    所長見解:マザコンか・・・

    【【でっくん速報】東出昌大の母「もう一度だけチャンスを与えて貰えませんか?」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    杏さん、離婚しないと決断!


    h


    所長見解:しないんや・・・

    【【朗報】杏さん、離婚しない模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東出昌大が独占告白「すべてを失いました」


    「週刊文春」1月23日発売号は 俳優・東出昌大(32)と妻・杏(33)の別居と、女優・唐田えりか(22)との不倫問題 を報じた。

    その後、頑なに沈黙を守ってきた東出が、2月15日、「週刊文春」の取材に応じた。


    18時過ぎ、都内の住宅街で車を降りたところを、「週刊文春です」と呼び止めると、東出は驚きながらも足を止め、名刺を受け取った。


    「週刊文春」の報道直後、東出の所属事務所は、次のコメントを発表していた。

    〈今回の記事に関して本人に確認いたしましたところ書かれている事柄はほぼ事実と判明しました。
    これらのことは東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄だと思います。
    どのように非難されても弁解の余地はありません。
    現在、本人はこのような事態になったことに対して責任の重さ、失ったものの大きさを実感しひたすら後悔に苛まれ苦しんでおります〉


    直撃取材の冒頭、東出は開口一番、反省の弁を口にした。

    「本当に、申し訳ないことをしてしまったと思っております」

    家族、仕事への思いを尋ねると、次のように答えた。

    「いま、自分は自分の過ちから、かけがえのない日々を失ったことを実感しています。
    仕事に関しては……全てを失ったと思います。
    役者の仕事は、今後の仕事ということでいうのであれば、自身がやりたいと言ってできることではありません。
    日々、自分が今後どうすべきなのかを考えています」


    その後、記者は、妻である杏への思い、唐田との不倫、現在の心境について質問を重ねたが、東出はときに逡巡しながらも丁寧な対応を見せた。


    杏、唐田、家族への思いを聞かれた東出は何を語ったのか。

    2月20日(木)発売の「週刊文春」では、彼の独占告白を4ページにわたって報じている。


    週刊文春
    https://bunshun.jp/articles/-/35410

    no title

    所長見解:そやろな・・・
    【【でっくん悲報】東出昌大「すべてを失いました」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・杏(33)の夫で俳優の東出昌大(32)は18日、主演を務めるテレビ朝日のドラマ「ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~」の第7話の撮影に臨んだ。


    不倫発覚後は落ち込んだ様子で、関係者によると、現在もふさぎ込んだまま。

    撮影スタッフは「複数のキャストが集うシーンでは撮影以外はポツンと1人離れてボーッとしていることが多い」と説明。

    「あいさつをしても返事がなくて、心ここにあらずという雰囲気。
    日を増すごとにどんどん暗くなっている印象です」と現状を明かした。


    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000064-spnannex-ent


    no title

    所長見解:しゃあない・・・
    【【不倫】東出昌大さん、反省の日々がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「昨年5月公開の映画第1弾『コンフィデンスマンJP ロマンス編』は興収約30億円の大ヒット。
    今年5月公開の第2弾『プリンセス編』のヒットを見越し、今秋には第3弾の撮影に入る予定だったのですが……」(映画関係者)


    長澤まさみ(32)が主演した'18年放送のドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)。

    その映画版2作目となる『プリンセス編』が、5月に公開される。


    「先月、長澤さんと詐欺チームを組むボクちゃん役・東出昌大さん(32)に唐田えりかさん(22)との不倫が発覚したことで、状況が一変してしまったんです。
    騒動の余波でどんな影響が出るのか、まだ測りかねるため、今後のスケジュールが一旦、ストップしたんです」(前出・映画関係者)


    d


    主演の長澤も、一連の東出不倫報道にショックを隠せないという。

    「現状、映画の宣伝で東出さんがメディアの前に登場するのは難しいです。
    謝罪会見など、何らかの対応を取らないと、宣伝もままなりません」(前出・映画関係者)


    実は長澤にとって、『コンフィデンスマンJP』シリーズ共演者の不倫騒動に巻き込まれるのは今回で2度目だ。

    映画第1弾『ロマンス編』の公開時には小手伸也(46)の不倫報道があり、舞台挨拶で小手が謝罪する一幕もあった。

    「またも共演者の不倫でとばっちりを受け、長澤さんは怒りを通り越して戸惑うばかりだそうです。
    今回の第2弾『プリンセス編』は、予算もスケールも拡大し、マレーシアロケを敢行しました。
    その際“第3弾を撮るならどこがいいか”も検討され、第3弾では長澤さんも希望していたハワイロケを行う予定だったんです。
    長澤さんも喜んでいただけに、中止になってしまって落胆していると聞きました」(製作関係者)


    そんな長澤だが、5月の映画公開に向けて気持ちを切り替え、孤軍奮闘する覚悟を決めたという。

    「製作のフジテレビは当初、宣伝の一環として長澤さんと東出さんを各バラエティ番組に登場させる予定でしたが、白紙になりました。
    長澤さんは映画の出来栄えに絶対の自信があるため『PRは私一人でも大丈夫です!』と気丈に申し出たそうです」(テレビ局関係者)


    長澤の代表作となった今回のシリーズの今後はどうなるのか――。

    「第3弾の製作中止は避けたいところです。
    東出さんは主要キャストですから配役変更は難しいでしょう。
    世間の反応を見ながら、東出さんの出番を減らすなど大幅な脚本変更などを検討するしかありません」(前出・製作関係者)


    共演の不倫俳優たちに悩まされ続ける長澤の奮闘が実ることを願いたい。


    「女性自身」2020年3月3日号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00010004-jisin-ent

    所長見解:棒め・・・

    【【でっくん速報】長澤まさみさん、 東出不倫騒動の結果wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ