東出昌大

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「週刊文春」が報じたアンジャッシュ・渡部建(47)の不倫スキャンダル。

    妻が有名女優で子育て中の浮気であることなどから、東出昌大(32)の不倫と比較され、渡部の方が「体の浮気」であるため、“不倫相手にのめり込んで「心の浮気」をした東出よりマシ”と擁護する向きもある。

    しかし、2人がはたらいた不貞行為に大差はなく、むしろ渡部に嫌悪感を催す女性も多い。


    3児を子育て中のジャーナリスト・中西美穂氏がこう言う。

    「確かに、3人の幼子を放り出してガチで年下の女性に恋をしていた東出さんとは不倫の種類が違います。
    妻の佐々木希さんとしては、ある意味救われる部分があるのかもしれませんが、渡部さんは不倫の時期と場所が悪過ぎました。
    世の中はコロナ禍で、外出自粛要請の真っただ中。
    日時がはっきりしませんが、そんな時に、あろうことか感染リスクが高いとされる公衆トイレで行為に及んだ可能性があります。
    単に嫌悪感を催すだけでなく、問題は彼に1歳の長男がいることです。
    『妻子にコロナを感染させたらどうしよう』と少しも不安を覚えなかったのでしょうか。
    そうだとしたら、父親として最低です。
    ビデオ電話で子供たちのご機嫌を取っている東出さんの方が、いくらかマシに見えてきます」


    ■子育て中の母親に多目的トイレは「大切な場所」

    しかも、子育て中の母親はコロナ前から“多目的トイレ”という言葉に敏感だという。

    「多目的トイレは体が不自由な方が使う場合があるのはもちろん、子連れの親にとって非常に大切な場所です。
    ベビーカーでは普通のトイレには入りにくいし、子供のおむつ替えのベッドも、普通のトイレには設置されていないことも多い。
    “ピンチ”の時に多目的トイレのドアがなかなか開かない時は本当に困ります。
    渡部さんは1歳のお子さんがいて、なぜそんなことも分からなかったのでしょうか? 
    佐々木さんに育児を任せっきりにして子育てに協力していない証しだと思います。
    グルメを気取ってノンキに料理や女性を食べ歩いている場合ではありません」(中西美穂氏)

    12日、佐々木はインスタグラムで「この度は、主人の無自覚な行動により多くの方々を不快な気持ちにさせてしまい大変申し訳ございません」と謝罪したが、自分を裏切った夫をいつまで擁護し続けられるか。

    しかも渡部は今回の不倫スキャンダルですべての仕事を失い“公衆便所の男”というレッテルを貼られてしまった。

    15歳上のオジサンと添い遂げるのは、佐々木にもそれなりの覚悟が必要だろう。 

    お先真っ暗な渡部と違い、まだ若く未来がある点でも東出の方がマシだ。


    日刊ゲンダイ
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18414075/


    no title


    所長見解:渡部め・・・

    【【不倫ツートップ】渡部建 VS 東出昌大の結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「週刊文春」1月23日発売号が報じた俳優・東出昌大(32)の別居問題 。

    妻で女優の杏(34)が離婚を決意したことが明らかになった。


    r


    夫婦を知る芸能関係者が明かす。

    「釈明会見で東出さんが謝罪した後も、夫婦が顔を合わせることはほとんどありませんでした。
    すでに杏さんは離婚の意思を固め、東出さん側にも弁護士を立ててほしいと伝えたといいます」

     
    杏が離婚を決意した背景には、東出が不倫の結果、抱えることになった違約金や損害賠償金の問題があった。

    「東出さんをCMに起用していた企業のほとんどがスキャンダルを受けて契約を解除。
    違約金は億単位に上るとも報じられています。
    東出さんだけではとても払い切れない額ですが、杏さんには不倫の代償を自分が肩代わりする選択肢はなかった」(杏の知人)


    「週刊文春」2月20日発売号の直撃取材 に続いて、東出が口を開いたのは3月17日の釈明会見でのことだった。

    「出演していたドラマのクランクアップを受け、区切りをつけるために開かれました。
    この間、仕事以外では外を出歩かず、以前は浴びるように飲んでいた酒も断っていた。
    新型コロナの影響が拡大する前から、彼は外出を自粛し、禁欲生活を送っていたのです」(東出の知人)

     
    東出は会見で、3月中旬に杏と会い、「裏切ってしまって申し訳なかった」と謝罪したことを明かしたが、杏の反応や意向については「代弁できない」と言うだけだった。

     
    前出・杏の知人が言う。

    「レポーターに『好きなのは唐田さんですか、杏さんですか?』と聞かれた彼は、『いまここで答えることは妻を傷つけることになる』と明言を避けた。
    双方への配慮があったのでしょうが、あのように言われては妻の立場がない。
    杏さんや彼女の周囲は、彼の発言に呆れかえっていました」

     
    何より、東出が「今後も(杏と)話し合いを続けて行く」と口にしたことに、杏側は大きな不信感を抱いたという。

    「会見前に共通の知人を介して顔を合わせたことは事実だが、杏さんにとっては雑談を交わした程度の認識だった。
    騒動に区切りをつけるために、彼があたかも夫婦で話し合いをしているかのように伝えたことも彼女にとっては心外だといいます」(同前)

     
    4月30日(木)発売の「週刊文春」では、杏と東出の離婚問題を詳報。

    東出が抱えたCMの違約金、損害賠償などについても報じている。


    「週刊文春」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200429-00037506-bunshun-ent

    所長見解:そうなるよな・・・

    【【でっくん速報】杏さん、東出昌大と離婚ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    不倫騒動で女優、杏(34)と別居中の俳優、東出昌大(32)が24日、映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の公式ツイッターに登場。

    劇中で演じる「ボクちゃん」のせりふをもちいて「全国の子猫ちゃん」と呼びかけた。


    d


    新型コロナウイルス感染拡大の影響で同作の5月1日公開が延期したことから、「#おうち編」と題して出演者らがリレー形式で登場。

    田中亮監督からバトンを受けた東出は、一人で過ごす自宅での過ごし方について「普段、家の中では本を読んでいます」と五木寛之の小説「大河の一滴」など3冊を手に紹介。

    「今までの(ドラマや映画のシリーズ)作品を復習して公開を楽しみに待っていてください」とお願いした。


    杏も、誕生日の14日にギターの弾き語りで外出自粛を訴える動画をアップして話題になった。
    https://www.sanspo.com/geino/news/20200425/geo20042519180025-n1.html



    所長見解:でっくん・・・


    【【でっくん速報】東出昌大さん「全国の子猫ちゃん」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    唐田えりかに「消えるには惜しすぎる才能」の声 

    主演ドラマが国際的コンテストで銀賞受賞!


    k


    あの女優に再び注目が集まる?

    俳優・東出昌大との不倫騒動で大バッシングを食らった女優の唐田えりか。

    その後は表舞台に出ることはなく、一時は「行方知れず」ともいわれていた。

     
    そんな唐田の過去の出演作品が高く評価され、話題になっている。

     
    関西テレビは22日、唐田がヒロインを務めた同社制作のオリジナルドラマ『小夏日和(こなつびより)』が、映像作品コンテスト「ニューヨークフェスティバル」で銀賞に選ばれたと発表した。

     
    作品は高知県を舞台に、東京から帰郷した唐田演じるヒロインが幼なじみの男性と再会し、自分を見つめ直すという物語。

    昨年7月と9月に、関西地域で放送されている。


    「ネット上では『せっかく評価される作品もあるのに、不倫で全部なくしちゃったね。
    ホント、もったいない』という声や、『もうこのドラマ観られないのでは?』『賞をとっても放送できないかも』と、不倫騒動の影響からドラマが再度放送されることはないだろうという予測があります。

    一方で『このドラマの演技はよかった』と、改めて唐田さんの役者としての素質を語る意見もあります。
    騒動こそありましたが、消えるには惜しすぎる才能。
    早く女優として活動再開できるといいですね」(記者)

     
    東出よりは同情の声も多い唐田。

    この作品の評価が、復活のきっかけのひとつになればいいのだが……。


    https://entamega.com/38552

    所長見解:でっくん・・・

    【【あの人は今】唐田えりかさん、消えるには惜しすぎる才能ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優の杏(33)を悩ます家庭問題は、“不倫夫”東出昌大だけでなかった。

    東出との家庭が崩壊するのと同時並行で、実母との「骨肉裁判」を戦っていた。

     
    父・渡辺謙の度重なる不倫。

    母・由美子さんの借金。

    それに端を発する両親の離婚。

    杏は人一倍、「家族」には苦悩してきた身である。

    そして今回明らかになったのが、2017年のクリスマスにはじまった裁判だ。


    n


    「杏を訴えたのは母・由美子さんと、彼女が社長を務める杏の個人事務所。
    以来、訴訟は3年も続き、まもなく由美子さんの尋問が開かれる予定。
    いよいよ大詰めを迎えています」(本件訴訟に詳しいさるジャーナリスト)

     
    訴訟は、由美子さんが代表取締役に就いていた杏の個人事務所「T社」への所属をめぐるトラブルだ。

    杏は08年、当時所属していたモデル事務所から、由美子さんのツテで現在の所属事務所「トップコート」に移籍。

    翌年に節税目的でT社を設立した。

    以降、トップコートからT社にギャラが入り、そこから杏に給与が支払われる仕組みになったという。

     
    その後の杏の活躍はご存じの通り。

    2013年秋にはNHK朝ドラ『ごちそうさん』で主役を務め、13年度の売り上げは約1億8000万円にも上っていた。

    社長の由美子さんも、多い時には2000万円超の年収を得ていたとされる。

     
    ところが杏は14年夏、突如弁護士を立て、「退職し、トップコートと直に契約する」と母に通告。

    慌てた由美子さんは15年に東京簡裁に調停を申請したが不調に終わり、ついに17年、先述の訴訟に発展してしまった。

     
    一連の「骨肉裁判」で、杏は大要、以下のように主張した。

    「母は『女性霊能者』に心酔し“洗脳”されている」
    「自分に対して“今度の仕事が決まったのは神様のおかげだよ”と言うこともあり、挙句、毎年、T社から多額のコンサル料を支払い、しかも増額することも検討していた」

     
    由美子さんと宗教とのかかわりについて、

    「夫(渡辺謙)が白血病で闘病した際、釈尊会という宗教団体の小野兼弘さんという教祖に心酔。
    不明朗な金のやり取りをしていたのです」

    と解説するのは、スポーツ紙のベテラン芸能デスク。


    由美子さんの借金は4億円とも言われ、渡辺謙の名を用いた借金もあったことから、大騒動になった。

    こんな過去があるだけに、杏が主張する“洗脳”も、妙にリアルに聞こえてしまうのだ。

     
    訴訟で由美子さんは、杏がT社の従業員であることの確認など求めているほか、杏がT社に所属し続けていた場合に得ていたはずの利益を“20年間で約12億円”と計算。

    本来はそれを求めたいが、まずは3000万円を補填せよ、とも請求している。

     
    週刊新潮の取材に、由美子さん側は回答せず。

    杏の所属事務所は「訴訟については事実と聞いております」と答えるのみであった。

     
    骨肉裁判で由美子さんは、娘の男女交際についての真偽不確かな“暴露”を次々と行ってもいる。

    〈他人様からは鬼母のように見えるかもしれませんが〉と母自らが陳述書で述べた訴訟の全容は、4月9日発売の週刊新潮で報じる。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d462b93dabc2e79a8d4d9b42ad52f0acdab6caf7?page=1
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d462b93dabc2e79a8d4d9b42ad52f0acdab6caf7?page=2


    所長見解:大変やね・・・
    【【泥沼裁判】杏さん、実母から12億円の賠償請求ってよ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ