東京

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    何?


    t


    所長見解:人多いやん・・・

    【【花の都】東京に来て驚いたことがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「夜の歌舞伎町では、上を見ながら歩かないと危ない」

    日本一の歓楽街・歌舞伎町(東京・新宿)では、昨秋来、こんな言葉をよく聞くようになった。

    特に、「呪いのビル」の前では、冬の寒風に身を縮めながら上目遣いでビルの屋上を気にして、足早に通り過ぎる人が多い。

    大理石と重厚感ある石のエントランスが目を引く、高級感漂う8階建てのビル。

    その屋上から、昨年10月2日、20代の女性が飛び降り自殺を図った。

    午後7時頃、外階段で靴を脱いだ彼女は、腰ほどの高さの手すりを越えて屋上から転落。

    たまたま下を歩いていた歩行者の男性を直撃した。

    女性は救急隊の処置を受けたが、間もなく死亡。

    男性も右腕を折る重傷を負った。

    「目撃情報などから事件性はないと判断され、彼女が亡くなった背景はほとんど調べられなかった」(捜査関係者)

    昨秋以来、歌舞伎町で飛び降りが後を絶たない。

    その多くが若い女性だ。

    10月のわずか1か月間で、100mほどしか離れていない2棟のビルで起きた飛び降りは、未遂も含めて少なくとも7件。

    「呪いのビル」。

    今、歌舞伎町で2つのビルはそう呼ばれている。

    k


    しかし、事件性がない以上、警察は深くは調べないし、大きく報道されることもない。

    原色のネオンの陰に、人知れず若い命が消えている。

    飛び降りで亡くなった、前出の20代女性は、ホストクラブの常連客だった。

    まつげが長く目鼻立ちのくっきりした美人。

    風俗店で働きながら「担当」と呼ばれる目当てのホストに入れ込んでいたという。

    友人が語る。

    「彼女は『メイ』(仮名)という名前で歌舞伎町で遊んでました。
    ホストクラブに借金が200万円ほどあったみたい。
    全部、担当につぎ込んだって。
    メイは担当のことが本当に好きで、彼氏だと思っていたけど、『でも、裏切られたのかな…』って。
    完全に病んでた」

    女性が飛び降りた理由は借金苦ではなかったと、友人が続ける。

    「借金は風俗で働けばすぐに返せる額。
    それより、何百万円使っても担当が自分のことを“金づる”としか見ていないことに苦しんでた。
    あなたみたいにキレイなら、何でももっとうまくいきそうなのにって言ったら、メイは哀しそうに笑ってた。
    『もう、どうしようもないよ』って」


    このビルにはホストクラブやバーが15軒ほど入居する。

    周辺のビルも似たようなもので、目の前の通りは、通称「ホスト通り」。

    街では、女性たちの飛び降りとホストクラブを関連付ける声は根強い。

    「この街で30年以上暮らしていますが、今は異常事態です。
    現場の『ホスト通り』は飛び降りで、すっかり有名になりました。
    自殺騒動が一度起きると、SNSやツイッターで、一瞬にして拡散されていく。
    すると、悩みを持った人たちが同じ場所で繰り返し、それがまたネットで広がる。
    今や“自殺の聖地”のような扱いまでされています。
    夜の街だから、たしかにお金で苦しんで自殺を図る人は昔からいた。
    でも、ネットは自殺を呼び寄せ、増幅させます」(ホストクラブ幹部の1人)

    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-173667/
     NEWSポストセブン


    所長見解:多いな・・・

    【【自殺者続出】歌舞伎町「呪いのビル」がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    正体不明の路上芸術家バンクシーの作品に似たネズミの絵が東京都港区にある金属製の防潮扉に描かれているのが見つかり、ネットをざわつかせている。

    小池百合子東京都知事は17日、ツイッターで「あのバンクシーの作品かもしれないカワイイねずみの絵が都内にありました!」と絵と一緒に写った写真をアップ。

    「東京への贈り物かも?カバンを持っているようです」とつづった。

    b


    小池氏の「東京への贈り物かも?」という推測には賛否が寄せられており、ウーマンラッシュアワーの村本大輔は「本当にバンクシーだとしたら東京への贈り物というより東京への攻撃だと思います」と異論。

    キングコングの西野亮廣は「本物のバンクシーの作品だとしたら、彼のことだから、『ネズミが傘を持っている=汚れたネズミでも避けたくなる雨(放射能雨)』といったところで、世界中が集まる東京五輪に対する皮肉だろうから、東京五輪のユニフォームで作品をお届けしてしまってる小池さん、作品を完成させちゃってんじゃね?」と私見を述べた。

    元AKB48の高橋みなみも「あの絵本当にバンクシーなのかなぁ もしバンクシーだとしたら何か意味のある絵なはず 気になる」と反応した。

    また、“落書き”を容認するかのような小池氏のツイートに疑問を呈する声も少なくない。

    タレントのフィフィは「ゲリラアーティストの作品は、どう扱われてもアートはアートと思う。
    そこまで想定しての作品なのか、あるいは想定してないか、でも許可なく描くわけだから、そこは覚悟と思う。
    防潮扉に許可なく描かれた絵、日本では罪、消すのが妥当。
    作品の価値云々以前に、有名無名は関係なく罪だから消すしかない」とツイート。

    タレントの吉木りさは「違法なことだから適切な処置をしないと… でも価値があるしな… と結果丁寧に作品が扱われてる様もバンクシーは鼻で笑ってるような気がする」とつづった。

    バンクシーは神出鬼没のゲリラ芸術家で、世界各地の壁などにメッセージ性の強い作品を描くことで知られる。

    昨年10月にはロンドンで行われた競売で、高値がついた絵画作品をシュレッダーで裁断し、話題となった。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901180000249.html


    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【路上芸術家】 東京都港区の防潮扉にバンクシーってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「おでん」といえば、寒くなると食べたくなるものの代表格。

    ご家庭の食卓だけでなく、コンビニで見かける機会は多いですよね。

    ウェザーニューズでは、2018年11月8日~11日におでんに関する調査を実施したところ、地域ごとに入れる具材、入れない具材があることが判明。

    大根や卵などは広く一般的ですが、はんぺんや牛すじは、特定の地域に人気が集まっているようです。


    ■東西で別れる人気の種

    ●北日本・東日本で人気の「はんぺん」

    白くてふわふわした食感の「はんぺん」は、北日本や東日本で食されている具材。

    特に、東京など関東南部では80%以上の方が「入れる」と回答しています。

    魚肉のすり身にやまいもを混ぜ込んで作られている「はんぺん」。

    もともとは関東で生まれ販売されていたことから、関東圏を中心として人気となっているようです。

    h


    ●西日本で好まれる「牛すじ」

    一方、西日本をメインに食されているのが「牛すじ」です。

    特に広島や山口、愛媛など中国・四国エリアで80%以上が入れると回答しており、人気が高いことが分かります。

    牛のアキレス腱部分、または腱の付いた肉を「牛スジ」といい、串に刺して長時間煮込むことで、とろとろとした柔らかい牛肉となります。

    関東に比べて、西日本では牛肉を食す機会が多いため、より広く普及しているのかもしれませんね。

    s



    ■地域ごとに生まれた独自文化

    ●独特な食感の「ちくわぶ」

    さらに、狭い地域で人気となっているのが、「ちくわぶ」と「じゃがいも」ではないでしょうか。

    ちくわぶは関東発祥の種ものらしく、主に関東南部の6~7割の方が”入れる”と答えています。

    小麦粉のたんぱく質成分(グルテン)が、もちっとした口あたりを生み、人気となっているようです。

    ただ、「小麦粉の塊のよう」とあるように、この食感の好き嫌いがはっきり分かれているのも現状のようです。

    また、関東以外のエリアの方は、「見たこともない」という回答も多数。

    関東在住の筆者は「ちくわぶ」が大好物のため、全国区でないと知った時はショックでした。


    ●煮崩れが心配な「じゃがいも」

    一方、じゃがいもは近畿圏で”入れる”と答えた方は6~8割にのぼり、ホクホクと味がしみて人気の一品となっているようです。

    ただ、「煮崩れるとつゆが濁るので苦手」という回答も多数ありました。

    ちくわぶとは異なり芋自体は身近ではあるものの、やはりおでんに芋を入れる文化がないというご家庭が多くありました。

    ちなみに、おでんで煮込むには“男爵”より、煮くずれの少ない“メークイン”が良いようですよ。

    これからチャレンジされる際はご注意を。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15605600/


    所長見解:すじがうまいよね・・・

    【【おでん】東京「牛すじ?」、関西「はんぺん?」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京・中央区の築地市場が6日正午、取引を終了し、83年の歴史に幕を閉じる。
    豊洲市場(江東区)移転に伴い、「吉野家 築地一号店」も同日にラストデーを迎える。
    現存する吉野家最古の店舗で、“裏メニュー”もあるためファンから「聖地」と呼ばれる同店には5日、閉店を惜しむ客が殺到。
    長蛇の列ができた。豊洲市場開場の11日に新たに「豊洲市場店」がオープン予定。
    関係者は築地一号店の味を継承していくことを誓った。

    ついに築地での長い歴史に幕が下りる。
    「もうあの味を食べられないかもしれない―」。
    この思いが、午前5時から午後1時の限定8時間の営業時間で、15席しかない“聖地”に客を殺到させた。
    正午には50人が並び、30分待ち。
    生まれながらの吉野家ファンを自負する、運送業経営・曳田太一さん(38)は「家族全員で新潟から朝8時の新幹線で来ました。6日の最終日、開店から行けるように宿も取りました」と意気込む。
    一方で「一号店がなくなるのはさみしいですね」と顔を曇らせた。

    no title

    1899年、東京都中央区日本橋にあった魚市場に個人商店として吉野家が誕生。
    関東大震災(1923年)で焼失した魚市場が26年に築地に移転したのに伴い、店も同地に移った。
    35年に築地市場が開場。
    その後、45年3月10日の東京大空襲により店が焼失。
    59年、今の店舗に落ち着いた。

    いつも店をひいきにしてくれた常連客を、いつの時代も忘れたことはない。
    市場内という場所柄、客の大半は常連だ。
    厨房(ちゅうぼう)で丼を作る代々の店長は客の顔を覚え、好みの牛丼を提供してきた。
    脂身(トロ)が多い肉だけを盛りつける「トロダク」など一号店独自の裏メニューも存在する。
    現在の店長・原田和樹さん(30)は200人の好みを把握しているという。
    閉店を惜しむ客が連日、列を作ったことから、4日の通常営業終了後、常連のみの貸し切り臨時営業を行った。

    一号店がなくなるからといって、その味が消えることはない。
    原田さんは「同じ味を継承したい。一つでも多くの歴史を継承したい。次の豊洲でも新しい店長がやってくれます」と力強く語った。
    5日に加え6日も混雑が予想されるため裏メニューは取りやめるが、11日に開店する豊洲市場店では継続する。

    「築地同様に、市場関係者においしい牛丼を提供する。それだけです」と株式会社吉野家企画本部広報課長の寺澤裕士さん(42)。
    豊洲市場で、吉野家の新たな歴史が幕を開ける。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000288-sph-soci


    所長見解:特別うまいのか?・・・

    【【83年の歴史】牛丼の聖地、吉野家一号店閉店するってよwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ