村本大輔

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9日、ウーマンラッシュアワーの村本大輔が自身のTwitterで、所属するよしもとクリエイティブエージェンシー所属の芸人を痛烈に批判し、波紋が広がっている。

    村本は9日夜、突如以下のような文章を投稿。

    「よしもとの芸人は他ジャンルに自分目線のコメントしまくるくせに自分が同じ芸人から批判されると劣化の如く(原文のまま)怒る。
    勝手な仲間、身内意識からきてる。
    村意識。
    吉本入ったからと言ってお前をリスペクトしてると勘違いしてるアホ多し」

    よしもとクリエイティブエージェンシー所属芸人は身内意識が強く、「批判されると怒る」などと批判を展開した。

    w


    さらに村本は、

    「会社は尊敬してる芸人がいるから入ったのではなく、劇場の数とか、そういう計算のほうが強い。
    それなのに入った瞬間からタバコ買いに行かされる謎。
    そもそも、お前になら勝てると思って入ったんだが」

    と、「よしもと」に入るキッカケも先輩へのあこがれではなく、劇場の数などの計算からで、「先輩に勝てると思って入った」などとし、所属芸人を痛烈に批判してみせた。

    何が彼を「批判」に向かわせたのかについては、現在のところわかっていないが、明確な「身内批判」となるだけに、物議を醸している。

    このツイートに、ネットユーザーからは

    「そのまんまお前のこと」
    「劇場の数が増えたのは先輩のおかげだろ」
    「じゃあ、やめればいい」

    と批判が噴出。

    また、

    「どうしたのこの人?」
    「情緒不安定なのでは?」
    「そんなこと言ったら干されるよ?」

    など、心配するネットユーザーもいた。


    村本はローラの辺野古工事中止署名呼びかけについて、テリー伊藤が『サンデージャポン』(TBS系)で、「この発言で降ろすスポンサーってなんなの」と批判し、それを見た高須クリニック・高須克弥院長が「僕なら降ろします」と発言したことに腹を立て、「スポンサーの頭が高い」と批判している。

    ただでさえ、Twitter上の政治的発言で地上波テレビ放送から姿を消している村本だが、テレビ業界を支えるスポンサーを批判したことは致命的で、「よしもとから解雇されるのでは」という声が上がっていた。

    そんな状況で発せられた身内批判。

    しかも、吉本の礎を築いた先輩も一緒くたに、「憧れてない」「お前に勝てる」などと放言したことは、会社に喧嘩を売っていると見られても致し方がなく、事務所から解雇を突きつけられる可能性も否定しきれないだろう。

    ちなみに同社の社長は、『笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)でケツバットを宣告する藤原寛氏。

    「村本、アウト」と非情な宣告を受ける日が、来てしまうかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15852909/

    所長見解:どうすんだろ・・・

    【【炎上芸人】ウーマン村本を「解雇すべき」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ウーマンラッシュアワーの村本大輔と美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の場外バトルが勃発した。

    コトの発端は、多数のCMに出演するローラが、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設工事中止を求める署名を呼び掛ける「政治発言」をしたこと。

    この件について高須氏は25日のTwitterで「僕なら降ろします」と発言していたのだが、これに噛みついたのが村本。

    w


    同日のTwitterで

    「おれはそもそも高須さんのその考えは好きではないので高須クリニックがスポンサーの番組一生出なくていい。断る。仕事と思想を絡めるやつの怖さ」

    「スポンサーの頭が高い。稼がせてやってんだから対等だろ」

    と私見を交えて批判したのだ。


    「村本の発言を受け、高須氏も即座に反応。『スポンサーが選ぶ側です。逆はありません』と強調したことで、ネット上では議論となっています」(芸能ライター)

    とはいえ、ネット掲示板のコメントを見ると

    「村本の発言こそ、仕事と思想を絡めていてブーメラン」
    「とうとうコイツ、スポンサーに喧嘩売っちゃったね。テレビ出せないだろ」
    「対等?タレントの意向でスポンサーを降ろしたとか聞いたことない」
    「CM0本の村本が言っても説得力がない」

    とのコメントが並び、村本の劣勢は明らかだ。

    https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201812_post_188403/


    所長見解:そらな・・・

    【【吉本解雇へ】ウーマンラッシュアワー・村本が高須クリニックを批判した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    漫才コンビのウーマンラッシュアワーが9日、フジテレビ系「Cygames THE MANZAI2018 マスターズ」に出演し、昨年に続き沖縄基地問題、原発問題、自然災害を受けた被災地の問題など時事ネタを披露した。

    ネット上では「去年より良かった」などと盛り上がり、瞬く間にトレンドランキングのトップになった(午後10時の時点)。

    w


    村本は得意の早口でまくしたてた。

    「LGBTの人たちにカミングアウトという言葉を使わせている。自分が自分のことを言うのにカミングアウトという言葉を使わせている社会は普通じゃない」

    「沖縄の海ってだれのもの?日本のもの?アメリカのもの?違う。沖縄県民のものなんです。今こそ沖縄県民の怒りの声に耳を傾けるべき」

    などとマシンガンより早いと思われるスピードで次々と問題提起した。

    ネット上では直後から盛り上がり、

    「村本すごい感動」
    「ネタに感動しました」
    「面白い すげえなあ」
    「見終わった後で考えさせられるネタというのは素晴らしい 心に留まっている。映画のようである」
    「今の社会情勢を訴えていたことに感謝!社会情勢を訴えながら笑いに変える村本さんはすごい」

    などとほかのコンビとは全く異なる芸風に称賛の声が多く見られた。

    また、

    「説教して終わるのは芸人ではない」
    「何が言いたいか分からない」

    と批判的な声も見られた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000127-dal-ent


    所長見解:どこへ・・・

    【【放送事故】ウーマンラッシュアワー村本さん、THE MANZAIでまたやらかす・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    15日発売の週刊文春で、第2回「好きな芸人」「嫌いな芸人」ベスト50が発表された。

    上位には明石家さんま(好き2位嫌い2位)、ダウンタウン(好き3位、嫌い1位)、タモリ(好き4位、嫌い7位)、ビートたけし(好き7位、嫌い4位)などの大御所が両ランキングに名を連ねた。

    「好き」と「嫌い」はおおむね表裏一体のようだ。

    ここで目を引くのがウーマンラッシュアワー(嫌い5位)。

    なぜなら、「嫌いな芸人」のワーストテンに選ばれた中堅・若手芸人の中で唯一、「好きな芸人」(29位)にも選出されたからだ。

    ウーマンラッシュアワーといえば、ボケ担当の村本大輔(37)とツッコミ担当の中川パラダイス(37)から成るコンビ。

    2013年のお笑いコンテスト「THE MANZAI」(フジテレビ系)で優勝経験もある。

    しかし、今回の結果を受けて村本は文春の取材に対して「今年も(文春は)僕の嫌いな雑誌ランキング1位です、おめでとうございます」とコメント。

    負けん気が強いのかもしれないが、村本の「毒舌」「ひねくれ者」の性格が災いし、コンビとしても、“嫌われ者”の烙印を押された格好だ。

    「村本はツイッターなどの過激発言から『炎上芸人』として注目を集めてきました。

    しかし、毒舌は“キャラ”ではなく、過去に相方を10人代えるなど、性格にクセがあるのではと周囲にみられていました。

    実際に、先輩芸人とも笑いのスタイルをめぐって口論となり、一触即発になったことも一度や二度ではないようです。

    米国に留学中の先月も沖縄の米軍基地の歴史をめぐって、『ド極右クソハゲの大嘘つき作家が沖縄の歴史のデマを流してたらしい』と作家の百田尚樹氏を罵倒するツイートが話題になりました」(芸人関係者)

    あちこちにケンカを売り、四面楚歌の感じもする村本だが、なぜ「好きな芸人」に名を連ねたのか。

    w


    元「Wコロン」の木曽さんちゅう氏が言う。

    「村本君は根が悪い人ではないのでしょう。

    恐らく、素は『毒舌』ではないと思いますよ。

    確かに昨年末のフジテレビの『THE MANZAI』の特番で原発や米軍沖縄基地問題など政治色を前面に打ち出したネタを披露し、ますます毒舌にも拍車が掛かりました。

    世の中の人が感じる社会に対する不満を代わりにハッキリ言ってくれる代弁者としてファンは彼を支持しているのだと思います。

    テレビに出たいのであればお茶の間に好かれなければならない。

    しかし、ニコニコしながら、ご機嫌取りだけでは裏がありそうで怪しい。

    村本君は本音を語るので裏がなさそう。

    そこにファンは気付き、共感しているのだと思います」

    村本の“裏”にもっと多くの人が気付けば「好きな芸人」の上位にランキングされる日が来るかもしれない。


    日刊ゲンダイ
    https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_503901/


    所長見解:ないでしょ・・・

    【【炎上芸人】ウーマン村本は 嫌われ者だけど好感度が高い説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ウーマン村本、テレビ出演の手取りはいまも「1万から2万ぐらい」

    w


    明石家さんまのモノマネで知られるタレントのほいけんたが27日深夜にテレビ東京系で放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況報告~」(木曜深夜0・12)の“有名人ジャンル別!ギャラ事情SP”に出演。
    地声を披露したところ、意外にもナレーターのクリス・ペプラー似の低音ボイスだったため、共演者全員から驚きの声があがっていた。

    ほいと言えば、“さんまのモノマネ”でブレイクし、再現VTRなどで引っ張りだことなっている。
    さんま以外のモノマネもすることから、MCのネプチューンの名倉潤が「ホンマの声、どれですか?」と質問すると、しゃがれた“さんま声”で「ホンマの声は…」と言ったあとに「普通の声はこういう声なんですよね」と話したが、地声は意外にもナレーターのクリス・ペプラー似の低音ボイス。

    次長課長・河本準一や歌手の華原朋美らは「え~!」「すご~い!」「マジで~!?」と驚き、思わず立ち上がってしまうほど。
    するとほいは「みなさんこんばんは。クリス・ペプラーです」と、今度はクリスのモノマネをし、再度、共演者を驚かせていた。

    また本題のギャラ事情も、営業は1本15万円前後、テレビの再現VTRは数万円と告白。するとウーマンラッシュアワーの村本大輔は「うう~」とうなり始めた。
    自身の手取り額は、会社に差し引かれると「1万から2万ぐらい。これマジですよ」とカミングアウト。
    河本は番組のプロデューサーに「本当ですか?」と確認すると、自主規制音で消されたが、具体的な金額が発表された。
    かなり会社に引かれている事実を知った村本は「すっご!」と驚いていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000033-dal-ent


    所長見解:そんなもんでしょ・・・

    【【暴露】ウーマン村本氏のテレビのギャラがコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ