このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「週刊文春」1月23日発売号が報じた俳優・東出昌大(32)の別居問題 。

    妻で女優の杏(34)が離婚を決意したことが明らかになった。


    r


    夫婦を知る芸能関係者が明かす。

    「釈明会見で東出さんが謝罪した後も、夫婦が顔を合わせることはほとんどありませんでした。
    すでに杏さんは離婚の意思を固め、東出さん側にも弁護士を立ててほしいと伝えたといいます」

     
    杏が離婚を決意した背景には、東出が不倫の結果、抱えることになった違約金や損害賠償金の問題があった。

    「東出さんをCMに起用していた企業のほとんどがスキャンダルを受けて契約を解除。
    違約金は億単位に上るとも報じられています。
    東出さんだけではとても払い切れない額ですが、杏さんには不倫の代償を自分が肩代わりする選択肢はなかった」(杏の知人)


    「週刊文春」2月20日発売号の直撃取材 に続いて、東出が口を開いたのは3月17日の釈明会見でのことだった。

    「出演していたドラマのクランクアップを受け、区切りをつけるために開かれました。
    この間、仕事以外では外を出歩かず、以前は浴びるように飲んでいた酒も断っていた。
    新型コロナの影響が拡大する前から、彼は外出を自粛し、禁欲生活を送っていたのです」(東出の知人)

     
    東出は会見で、3月中旬に杏と会い、「裏切ってしまって申し訳なかった」と謝罪したことを明かしたが、杏の反応や意向については「代弁できない」と言うだけだった。

     
    前出・杏の知人が言う。

    「レポーターに『好きなのは唐田さんですか、杏さんですか?』と聞かれた彼は、『いまここで答えることは妻を傷つけることになる』と明言を避けた。
    双方への配慮があったのでしょうが、あのように言われては妻の立場がない。
    杏さんや彼女の周囲は、彼の発言に呆れかえっていました」

     
    何より、東出が「今後も(杏と)話し合いを続けて行く」と口にしたことに、杏側は大きな不信感を抱いたという。

    「会見前に共通の知人を介して顔を合わせたことは事実だが、杏さんにとっては雑談を交わした程度の認識だった。
    騒動に区切りをつけるために、彼があたかも夫婦で話し合いをしているかのように伝えたことも彼女にとっては心外だといいます」(同前)

     
    4月30日(木)発売の「週刊文春」では、杏と東出の離婚問題を詳報。

    東出が抱えたCMの違約金、損害賠償などについても報じている。


    「週刊文春」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200429-00037506-bunshun-ent

    所長見解:そうなるよな・・・

    【【でっくん速報】杏さん、東出昌大と離婚ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    不倫騒動で女優、杏(34)と別居中の俳優、東出昌大(32)が24日、映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の公式ツイッターに登場。

    劇中で演じる「ボクちゃん」のせりふをもちいて「全国の子猫ちゃん」と呼びかけた。


    d


    新型コロナウイルス感染拡大の影響で同作の5月1日公開が延期したことから、「#おうち編」と題して出演者らがリレー形式で登場。

    田中亮監督からバトンを受けた東出は、一人で過ごす自宅での過ごし方について「普段、家の中では本を読んでいます」と五木寛之の小説「大河の一滴」など3冊を手に紹介。

    「今までの(ドラマや映画のシリーズ)作品を復習して公開を楽しみに待っていてください」とお願いした。


    杏も、誕生日の14日にギターの弾き語りで外出自粛を訴える動画をアップして話題になった。
    https://www.sanspo.com/geino/news/20200425/geo20042519180025-n1.html



    所長見解:でっくん・・・


    【【でっくん速報】東出昌大さん「全国の子猫ちゃん」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東出騒動の陰で、杏(34)は実母の由美子さんを相手にした骨肉裁判を戦っていた。

    経緯は前記事「杏が苦悩する実母との骨肉裁判 “母は霊能者に心酔”“自分の稼ぎで借金返済”の主張」に詳しいが、由美子さんが代表をつとめる個人事務所からの退職をめぐるものだ。

    一方、杏は母が女性霊能者に心酔しているなどと主張。

    裁判の過程で由美子さんは、不必要と思えるような「暴露」も行っている。

    例えば、「訴状」や由美子さんの「陳述書」の中にはこんな表現が。

    杏がモデル事務所に所属していた際には、〈被告と事務所関係者の男女交際関係が悪化した〉ことがあり、〈前事務所のマネージャーは、以前から杏にセクハラ、パワハラをし、元サッカー選手の中田英寿さんと性交渉の相手をさせようとしたり(中田氏は紳士的な対応で未遂に)、ギャラの支払いもおかしく、そのような経緯があり、困難極まりない芸能界での事務所移籍を決意しました〉


    移籍の経緯を述べるのに結び付けて、にわかには信じがたい話を披露しているのである。


    b


    あるいは、現事務所のトップコートに移籍した後も、

    〈たびたび被告の男女交際の問題が発生したが、原告は、被告の芸能活動に支障が出ないよう代表取締役として事態の収拾に力を尽くし、また娘の人生を幸せにするために母親として被告を支えてきた〉


    まるで、娘は発展家だと言わんばかり。

    極め付きは以下の部分で、「霊能者」に頼っていたのは杏自身だったということを主張するために、

    〈被告はコンサルタント(=「霊能者」)に対して、恋愛、交際相手の暴力、結婚、子どもを作るべきか否か、不倫問題等についても、逐一報告及び相談をしていたものである〉
     
    としている。

    付言すれば、これは東出と結婚する前のことだから、素直に取ると、杏には妻子ある「元カレ」、あるいは、暴力を振るう「元カレ」がいたと言っていることになる。

    そして、由美子さんの求めで、「霊能者」サイドも、杏から受けた恋愛などの「身の上相談」メールを証拠として裁判所に提出している。


    杏側はこれに対し、「プライバシー侵害だ」として第三者による閲覧の制限を申し立て、裁判所も認めたため、これらの中身が外部に出ることはないが、娘にとって、母が「凶器」とも思えた瞬間ではないだろうか。



    全文はソースをご覧ください
    https://news.livedoor.com/article/detail/18151660/ 

    所長見解:母・・・

    【【裁判中】杏さんの母、娘のとんでもない発展家ぶりを証言する・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    杏に不倫の過去! 鬼母が12億円の賠償とともに暴露


    記事によれば、2009年に実母が代表、杏は従業員となり、個人事務所を設立。

    しかし、杏は14年に所属している芸能事務所・トップコートと直接契約すると通達し、これに実母は激怒。

    東出と唐田の不倫が始まる17年に、杏を相手に12億円の損害賠償請求裁判を起こしたのだという。


    n

     
    また、記事では気になる点がもうひとつある。

    実母が提出した陳述書には、杏は東出と結婚する前に妻子ある男性と不倫関係となっており、それを霊能者に相談していた、ということも暴露されているとも伝えているのだ。

    「宗教に心酔しているのはお母さんだけかと思っていましたが、実は杏さんもという点にもびっくりしましたが、それ以上に杏さんも東出さんと結婚する前に不倫していたことにも驚きです。」 


    https://biz-journal.jp/gj/2020/04/post_152436.html

    所長見解:実母なん・・・

    【【衝撃暴露】杏さんも不倫していた模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優の杏(33)を悩ます家庭問題は、“不倫夫”東出昌大だけでなかった。

    東出との家庭が崩壊するのと同時並行で、実母との「骨肉裁判」を戦っていた。

     
    父・渡辺謙の度重なる不倫。

    母・由美子さんの借金。

    それに端を発する両親の離婚。

    杏は人一倍、「家族」には苦悩してきた身である。

    そして今回明らかになったのが、2017年のクリスマスにはじまった裁判だ。


    n


    「杏を訴えたのは母・由美子さんと、彼女が社長を務める杏の個人事務所。
    以来、訴訟は3年も続き、まもなく由美子さんの尋問が開かれる予定。
    いよいよ大詰めを迎えています」(本件訴訟に詳しいさるジャーナリスト)

     
    訴訟は、由美子さんが代表取締役に就いていた杏の個人事務所「T社」への所属をめぐるトラブルだ。

    杏は08年、当時所属していたモデル事務所から、由美子さんのツテで現在の所属事務所「トップコート」に移籍。

    翌年に節税目的でT社を設立した。

    以降、トップコートからT社にギャラが入り、そこから杏に給与が支払われる仕組みになったという。

     
    その後の杏の活躍はご存じの通り。

    2013年秋にはNHK朝ドラ『ごちそうさん』で主役を務め、13年度の売り上げは約1億8000万円にも上っていた。

    社長の由美子さんも、多い時には2000万円超の年収を得ていたとされる。

     
    ところが杏は14年夏、突如弁護士を立て、「退職し、トップコートと直に契約する」と母に通告。

    慌てた由美子さんは15年に東京簡裁に調停を申請したが不調に終わり、ついに17年、先述の訴訟に発展してしまった。

     
    一連の「骨肉裁判」で、杏は大要、以下のように主張した。

    「母は『女性霊能者』に心酔し“洗脳”されている」
    「自分に対して“今度の仕事が決まったのは神様のおかげだよ”と言うこともあり、挙句、毎年、T社から多額のコンサル料を支払い、しかも増額することも検討していた」

     
    由美子さんと宗教とのかかわりについて、

    「夫(渡辺謙)が白血病で闘病した際、釈尊会という宗教団体の小野兼弘さんという教祖に心酔。
    不明朗な金のやり取りをしていたのです」

    と解説するのは、スポーツ紙のベテラン芸能デスク。


    由美子さんの借金は4億円とも言われ、渡辺謙の名を用いた借金もあったことから、大騒動になった。

    こんな過去があるだけに、杏が主張する“洗脳”も、妙にリアルに聞こえてしまうのだ。

     
    訴訟で由美子さんは、杏がT社の従業員であることの確認など求めているほか、杏がT社に所属し続けていた場合に得ていたはずの利益を“20年間で約12億円”と計算。

    本来はそれを求めたいが、まずは3000万円を補填せよ、とも請求している。

     
    週刊新潮の取材に、由美子さん側は回答せず。

    杏の所属事務所は「訴訟については事実と聞いております」と答えるのみであった。

     
    骨肉裁判で由美子さんは、娘の男女交際についての真偽不確かな“暴露”を次々と行ってもいる。

    〈他人様からは鬼母のように見えるかもしれませんが〉と母自らが陳述書で述べた訴訟の全容は、4月9日発売の週刊新潮で報じる。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d462b93dabc2e79a8d4d9b42ad52f0acdab6caf7?page=1
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d462b93dabc2e79a8d4d9b42ad52f0acdab6caf7?page=2


    所長見解:大変やね・・・
    【【泥沼裁判】杏さん、実母から12億円の賠償請求ってよ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ