木村拓哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年のSMAP解散からはや半年。
    育ての親である飯島三智・元チーフマネージャーと共に5人での独立を画策したものの、翻意したことで木村拓哉(44)には裏切り者のレッテルが張られている。

    k


    木村が主演を務めた三池崇史監督「無限の住人」(4月29日公開)は、特別招待作品として5月のカンヌ国際映画祭から声がかかった。
    現地で海外メディアから「解散してさみしくないの?」と問われた彼は、「自分の中で引きずっていたら、きっと今日も(レッドカーペットを)歩けなかっただろうなと思う」と笑顔で話したようだが、その顔が歪んではいなかったか。

    まず映画そのものについて、映画評論家の北川れい子さんはこう評する。
    公開2日の興行収入が1億8900万円で最終的に10億程度でしょうから、はっきり言って大コケですよね。
    これまでのキムタク映画といえば、興行収入が数十億円で、年間の興収ランキングの常連でしたから」

    実際、型破りな検事を演じた「HERO」(2007年)は興収81億円を超え、その年の邦画トップに、前年公開の「武士の一分」も41億円強で5位にランクイン。
    15年の「HERO」続編も約47億円でトップ3に名を連ねていたことに比べると、本人ならずとも物足りなさを感じざるを得ない。

    続けて、映画の敗因はと言うと、「上映時間の7割ほどが殺陣のシーンで非常に殺伐としています。
    これまでのキムタク映画というのは典型的なスターもので、ストーリーも他のキャストも演出も、すべてがキムタクを彩るために存在していました。
    つまり『キムタクを観に行く映画』だった。
    そして、彼の幅広いファン層を楽しませる王道を行く話だったのが、今回はバイオレンス作品。
    誰にでも楽しめるものではないのです」(同)

    ■スポーツ紙は雄姿を報じるも…

    例によってスポーツ紙6紙のジャニーズ担当記者は「アゴ・アシ・枕付き」でカンヌへ出かけ、キムタクの雄姿を報じていた。
    押しなべてこんな具合である。

    〈メイン会場2300席は満席。約5分間のスタンディングオベーションに〉

    〈英ガーディアン紙は5段階で「4」の評価〉

    北川さんは、「スタンディングオベーション、これはカンヌではよくあることですよ。
    よほど酷い作品でない限り、礼儀として立って拍手をしますから、映画の評価とは無関係だと思います」と半畳を入れ、続ける。

    「また、ガーディアン紙の評価ですが、大体こういう映画評というのは海外の映画に甘いものなんですよ。
    文化差があって完全に理解することは難しいという“引け目”があるし、ヨーロッパで人気のある三池監督の作品だということもプラスに作用したのでしょう。
    スペインの田舎のビデオ屋に寄ったときも、三池作品がずらっと並んでいたほどですからね」

    ■CMはゼロに

    木村は映画の大コケのみならず、クライアントの離反という厄介な敵とも対峙していた。
    「今年に入って、ダンディハウスとトヨタが木村から離れました。
    ジャニーズは電通に、“どこか良いところないですか?”と働きかけていますが、色よい返事をするクライアントがなく、とても苦労しています」

    業界全体がキムタクをすっかり持て余していると訴えるのは、広告代理店幹部。

    そればかりか、「木村が出ているCMに、“あんな裏切り者を出すな”といった抗議が結構あったようです。
    ダンディハウスは『キング・カズ』が彼に代わって出ているし、20年以上やっていたトヨタが離れたのも、プライドの高い木村としては屈辱だったことでしょう」(同)
    差し当たって唯一残っているタマホームに、「抗議の有無」を尋ねると、「コメントは差し控えさせて頂きます」と責任者は否定せず。

    「新バージョンを撮影していないようだから、タマホームも遅かれ早かれ終わる。
    CMが1本でもあればドラマは年に1つでも大丈夫なのですが……。
    結局、木村の最大の問題は、将来のビジョンを話し合える相手がいなくなってしまったことだと思いますよ。
    これまでは飯島が戦略を決めていたのに、それを考えてくれる人間が事務所にはいないんですよ」(芸能関係者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00522798-shincho-ent&p=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00522798-shincho-ent&p=2

    ※続きます


    所長見解:公開謝罪がね・・・
    【【これはヤバい】木村拓哉、「あんな裏切り者を出すな」の抗議殺到でダンディハウスとトヨタなどスポンサーが次々と離反 タマホームも降板ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    23日放送のラジオ番組「木村拓哉のWHAT’S UP SMAP」(TOKYO FM)で、木村拓哉が、カンヌで出川哲朗と遭遇した際の裏側を明かした。

    k


    番組では、リスナーからのメールが紹介され、木村が「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)にサプライズ出演していたことが話題にあがった。
    11日放送の同番組で、出川と谷まりあが世界的な著名人との写真撮影に挑戦をする「パパラッチ出川」企画として、カンヌ国際映画祭を突撃していた。
    レッドカーペットを歩く俳優や監督らを直撃する中で、出川はなんと木村の姿を発見し、対面を果たしていたのだ。

    木村は映画祭を振り返り、 「あれは珍しく日本語がボーンと聞こえてきたので」「『木村く~ん!』っていう声が聞こえた」と当時の状況を明かす。
    声に気づいた木村が周囲を見渡すと、空手着を着た出川を発見し、「これって『イッテQ!』のやつだ。スゲェ!カンヌまで来たんだ」と察したそうだ。

    続けて、「あんな形で出川さんとお会いすると思わなかった」と、本当に突然の出来事だったとか。
    最初は近寄るか迷ったそうだが、レッドカーペットを歩く前の、まだカンヌ関係者から誘導される前の自由な時間だったこともあり「ちょっと行ってこようかな?」と出川ところへ向かったという。

    最後に木村は「あの企画はテレビで拝見させてもらったことがあった」「普段から(テレビで)見てると、行きますよね間違いなくね」と笑い、当時を振り返っていた。


    http://news.livedoor.com/article/detail/13246274/ 


    所長見解:さすがキムタク・・・
    【【イッテQ】木村拓哉 カンヌ国際映画祭で出川哲朗と遭遇した舞台裏を明かすってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元SMAPの木村拓哉さんが、東京・調布市で車を運転中に、信号待ちをしていたバイクに追突する事故を起こしていたことがわかった。
    午後5時ごろ、調布市仙川町の国道20号線で、木村拓哉さんが運転する車が、信号待ちをしていたバイクに追突した。
    そのはずみで、バイクは前に止まっていた車に追突し、3台がからむ玉突き事故となった。
    けが人はいなかった。
    警視庁は、物損事故として、事故の経緯を調べている。

    no title


    http://www.fnn-news.com/sp/news/headlines/articles/CONN00361875.html 


    所長見解:いろいろ考えるわな・・・
    【【元SMAP】木村拓哉さんが玉突き事故 バイクに追突 「考え事をしていて…」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◇元SMAP香取&草なぎ&稲垣独立

    昨年1月のSMAP分裂・解散騒動以降、世間からの批判の声を一人で浴び続けてきたのが木村拓哉(44)だ。

    一昨年の夏に元女性マネジャーから独立話が出てきた当初から、事務所への恩義と家族のために「残留」を決意。
    そして一貫してその姿勢を崩さなかったにもかかわらず、一人だけ批判の的となってきただけに、今回再びメンバーが「残留・独立」で分裂してしまったことを「複雑な思いで受け止めているはず」(関係者)という。

    k


    先月中旬にカンヌ国際映画祭に参加して以降、デビュー以来初の長期休暇に入っている。
    関係が疎遠になったメンバーたちからは、昨年8月のSMAP解散決定の時と同様「おそらく電話などでの連絡はなかっただろう」(関係者)という。
    ただ、弟的存在でかつては自宅にもよく遊びに来た香取ら3人が、ともに育った事務所から去ることに「胸を痛めている」という。

    周囲には「自分は役者として地に足を着け、歯を食いしばって頑張っていくだけ」と話しているという木村。
    SMAPへの思いは今も変わらない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000066-spnannex-ent 
    スポニチアネックス 


    所長見解:再結成はなさそうだね・・・
    【【三人独立】胸を痛めるキムタク 周囲には「歯を食いしばって頑張るだけ」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    SMAPの解散から6か月が過ぎようとしている。
    メンバーとジャニーズ事務所との契約更新は毎年9月に行われてきたが、その3か月前の6月中に今後の活動についての意思を事務所に告げる必要があるといわれていた。
    解散後初めてとなる契約更新の話し合い──。
    当初から残留を決めている木村拓哉(44才)以外の4人が自らの意思を表明する「運命の日」は、奇しくも香取慎吾(40才)のロケ日のすぐあとだった。

    s


    6月上旬、都内某所で稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(42才)、香取の3人はジャニーズ事務所と話し合いを行っていた。

    「個別に1人ずつ話し合ったそうです。3人とも『9月をもって退社する』という意向を事務所に伝えました。これから本格的な話し合いになると見られますが、事務所も3人の意向を尊重して、了承するようです」(テレビ局関係者)

    3人とも緊張した面持ちもなくスッキリとした表情だったという。

    決断に最後まで悩んでいたのが、中居正広(44才)だった。
    昨年の1月に分裂・解散危機報道が出た後、1度は元に戻ったはずだった。
    しかし結局、25周年ライブも解散コンサートも会見もないままSMAPは昨年末に解散、再分裂した。
    その間、3人をまとめていたとされるのが中居だった。

    「昨年の大晦日、木村さんだけ除いた4人のメンバーと元メンバーの森且行さん(43才)が焼き肉店で晩餐会を開いたことからも、“4人そろっての独立”は規定路線とみられてきました」(スポーツ紙記者)

    中居は4月22日に生放送された『SmaSTATION!!』で解散後、初めて香取と共演し、長年つきあっているカップルのような仲の良さを見せてファンを喜ばせた。
    だが、最近はその香取とも連絡を取っていないという。

    「他の3人のメンバーが集まる会食に中居さんが現れなくなったんです。
    忙しいということももちろんあるでしょう。
    でも…中居さんは1人残ることを決めたようなんです」(前出・芸能関係者)

    中居の決意の裏にはある強い思いがあったという。

    「“再々分裂”や“裏切り者”といわれることがわかっていても彼が残留を選んだのは、独立を決めた3人の防波堤になるという思いも大きいのではないでしょうか。
    事務所への恩義を返すことも含め、『おれが残るから、独立する3人は守りたい』というメッセージが込められていると思うんです。

    香取さん、草なぎさんが移るという新事務所・X社は結局、元女性マネジャーのところ。
    “それはない”と言いながらフタをあけてみれば…です。
    ジャニーズ事務所に残るといいながら元マネジャーとX社の関係筋と幾度も会って打ち合わせをしていたといいますから、今後、そのやり方に非難の声があがる可能性もあります。
    だからこそいろいろな制約から3人を守るために中居さんはあえて残留を決めたんです。
    それに彼が残ることで、4対1の構図が崩れ、木村さんのイメージも守られます。
    中居さんは今でもSMAPのリーダーなんですよ」(前出・芸能関係者)

    こうした中居の意図や性格を独立する3人は充分にわかっているはずだ、とスポーツ紙関係者が続ける。

    「だから中居さんがどんな選択をしても彼らは決して『裏切ったな』とは思いませんよ」

    稲垣にも新プランが浮上しているという。

    「稲垣くんは得意の舞台に軸足を置き、小説家デビューするという話も出ています。
    ネットドラマにも興味をもっているとか。
    基本は元マネジャーとも相談しながらですが、どこ所属になるかは、まだ決まってないんじゃないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)

    ※女性セブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170615-00000004-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170615-00000004-pseven-ent&p=2


    所長見解:おい、中居・・・
    【【元SMAP】稲垣、草なぎ、香取 9月でジャニーズ退社へ 中居は残留ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ