ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:木村拓哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k


    ▼検証画像
    http://www.chitaro.com/up/chitaro1309.gif

    これってアドリブなのかな
    常識ないよね


    所長見解:細かいね・・・
    【【放送事故】キムタク、まさかのカップ麺でやらかすシーンはこちらwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「誤差なしで!」

    連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)で主演している木村拓哉が仲間のボディーガードと警護を始める際の“決めゼリフ”。
    全員が腕時計を差し出して時間に誤差がないことを確認。
    キムタクが「誤差なしで!」と言うのだが、放送直前に流れるLINEの公式アカウントではキムタクが「誤差なしで楽しんでください」などと連発。

    k


    しかし、米倉涼子主演の同枠の前番組「ドクターX~外科医・大門未知子~」の「私、失敗しないので」に比べて浸透していると思えないし、それでも毎度、繰り返す姿が痛々しく……。

    「はやってもいない言葉を得意げに言うのが気恥ずかしくないのかな。
    何度も繰り返すのは“ボキャ貧”の印象もある。
    しかも、その『誤差なしスタンプ』まで売ろうとしているからね」(ドラマウオッチャー)

    「誤差なしで!」は録画ではなくリアルタイムで見てほしいということだろうが、視聴率がイマイチで必死にPRしなきゃという焦りまでにじみ出ているような……。


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/224435


    所長見解:大変だね・・・
    【【流行語狙い】キムタク必死の結果ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    萩原聖人、木村拓哉と『BG』で再共演「まさかこんなに反響があるとは!」と驚き

    武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に護る“ボディーガード”を題材にしたテレビ朝日系ドラマ『BG~身辺警護人~』(毎週木曜 後9:00)。
    第7話(10分拡大~後10:04)では、22日放送の第6話にも登場している俳優の萩原聖人が演じる植野が今後の物語の展開を大きく左右してしまう出来事を引き起こしてしまう。
    前回の登場シーンがオンエアされると、主演の木村拓哉と萩原の共演に、1994年に放送されたドラマ『若者のすべて』(フジテレビ)を思い出したファンも少なくなかったよう。
    萩原本人も「まさかこんなに反響があるとは!」と驚いていた。

    k


    萩原が演じる植野は、民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)の元秘書で、過去に五十嵐とは因縁のある人物。
    どうしてももう一度話がしたい植野は、五十嵐が厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)と会っていた店に潜り込み、なんとか面会の許可を得ようとする。
    そこに偶然、居合わせたのが島崎章(木村)と、章の元妻・仁美(山口智子)だった。
    さらに客の中に望まれない客が紛れており、突然の銃声に店内は騒然とする。

    前回の反響を受けて萩原は「そういった反応をしてくれたのって、昔、ドラマを楽しんでいた世代の方々なのではないでしょうか。
    楽しみにしているドラマの日は急いで家に帰ってドラマを見て、次の日の学校や職場ではその話題で盛り上がって…。
    僕の出演が、そうやってドラマを楽しんでくださっていた方々への恩返しになればいいな、とは思います。
    みなさんの記憶に残るような作品を作ることができていたことはとても誇りに思いました。同時に我々役者も、これからもっと面白いドラマを作って、ドラマを楽しみにしてくれるような“ドラマ世代”を作りたい、とあらためて感じました」と喜んでいた。

    木村との共演を「お互い年齢を重ね、今回共演できたのはとてもうれしかったし、楽しかったです。久しぶりに会ったけど、会話の内容は昔とあまり変わらなかったですね(笑)」と振り返った萩原は「第7話では、僕らの過去を懐かしく思い出していただきつつも、『BG~身辺警護人~』の世界観にどっぷり浸かり、物語を存分に楽しんでいただけたらうれしいです!」と呼びかけていた。

    第7話で章は6年前に別れた妻・仁美から警護を依頼される。
    一度はほかのメンバーにせようとするものの、自ら引き受けることを決意。
    “元夫婦”という微妙な関係ながらも、章は終始仕事に徹する姿勢を貫こうとする。
    木村と山口の共演も、1996年に大ヒットしたドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ)以来、22年ぶり。
    “元夫婦”というちょっと複雑な間柄を演じる2人にも注目だ。

    https://www.oricon.co.jp/news/2106644/full/


    所長見解:懐かしいね・・・
    【【若者以来】萩原聖人、木村拓哉と『BG』で再共演した結果ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉(45)主演のドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の第6話から2週にわたって女優の山口智子(53)が木村演じる島崎章の別れた妻・仁美役で出演する。
    木村と山口がドラマで共演するのは、96年に大ヒットした「ロングバケーション」(フジテレビ系)以来22年ぶり。


    y


    「当初は『アイムホーム』の上戸彩や、『HERO』『ラブジェネレーション』『ロンバケ』で共演した松たか子などが候補にあがっていたそうですが、“マンネリ”感もあり、“ロンバケの恋人”山口に決まったそうです」(スポーツ紙記者)

    22年前のドラマとはいえ、最終回は36.7%、全話平均が29.6%という高視聴率。
    ドラマの主題歌にもなった久保田利伸の『LA・LA・LA LOVE SONG』は、今もカラオケで歌うと盛り上がる名曲だ。

    「ドラマの中で『瀬名!』、『南!』と大声で呼び合ったり、ハグしたりするシーンは、今でもファンの間で語り継がれています。
    そんな2人が共演するとあって、放送前から話題を呼んでいました」(テレビ誌記者)

    「BG」では数年ぶりに再会する元夫婦役の設定で、山口が木村に警護を依頼するという展開に……。

    「2人とも、最初の顔合わせの時は久しぶりだったこともあって、ちょっと照れくさそうな感じでしたが、すぐにハグして、本当に慣れ親しんだ“元夫婦”みたいな雰囲気でした」(ドラマスタッフ)

    22年前の「ロンバケ」撮影当時、山口は唐沢寿明と結婚したばかり。

    「あるインタビューでキムタクが『もう少し早く生まれていたら、山口智子と結婚したかった』と“告白”していたんです。
    もちろん、“南”と山口の両方にかけてのリップサービスかもしれませんが、あのキムタクがそこまで言うのか!と、ちょっとびっくりしました。
    だから今回のキャスティングは、キムタクのご指名?
    なんて思ってしまいましたが、全然違って、あくまでも制作サイドが山口にオファーしたそうです」(テレビ誌ライター)

    現場にキムタクと山口が揃うと、華やかな雰囲気になるという。

    「2人が並んでいるだけで、周りのスタッフも自然と当時の光景を思い出すんでしょうね。『やっぱりお似合い』とか『うわー、懐かしい~』と言った声が上がっています」(前出・スタッフ)

    第6話の平均視聴率は14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、3週連続で視聴率も上昇した。
    3月1日放送の第7話では、仁美をつけ狙っていた人物の正体が判明し、衝撃的な展開を迎えるという。
    再会した元夫婦にハッピーエンドは訪れない? 

    https://dot.asahi.com/dot/2018022500012.html?page=1


    所長見解:懐かしい・・・
    【【木村拓哉】キムタク「BG」で元妻役に山口智子か松たか子ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉の『LINE』に関する話題が続いている。
    昨年12月26日に発売開始をしたLINEスタンプは売り上げ1位を記録し、テレビ朝日系列で現在放送中の連続ドラマ『BG~身辺警護人~/木村拓哉』LINE公式アカウントは、リリース後にドラマアカウントで1位となった。


    「いつまでも若者ぶってるおじさん」

    2月8日、サングラスをかけた木村は《今夜は4話でぇ~す!! わがBGチームは朝からバッチリ撮影しておりまぁ~す!》と舌を出して茶目っ気を出した画像と一緒に投稿。
    さらにその3日後の11日にも、《今日も、ロケからのテレビ朝日に移動して撮影でぇ~す!》と、同様に舌を出した自撮り写真を投稿している。

    k


    ふざけた感じの写真の連投もさることながら、《撮影しておりまぁ~す》、《4話でぇ~す》、《日差しが貴重な温もりぃ~!!》といった軽いノリの語尾を連発している様子に、違和感がある人は多かったようだ。

    《いつまでも若者ぶってるおじさん》
    《気持ち悪い》
    《ウケると思ってやっているのかもしれないけど…。 イタイわ(笑)》
    《いい歳したオッサンが何やってんだよ》
    《お人柄のよくわかるショットですね》

    このように、インターネット上での評判は散々だ。

    https://myjitsu.jp/archives/44149


    所長見解:辛辣な・・・
    【【非難轟々】木村拓哉がLINE始めた結果ってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ