ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:木村拓哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉 1時間前から準備…「BG」打ち上げで見せた神対応

    b


    「初回から高い視聴率を維持し、最終回は17.3%を記録。みごと有終の美を飾りました。
    視聴率男が変わらぬ人気を見せつけたとあって、局内でも絶賛の声があがっていますよ」(テレビ局関係者)

    木村拓哉(45)主演ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の最終回が放送された3月15日、都内の会場で打ち上げが行われた。

    開宴は18時半からだったが、1時間ほど前からスタッフが準備に奔走。
    驚いたのは、すでに木村の車が会場近くに停まっていたこと!
    座長にもかかわらず、誰よりも先にスタンバイしていたのだ。

    「参加者は200人以上。最終回が会場内で放送され、大変な盛り上がりでした。
    木村さんは、声が掛かれば誰とでも気軽にツーショット撮影に応じていました。
    斎藤工さん(36)は『木村さんがいたから撮影を乗り越えることができました』と感謝しきり。ずっとついてまわっていました」(ドラマ局関係者)

    撮影中も、木村の奮闘ぶりは際立っていたという。
    その甲斐あって、共演者やスタッフは団結。
    この日も石田ゆり子(48)や菜々緒(29)などの豪華メンバーが集まっていたが、自然と“再会の約束”がなされていた。

    「これだけの豪華共演陣ですから、再び集めるのはたいへんでしょう。
    しかし木村さんは打ち上げの最後まで残り、『またやりましょう!』と握手を交わしていました。
    これにはみんな感動しきり。『続編やりたいです!』と熱い答えが返ってきていました」(前出・ドラマ局関係者)

    「BG」続編の夢は、意外と早く実現するかも!?

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180323-00010001-jisin-ent 


    所長見解:映画化か?・・・
    【【キムタク】木村拓哉、ドラマ打ち上げの1時間前から準備ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉がボディーガード役を演じた今クールの連続テレビドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の最終回が15日に放送され、平均視聴率は17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、有終の美を飾った。

    同作は原作のない完全オリジナルストーリーで、脚本は木村とは『GOOD LUCK!!』(TBS系)でタッグを組んだ井上由美子氏が担当した。

    「一昨年のSMAP解散騒動以降、木村に対して批判的な声が強まっていましたが、『BG』は視聴率的には成功といえ、毎週放送を楽しみにする視聴者も多かったようです。
    改めて木村の強さを見せつける結果となりました」(テレビ局関係者)

    インターネット上でも「続編も期待できそうな終わり方でよかった」「なんだかんだいってもキムタクのドラマは面白い」「斎藤工や石田ゆり子とか、人気どころを連れて来れるのもキムタクの力なんだろうな」など高評価の声も目立っている。

    b


    「実は放送開始前は、『BG』は苦戦するのではないかという見方が業界内で強かったのですが、視聴者にはあまりSMAP騒動は関係ないみたいで、“面白いものは見る”というスタンスなんだなと、改めて思い知らされました。
    テレビ各局の現場が木村への評価を見直し、企画会議でも木村の名前が挙がることも増え、今後争奪戦になる気配を感じます。
    むしろ“あの3人”の名前のほうが挙がらないですね。
    もちろんジャニーズ事務所の力は強いと思いますけど……。
    元SMAPでジャニーズ退所組の3人が今、インターネット上での展開に力を入れていますが、見る側の人たちが飽きるのも時間の問題ではないかなと思います」(前出と別のテレビ局関係者)

    香取慎吾らジャニーズ退所組の3人が出演する映画『クソ野郎と美しき世界』の最新情報が、公式サイト上で続々と公開されている。
    4月6日公開で全国86館を予定しているようだが、観客動員について不安視する声は多い。

    「監督には園子温や児玉裕一、さらには爆笑問題の太田光といった異色のメンツばかり。
    3人の所属事務所代表を務める飯島三智さんが太田の奥さんと仲が良いことは、昨年放送された『72時間ホンネテレビ』(Abema TV)の出演者を見れば一目瞭然ですが、映画監督としての経験が浅い太田さんを起用するとは、飯島さんもチャレンジャーだなと思いますね。むしろ、期待されていない分、面白ければ太田さんの評価も上がるのでしょうけど。
    いろんな意味で公開が楽しみですね」(同)

    果たして木村が退所組の3人を大きく引き離すことになるのか。
    注目を集めそうだ。

    https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_424361/?ptadid=


    所長見解:おもしろかったよね・・・
    【【高視聴率】テレビ各局が木村拓哉を見直したってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    矢沢永吉、『BG』最終回本人役で出演 木村拓哉「説明のいらない説得力」に感謝


    歌手の矢沢永吉が、木村拓哉主演のテレビ朝日系木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』の最終回(15日 後9:00~10:09)に本人役で出演することがわかった。
    木村たっての願いがかなって、共演が実現。
    矢沢が快く引き受けたことに、木村は「アーティストの方が、ご自身の役そのままでドラマに出演される、って難しいことだと思うので…」と感謝しきりだ。

    武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に護る“民間ボディーガード”を題材にした本作。
    物語は、第7話で凶弾に倒れた日ノ出警備保障・身辺警護課課長の村田(上川隆也)を巡る証拠が隠蔽(いんぺい)され、あろうことか「出しゃばった民間のボディーガードが無謀な行動をした」と非難される事態(第8話)に。
    最終回では、厚生労働大臣の職を辞した愛子(石田ゆり子)が事件の真実を語るのか否か、それに対して警視庁SPの落合(江口洋介)はどう動くのか、そして章(木村)たちは村田の汚名をそそぐことができるのかなど、怒とうの展開に終止符が打たれることになる。

    そんな中、章たちに超VIPから警護依頼が入る。
    それが、日本を代表するロックミュージシャン・矢沢永吉。
    矢沢と木村の共演シーンは、早朝の東京・日本武道館で撮影され、約600人ものエキストラを動員して行われた。
    事前に何も知らされていなかったエキストラは矢沢の登場に驚き、大歓声が上がった。
    木村は矢沢を迎えると、ガッチリと握手。
    その後も時折、楽しそうに談笑する様子なども見られ、和やかな雰囲気で撮影は進んだ。

    木村は「矢沢さんにご出演いただき、撮影場所も日本武道館という最高のシチュエーション。
    その“説明のいらない説得力”と現場の熱気がきっと画面からも伝わってくると思います。
    矢沢さんにご出演いただくシーンは、日ノ出警備保障の身辺警護課は着実に前に進んでいて、『今はこんな仕事をしているんですよ』ということを視聴者の皆さんにお届けする、びっくり箱のようなワンシーンになっているのではないでしょうか…。
    ぜひ、楽しみにご覧ください!」とコメントを寄せている。


    ■最終話あらすじ

    発砲事件に巻き込まれ命を落とした村田五郎(上川隆也)。
    唯一現場の状況を知ることができるはずだった村田の遺品であるICレコーダーも、警察の手によってデータを消され、いよいよ真相は闇の中に葬られようとしていた。
    「民間のボディーガードが無謀な行動をし、銃で撃たれた」と週刊誌などにも下世話に書き立てられ、悔しい思いを抱く島崎章(木村拓哉)ら。
    しかし決してあきらめることなく、村田の汚名をそそごうと誓った矢先、厚生労働大臣の職を辞した立原愛子(石田ゆり子)が「私が真実を話します」と名乗り出てくる。

    証拠も隠滅された今、残された方法は現場にいた人間が証言をしてくれることだけ。
    愛子の申し出を受けた章たちは、真相を語ろうとする彼女の警護をすることに…。
    しかし、そのことによって章たちの身にも危険が迫る。
    その頃、SPの落合義明(江口洋介)は上司の氷川(宇梶剛士)に「みずから事件の処理をする」と宣言。
    驚きの行動に出る。

    高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、そして章――。
    亡くなった村田と身辺警護課の名誉を懸けた最後の戦いの行方は…!?


    木村拓哉が矢沢永吉のボディーガードに!
    『BG~身辺警護人~』最終回(3月15日放送)で共演が実現(C)テレビ朝日

    no title

    https://www.oricon.co.jp/news/2107415/full/


    所長見解:毎回すごいな・・・
    【【キムタクドラマ】矢沢永吉、『BG』最終回に本人役で出演するってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「それではこれよりトークショーに移りたいと思います。
    元SMAPで国民的スターの木村拓哉様(45)のお母様の木村悠方子様です。
    木村様は“言の葉”の語り手として全国で公演、自尊心を育てる教育も念頭に、日本の様々な母子の支援活動、貢献活動に従事していらっしゃいます」

    そして珍しくキムタク妻の工藤静香(47)にも触れたのだ。

    「もう実際に(キムタクは)家庭を持っておりますので、私も姑、そして静香さんっていう方がおります(中略)。
    好きだとか嫌いだとか、そういうことではなく、受け入れるということがおかげさまでできました。
    まあ平たく言えば、本当は『まったくウチの(嫁)は』と言いたくなるんですけれども、でもそれを言ってしまえば全て否定になりますし……」

    k


    対談が終わると、会場は静香の話で喧しい。
    なにせ客層は、40~50代のSMAP世代の女性たちである。

    「静香のこと言うなんて珍しいよね。言いたいのに言えないって感じだったけど」

    「やっぱ気に入らないのよ。元カノのカオリンとお母さんは上手くいってたのにね」

    「ついこないだも女性誌にあったけど、仲悪いんでしょ。キムタクは全然実家に帰らないって言うし」

    「キムタクが裏切ったのって、やっぱり静香のせいなのかな」

    もちろんそんな話にはお構いなしの客も多い。
    それどころか、キムタクママや菅田将暉ママの対談には興味がなく、“かがみ理事長を見に来ている”という感じなのだ。

    その中の1人にはキムタクママもいる。
    「ママ育」に心酔し、最近ではスピリチュアル風の朗読会といった活動も報じられている。それにしても「ママ育」の対談に嫁の愚痴――大丈夫?

    http://news.livedoor.com/article/detail/14416005/


    所長見解:不仲そうだね・・・
    【【嫁姑確執】キムタク母「静香さんを好きだとか嫌いだとかそういうことではなく・・・」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「それではこれよりトークショーに移りたいと思います。
    元SMAPの木村拓哉様(45)のお母様です。
    “言の葉”の語り手として全国で公演、自尊心を育てる教育も念頭に、日本の様々な母子の支援活動、貢献活動に従事していらっしゃいます」

    kt


    「拓哉が大きくなって芸能界に入ることになって、一番心にグッときたのは、やはり恐喝であり、イジメでした。
    通学路全部にね、族と言いますか地域の人がこう、待ち伏せているんですね。
    どこを通っても何かされるわけです。
    で、そういったことも息子は何も申しませんでしたけれども。
    ワイシャツのポケットがビリっと破れていたりとか、不自然なところに土がついていたりとか。
    それで『どうしたの?』と言っても『ああちょっと』って、それだけだったんですけども。
    段々それがエスカレートしていって、お金の要求になって、一番は友達です。

    友達がやられるからというので、困ったということを初めて(拓哉から)聞いたんですね。
    その時が一番、参ったなーと思いました。
    お陰様で剣道の先生が捜査四課の方でしたので、いろいろとご指導いただきまして難を切り抜けました。はい」

    http://news.livedoor.com/article/detail/14416005/


    所長見解:言ってやるなよ・・・
    【【衝撃事実】キムタク、いじめられっ子だったってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ