ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:木村拓哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所が滝沢秀明体制になってからというもの、毎日のように滝沢の“強権ぶり”がもれ伝わっている。

    今度はマスコミ各社宛てに「元SMAPの表記を使うな」と、一斉通告してきたというのだ。

    「実際、スポーツ紙や月刊女性誌、女性週刊誌などには事務所からFAXなり、担当者にメールで届いたようです。
    ただし男性週刊誌には、そんなものが来たなんて話は聞きません。
    だいたい『SMAP』であれ、『元SMAP』であれ、それを使ったからって何だというのでしょうか。
    意地悪な週刊誌は、そんな話を聞いたら、今後ますます使うでしょう」(週刊誌編集者)

    “SMAP禁止”は正直、今さらな話とも言える。
    解散直後に事務所はメンバーに対して『SMAP』の名と楽曲は新しい仕事で使うなというお達しがあった。

    「でも、そんなのなし崩しでしょう。
    法律じゃあるまいし、名前を使う使わないで自分たちの活動が制限されるのはおかしい。
    それこそ滝沢の独裁です」(ジャニーズライター)

    すでに出されている禁句の文言を、なぜ再び滝沢は使わないよう通達したのか――。
    どうやら滝沢は“かつての栄光人間でもそれは過去のもの”、“自分の体制では何ら功労や栄光は関係ない一兵卒である”、そんなことを示したかったようなのだ。

    t


    独裁事務所・タッキーズ

    「滝沢はすでに『50歳定年制』を打ち出しているといわれています。
    夢を売る男性アイドルですから、SMAPの残党も事務所のいちタレントということで、過去の栄光を捨てて出直し。
    そういう意味が『SMAP使用不可』に含まれているようです」(女性誌記者)

    しかも、このルール徹底は間違いなく、中居正広と木村拓哉の力を削ぐためのものだという。
    過去に出演した大ヒットドラマ、楽曲での栄光は、すべて『SMAP』在籍当時のもの。
    いつまでもすがらせるわけにはいかないのだろう。

    「滝沢の本音は、天敵・中居はもちろんのこと、彼は木村の勢いを削ぎ、両者を事務所の閑職に追いやるのが狙いです。
    滝沢による『SMAP禁止令』は、自分の体制を盤石にするための強権発動でしょう」(同・記者)

    中居も木村も完全にロックオン状態だ。

    https://myjitsu.jp/archives/64928


    所長見解:怖いね・・・

    【【ジャニ新社長】滝沢秀明氏「おまえら『SMAP』使うの禁止な」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    来年放送されるテレビ朝日開局60周年記念スペシャルドラマ『白い巨塔』に、ジャニーズ『V6』の岡田准一が主演することが分かった。
    しかし、原作出版元の新潮社は岡田の起用が本意ではない、との説が囁かれている。

    医学界の人間関係を描いた同作は、2013年に亡くなった故・山崎豊子氏の小説が原作。
    1966年の映画化以降、これまで幾度となく実写化され、田宮二郎、佐藤慶、村上弘明、唐沢寿明といった名優たちが主人公・財前五郎を演じてきた。

    『永遠の0』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、過去の財前役に見劣りすることない実績を誇る岡田。
    一見、不安要素は何もないように思えるが、原作側は“体格”に関して難色を示しているという。

    d


    故・山崎豊子氏への冒涜?

    「生前、山崎氏は、自身の作品に出演する役者に強いこだわりを見せていました。
    今まで『白い巨塔』で財前を演じた村上や田宮は2人とも180センチを超え、03年のドラマで財前を演じた175センチの唐沢には『小さ過ぎる』『イメージに合わない』と不満を漏らし、一度はキャスティングを却下したとか。
    山崎氏と唐沢を交えた食事会でも、山崎氏は『財前役をやるなんていい度胸してるわね。あなた大丈夫?』と唐沢に食って掛かったのです。
    しかし食事会を通して唐沢の人となりを知り、山崎氏は快諾。
    『白い巨塔』放送後には、唐沢の演技を絶賛していました」(芸能ライター)

    一方、岡田の身長は169センチと、これまでの財前役で最も背が低い俳優。
    実際はさらに低い163センチとのウワサもあり、もし山崎氏が存命だったら、間違いなく却下したことだろう。

    山崎氏は、07年のTBSドラマ『華麗なる一族』で木村拓哉が主演を演じたときも、「身長が低過ぎる」と嘆いていたという。

    「以前、ドラマ『のだめカンタービレ』の千秋役を、岡田が演じると決まった後、原作者の猛反発によって、玉木宏に変わったことがあります。
    ジャニーズといえど、原作者には逆らえないのです。
    そこで今回は、すでに原作者が亡くなっている作品に目を付け、私物化しているのでしょう。
    財前役を岡田が務めるのは、死者への冒涜といっても過言ではない。
    死人に口なしといいますが、明らかに原作者が嫌がることを、やってもいいのでしょうか」(テレビ局関係者)

    山崎氏のファンたちも、「先生が生きていたら絶対に許可しなかった!」「山崎豊子が生きてたらナシだったろうな…」と悲しみの声を上げている。

    もはや脇役をチビで固めてお茶を濁すなどしないと、ドラマ放送後にはさらなる炎上が巻き起こりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1545534/


    所長見解:たしかに・・・

    【【名ドラマ】『白い巨塔』は岡田准一の起用が本意ではない説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所に入所して31年の大ベテラン、木村拓哉。
    16年の大みそかにSMAPは解散したが、木村については翌17年から年1ペースで主演映画が封切られており、仕事は好調だ。
    17年は「無限の住人」、今年は嵐・二宮和也との初W主演作「検察側の罪人」が公開。
    19年1月18日には、刑事役を初めて演じる「マスカレード・ホテル」が控える。

    k


    今では日本アカデミー賞受賞俳優の後輩、V6・岡田准一や二宮と肩を並べる銀幕スターだが、10代のころはジャニー喜多川社長からしょっちゅう怒られていたという。

    ジャニーズ事情に詳しいアイドル誌の記者に話を聞いた。

    「あの当時、木村に対するジャニーさんの口癖は、『YOU、むちゃくちゃだよ! 信じられない!』でした。

    91年にSMAPがデビューしてからの数年は、ジャニーさんも必死だったため、灰皿を飛ばして怒鳴ることも当たり前。
    そのころでしょうか、木村が勝手に髪を染めてくると、頭を押さえつけて黒いスプレーを吹き付けたこともあるそうです」

    当時、責任感がなさすぎた木村を叱りつけたのは、ジャニー社長だけではなかった。
    ジャニーズJr.のあいだでは「鬼コーチ」と呼ばれていたダンスレッスンのインストラクターも、キムタクを怒鳴りつけている。

    「その日は『NHK紅白歌合戦』のリハ。
    水をガブガブ飲むわけにいかないと思った木村は、ガムを噛んで喉の渇きをまぎらわそうとしたそうです。
    彼にとってはそれが最善策だったんですが、10代の少年がガムを噛む姿は行儀が悪い。
    ダンスの先生は『おい、ヤル気ないんだったら帰れ!』と怒鳴った。
    それを木村は“これは帰るパターンだ”と解釈して、ホントに帰っちゃったんです。
    そのときもやっぱりジャニーさんは、『YOU、むちゃくちゃだよ!』と嘆いたとか」(前出・アイドル誌記者)

    ジャニー社長も頭を抱えた、10代の木村のはっちゃけぶり。
    そんな木村がタレントとしての自覚を抱くようになったのは、バレエ専門ショップの「チャコット」で初めてダンスシューズを買ったときだという。

    出来の悪い子ほどかわいいというが、ジャニー社長にとってSMAPは“我が子”だったに違いない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1545471/


    所長見解:そうなんだ・・・

    【【キムタク】ジャニー社長も激怒した、木村拓哉の不良時代がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    16日、バナナマンMCの『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』(テレビ朝日系)が放送。
    ゲストの鈴木杏樹が1993年に放送されていた大ヒットドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)の主要メンバーで同窓会をしたことを明かし、ネットで話題となった。

    『あすなろ白書』は、大学で出会った男女5人の恋や友情を描いた作品。
    石田ひかり、筒井道隆、木村拓哉、鈴木杏樹、西島秀俊らが出演しており、最終回の視聴率は31.9%を獲得。
    藤井フミヤが担当した主題歌『TRUE LOVE』はダブルミリオンを達成した。

    s


    鈴木は「20年ぶりに同窓会をしたんですよ」とコメント。
    いつの間にかメンバーの電話番号やメールアドレスが分からなくなり、連絡を取ることが少なくなったのだが、「にっしー(西島)が私の番組にゲストで来て繋がって、ひかちゃん(石田)が『相棒』(テレビ朝日系)に来て……」と久々に共演をして、どんどん再会していったという。
    さらに、「にっしーがみっちー(筒井)と打ち上げで再会して、にっしーがスマスマ(SMAP×SMAP)に出たときに、たっくん(木村)と繋がって」と全員が連絡を取れる状態になったとのこと。

    鈴木が同窓会を行う店に訪れると、「たっくんが一人で座っていたんですよ」と回顧。
    続けて「“一番来なさそうな人が一番に来ている!”と思って、そこから徐々に集まった」と振り返った。

    このレアな同窓会について、SNSでは「あすなろ会の話アツい」「『あすなろ白書』懐かしい!」「にっしー、たっくんとか若さあふれる呼び方たまらん」などと話題となっていた。

    「鈴木の口から『SMAP×SMAP』が出たことについて、ファンが反応していましたね。
    ただ、様子を伺いながらしゃべっていたため、“そんなに言っちゃいけない言葉になっているのか?”との声もありました」(エンタメライター)

    とにもかくにも、25年たった今でも根強いファンが多いドラマであることは間違いない。
    先日、フジテレビでは、現在放送中のドラマ『SUITS/スーツ』に関連して『東京ラブストーリー』を夕方に再放送。
    Twitterにトレンド入りするほど盛り上がっていた。
    今回の放送でこれだけ話題になる『あすなろ白書』の再放送を期待する人も多いのではないだろうか。

    https://npn.co.jp/article/detail/10075238/


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【懐かしい】「あすなろ白書」で共演した西島秀俊、木村拓哉らの同窓会がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉(45)工藤静香(48)夫妻の次女で、5月にモデルデビューしたKoki,(15、コウキ)が15日付の一部朝刊紙で、日本新聞協会の全面広告に登場した。
    Koki,が新聞広告に登場したのは初めて。

    この日から始まる「新聞週間」をPRするための全面広告。
    「#にほんをつなげ74」というテーマで、全国74の新聞各紙で掲載された。
    今回のPRに関して、広告主の日本新聞協会は「今まで新聞との接点があまりなかった人に、新聞に触れてほしい。新聞を読んでみてほしい」との思いがあるとし、その上で、Koki,起用の理由を「強く純粋なまなざしで未来を見つめ、自分の力で未来をひらいていこうという意志を感じさせる」と説明している。

    広告の右上には新聞社ごとに違う番号とひらがな1文字。
    Koki,が紙面ごとにその文字をつぶやいている姿が映っている。
    スポーツ二ッポンでは「No.32『る』」。

    番号は北から南の順で、ひらがなを順番通りに並べると、新聞協会からのメッセージが浮かび上がる仕掛け。
    47文字をつなげると「私はまだ知らない。この国のことや、世界のこと。知ろう、強くなるために。知ろう、一歩踏み出すために。知ろう、自由をまもるために。新聞で未来をひらこう」となる。

    全74紙の広告紙面とともに、メッセージを読むことができる特設サイト
    https://shinbunshukan.com/ )が、16日午後11時59分まで開設されている。

    no title

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/15/kiji/20181015s00041000244000c.html

    所長見解:ゴリゴリやね・・・

    【【キムタク娘】Koki,全国74紙の全面広告に登場した結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ