木村拓哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月16日、 TOKYO FMの「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」放送後、木村のネット番組「木村さ~~ん!」の#46が配信された。

    先週に引き続き、福生でのロケを敢行中の木村と番組ディレクターの蔵持総監督は、ミリタリー雑貨店の「GOOD KING’S」というお店へ。

    たくさんのデニムに「すげぇ~!」とつぶやき、「見たことのない形」とデニムに興味津々の木村。

    店内をいろいろ見て歩き、Tシャツを見る木村は「結構(Tシャツの)メッセージ見ちゃうよねぇ」と言いながら「見入っちゃうなぁ」と、さまざまなTシャツを手に取る。

    そして、ステッカーなどを購入し「福生に来てすげぇ、金落としている。買わされてる…どんどん…」と言いつつ、お店を後にした。


    移動中、先週に続いて、福生のベースサイドストリートの理事長・冨田さんが現れ、「ぜひ行ってほしい」というレコードバー「SURE SHOT」へ。

    レコードを聴きながら、お酒を飲むショットバーで、店内には約2万枚のレコードがあるという。

    「99%好きな曲はある」というマスター。

    木村は昔初めてレコードを聞き始めたときのエピソードを明かしつつ、数々のレコードを夢中で見る。

    k


    「すごいなぁ~」と感心しつつ、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」が初めて買ったレコードだという。


    https://thetv.jp/news/detail/193742/

    所長見解:これは・・・
    【【悲報】木村拓哉、初めて買ったレコードが嘘っぽい件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 「ジャニーズ年表」にSMAPの名前なし!「木村・中居も事務所辞めるの?」

    kn


    6月12日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)の放送内容に、『SMAP』ファンから不満の声が上がっている。

    この日、番組では「ジャニーズ年表」を貼りだし、ジャニーズタレントの事務所入所、デビュー年を紹介しながらトークを進めていったが、年表にはジャニーズ黄金期を支えた『SMAP』のデビュー、メンバーの入所年が紹介されず、視聴者から残念がる声が続出していた。

    この日はTOKIOメンバーの後ろを1977年から2019年までの年表がぐるりと囲む中、元『少年隊』の植草克秀がゲスト出演した。

    国分太一が「今日はNGなしでゆっくりしゃべりましょうよ」と植草に話し掛けながらトークがスタート。

    77年デビューの近藤真彦と『少年隊』の錦織一清、79年デビューの東山紀之、植草と、次々とボードが埋まっていった。


    ■ 『SMAP』結成もボードに記載せず

    ボードには各グループの結成年も記載。

    しかし少年隊結成(81年)、少年隊の歌手デビュー(85年)や城島茂の入所(86年)などはボードにあったものの、SMAPのデビュー(88年)は記載なし。

    現在ジャニーズ事務所に所属する中居正広、木村拓哉らの名前や入所年もボードに書き入れられなかった。

    視聴者からは「年表」に違和感を示す声が続出している。

    《年表に中居くんや、木村君が居ないのよね》
    《SMAPの話は禁句なのかな? 恐ろしい事務所だねぇジャニーズ事務所は…》
    《(中居や木村は)今も 在籍してますけどー! もしかしてもう辞めるからですか~??》
    《事務所出たら個人の名前出さなくなるのは仕方ないと思うけどSMAPが黒歴史的な感じになってんの》
    《しれっとでいいからSMAPもボードに加えてくれ、違和感しかない》


    ファンは『SMAP』や中居、木村の名を入れるべきと指摘。

    「ジャニーズ事務所をもうすぐ出るから名前を入れないのでは」と想像する声まで出た。

    退所組の香取慎吾や草彅剛、稲垣吾郎はともかく、中居や木村の名を入れなかったのは確かに謎だ。


    https://myjitsu.jp/archives/86159

    所長見解:中居はね・・・


    【【元SMAP】木村拓哉・中居正広、ジャニーズ事務所辞める説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2016年の衝撃の解散以来、常に復活説が取り沙汰されているSMAP。

    元メンバーの中居正広(46)もたびたびSMAPのことを口にしては、再結成の可能性をにおわせているが、それを阻んでいるのも実は中居本人だというのだ。

    そこにはある元メンバーとの深い溝が潜んでいるという。

    元SMAPの5人の現状は、香取慎吾(42)、草なぎ剛(44)、稲垣吾郎(45)の3人がジャニーズを退社し、中居と木村拓哉(46)が残留。

    木村が独立に反対したことが分裂の原因だったとされている。

    解散から2年以上が過ぎ、元メンバーの口からもSMAPの話が自然と出るようになってきた。

    i


    そんな中、発売中の『週刊文春』に興味深い中居の発言が掲載された。

    中居が、親しい番組関係者に対して、草なぎ・香取・稲垣の3人を「番組で使ってほしい」と頼み込んでいるというのだ。

    こうした報道に「3人は映画や舞台、ネットテレビ、アーティスト活動など幅広い活動をしているが、地上波のテレビだけはいまだにままならない状況です。
    中居はそれに気をもんでいるそうです」と民放関係者も理解を示す。

    最近の5人の活動にはどこかしらにSMAPのにおいが感じられることがある。

    木村はラジオ番組でSMAPの曲を流してファンを喜ばせ、香取は出演したイベントの共演者が木村を思わせる名前だったときに、それをイジるだけの余裕が出ている。

    こうした、ちょっとした出来事の積み重ねが、SMAP再結成への期待につながっているのだ。

    2020年の東京パラリンピックがそのタイミングともささやかれる。

    「解散のとき、一番頑なだったのは香取だったとされていますが、時間がたつにつれて、香取と中居、香取と木村の間の溝が徐々に薄れています」とベテラン芸能リポーターは指摘する。

    「しかし、最大の障壁は中居と木村の間にある溝ですね。
    特に中居が木村に対して思うところがあるというんです。
    もともとは中居も独立派でしたが、木村の単独行動がそれをつぶしたという思いが今も強く残っているのです。
    テレビ番組で謝罪したときも、リーダーは中居なのに、木村が中心に立っていた。
    そうしたことがわだかまりになっており、今でも親しいスタッフには『木村だけは許さない』ということを漏らしているそうです。
    木村もそれを感じています」と、このベテラン芸能リポーターが続ける。

    四十男たちのもつれた糸が解けるときは、いつか来るのだろうか。


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16607707/

    所長見解:まあね・・・

    【【悲報】「SMAP再結成」が不可能な深刻すぎる理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    来年の新春にフジテレビ開局60周年記念ドラマ「教場」(2夜連続)に警察学校の冷徹な教官役で主演することが報じられた元SMAPの木村拓哉(46)に、不穏情報が飛び交っている。

    なんとKAT-TUNの亀梨和也(33)が、憧れの大先輩だったはずの木村に、ガチギレし「絶対に許さない!!」と息巻いているというのだ。

    2人の間に何があったのか? 

    テレビ業界に激震を走らせた極秘ネタを追跡してみると――。


    表ざたにはなっていないものの、最近の芸能界で話題になっているのが「亀梨和也VS木村拓哉」のガチゲンカだという。

    「どこまで本気なのかはわかりませんが、亀梨の怒り方はハンパじゃなかったですよ。
    周囲に人がいるにもかかわらず、大きな声で『絶対に拓哉さんを許さない!! オレは裏切られた!』と叫んでいたそうなんです。
    あまりの剣幕に周囲はドン引きしていた」(事情通)

    この話を聞いた業界関係者の多くが驚きを隠さないでいる。

    というのも亀梨にとって木村は“最も尊敬すべき先輩”という認識で一致していたからだ。

    亀梨は木村に憧れて芸能界を目指しただけでなく、以前からファッションや言動など、あらゆる面でお手本にしてきたといわれる。

    そんな亀梨が、木村に対しマジギレしたばかりか“絶縁状”を叩きつけたというから穏やかではない。

    f


    なぜ突然、そんな事態になったのか?

    ある放送作家は「亀梨にとってファンや一般人に絶対に知られたくなかった“秘密”を木村が、ラジオ番組で暴露してしまったんです」と明かす。

    問題となったのは先月5日に放送された、木村がメインMCを務めるラジオ番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」(TOKYO FM)だ。

    俳優の桐谷健太をゲストに迎え、ラジオ番組ならではの“ぶっちゃけトーク”を披露したのだが…。

    「木村はプライべートで遊びに行くバーで、酔いも手伝って上半身裸になり、エアギターをしながら桐谷と絡んでいたそうです。
    そこに亀梨が入ってきた。
    亀梨はシラフだったにもかかわらず、『超楽しそうじゃないっすか!』と、自分も上半身裸になって木村、桐谷と一緒にエアギタープレイに参戦したんです」(同)

    その場で木村は、亀梨の体を見て目が点になってしまったとか。

    「なんと亀梨のおなかがポッコリ出ていたのだ。
    それで木村は亀梨に『お前、案外ポニョってんな。何でそんなにポニョってんだよ』と指摘したそうです。
    その日、木村と桐谷から何度も亀梨は“ポニョ”といじられた。
    この苦い経験から亀梨は『オレはジャニーズの腹キン(筋)グになる!』と宣言。
    人が変わったように筋肉、特に腹筋を鍛えるようになった」(同)

    その言葉通り、今や亀梨はジャニーズタレントでも一、二を争う筋肉美の持ち主になったという。

    「でも亀梨にしたら、この話は絶対に知られたくない黒歴史なんです。
    いくら敬愛する木村だからといって、ラジオでネタとしてバラされてしまい激怒した。
    この話を亀梨は、フジテレビ系のドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』の収録現場で、スタッフと一緒にラジオを聞いていて、知ったそうです」(関係者)

    木村が暴露した直後、亀梨はそのまま楽屋に逃げ込んでしまったとか。

    だが、一方でこんな声もある。

    「いや、亀梨は怒ったフリをしているだけですよ。
    彼が激怒したフリをするのは、その場を和ませる鉄板ネタなんです。
    実はドラマの視聴率が悪く、現場の雰囲気も悪いので、なんとか盛り上げようとしているだけですよ」(テレビ局関係者)

    木村と亀梨に突然、浮上した不仲説。

    果たして真相は?


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000013-tospoweb-ent

    所長見解:なんやねん・・・

    【【不仲】亀梨和也「木村拓哉を絶対に許さない!」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    見たことのない冷酷なキムタク…フジ開局60周年スペシャルドラマで“鬼教官”20年新春放送

    俳優の木村拓哉(46)が、フジテレビ開局60周年記念の同局系スペシャルドラマ「教場」(20年新春、2夜連続放送)に主演することが2日、発表された。

    先月末に10月期のTBS系日曜劇場(タイトル未定、後9時)で天才シェフ役を演じることが発表されたばかり。

    スペシャルドラマ主演は、14年3月のテレ朝開局55周年「宮本武蔵」以来となる。

    k


    これまで数々演じてきた“ヒーロー”から一転、今作で演じるのは冷酷無比な警察学校の教官という役どころ。

    同名ベストセラー小説の初の映像化。

    「おそらく見たことのない、味わったことのない作品になると思うので驚く方が多いのではないかと思います」と新境地に挑む心境を明かした。

    このほど、クランクインを迎え「一刻も早く撮影したかった。
    ようやくゲートが開いて前に進むことができるという思い」と刺激的な日々を送っている。

     
    脚本完成前の段階から実際の警察学校に視察に訪れ、役作りにも取り組んだという。

    演出は「自分にとって教官に近い存在」という中江功監督。

    「眠れる森」(フジ系、98年)、「プライド」(同系、04年)などで仕事を共にしてきた。

    早い段階から話し合いを重ね「自分なりに掘り下げながら、みんなと一緒に作り上げている」。

    新境地だからこそ、並々ならぬ姿勢で今作と向き合っている。

     
    劇中では、小・中学校時代に熱中した剣道のシーンも盛り込まれる。

    時代劇では何度も殺陣で剣術を披露してきたが「剣道をドラマの中でやるのは初めて。
    いろいろな経験が今になって生きているのだと思いました」と心待ちにしている。

     
    脚本を手がけたのは「踊る大捜査線」シリーズなどの君塚良一氏で、木村とは今回が初タッグ。

    ヒットメーカーが手がけた物語に「原作、脚本どちらも読み物として面白いので、具現化するのは非常にハードルが高い」と木村。

    目の前に立ちはだかる壁に芝居心をくすぐられながら作り上げる“鬼教官”の姿に、注目が集まる。

     
    ◆「教場」 シリーズ累計55万部の長岡弘樹氏の警察小説。
    13年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、14年「このミステリーがすごい!」第2位を獲得。
    主人公は「警察学校は適性のない人間をふるい落とす場」とトラブルに見舞われる生徒に退校届を突きつける非情な教官。
    過酷な警察学校で覚醒していく生徒の青春物語であり、厳格な教官が個性あふれる生徒と向き合う人間教育の物語。


    ドラマで警察学校教官を演じる木村拓哉 
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190603-00010000-spht-000-1-view.jpg 

    木村拓哉が主演するドラマ「教場」原作書影 
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190603-00010000-spht-001-1-view.jpg 


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00010000-spht-ent 

    所長見解:順調やね・・・

    【【これは初めて】見たことのない冷酷な木村拓哉がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ