木村拓哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    y



    哀川翔って、キムタクや綾瀬はるかよりこんな小さかったんだな


    ▼画像
    https://www.fashion-press.net/img/movies/24344/3Kg.jpg


    キャメラだと大きく見えるもんだな
    所長見解:ほんまや・・・

    【【悲報】哀川翔さん、キムタクや綾瀬はるかより小さい模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉、「ガーシーから女性をアテンド」発覚も…

    ホテルでの対応にネットが驚愕「キムタクさすがだな」



    f


    6月11日、暴露系YouTuber・東谷義和の動画に、美容師の菊地勲氏が出演。

    動画では東谷氏が、菊地氏に髪を切られながらSMAPに関する暴露を行った。



    「動画に登場した菊池氏は、小倉優子の元旦那として知られ、過去にSMAPのヘアメイクなども担当していたカリスマ美容師です。
    今回の動画では、東谷氏と菊地氏が、過去に関わりがあったという木村拓哉に関する逸話を披露しました。
    東谷氏によるとある日、菊地氏から、“ハワイにいる木村拓哉に女の子を紹介してほしい”と電話で頼まれたことがあったのだとか。
    これに当時、木村の大ファンだった東谷氏は『あのキムタクにアテンドできるかもしれない!』と大興奮したらしく、すぐにハワイにいる知り合いの女性に連絡しまくったそうです」(芸能記者)



    東谷氏は、これまで数多くの男性有名人に無償で女性をアテンドしてきたと公言している。

    そして、紹介を受けた男性のほとんどが女性と一夜をともにするわけだが、東谷氏によると、木村だけはほかの男性と違う行動を見せたという。



    「木村に女性をアテンドした数時間後、東谷氏は、ホテルから帰ってきた彼女に詳細を聞いたそう。
    その女性によれば、ホテルに到着しマネージャーを通して部屋に入ると、そこには木村と、ちょっとしたお酒とつまみが用意されていたのだとか。
    その後、彼のマネージャーを含めた3人で楽しくお酒を飲んだそうですが、木村はその間もずっと紳士的だったそう。
    そして最後も、『そろそろ遅いから気をつけて帰ってね』とタクシーを呼んでもらい、下心が一切なかったため、女性は“キムタクやばい! カッコよすぎる!”と感動しながら帰ったとのこと。
    このエピソードに、ネットやファンの間では『キムタクさすがだな』『やっぱりトップに長年いる人は責任感があり、私生活もちゃんとしてるんだなぁ』『キムタクはやっぱりキムタク』と驚きや称賛の声が飛び交いました」(前出・芸能記者)



    当初から「キムタクの逸話がある」と予告していた東谷氏。

    しかしそれがネガティブな内容ではなかったことで、多くのファンを安堵させたようだ。



    https://asajo.jp/excerpt/143693
    所長見解:ほんまなんか・・・

    【【暴露系ユーチューバー】ガーシー、キムタクに女性をアテンドした結果・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉(49)、ジャニーズ退所へ。

    後輩の二宮に序列で上に立たれ



    k


    木村拓哉の周辺が慌ただしい。

    主演ドラマ『未来への10カウント』が視聴率低迷を理由に放送回を繰り上げて終わると報じられたからだ。


    「『未来への――』は視聴率が一桁台になったことで大騒動になりました。
    テレビ朝日は地方局なども巻き込んで必死の宣伝を行うことに。

    その結果、視聴率は徐々に回復。
    全話平均で何とか二桁を死守できそうな雰囲気が出てきました。

    『FRIDAY』のネット記事で打ち切り予測の記事が配信されましたが、すぐに削除される珍事態に。
    これも、テレ朝サイドが猛抗議をした結果だといわれています」(民放テレビ関係者)



    キムタクブランドに陰りが見え始めている中、奇しくも春ドラマで直接対決となった二宮和也との関係性が注目されている。

    「二宮が主演を務める日曜劇場『マイファミリー』は、5月22日に第7話が放送され、関東地区での平均世帯視聴率が前回よりもアップし13.2%でした。
    個人視聴率も8.2%と、かなり高い数値を維持しています。

    事件解決の最終回に向けて、さらに視聴率が上る可能性がある。
    二宮の演技もさすがの一言で、完全に木村を食っています」(同・関係者)


    二宮は今後も『24時間テレビ』のパーソナリティーや主演映画を控えるなど『嵐』の活動休止後も勢いが止まらない状況になっている。

    「YouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』も『24時間テレビ』とタッグを組むことで、年内には登録者数が500万人を突破するのではないかと。
    今後、数年先まで映画やドラマの内定が入っていて、現在、事務所での俳優としての位置は、木村を越えたといわれています。
    もう完全に天下を取った形になっていますよ」(芸能記者)



    そんな雰囲気を察知したのか、最近、木村に変化があったという。

    「木村にはかねて独立の話がありましたが、ついに来年をめどに動き出すとの情報が。
    どうやら木村も妻の工藤静香のプロデュース配下に入る予定のようで、独立に向けて調整を進めているとか。
    恩義があるジャニーズ事務所からの独立に二の足を踏んでいた木村ですが、後輩の二宮に序列で上に立たれたことで踏ん切りがついたようです」(同・記者)


    https://weekly-jitsuwa.jp/archives/63329
    所長見解:あかんか・・・

    【【激怒】木村拓哉(49)、後輩の二宮和也に序列で上に立たれジャニーズ退所ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉『未来への10カウント』最終回繰り上げ、9話で終了へ


    k


    木村拓哉の2年ぶりの主演ドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)が、10カウントを数え終わる前に「KO」になるという。

    4月14日にスタートし、6月16日まで計10回放送の予定だったが、6月9日放送の9話で最終回を迎える…というのだ。


    ドラマのあらすじは、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、母校の高校ボクシング部のコーチに就任し、生徒たちと交流することで、熱い気持ちを取り戻して蘇っていくというもの。

    木村が学園スポーツドラマに初挑戦するということで、放送開始前は大きな話題を呼んだが、第3話で視聴率(世帯平均視聴率/関東地区、以下同)が木村の主演ドラマ史上初めて9・9%と1ケタ台に陥落。

    第4話も9・6%まで下がってしまった。



    「妻に先立たれて世をはかなむ木村さんのボクシング部コーチの役柄が『気の毒で見ていられない』というファンもいますが、それ以上に『ボソボソしゃべりのセリフが聞き取りにくい』という声があります。
    さらに難しかったのは、今作はシンプルなスポコンドラマということ。

    スポコンものは世に溢れており、よほど新しい切り口がなければいくら木村さんが頑張ったとしても限界があるのでは、という懸念が放送前からありました。
    その嫌な予感が的中してしまいました」(制作会社関係者)



    制作陣も、ただ手をこまねいていたわけではない。

    6分拡大スペシャルで放送された5月19日の第6話で、木村はボクシング部員の西条桃介(村上虹郎)らを相手に連続スパーリングの白熱シーンに挑戦。

    暗いキムタクから“かっこいいキムタク”に戻ったことで、視聴率も11・1%と第5話の10・6%からさらに伸びた。

    ただ、いかんせん火が着くのが少し遅かった。


    「テレ朝としては6月16日までドラマを続けるかギリギリまで決めかねていましたが、先日、最終回を1週間早める決断を下したようです。
    16日は『警視庁・捜査一課長 season6』を2時間スペシャルに拡大して対応する予定だとか。
    『未来への-』は勢いを取り戻したことで、全話ならして平均で2ケタをキープできる公算が高いと踏んだのでしょう。
    最終章に突入する26日放送の第7話も拡大スペシャル。
    一気に畳みかけて最終回に向けて数字を上げていく作戦のようです」(テレ朝関係者)



    9RでKOとはいえ、4月期のドラマの中で2位の座を死守。

    クライマックスに向けて、どう盛り上がりを作っていくのかにはファンならずとも注目だ!



    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d03e6e7435484edbb2be9b90136499d5bce234b
    所長見解:そらな・・・

    【【悲報】キムタク主演ドラマ、最終回繰り上げで打ち切りってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    キムタクピンチ!

    ドラマの視聴率が初の10%割れか… 



    k


    木村拓哉『未来への10カウント』、2ケタ発進も「局関係者は青ざめている」

    ーーテレ朝「視聴率1ケタ台は許されない」と焦りの声


    4月14日、テレビ朝日系「木曜ドラマ」枠で木村拓哉主演の連続ドラマ『未来への10カウント』がスタートした。

    世帯平均視聴率は11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、2ケタ発進を遂げたが、この結果に「局関係者は青ざめている」(スポーツ紙記者)という。

    テレ朝としては『未来への10カウント』の視聴率推移を悠長に見守っていられない状況。

    というのも、木村はこれまで主演してきた連ドラで視聴率1ケタ台を
    一度も出したことがないため、今作で初めて10%を下回ってしまえば一大事だからです。


    https://www.cyzowoman.com/2022/04/post_384773_1.html
    所長見解:もうな・・・

    【【悲報】木村拓哉さん、ドラマの視聴率がヤバすぎる問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ