ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:朝ドラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    14週連続で週平均視聴率が20%の大台を超え、好調を維持しているNHK連続テレビ小説『半分、青い。』。
    9月29日の最終回より一足早く、8月20日に都内のホテルで打ち上げパーティが行なわれた。
    ヒロイン・鈴愛役の永野芽郁(18)をはじめ、松雪泰子(45)や原田知世(50)など豪華キャストら200人以上が出席し大盛況だった。

    打ち上げ3日前の17日、ドラマはクランクアップ。
    だが、その時のNHKによる“鉄のカーテン”が話題になっている。

    「朝ドラのクランクアップは報道陣が集められるのが通例ですが、今回は非公開。
    NHK側は“お盆の週だし、夜も遅いから”と説明しましたが、過去に撮影が深夜に及ぶほど長引いて報道陣が『待ち』になったことはいくらでもあった」(スポーツ紙記者)

    なんとも不可解な「締め出し」の裏事情を関係者が明かす。

    「その日は最終回の撮影が行なわれましたが、内容は視聴者にとってサプライズな展開だったそうです。
    放送前にネタバレしてしまうことを恐れて、非公開にしたといわれています」

    h


    熱心な視聴者は、鈴愛と律(佐藤健、29)の恋の行方に気を揉んでいる。
    同じ日に生まれた幼なじみの2人は、一度は互いに別の相手と結婚したが、鈴愛は離婚して実家に戻り、律も母の介護のために妻子を残して戻ってきた。

    「2人の関係を、あくまで仕事上のパートナーとしたい意向を制作側は持っているといわれてきましたが、『半分、青い。』ファンの理想は最終的に“くっつく”こと。
    異例の“秘密撮影”は、ファンの期待に応える方向のサプライズな内容だったから……なのかもしれません」(同前)

    単刀直入にNHKに尋ねると「ドラマは、最後まで目の離せない展開になっています」とのこと。

    ちなみに17日の撮影は、鈴愛の実家であるつくし食堂のシーンがメインだった。
    両親を演じた松雪や滝藤賢一(41)に混じって、佐藤の姿ももちろんあったという。
    意外なラストやいかに。

    ※週刊ポスト
    http://news.livedoor.com/article/detail/15215260/


    所長見解:どうなる・・・

    【【秘密撮影】NHK・朝ドラ『半分、青い。』異例の最終回がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    永野芽郁「半分、青い。」苦闘の日々明かす…涙、不眠、難聴「境地に達した」薬も処方「飲むと顔が…」

    n


    NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月ー土曜前8・00)のヒロインを務める女優の永野芽郁(18)が21日、自身のブログを更新。
    17日夜にクランクアップ、大役を勤め上げた心境を明かした。

    ドラマは昨年10月23日に岐阜県内でクランクイン。
    永野は昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走した。(中略)

    永野は「『半分、青い。』撮影無事終了しましたー!!わーい!!おわったー!!」と切り出し「長いようで短かったなぁと今は思えます。
    ゴールはこの辺だと分かっていても、そこまで辿り着けない気がして、朝起きるのがしんどくて、笑いたいのに笑えない日もあったし、色んなことがあった10カ月だったな」と振り返った。

    「10カ月現場にいるのは、やっぱり自分にとってはものすごい長い時間で、少しの間だから毎日笑ってよう!ができなくて、いつもなら笑ったまま終えてたものも、そうはいかなくて、泣きまくってる時もあったし、全く声を発さない日もあったし、でも、ある意味すごく人間らしく、生きてる時間だったなと思います。
    毎日押し寄せる感情をなかったことにしようと頑張ってみたり、これが私だって開き直ってみたり、色んな方法で試したりして、自分に正直になってみたり、少し嘘ついてみたりするって、生きてるからこそだなとか思ったり、ちょっとなにが言いたいのか、よくわからなくなってきたけど、とても人間らしかった気がします(笑)」と苦闘の日々を明かした。

    「今までなら帰りの車に乗ると、スイッチが切れて素に戻れてたけど、長い期間スズメとして生きてたから、家に帰っても自分が何者なのか、よくわからなくなってたなぁ。
    心が2つあると、パワフルにもなるけど脆くもなるから、なんだろうな。
    自分なのか、スズメなのか、何かと一生懸命向き合って毎日毎日朝ドラしてました」

    そして「スズメがよくわからなくなった時も、頑張って近づこうと思ったし、どうやったらこのセリフが言えるかって何もない頭なりに考えたし、周りの方々に支えていただいたりしながら、がむしゃらに過ごしてました。
    台詞が全く入らなくなった時、どんだけ読み込んでも、2行しか入らなくて、そんな自分にも腹が立って、全部がカチコチに固まって、ほぐれる瞬間がなかなかなくて、布団に入っても目を閉じても、眠れなくて苦しくなって、撮影しながら眠くてカクンカクンしてたり(笑)」。
    不眠にも悩まされていた。

    さらに「耳が本番中に聞こえなくなって、あ、完全にスズメが乗り移ってるって、重い話とかじゃなくて、ちょっとうれしくなったりして(笑)」と難聴にまでなった。
    「境地に達したとは、まさにこのことかもしれないと、自分の身をもって初めて体験したかも(笑)
    色んなお薬を処方していただいて、飲むと顔がボールみたいになって、そんな姿でも毎日撮影するから、それが毎朝放送されることが悔しい!(笑)。
    コンディションを完璧になんていうのは、もう全然無理で(笑)、みなさま、ごめんなさい(笑)」と打ち明けた。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/21/kiji/20180821s00041000198000c.html


    所長見解:大変やね・・・

    【【壮絶告白】NHK朝ドラ主演女優・永野芽郁、「半分、青い。」苦闘の日々がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マナカナ、吉田栄作との大げんかを告白

    双子女優の三倉茉奈・佳奈(32)が17日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演し、茉奈が俳優・吉田栄作(49)と因縁があったことを激白した。

    m


    三倉と吉田はNHK連続テレビ小説「だんだん」で親子として共演。
    茉奈は撮影後、突如吉田から呼び捨てでダメ出しされたことがあったと明かし、これほどストレートにダメ出しされたことがなかたため、うっとうしくなっていたと話した。
    さらに後日、居酒屋で30分以上も説教が続いたことがあり怒りは頂点に。
    吉田に物を投げるなど大げんかに発展したことを告白した。

    VTRで出演した吉田は当時について「演出家に言われたことが、茉奈の腑に落ちてないシーンがあって、『ちゃんとできなかったら、オマエの今後の役者人生はないものと思え』みたいなことを俺が言ったんですよ」と振り返った。
    演出家の指示を表現できない理由が照れだと感じ、あえて強く言うことで茉奈の羞恥心を取りのぞこうとしたのだと説明し、「家族のドラマをやっていると、本当に親と子供みたいになっていくもの」と、本番以外でも父親として接していたと語った。

    三倉とはこの事件以来、本当の親子のような関係だと話す吉田。
    「茉奈はね、幸せで、問題は佳奈…早く(結婚)1回目いこうか」とコメント。
    笑いを誘った。

    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180817-OHT1T50189.html


    所長見解:めんどくさいな・・・

    【【双子女優】マナカナ、吉田栄作と大げんかした結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『週刊ポスト』読者300人を対象に「歴代最高の朝ドラ女優」についてアンケートを実施した。
    NHKの朝ドラこと「連続テレビ小説」は、1961年の開始以降、その時代に輝くスター女優を輩出してきた。

    h


    アンケートの結果、1位に『ひよっこ』(2017年)の有村架純、2位に『あまちゃん』(2013年春)の能年玲奈(2016年、のんに改名)がランク入り。
    3位に食い込んだのは、シニア世代の読者から圧倒的な支持を得て『おはなはん』(1966年)の樫山文枝。

    夫を病で失ったおはなはんが、女手ひとつで子どもたちを育てながら、明治中期から戦後までの激動の時代を生きていく──
    そんな物語を描いた同作は、最高視聴率56.4%を記録し、放送中は全国の水道利用量が急激に減ったという逸話を持つ。

    「まさにかじりつくように見ていました。
    樫山文枝の演じるおはなはんは、どんな苦境でも決して笑顔を忘れない。
    天真爛漫で本当に可愛くて、それでいてたくましかった」(72・無職)

    4位、5位は『とと姉ちゃん』(2016年春)の高畑充希、『まれ』(2015年春)の土屋太鳳と近年のヒロインが続いたが、6位には『澪つくし』(1985年春)の沢口靖子がランクイン。
    『澪つくし』以前は映画『刑事物語3』に出演したことがあるだけで、主演も連ドラも初めてだった沢口は、文字通り朝ドラを入り口にスター女優へと駆け上がった。

    同作の脚本を担当したジェームス三木氏が語る。

    「彼女を朝ドラに推したのは、僕なんです。
    『刑事物語3』を観たら、演技はイマイチだけど、それを吹き飛ばす瑞々しい魅力があってね。
    NHKのプロデューサーに『端役でもいいから使いなよ』って話したら、オーディションであれよあれよという間にヒロインの座を射止めちゃった。
    彼女には思わず応援したくなる“健気な可憐さ”があった。
    演技力は発展途上なのに、否応なく引き込まれるんです」

    7位は『はね駒』(1986年春)の斉藤由貴。
    沢口とは対照的に、すでに『スケバン刑事』(1985年)に主演するなどアイドルとして人気絶頂だった彼女は、多忙を極めるなかで半年間、ヒロインを演じ切った。

    テレビドラマに詳しいフリーライターの田幸和歌子氏が語る。

    「彼女が演じた“りん”は女性記者の草分け的存在で、許嫁との結婚を自ら破談にして福島から上京するという、当時としては思い切った役どころでした。
    『はね駒』はお転婆娘という意味ですが、りんのお転婆な可愛さと斎藤さんの大きな目、エネルギッシュなイメージがぴったりでした」


    ※週刊ポスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00000007-pseven-ent


    所長見解:見てるよな・・・

    【【調査結果】朝ドラ歴代最高ヒロインがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    NHKの「朝ドラ」の現場がピリピリしているという。
    来年4月スタートの朝ドラ『なつぞら』で、ヒロインを務める広瀬すず(20)が、共演する松嶋菜々子(44)からパワハラ攻撃を受け、早くも爆発寸前の状態に突入しているというのだが…。
     
    s


    「松嶋の“パワハラ疑惑”は7月10日発売の『女性自身』が報じて表面化しました。
    『なつぞら』は、NHK朝ドラ100作目となる記念的大型作品で、広瀬演じる、高度経済成長期にアニメーターを目指して北海道・十勝から上京する少女の人生を描きます。
    松嶋は広瀬の義理の母役なのですが、現場で初顔合わせした際、広瀬に“ちゃんと台本読んできてね”と、お局色丸出しの痛烈忠告をし、現場が凍り付いたというのです」(芸能記者)

    確かに松嶋は、'96年『ひまわり』でヒロインを務めており、NHK朝ドラの大先輩ではある。
    「そんな松嶋から頭ごなしに忠告をされたら、このご時世、“パワハラ”と感じてもおかしくない。
    その後も松嶋は、先輩風を吹かせつつ、広瀬に指導するなどし、妙な空気になっているそうです。
    広瀬は親しい関係者に怒りを訴えており、もはや“ブチキレ5秒前”状態だそうですよ」(同)

    だが、彼女いわく、台本は1回読めば暗記できるのだという。
    ゆえに、台本には何も書き込まず、撮影現場でも台本を読まない主義だというのだが、そういう態度も松嶋の気に障ったのかも…。

    そうした状況の中、周囲が心配しているのが、広瀬のプッツン暴走だ。
    「もともとヤンチャな性格で知られる広瀬だけに、松嶋の攻撃が続くと、いつブチ切れるか分かりません。
    特に彼女は、キックボクシングで鍛えており、格闘家並みの戦闘能力を持っている。
    どんなきっかけで、松嶋にパンチやキックの報復をするか、周囲はヒヤヒヤです」(芸能関係者)

    最近、“三重苦”に見舞われているだけに、なお一層、プッツンリスクは高い。
    1つ目は、『なつぞら』ヒロインが決まったため、放送終了の来秋まで男問題が絶対NGになったことだ。
    「それだけでも爆発寸前なのに、1月には実兄が地元静岡で酒気帯び運転容疑で逮捕され、広瀬まで謝罪コメントを出すハメに。
    さらに1月期の主演連ドラ『anone』(日本テレビ系)が平均視聴率6.1%と大惨敗した。
    そうした中、朝ドラを成功させるプレッシャーは相当で、松嶋に暴行を加えてそのまま投げ出し降板する、という可能性はゼロではない。
    また、懸念されるのは、ブチ切れて、岡田将生、山田裕貴、吉沢亮ら『なつぞら』のイケメン共演陣を食べてしまうこと」(放送記者)

    以前、ファンの質問に、「私こう見えてもメンタルだけは無敵なんです」と言い切った広瀬。
    NHKさん無事に放送開始できればいいですね。

    https://wjn.jp/article/detail/0862608/

    所長見解:おもろいね・・・

    【【NHK朝ドラ】広瀬すずがパワハラ松嶋菜々子と爆発寸前状態 ←これwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ