朝ドラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    一番はまった!平成最強の「朝ドラ」ランキング

    毎回注目を集めるNHK連続テレビ小説、通称“朝ドラ”。

    平成の約31年間でさまざまな作品が放送され、大きな話題になりました。

    では、お茶の間が一番面白かったと感じているのはどの作品なのでしょうか。

    そこで今回は、一番はまった平成最強の朝ドラについて探ってみました。

    d


    1位 あまちゃん

    2位 あさが来た

    3位 ちゅらさん

    ⇒4位以降のランキング結果はこちら!
    https://ranking.goo.ne.jp/column/5825/ranking/51898/


    ●1位は『あまちゃん』!

    2013年に放送された『あまちゃん』。
    東北地方・岩手県三陸海岸沿いの町を舞台に、挫折を経験しながらも夢を追い続ける主人公や、その周囲の人たちの奮闘をコミカルに、ときにハートフルに描いた作品。
    宮藤官九郎が脚本を務めたこともあり、ユーモラスなせりふや演出が盛りだくさん!
    のん(旧芸名:能年玲奈)、小泉今日子をはじめとした個性的なキャストが多数出演し、毎回ストーリーを盛り上げ、名せりふ「じぇじぇじぇ」は一躍社会現象にもなりました。
    そんな面白く、ハートウォーミングなシーン満載の『あまちゃん』に、はまった人が多く1位となりました。


    ●2位は『あさが来た』!

    2015年に放送された『あさが来た』。
    実業家であり、教育者の広岡浅子の生涯を描いたこの作品。
    波瑠がヒロインを務め、ヒロインの夫を玉木宏が演じました。
    そしてこの作品で脚光を浴びたのが、主人公を支えた五代友厚を演じたディーン・フジオカ。
    爽やかで堅実、紳士でかっこいい五代様が病に倒れたときは多くの視聴者がショックを受け、“五代ロス”という言葉がブームになったほど。
    そんな多くの人をとりこにした『あさが来た』が2位となりました。


    ●3位は『ちゅらさん』!

    2001年に放送された『ちゅらさん』。
    沖縄県の小浜島で生まれ育った国仲涼子演じるヒロインが家族から離れ、看護師として成長する姿を描いたこの作品。
    小浜島の家族には堺正章、平良とみ、ゴリ(ガレッジセール)など豪華なキャストがズラリ。
    家族愛に胸打たれ、優しい沖縄の方言に癒された人が多数。
    3位となりました。


    このように、今も語り継がれる人気作品が上位に選ばれる結果となりました。

    気になる4位~59位のランキング結果もぜひご覧ください。

    みなさんは、どの朝ドラが平成最強だと思いますか?


    https://ranking.goo.ne.jp/column/5825/ 

    所長見解:あまちゃんよな・・・

    【【結果発表】平成の一番人気「朝ドラ」がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHK連続テレビ小説『なつぞら』が好調だ。

    4月5日に放送された第5話では、1996年後期放送の『ふたりっ子』でヒロインを務めた女優・岩崎ひろみが登場し、往年の朝ドラファンから歓喜の声が上がった。

    『なつぞら』は節目の朝ドラ100作目とあって、すでに出演している松嶋菜々子の他にも、小林綾子、山口智子、比嘉愛未、貫地谷しほり、北林早苗ら、歴代の朝ドラヒロインが多く登場することも話題になっている。

    n


    一方で、北海道が舞台になっていることから、早くも〝あの人〟の登場を期待する声も。

    「北海道出身の人気俳優といえば大泉洋でしょう。
    大泉は江別市出身で、大学時代には演劇ユニット『TEAM NACS』で活躍していました。
    劇団は今やチケットを取るのがもっとも難しいといわれるほど大人気で、メンバーはドラマや映画に引っ張りだこになっています」(エンタメ誌記者)


    大泉の郷土愛に期待

    『なつぞら』には既に、安田顕、音尾琢真、戸次重幸らNACSのメンバーが登場済みで、ファンからは、

    《東京編になってからサプライズ出演すると思う》
    《大泉洋は絶対に出演すると思うよ。間違いない》
    《あえて十勝編には登場させない作戦だな》
    《リーダーの森崎博之とのダブル出演だろ》

    など、今後、いつどんな形で大泉が出演するのか予想する声が広がっている。

    「番組記者会見で制作統括の磯智明チーフプロデューサーが、NACSリーダーの森崎博之の出演に含みを持たせる発言をしていましたが、そうなれば当然、大泉にも水面下で出演交渉しているのは間違いないでしょう。
    ただ、大泉は7月からスタートする日曜劇場『ノーサイド』の主演が決まっているため、スケジュールの調整がかなり難しいかと。
    しかし郷土愛の強い役者だけに、何とか時間を作り、喜んで出演すると思いますよ」(同・記者)

    前作『まんぷく』では、ヒロイン・安藤サクラの実の父親・奥田瑛二が出演したことも話題になった。

    『なつぞら』にも当然、同じようなサプライズを視聴者は期待しているだろう。

    視聴者からの期待の声がNHKに届くか。

    しばらくは今後の展開から目が離せそうにない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1765609/

    所長見解:おもしろいよね・・・

    【【あの人気俳優】NHK・朝ドラ『なつぞら』に出演が噂される大物役者がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    目撃!ハリコミ24

    六本木 20時00分

    永野芽郁はセレクトショップの店内を歩きまわり、春モノを入念にチェック。

    多忙を極める彼女だけに、こんなひとときが貴重なのだろう。
     
    「朝ドラのヒロインを務めた女優にとって、その直後に出演する作品の良し悪しは演じ手としての将来を左右するほど大切。
    その点で、彼女は大成功を収めたといっていいでしょう」

    芸能プロ関係者がそう話すのは、朝ドラ『半分、青い。』でヒロインを演じた永野芽郁(19)のこと。

    今クール出演した『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)は高視聴率を記録し、映画『君は月夜に光り輝く』では、不治の病に侵された主人公を熱演している。

    m


    本誌がそんな彼女を目撃したのは、3月中旬の夜8時前。

    六本木(港区)のとあるセレクトショップだった。

    永野はダークカラーのマニキュアをつけ、肩からはプラダのバッグを提げている。

    ジュニアモデル出身だけに、さすがオシャレ感度も高い。

    永野はしばらく服を物色した末、試着して"お買い上げ"していた。

    現在、ドラマや映画の出演オファーが殺到しているという永野。

    多忙な毎日を送る中、買い物が大事なリフレッシュタイムになっているようだ。


    画像①

    画像②


    http://news.livedoor.com/article/detail/16282804/
    FRIDAYデジタル

    所長見解:かわいいやん・・・

    【【朝ドラ女優】永野芽郁のプライベートを盗撮がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の広瀬すずがヒロインを務める2019年度前期NHK連続テレビ小説『なつぞら』(4月1日スタート、毎週月~土曜8:00~)のメインポスタービジュアルが19日、公開された。

    NHK連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』は、戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬)が、北海道・十勝の大自然と開拓者精神あふれた大人たちの中でたくましく育ち、そこで育まれた想像力と開拓者精神を生かしてアニメーションの世界にチャレンジしていく姿を描くドラマ。

    脚本家・大森寿美男氏によるオリジナル作品となる。

    h


    ポスタービジュアル撮影を担当したシンガポール生まれの写真家、アンディ・チャオは「戦後間もなくの北海道という土地で育った女性が、夢を持ち、そしてそれをかなえるために上京し、夢をかなえていくストーリーは、その生き方、感性、努力が、見る方にきっといい作用をもたらすと思います。
    今回、撮影をさせていただき、このようないい作用が視聴者の方に届くビジュアルになっていれば、うれしく思います」とコメント。


    ポスターデザインを担当したアートディレクターの清水貴栄は「夏の朝、農作業を終えて一息ついたヒロイン・なつを切り取りました。
    なつの笑顔の理由について長い期間をかけて話し合い、いきついたのは、家族への笑顔でした。牛と共にこちらを見るなつの目の前には家族がいます。
    苦しいとき、悲しいとき、いちばんの助けになるのは身近な家族の存在ですし、自然に笑顔になる、元気が出る存在も家族。
    このポスターを見たみなさんが、お話の中の家族になり、自然に笑顔が広がったらうれしいなと思っています」と説明している。


    ※画像がコチラ


    https://news.mynavi.jp/article/20190219-774166/ 

    所長見解:いいやん・・・
    【【広瀬すず】次期NHK朝ドラ『なつぞら』の微妙過ぎるポスターがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の安藤サクラ(32)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜前8・00)が人気だ。

    即席ラーメンがついに完成。

    「まんぷくラーメン」と名付けられた商品の量産に動き出した。

    試行錯誤を経て生み出されたラーメンに視聴者のテンションも上がったが、同時にネットでは

    「まんぷく見ているとラーメンめっちゃ食べたくなる!」
    「チキンラーメンうまそう」
    「家の近くのスーパー、チキンラーメン品薄になってる!」

    という声も。

    ドラマのモデル、安藤百福(ももふく)氏が創業した日清食品に朝ドラの反響を聞いた。

    t


    ◆試行錯誤経てラーメン完成、ネットで話題「品薄になってる!」◆

    「まんぷく」は朝ドラ通算99作目。

    大河ドラマ「龍馬伝」、フジテレビ「HERO」「ガリレオ」「海猿」などのヒット作を手掛けた福田靖氏のオリジナル脚本。

    インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福氏と、その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代の大阪で明るくひたむきに生き抜く今井福子(安藤)とバイタリティーあふれる実業家の夫・萬平(長谷川博己)の波乱万丈の物語を描く。

    ドラマ序盤から萬平と福子が屋台のラーメンを食べる場面があり「ラーメンうまそう」「屋台いいなあ」と話題になったが、今月の放送で萬平のラーメンづくりが始まると、視聴者の“食欲”も加速。

    「あのスープが飲みたいな」「こんな苦労があって完成したんだね…今すっごく食べたくなった」などの声が広がった。


    ◆創業者夫妻がモデル、日清食品と視聴者の温かい遣り取り◆

    朝ドラの反響がチキンラーメンの売り上げに好影響を及ぼしているか、日清食品広報部に聞いたところ「個別商品の具体的な売上動向はお答えしかねますが、2018年度は『チキンラーメン』の発売60周年にあたる記念すべき年で、期初から“『チキンラーメン』ブランドとして過去最高売上の達成”を目標に掲げておりました」と節目の年であると説明。

    「新たな需要を開拓する新製品を次々と発売したり、テレビCMやネットなどで様々なプロモーションを展開するとともに、昨年10月から『まんぷく』の放送が開始されたことも相まって、目標を達成できる見込みとなっております」と、朝ドラも追い風となって過去最高の売り上げを達成できる見込みだと明かした。

    「『まんぷく』はフィクションによるドラマではありますが、番組をご覧になったお客さまからは、弊社にも

    “波乱万丈な人生の中で、一所懸命に努力をされる人生に感銘を受けました”
    “様々な苦労をしながら、食うや食わずの生活をする人々のために新事業を起こそうと決意したシーンを見て大変感銘を受けました”
    “日清食品創業までの御苦労が伝わってきます”

    という声をいただいております」と広報担当者。

    朝ドラを通じて温かい遣り取りが生まれている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000070-spnannex-ent

    所長見解:売り切れてるよね・・・
    【【衝撃事実】チキンラーメンが過去最高売り上げの理由がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ