有村架純

    Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    有村架純、初キスシーンの相手は37歳上 

    リハとテストと本番で合計3回 

    「國村隼さんとのキス後、うっすら涙を浮かべていて…」



    f


    有村架純 ウブすぎる初キスシーン秘話


    野球でポロリといえば大失態。

    でも女優の “ポロリ” ほど嬉しいハプニングはない。


    しかし、“守備力” の高いトップ女優の貴重なポロリを見られるのは、日夜現場で汗をかくスタッフたちだけ――。 

    そこで本誌は、彼らが思わず興奮した女優のハプニングを徹底取材した。



    ウブなキスで現場スタッフの心をわしづかみにしたのは有村架純(28)だ。

    「ドラマ『スターマン・この星の恋』(2013年・フジテレビ系)で、今をときめく有村さんの初のキスシーンに立ち会いました。
    有村さんの初キスの相手は37歳も年上の國村隼さん。
    有村さんは緊張で少し震えていました。
    國村さんも『大丈夫かな? 犯罪じゃないかな?』と心配するほどの年の差です。
    キスは、リハとテストと本番で合計3回。

    國村さんがかなり強引に唇を奪う設定だったので、有村さんは腰が抜けたように、放心状態で眼をパチクリしていました。
    撮影後、うっすら涙を浮かべていたのが愛おしくて……。
    私生活も含め、本物の初キスだったのかも」



    いまでは恋愛モノの映画やドラマに引っ張りだこの有村の、貴重な瞬間……!


    https://news.yahoo.co.jp/articles/a2d526846bd8a320cf005d4447d736ab4029243d
    所長見解:ええな・・・

    【【衝撃暴露】有村架純、初キスがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【ガチ】有村架純とデートしてきた


    n


    カラオケに付き合ってもらった


    ※画像がコチラ


    この後タダマンもする予定やで!!
    所長見解:ええやん・・・



    【【証拠画像】有村架純とデートしてきた結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    z


    有村架純が菅田将暉との泡まみれ全裸混浴シーンを公開!

    菅田は撮影後浴槽が出られず!


    所長見解:ええな・・・
    【【これはすごい】有村架純の泡まみれ全裸混浴シーンがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    s


    有村架純さん、ついに爆●の谷間を開示


    所長見解:ええやん・・・
    【【これはすごい】有村架純さんのセクシーすぎる谷間がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優の有村架純(27)が21日、自身のインスタグラムを更新。

    18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)を悼んだ。

     
    ストーリー機能を使い、空を写した写真をバックに「優しい春馬さん 深呼吸、してくださいね どうか、朗らかに 永遠に」と天国の三浦さんにメッセージを送った。

     
    有村は8月15日放送予定のNHK特集ドラマ「太陽の子」(土曜後7・30~8・50)で三浦さんと共演。

    今月8日のNHK広島放送局で行われた完成試写会に三浦さんと一緒に出席していた。

     
    「太陽の子」は太平洋戦争の末期に日本でも原子爆弾開発にほんろうされた科学者たちの悲劇の物語。

    柳楽優弥(30)が京都帝国大学の学生で原子物理学を志す科学者の卵・石村修を、三浦さんが修の弟で肺の療養のため戦地から帰ってくる石村裕之、有村は2人の幼なじみで、誰よりも強く終戦後の「未来」を考えている朝倉世津を演じる。

    修も裕之も世津にひそかに思いを寄せているという内容。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/214b1d38ef366fb12de039b668987839287f21c8


    no title

    所長見解:せやな・・・

    【【インスタ】有村架純「優しい春馬さん 深呼吸、してくださいね」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ