ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:有吉弘行

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「有吉さんの“加山愛”は強く、ぜひ冠番組にオファーしたいということになりました。
    しかし、加山さんの所属事務所から『何を言ってるんですか! 絶対に出しませんよ!』と断られてしまったみたいで……」(テレビ局関係者)

    的確かつ鋭い毒舌が持ち味で、現在10本もの冠番組を抱える有吉弘行(44)。
    影響力の高い人気番組も多く、「有吉さんの番組に何としても出たい!」という芸能人は後を絶たないという。

    a


    そんな人気MCに、まさかの“共演NG”を叩きつけた人がいた。
    それは、昭和の大スター・加山雄三(81)だ。
    散歩番組でのほのぼのした姿からも温厚そうにみえる加山。
    そんな彼が拒否するとはいったい何があったのか。
    共演拒否の原因は、有吉がパーソナリティを務めるラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)での執拗なまでの“加山イジリ”にあるという。

    「加山さんが『24時間テレビ』(日本テレビ系)に出演すると、いつもその裏で毒づくんです。
    毎年恒例の人気企画で、今年で7回を迎えています。
    番組では有吉さん扮する加山さんがラジオにゲスト出演するという設定。
    過去には『加山雄三が陸に上がってくるのは1年の中で今日だけ』などの過激発言が続出。『刺し違えてもいいから、加山雄三を暗殺しようと思っています』と、“殺害予告”をしたこともありました」(ラジオ局関係者)

    もちろんこうしたイジリは、冗談。
    加山に敬意を表した、有吉なりの愛情表現。
    しかし、言われ続けた側はそう思えなかったようだ。
    共演NGについて有吉の所属事務所に問い合わせたところ、「そのような事実は認識しておりません」との回答が。
    しかし加山の所属事務所担当者に問い合わせたところ「お断りさせていただいたのは事実です」とあっさり認めた。

    「ただ加山は有吉さんのラジオについて関知しておらず、あくまでマネージメント側の判断です。
    有吉さんのキャラは理解していますし、内容についてクレームを出したこともありません。取り上げていただくことで加山を若い層に知ってもらえることも理解しています。
    とはいえ、ラジオでの発言を踏まえると……
    やはり共演は断らざるを得ませんでした」(加山の所属事務所)

    憧れのスターとの共演が夢と消えてしまった有吉。
    キャラとはいえ、毒舌もほどほどに!

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1672471/

    所長見解:そうなんだ・・・

    【【不仲説】有吉弘行とは絶対に共演しない大物芸能人がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    有吉、生放送で後輩芸人に掴みかかりブチギレ 乃木坂・高山一実ドン引きも視聴者大爆笑

    『オールスター後夜祭18』で司会の有吉弘行が後輩芸人・ハナコの3人に掴みかかり激怒。乃木坂46・高山一実はドン引きの表情を見せたが…

    芸能人が一堂に会すTBSの祭典『オールスター感謝祭』の終了後、『オールスター後夜祭』が6日深夜に2度目の生放送をスタートした。

    番組中、司会の有吉弘行(44)が後輩芸人・ハナコの3人に掴みかかり怒りを露わに。
    視聴者を騒然とさせている。


    ■有吉、ハナコにブチギレ

    春も放送され好評を博した『後夜祭』。
    この日も直前に放送された本家『感謝祭』のセットを流用し、本家出場芸人に加え新たに126人の芸人が集結。
    司会は有吉と乃木坂46・高山一実(24)が務めた。

    『後夜祭』独特のクイズで盛り上がる中、番組開始から約30分後に事件は起きる。
    CM明け、『キングオブコント2018』優勝のトリオ・ハナコの3人に突然有吉が掴みかかり、怒りを露わにしたのだ。

    ハナコは平謝り、周囲や高山は必死に有吉を止め事態は収束。
    司会席に戻った有吉はその後も、謝り続けるハナコを鋭く睨みつけた。

    z


    ■伝説のシーンをパロディ

    ブチギレした有吉に高山は驚き、ドン引きした表情を見せていたが、それも恐らくは芝居。その後、有吉もハナコも、芸人たちも笑いながら番組は再開する。

    ここまでの一連の流れはもちろん、2009年の第37回『感謝祭』を再現したもの。
    司会を務めていた島田紳助が、生放送中にも関わらず「挨拶がなかった」ことを理由に東京03に詰め寄り恫喝したシーンをオマージュしたのだ。

    有吉は以前から「恫喝パロディ」をするチャンスを逃してきたことを公言している。
    東京03はその年『KOC』に優勝したトリオという点でもハナコと共通点があり、それも含めて完璧なパロディを披露、ついに悲願を達成した。


    ■視聴者は爆笑

    盛り上がった『後夜祭』に視聴者は「面白すぎて寝れない」と嬉しい悲鳴。
    そしてやはり、一連の「島田紳助恫喝パロディ」は特に楽しめたようだ。


    ■マジギレする一幕も…

    これはあくまでもパロディでの恫喝だったものの、その後、有吉が本気で怒りの表情をのぞかせたシーンもあった。
    それは、大型の体重計に芸人が乗り、1分間で1トンピッタリにするチャレンジ企画でのことだ。

    テレビに映りたい芸人らが殺到した結果、1度目は失敗、2度目の挑戦の際に重さを表示するモニターがエラー表示に。
    全員に体重計から降りるよう指示するも興奮する芸人らはなかなか降りず、「小学生じゃないんだから」と怒りを滲ませ始める有吉。

    それでも体重計に安田大サーカス・クロちゃんが乗り続けていたため、「乗るんじゃない」と蹴りを入れる。
    事態を飲み込めないクロちゃんは「なんで?」と驚きながら有吉に食らいつき続け、最後はカンペで頭をはたかれた。


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください)
    https://sirabee.com/2018/10/07/20161826492/


    所長見解:あったな・・・

    【【放送事故】有吉、生放送で後輩芸人に掴みかかりブチギレの結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(25歳)が、9月1日に放送されたバラエティ番組「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演。
    野球選手と付き合いたい、と語る一幕があった。

    この日、“反省パトロール”として、昨年のパ・リーグ新人王にも輝いた西武ライオンズ・源田壮亮が、まさかのアクシデントでファンを心配させてしまった事件が取り上げられる。

    5月26日に行われた首位争いという大事な一戦で、源田のユニホームに虫が入り込んでしまうアクシデントが発生。
    すると大の虫嫌いである源田はプチパニック状態となり、試合は中断。
    チームメートが虫取りする羽目になったという。

    この事件のVTRを見ていた指原は「あの、虫の中断、あれ何かほっこりかわいい。かわいいですね」と気に入った様子。
    MCの有吉弘行が「指原さん、野球選手はどう?」と話を向けられると、指原は真顔で「私は付き合いたいですよ!こっちはね。こっちは付き合いたいですよ」と熱く語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15245854/
     
    no title


    所長見解:大谷か・・・

    【【衝撃告白】指原莉乃「野球選手と付き合いたい」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1990年代の人気バラエティ番組『進め!電波少年』(日本テレビ系)に出演していた元・猿岩石の森脇和成、元・ドロンズの大島直也、元・パンヤオの伊藤高史、元・地球防衛軍レッドの加代子、「Tプロデューサー」こと土屋敏男氏が12日、東京・練馬区のバッティングプラザ大泉で行われた『ドラマチックバッティングセンター #あなた専用甲子園』の記者会見に出席した。

    森脇は、元相方・有吉弘行とともに同番組のヒッチハイク企画で人気に火が付き、歌手としても「白い雲のように」が大ヒットし『第39回日本レコード大賞』の「新人賞」を獲得するほど大ブレイク。
    2004年3月のコンビ解散を機に芸能界を引退したが、15年に「役者をやりたくて芸能復帰」し、現在は「年間3~5本の舞台に立たせてもらってます。
    役者としては新人でゼロからのスタート。
    コツコツやらせてもらってます」という。

    s


    有吉との近況を問われると「電話したらつながらなくて、メールの返事もない。
    一応、『復活します』とメールで報告はしています。
    もう10数年、会ってないですね」とポツリ。
    報道陣から不仲を心配されると「仲悪いわけではないけど、良くもない。
    幼なじみなんで照れくさい感じですかね」と笑いながら否定し「なにか言いたいこと? ないですね、地元の誇りですよ」と話していた。

    この日のメンバーは、先々月頃に行われた「電波少年メンバーのプチ同窓会」で「10数年ぶり」に再会。
    番組復活を期待する声があがると、土屋氏は「テレビじゃ無理だと思うので、どこかのネット企業で希望されるところがあれば…」と前向き。
    大島、伊藤、加代子も舞台役者として活動中。
    土屋氏は「メンバーはそろってる」と自信をのぞかせていた。

    同イベントは、カヤックより配信中の共闘スポーツRPG『ぼくらの甲子園!ポケット』のキャンペーンの一環。
    普段は、バッティングセンターとして稼働している同所を舞台に、チームメイトや監督、吹奏楽やチアリーダーたちの応援、プロの実況にウグイス嬢が登場し、ユーザー自身が“主人公”として青春の一コマを体験できるイベントとなっている。
    今月30日に一日限定で開催される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15149311/


    所長見解:そうなるよね・・・

    【【あの人は今】元猿岩石・森脇和成、有吉とは音信不通の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    誰某(だれそれ)が干されただの共演NGだのと、忖度が渦巻く芸能界。
    この忖度の道筋はすべて、田辺エージェンシーの田邊昭知社長(79)に通ずるといっても過言ではない。
    彼を強大な権力者たらしめる所以は、要所での剛腕と強面にあった。
    以下の逸話がその適例である。

    r


    政界や球界、メディアに大学、談合まで。
    あらゆる業界に“ドン”は存在する。
    芸能界にもそう称される人物は幾人かいるものの、田邊氏こそ、“ドンの中のドン”にほかならない。

    まずは、そんな大物の雰囲気が味わえる肉声を紹介したい。
    が、少し前置きを。
    田邊氏は、メディアの取材にはめったに応じないことで知られるため、その肉声はかなりレアである。
    本誌(「週刊新潮」)は7月26日号で、タモリと脚本家の中園ミホ氏の逢瀬を報じた。
    実はこの取材過程で、電話で接触していたのだ。
    タモリの中園宅通いに関する本誌の説明を聞いた田邊氏は、

    「不倫!? 事実じゃないと思いますけど。把握なんかしてませんし、そんなことはないと思いますよ」

    驚きは隠せないものの、こう全面否定した。
    タモリは田辺エージェンシー所属。
    自社タレントをかばう感じでもなく、本当に初耳の様子である。
    やりとりは続き、本誌が、中園宅のそばでタモリのマスク姿が撮れていることなどを伝えても、

    「あなたと議論しても、水かけ論でしょ」

    と、2人の道ならぬ関係について言質は取らせない。
    だが、突如としてスイッチが入った。

    「どうでもいいんですけど、なんで、この電話にあなたがかけてこられるんですか? 
    僕の電話ですよ、個人の! 
    そうですか、じゃないんだよ。
    分かってて電話してるんだろ。
    誰に電話しているんですか。
    だから、なんで僕の電話番号知っているんですか、って!」

    言葉遣いはぎりぎり崩れなかったが、内容は切っ先鋭い刃のようで、ドスが利いている。
    約(つづ)めれば、“オレを誰だと思ってるんだ”となる。
    このくだりを最後に、取材は5分ほどで打ち切られたのだが、その後、タモリの艶聞も本誌が報じただけで打ち切り。
    新聞やテレビに扱う媒体はない。

    ではなぜ、“後追い記事”がないのか。
    業界では当然のことながら、一般にはこの単純なナゾに、首を傾げる向きもあるだろう。
    スポーツ紙の芸能担当記者が苦笑しながら明かす。

    「タモリさんの不倫ネタは、たしかに口封じがありましたよ。
    ただし、田邊社長からではなく周辺の芸能プロダクション関係者からです。
    “書くな”という調子ではなく、“書かないよね?”という口ぶりで」

    今回のような場合でも、田邊氏自らが火消しに回ることはないという。

    「マスコミ対策は、周辺の関係者が自発的にやる流れができ上がっているんです。
    いつも、それできっちり鎮火する。
    新聞やテレビは、特オチや、番組にタレントを出してもらえなくなる事態に怯えつつ、サジ加減を調整しながら扱わざるをえないのです」

    つまりは“大人の事情”である。
    かようなシステムの頂に君臨するのが、田辺エージェンシー社長。

    そんな田邊氏は日ごろ、東京は渋谷にある高級ホテルで静かに暮らしている。
    が、ひとたびコトが起きれば、直接、乗り出す機会も皆無ではない。
    “後追い記事なし”のナゾとも関連するので、いくつかの例とともに説明していこう。

    >>2以降に続きます


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180806-00546474-shincho-ent


    所長見解:有吉のやつな・・・

    【【闇深業界】芸能界のドン「タモリ不倫」「有吉・夏目熱愛」を完全鎮火 ←これ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ