ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    有働由美子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    視聴率も取れなければ、キャスターとしても力不足……。

    7月4日発売の「週刊新潮」が、フリーの小川彩佳アナが窮地に立たされていると報じた。


    g


    テレビ朝日を退職後、6月から鳴り物入りでTBSの看板番組「NEWS23」のキャスターに就任した小川アナ。

    清楚で美しいビジュアルに定評あるアナウンス力に加え、バリバリの報道志向。

    不振が続いた同番組のV時回復を期待したTBS関係者も少なくなかっただろう。

    また、ノースリーブの“戦闘服”も、男性視聴者を取り込む大きな武器になるものと思われていたはずだ。

    ところが蓋を開けてみると、6月3日の初回放送の視聴率は4.3%。

    元NHKの有働由美子アナがMCを務めるライバル「news zero」(日本テレビ系)の9.6%に大差をつけられた。

    その差は縮まることなく、6月27日の放送でも「NEWS23」4.0%に対し、「news zero」8.5%とダブルスコアのままだ。

    「同誌によると、小川アナの父親が慶大医学部教授でTBSの産業医だから抜擢されたのではないかという疑惑や、1本30万円と破格の激安ギャラだから文句は言えないという嘆きの声がTBS局内に出ているとのこと。
    ですが、視聴率の責任を彼女ひとりに背負わせるのは酷な話。
    視聴者からは

    《小川アナより星浩アンカーの方がスベっているのでは》
    《スポーツコーナーの石井アナが暑苦しい》
    《セットが暗いので気分が滅入る》

    といった意見も上がっています。


    確かに白バックで爽やかな『news zero』に比べると、『NEWS23』 は金色をベースにしながらも全体的にどんよりしていて重苦しい雰囲気。
    夜ニュースを見る層のほとんどがそう感じているのではないでしょうか」(週刊誌記者)

    7月3日に定例会見を開いたTBSの佐々木卓社長は、小川アナの「NEWS23」について「じっと見守っているという感じでございます」と発言。

    見守る前にセットの再考もありなのでは?

    http://dailynewsonline.jp/article/1907326/

    所長見解:たしかに・・・
    【【視聴率問題】小川彩佳アナではない「NEWS23」の敗因がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    r


    NHK
    爆笑問題、指原莉乃

    TBS
    古舘伊知郎、安住紳一郎

    テレビ朝日
    羽鳥慎一

    フジテレビ
    タモリ

    日テレ
    櫻井翔、有働由美子

    テレ東
    池上彰

    所長見解:タモリやね・・・

    【【どれ見る?】平成から令和へのカウントダウン番組の司会者がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日退社からわずか2週間で、他局、TBSの『NEWS23』メインキャスターを務めると報じられるのは前代未聞のことだ。

    小川彩佳アナ(34才)の“寿退社”が「女性キャスター夜の陣」に大きな一石を投じた。

    「円満退社の場合、女子アナはフリー転身後、1年ほどは在籍していた局を中心に仕事をするというのが暗黙の了解です。
    たとえば、フジテレビ退社後のカトパンも1年はフジ以外の仕事は受けていませんでした。
    小川アナのような転身は聞いたことがない」(テレビ朝日関係者)

    小川アナは入社5年目の2011年に『報道ステーション』のサブキャスターに抜擢。

    ニュースに対するこだわりや、安定感、実力は折り紙付きだったが、昨年9月に降板している。

    「『報ステ』のライバル番組へ突然の鞍替えですから、上層部も穏やかではないですよ。
    視聴率不振に悩んでいた『NEWS23』サイドから声がかかったのはわりと最近のことだったみたいですが…。
    小川アナがテレ朝内で冷遇されていると聞きつけてのことだったそうです。
    彼女は『報ステ』に戻れないなら退社も辞さないという意思を上層部に伝えたが、聞き入れてもらえなかった。
    それでキッパリ決意。
    “ルール違反”と言われても、キャスターを務めたいという強い思いがあったのでしょう」(TBS関係者)

    現在、夜のニュース番組の視聴率は徳永有美アナ(43才)の『報ステ』が12~13%でトップを走り、有働由美子アナ(49才)の『news zero』(日本テレビ系)が11%と猛追している(ビデオリサーチの2月11~17日の番組平均世帯視聴率)。

    大きくあけて、雨宮塔子アナ(48才)の『NEWS23』はよくて5%台と低迷のままだ。

    「昨年10月から同時期に新キャスターとなった徳永アナ対有働アナに注目が集まりました。
    小川アナが『報ステ』を降板したのも、徳永アナの就任が原因でした。
    一度はテレビ朝日をやめた徳永アナをメインに据えるのはどうなのか。
    夫の内村光良さん(54才)に取り入りたいだけなのではないかと、局内ではかなりの反発もあった。
    小川アナもその1人といわれました。
    とはいえ結果を残したのは徳永アナ。
    メインキャスターの富川悠太アナ(42才)も降板させて、9月からは徳永アナをメインに据える形で調整に入っているという話もありますよ」(スポーツ紙記者)

    t


    前出のテレビ朝日関係者が続ける。

    「徳永アナ体制の前は富川アナと小川アナの熾烈な闘いがありました。
    2人の折り合いは周囲が心配するほどよくなく、いずれどちらか1人で番組を担当するといわれていたんです。
    その2人ともがいなくなるとは…。
    何が起きるかわからない」

    その小川アナがTBSのメインともなれば、さらに激しい三つ巴戦となりそうだ。

    メインキャスターが全員女性というのも前代未聞のこと。

    30代の小川アナ、40代の徳永アナ、50代の有働アナ(3月22日に50才)──それぞれ独自の切り口でニュースを見せてくれそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190227-00000013-pseven-ent

    所長見解:小川ちゃんかな・・・

    【【報道ステーション】 富川アナがついに降板ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    毎年“フリー転身説”が持ち上がるほど根強い人気を誇る、日本テレビの水卜麻美アナ(31)。

    水卜アナといえば、女子アナらしからぬ見事な食べっぷりで食レポをこなす“ぽっちゃりキャラ”のイメージがあるが――。

    Hanako (ハナコ) 2015年 2月26日号 No.1081


    「ここ半年くらい、水卜アナは本格的なダイエットに励んでいたと聞いています。
    でも、彼女はハードな運動やストイックな食事制限が苦手。
    過去に何度もダイエットに挑戦していますが、どれもすぐに続かなくなるか、リバウンドしてきました」(テレビ局関係者)

    そんな彼女だが、今回はなんと10kgの減量に成功したというから驚きだ。

    そのダイエット方法とは?

    「毎日、全裸になって鏡で全身をチェックする“全裸ダイエット”を取り入れたそうです。
    食べたものをメモする“レコーディングダイエット”や軽い運動もしていたそうですが、3日坊主にならないように無理のないダイエットを心がけていたといいます」(前出・テレビ局関係者)

    “全裸ダイエット”の効果について、ダイエットに詳しい美容ライターはこう語る。

    「やみくもに“痩せたい”と思っても、ダイエットは続きません。
    本当は目をそむけたいリアルな姿を目に焼き付けることが大事です。
    なので、服を着ずに全裸になるのがポイント。
    マツコ・デラックスさん(46)も同じ方法で20kgの減量に成功しています」

    “全裸ダイエット”で理想のボディを手に入れた水卜アナ。

    彼女には、仕事面でさらなる野望があるという。

    「今年32歳になる彼女は、これまでの“バラエティ色”を弱めて、報道の一線で活躍していきたいと考えているようです。
    いまのお手本は『news zero』(日本テレビ系)でMCを務める有働由美子アナ(49)。
    彼女もNHKを退職後ダイエットに成功し、ジャーナリストらしい精悍な見た目にイメチェンしました」(前出・テレビ局関係者)

    “裸一貫”からの再出発で、目指せ“ポスト有働”!?


    女性自身
    http://news.livedoor.com/article/detail/15916890/

    所長見解:痩せんなよ・・・

    【【ぽっちゃり】水卜麻美アナ 全裸ダイエットの結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ORICON NEWSでは、年末の恒例企画『好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。

    今回で15回目の調査となった<女性アナウンサー編>。

    昨年で日本テレビの【水卜麻美】アナウンサーが5年連続1位の“殿堂入り”。

    局アナ、フリー含め“女子アナ戦国時代”が続いているなか、ランキングを制したのは、NHKからフリーに転身した【有働由美子】アナという結果となった。


    自身初の1位にランクインしたのは、今年3月にNHKを退社した【有働由美子】アナ。

    NHK時代の『スタジオパークからこんにちは』『あさイチ』が好評を得て、昨年2位よりランクアップを果たした。

    フリーに転身するや、10月からは『news zero』(日本テレビ系)のキャスターに抜擢され、“夜の顔”に進出。

    「視聴者と会話するニュース」というコンセプトの番組だけに、女性目線で本音を語るのが得意な有働アナは「適任」との声が。

    開始時の会見では「視聴率が悪いなら、私が視聴者とズレているということ。クビを切ってもらえる安心感がある」と、信念があるからこそのストレートな物言いできっぷの良さを見せつけた点も話題をさらった。


    2位は今回が初TOP10ランクインとなったテレビ朝日の【弘中綾香】アナ。

    2013年に入社し同年からサブMCを務めた『ミュージックステーション』を5年間担当して9月で卒業した。

    毎週タモリの横でアシスタントを務めて認知度を上げ、生放送での対応力も評価されてきた。

    また、オードリー・若林正恭のアシスタントとして出演するバラエティ『激レアさんを連れてきた。』では、前身番組『アップデート大学』と同様にビシバシと進行役を務め、時折見せる毒舌ぶりや若林とのコミカルなやりとりも支持されている。

    2010年の第8回、2011年の第9回の2年連続で1位を獲得し、昨年4位から1ランクアップした【加藤綾子】アナ。

    2016年にフリーとなり、今年はアナウンサーの仕事以外にも、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』やドラマ『ブラックペアン』(TBS系)などで女優としても活躍。

    今年8月にはインスタグラムアカウントも開設し、プライベートな日常も公開している。
    (続きはソースをご覧下さい)

    1位 有働由美子(↑2位)フリー
    2位 弘中綾香(初)テレビ朝日
    3位 加藤綾子(↑4位)フリー
    4位 川田裕美(初)フリー
    5位 徳島えりか(初)日本テレビ
    6位 大江麻理子(↓5位)テレビ東京
    7位 大下容子(↓3位)テレビ朝日
    8位 井上あさひ(→8位)NHK
    9位 宇垣美里(初)TBS
    10位 田中みな実(↓6位)フリー

    no title


    https://www.oricon.co.jp/special/52192/ 


    所長見解:どうだろ・・・

    【【結果発表】好きな女性アナウンサーランキングがコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ