ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    暴露

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「パパ、パパダンス。パパ!」

    ビデオの中で、そう歌いながら踊る娘の姿を愛おしそうに見つめる高橋ジョージ。

    普段は強面の高橋も、このときはひとりの父親だ。

     
    かつて芸能界を代表する“おしどり夫婦”と呼ばれたが、'15年に三船美佳との離婚裁判が明らかとなり、一転して“モラハラ夫”のレッテルを貼られた。

    '16年に協議離婚が成立。

    18年間に及ぶ夫婦関係に終止符が打たれた。

     
    高橋が、8月16日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演し、今年3月に5年ぶりに娘と会えたことを明かした。

     
    高橋に取材を申し込んだところ、「真実を書いてくれるなら、全部話しますよ」と快諾。

    取材に応じた高橋は、ゆっくりと語り始めた。


    j


    ■“反抗期”を受けとめられて嬉しかった

    「今年4月に財産分与の調停も合意し、美佳さんとの係争は全部終えました。
    ただね、協議離婚したときの和解調書には《和解成立後、1年以内をめどに面会交流をできるように努力する》と書かれているのに、まったくなかった」

     
    財産分与の調停で、娘に会わせてくれなければ合意しないと主張したという高橋。

    「2度と会えないかもしれないと思っていたのが、やっと会えると決まって、娘が生まれた瞬間と同じくらいうれしかった。
    ドキドキしながら、大阪へ会いに向かいました」

     
    待ち合わせ場所にやってきた娘は14歳になっていたが、上下ジャージ姿で大人用の長財布を片手にしていた。

    「店に入って来るなり“コーラ、自分で払うから”って言う。
    “あんたを父親だなんて思っていない”と反抗的でした。
    ただ、美佳さんは娘の反抗期を全部、受け止めた。
    5年ぶりの俺に2時間でも反抗してくれてうれしかったですよ。
    双方の弁護士が近くの席にいましたが、自由に話せました」

     
    そもそも“おしどり夫婦”が突然、離婚劇へと発展したのはなぜか。

    高橋によると、'13年7月が始まりだった。

    「美佳さんの体調がすごく悪くなったんです。
    だから心療内科に娘と3人で行きました」

     
    一向に改善しないまま、10月に入ったところで、三船からこんな提案が。

    「“大阪で部屋を借りてもいいかな”と。
    美佳さんは大阪で3本レギュラーを抱えていましたし、俺はそれで楽になるならと承諾しました」

     
    12月には娘が通う学校が冬休みに。

    そこで三船が「荷物の整理がしたい」と訴えたので、娘を仙台に住む高橋の姉に預けることに。

    「12月13日に、姉が東京駅まで迎えに来てくれました。
    そのとき、俺と美佳さんで大ゲンカをしたんです。
    娘にはGPS付きの携帯を持たせていたのですが、姉の電話番号を登録していなかったので。仙台で迷子になったらどうするんだと。
    俺は姉と美佳さんと娘を置いて、携帯ショップに1人で向かいました」

     
    このとき、三船の口からは衝撃的な言葉が発せられた。

    「美佳さんが姉に“DVを受けています”と初めて言葉にしたんです。
    姉は“DVって何? 殴られてるの?”と聞き返すと、“言葉の暴力です。
    私にも、娘にも”と言ったそうなんです」

     
    その2日後、三船が通う心療内科で医師を含む3人で話し合いが行われた。

    「このときに突然、美佳さんが“別居したい”と言い出したんです」


    ■「パパともう少し一緒にいたかった」

    話し合いは平行線のまま。

    12月25日には、高橋に無断で、娘は大阪へ連れ去られてしまう。

    「自宅で寝ていた娘はパジャマのまま、お義母さんがタクシーに乗せて新横浜へ。
    スーパーで着替えさせられて、新幹線で大阪へ向かっていると言うんです。
    俺は本当にお義母さんが連れて行ったのかわからないから、美佳さんに娘の安否確認をさせてくれと頼みました。
    誘拐かもしれない、警察に通報だと、必死でした」

     
    すると娘がピースしている写真が送られてきた。

    三船からは《またすぐ会えますから》とのメッセージも届いた。

     
    '14年の元旦には高橋の父と友人夫妻、三船ら計7人で食事をしたが、今後のことについての話し合いはないまま。


    >>2以降に続きます


    週刊女性
    https://www.jprime.jp/articles/-/16105?display=b

    ▼写真
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/e/b/640/img_eb7f9074feffe4cc97de35a345c66f33741044.jpg
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/d/9/640/img_d956013b5324c8c9251760145c55e267544029.jpg

    所長見解:そうやったね・・・

    【【真相暴露】高橋ジョージが語った「裏切りの離婚劇」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    籠池佳茂 @YOSHISHIGEKAGO1 0:40 - 2019年9月15日

    私がメディアに一切出なくなったのは、安倍政権は関係ないと本当の事を話したからです。
    この国では、本当の事を話すと干されるのです。
    籠池夫妻は洗脳されているのです。私は本当の事を言いたい。
    本当の事を言うために、ツイッターを再開致しました。
    多くの方に真実を伝えてください。お願いします
    https://twitter.com/YOSHISHIGEKAGO1/status/1172897879532302336


    籠池佳茂 @YOSHISHIGEKAGO1

    財務省も森友騒動の被害者です。
    森友騒動を起こしたのは、朝日新聞社です。
    朝日新聞社は核心的に左派政治家と組み、財務省を提訴したのです。
    財務省は被害者なのです。
    総理夫人も被害者なのです。
    本当は籠池夫妻も被害者なのです。
    ですが、肝腎の籠池夫妻が左派勢力に取り込まれ洗脳されています
    https://twitter.com/YOSHISHIGEKAGO1/status/1172891897930477568


    籠池佳茂 @YOSHISHIGEKAGO1

    菅野完氏は私達家族を助けると云いながら、私達家族を窮地に追いやったのです。
    菅野完氏は朝日新聞社と手を組み、安倍政権を糾弾したのです。
    彼らの目的は安倍政権潰しでした。
    その証拠に、政局を作り出した張本人(福島伸享元代議士)は菅野完と当時から共闘していました。
    これが森友騒動の真実です
    https://twitter.com/YOSHISHIGEKAGO1/status/1172894213182148609


    籠池佳茂 @YOSHISHIGEKAGO1

    土地取引は合法であり適法。〈今年5月に判決〉
    財務省の全ての関係者の不起訴。〈今年8月〉
    籠池夫妻の公判〈騒動無関係〉
    森友騒動は朝日新聞社の印象操作報道であり、結果的に誤報。
    ・名誉校長不関与
    ・日本会議不関与
    ・土地取引適法
    2017年2月報道は、意図的なミスリード報道であった。
    https://twitter.com/YOSHISHIGEKAGO1/status/1172914189637042177


    籠池佳茂 @YOSHISHIGEKAGO1

    忖度は犯罪ではありません。
    また、土地取引は適法だったと今年の5月大阪地方裁判所が判決を下しております。
    https://twitter.com/YOSHISHIGEKAGO1/status/1172917949864132608


    籠池佳茂 @YOSHISHIGEKAGO1

    財務省の職員の自殺は、特定メディアと特定野党の過剰な常軌を逸した追求のせいです。
    早く気付いてくださるよう祈ります。
    https://twitter.com/YOSHISHIGEKAGO1/status/1172918427872190464


    籠池佳茂 @YOSHISHIGEKAGO1

    メディアは安倍夫妻が森友騒動の被害者だという事を時系列を追って取材をし直す必要があります。
    だって本当に関係がないのですから。
    特に朝日新聞社は安倍総理に謝罪をしなければなりません。
    安倍記念小学院などなかった訳ですから、一刻も早く事実を公表するべきです。
    「森友騒動は大阪の問題」
    https://twitter.com/YOSHISHIGEKAGO1/status/1172920707723886592


    籠池佳茂 @YOSHISHIGEKAGO1

    9月26日発売の籠池佳茂の新刊に触れています。
    RT: TOY @toytback
    酒井弁護士関連がどうしてもわかりません。そのあたりもご教授ください。
    https://twitter.com/YOSHISHIGEKAGO1/status/1172924120779984901


    ■ プロフィール
    籠池佳茂氏は森友学園前理事長籠池夫妻の長男。

    所長見解:言うよね・・・
    【【森友問題】籠池夫妻の長男がツイッターで大暴露www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人妻とか距離感の詰め方おかしくないか? 
    z



    所長見解:ええやん・・・


    【【これはヤバい】人妻の距離感詰めすぎ説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「バイブス、いと上がりけり~」「ポンポンポ~ン!」などとチャラい言動や派手な外見とは裏腹に、実は真面目というキャラで大ブレイクを果たした吉本興業の人気芸人「EXIT」。

    副業はベビーシッターや介護の仕事であることや、高校中退後にバイトに明け暮れ、家族を援助していたことをテレビ番組で明かすなど、見た目とは対照的な善人キャラが話題を呼んできた。

    そのボケ担当である兼近大樹(28)が、2011年11月、売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

    t


    兼近の地元・北海道札幌市の地元記者が解説する。

    「要は、売春の斡旋をしていたのです。
    直接の逮捕容疑は同年4月、札幌市の高校3年の女子生徒(当時19)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたというもの。
    女子生徒は『小遣いほしさに男性100人くらいと関係を持った』と供述。
    当時、兼近は容疑を全面的に認め、罰金刑の有罪判決を受けています」


    9月1日深夜、「週刊文春」取材班が兼近を直撃すると、事実関係をあっさり認めた。

    「はいはい。そうです。簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました」

    さらに安堵の表情を見せ、次のように語った。

    「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。
    絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。
    『やっと、今、言えるんだ』って! 
    吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」


    吉本興業の広報担当者はこう回答した。

    「事件の詳細については回答を差し控えさせていただきます。
    一連の闇営業騒動の際に、本人から報告を受けましたが、非常に高度なプライバシー情報であることから公言をする必要はないのではないかとアドバイスしました」


    逮捕されて、法律の大切さを知り、過去の関係を断ち切って上京したという兼近。


    9月5日(木)発売の「週刊文春」では、売春あっせん事件の詳細に加え、兼近が約20分にわたって語った自らの過去、もう一つの警察沙汰についても報じている。


    https://bunshun.jp/articles/-/13815

    所長見解:あかんやん・・・

    【【前科者】 大人気の吉本芸人「EXIT」逮捕された過去・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「物申す系ユーチューバー」として、話題のニュースや同業者の炎上に即座に反応することで知られる人気ユーチューバー・シバター。

    最近では不登校ユーチューバーのゆたぼん君を一刀両断して話題になったが、そんな彼が最新動画で、これまでのユーチューバーとしての収入を赤裸々に告白し、驚愕の声があがっている。

    y


    ■「ざっくり」と言いつつグラフ見せる

    YouTubeおよび運営元であるGoogle社の規約により、「あんまり詳しいこと言うと規約違反になっちゃうんで、軽く濁す感じで」と冒頭で語り、これまでのお金事情を語り始めたシバター。

    「おいおい、結局そういう感じね……」と肩透かしをくらってしまう人がいそうだが、シバターはYouTubeでの収入がグラフ化されたものを表示。

    「ざっくり」と言いつつも、縦軸にはきっちり数値が書かれており、最高金額は900万弱。

    波はあるもののここ1年は月400万円をほとんど切っていない状況だ。


    ■収入が1万円だったときも

    「ユーチューバーすごい……」となってしまう金額だが、グラフを見ればわかるように、大きく収益化できているのはここ2年ほど。

    始めた当初は低空飛行だったようで、もともとサブチャンネルだった現在のチャンネルは、動画自体あまり投稿していなかったこともあり、約6年前の2013年4月は1万円程度しか収入がなかったという。


    ■パチンコチャンネルでブースト

    地道な動画投稿の結果、現在は「4、500万は安定して稼げるようになっております」と語るシバターだが、収益にブーストがかかったのはパチンコのチャンネルを始めたのが要因だと語る。

    28日現在、チャンネル登録者数が104万人を超えているメインチャンネルに対し、パチンコのチャンネルは21万人弱だが、収益では「6:4」程度とのこと。

    動画中に差し込まれる広告の単価も、収益に大きな影響を与えるようだ。


    ■「スゴイ」「まだまだ頑張って」

    シバターらしい、包み隠さないテイストになった今回の動画。

    視聴者からは「勝ち組」「スゴイ」「まだまだ頑張ってほしい」などの声が確認できる。


    「ユーチューバー落ち目みたいな話も見かけるけどシバターは充分稼いでるな。
    まだまだ頑張ってくれよな」

    「シバター稼いでる感出さないの良い」

    「年収1000万余裕で超えてる時点でシバター勝ち組だよなぁ」


    ■ユーチューバー活動経験者は約4%

    小学生の憧れの職業となったユーチューバー。

    ヒカキン、はじめしゃちょー、フィッシャーズ、東海オンエアなど、さまざまなジャンルで活躍し、中にはセレブな生活をしている人もいる。

    その影響力は想像以上に大きくなっているようで、しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,732名を対象に調査したところ全体の3.9%が「ユーチューバーとして活動したことがある」と回答。

    10代、20代男子は約1割という身近さだ。

    成功する人は一握りだが、やはり大きな夢のある仕事。

    ユーチューバーへのそんな認識を、改めて感じさせてくれる動画であった。


    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162151883/

    所長見解:すごいな・・・
    【【これはすごい】人気ユーチューバーの収入がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ