暴言

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、9日放送のフジテレビ系『ワイドショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。

    『M-1グランプリ2018』の審査員を務めた上沼恵美子へ“暴言”を吐いたとろサーモンの久保田かずのぶ、スーパーマラドーナの武智に対して「彼らは何より勉強不足ですよね。
    上沼さんという人がどれだけの人か、本当にわかっていない。
    勉強不足だし、勉強が不足しているということすら勉強できていない」と厳しく叱責した。

    m


    番組冒頭から「きょうは本当は休みたい」と、この話題について触れることに気が重そうな松本は「簡単に言うとハロウィーンで騒いでた若者たちと変わらないことを彼らはやってるんですよ。
    ただまぁ違うのは、彼らはもう40のおっさんだし、上沼さんは軽トラじゃない」と例えると、「これでもう終わりにしてもらっていいですか?」と漏らした。

    MCの東野幸治から「もうちょっとしゃべってもらっていいですか?」と振られると、「僕も若い頃は生放送で審査員にたてついたこともあるんですけど、僕はお酒に任せて言った事はないし、本人に直接言ってきた。
    その人はお笑いに全く関係ない審査員ですごく偉そうに言ったんで、僕もちょっと途中でキレちゃったんです」と自身の過去のエピソードを交えながら、「やっぱり彼らは何より勉強不足ですよね。
    上沼さんという人がどれだけの人か、本当にわかっていない。
    あの人の功績を考えたら」と猛省を促した。

    また、自身もM-1の審査員を務めた立場から「おそらく上沼さんの事だけを言ってるんじゃないと思うんですよ。
    たぶん僕のことも含まれてるんやろうな、審査員に対して何かうっぷんみたなもんが溜まってるんやろなと思うんですよ」と思いを吐露。

    “審査員を一般の人にしたらいい”という意見も耳に入っていることを明かした上で「プロが見てるという緊張感の中でエンターテインメントってすごく向上していくので。
    一般の人に向けての笑いばっかりやってると、絶対クオリティーは下がって行くと思うんですよね」と持論を述べた。

    自身は「審査員をやりたいワケじゃない」が、2001年にM-1がスタートする時に島田紳助さんから「お前に憧れて入って来た奴がいっぱいおんねんから、お前それやらなあかん」と言われたことで、これまで審査員を続けてきた。

    しかし、「でもいま考えたら、僕に憧れてる奴そんなにいないですから」と語った。

    また、久保田と武智が泥酔状態で動画配信したことについて「お酒飲んでSNSすんなって皆言うんですけど、それはそれで変なかばい方だなと思って。
    いくらお酒飲もうが、全く思ってない事言わないですからね。
    そこはごまかしたらいけないなと思います」と厳しく指摘し、「スーパーでサーモンとトロはしばらく買わないです」と笑わせた。

    騒動の発端となったのは、今回のM-1で7位だった武智が放送後に配信したインスタライブでの動画。

    昨年のM-1王者の久保田が泥酔した状態で登場し、名指しはしないものの審査員の上沼に対して「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」などと厳しく批判。

    撮影していた武智も相づちを打っていた(動画はすでに削除済み)。

    2人とも4日に自身のツイッターで上沼に謝罪、その後はまったく更新していない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000330-oric-ent

    問題の動画 
    http://video.twimg.com/ext_tw_video/1069351583572316160/pu/vid/640x360/STlh9u88YBaC7yG-.mp4


    所長見解:いよいよやね・・・

    【【芸人暴言問題】松本人志「勉強不足。上沼さんという人がどれだけの人か、本当にわかっていない」説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の和田アキ子(68)が9日、TBS系「アッコにおまかせ!」(前11・45)に出演し、とろサーモン・久保田かずのぶと、スーパーマラドーナ・武智正剛が「M-1グランプリ2018」の審査員を務めた上沼恵美子(63)にSNSを通じて暴言を吐いた問題について触れ、「ここはしちゃいけないってルールを」と、やってはいけないことがあると訴えた。

    w


    番組では、武智と久保田がM-1後の打ち上げで暴言があったとし、和田は「仕事が終わった後の打ち上げでみんなで憂さを晴らすのはいいと思うんです」とうちわの集まりだけで済んでいれば大きな問題もなかったのではと指摘。

    続けて和田は「SNSにあげる習慣が付いちゃってる。公のとこに載っけた」と武智と久保田がSNSという不特定多数が見ることが出来る場所で暴言を吐いたことを問題視。

    「半端ない先輩。上沼ちゃんに」と武智と久保田にとって上沼が大先輩であることも指摘し、「ここはしちゃいけないってルールを」と自制を求めた。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15715469/
    デイリースポーツ


    所長見解:これはもう・・・

    【【暴言問題】和田アキ子「上沼ちゃんは半端ない先輩」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月2日に開催された「M-1グランプリ2018」の決勝戦。

    霜降り明星が初の平成生まれの王者となり大きな話題となったが、その直後に配信されたスーパーマラドーナ・武智(40)のインスタライブが波紋を呼んでいる。

    武智のインスタライブには、昨年M-1グランプリで優勝を果たしたコンビ・とろサーモンの久保田かずのぶ(39)も登場。

    久保田は「酔っているのを理由にしますけれど」と切り出すと、「そろそろ辞めてください」と突然に発言。

    続けて「自分目線の自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だろわかるだろ、一番右側のな!」とカメラに向かって大きな声を上げた。

    k


    すると武智も「言うた! 右のオバハンや。右のオバハンにはみんなうんざりですよ」「『嫌いです』って言われたら、更年期障害かって思いますよね」といった暴言を続けた。

    2人が誰を指して発言しているのかは明かされなかったものの、「オバハン」といった女性の蔑称があった。

    そのため唯一の女性審査員であり、審査員席の一番右側に座っていた上沼恵美子(63)を指したものだと思われる。

    同インスタライブは即座に削除されたものの、まとめサイトで取り上げられるなど大きな騒動となった。

    事態を重くみた2人は4日、それぞれのTwitterで謝罪。

    久保田は「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした」と、そして武智は「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです」と綴った。

    しかしTwitterでは、2人の女性蔑視ともとれる言動に「時代遅れはなはだだしい」と怒りの声が上がっている。

    《更年期障害について、日頃からこういう目線で見ているんだなという無知や偏見が透けて見える、救いようのない失言》

    《更年期障害は苦しんでる人がたくさんいるとの認知が広まってきています 他人の苦しみを鈍感に笑える感覚はもう時代遅れなんだよ》

    《「女性は感情的(だから正しくない)」という根拠のない差別と、それに基づく社会からの閉め出しはやめよう》


    「更年期障害で苦しんでいる女性たちを想像することができなかった上に、『女性は感情的だから』と決めつけている。
    いっぽう自らに関しては『酔っている』と前置きしていることにも釈然としません。
    平成生まれの王者を生んだ記念すべき年だというのに……。
    テレビやラジオといった話芸を扱うメディアに出る幕はありません」(テレビ局関係者)

    上沼は3日、ラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)でM-1の審査員を引退すると発表。

    久保田と武智について言及することはなかったものの、「こんな年寄りがね、ポンっと座って偉そうにしている場合ではないんですよ」と語っていた。

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1690657/


    所長見解:やりすぎたね・・・

    【【批判殺到】上沼恵美子に暴言を吐いた結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気ロックバンド・SEKAI NO OWARIのFukaseのインスタグラムがネット上で物議を醸している。

    事の発端となったのは、Fukaseが13日に投稿したインスタグラムのポスト。

    「正直、インスタは苦手だ だから今までもほとんどスタッフにやってもらってた」と前置きしつつ、バンドメンバーのSaoriの夫で俳優の池田大との会話の中で、「どうして深瀬くんはインスタになんの言葉も載せてないの?」と聞かれたことを明かした。

    Fukaseはこれに対し、「え、だってインスタだし、俺やってないし、、」と答えたというが、「深瀬くんの言葉を待ってる人は沢山いるとおもうよ」と説得され、「『そ、、そうかなぁ、、言葉かぁ。それならまぁ、、』というのがきっかけで、自分でインスタを始めてみることにしたのでした」と告白。

    今後、インスタグラムで自身の言葉を発信していくことを宣言していた。

    これまでFukaseのインスタグラムは写真のみか、シンプルなコメントのみのポストが多かったものの、8日のポストから長いコメントが書かれるように。

    今回、その理由が明かされた形となり、ファンからは、「ずっと待ってました!」「大くんもありがとう!」といった声が寄せられていた。

    d


    しかし、その宣言後、はじめて投稿された14日のポストは、Fukaseの写真に「ぶっ殺すぞ」と不穏なコメントがされているもの。

    このポストに対し、ネットからは

    「ぶっ殺すって…なんで?」
    「怖すぎる。情緒不安定?」
    「そんな発言するくらいならインスタにコメントしようとおもわないでください」

    といった批判的な声が寄せられていた。

    SEKAI NO OWARIといえば、動物殺処分ゼロ活動支援プロジェクトも立ち上げ注目度を集めており、今回の暴言に対し、「殺処分0プロジェクトをしているのに、そんな事を呟いたら駄目じゃないですか?」「殺処分はダメだけど人に『ぶっ殺す』って言っていいって謎…」という指摘も相次いでいる。

    今回、Fukaseが何に対し暴言を吐いたかについては不明ではあるものの、影響力の大きいアーティストだからこそ、ネットユーザーの不信感を買ってしまったようだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/09136267/ 


    所長見解:どした?・・・

    【【ぶっ○すぞ】セカイノオワリ Fukase、インスタに謎の暴言がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    爆笑問題の太田光がメガホンをとり、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が出演し、4月6日に公開される映画「クソ野郎と美しき世界」。
    同映画はオムニバス形式になっており、その中の一編「光へ、航る」のクランクイン初日となる2月下旬に記者会見が行われた。

    「毒舌で鳴らす太田は会見で、『飯島と相当モメた。飯島を呼べ!』と、会場にいた元SMAPのチーフマネージャーで、3人のマネジメント会社の社長を務める飯島三智氏をイジるなどして笑わせていました」(スポーツ紙記者)
    このことは多くのメディアも報じたが、実は会見では太田によるさらなる爆弾発言もあり、波紋を広げているとか。

    h


    「太田は映画のタイトルに絡めた『みなさんにとって“クソ野郎”のイメージは?』との記者の質問に対して『メリーさんとか言っちゃダメだよ』と、『ジャニーズ事務所』のメリー喜多川副社長をもネタにしたんです。
    これがジャニーズ事務所の耳に入り、事務所の関係者たちが激怒。
    広報を通じて各メディアに、この太田の発言を記事にしないよう圧力をかけていたそうなんですよ。

    結果、週刊誌などを除いては、ほとんどのメディアが“メリーさん発言”には言及しなかったわけですが、太田さんは、ジャニーズ事務所との間に大きなしこりを残すことになりましたね」(前出・スポーツ紙記者)

    はたして、太田は今後ジャニーズタレントと共演することができるのか?

    http://news.livedoor.com/article/detail/14383822/


    所長見解:さすが・・・
    【【爆笑問題】太田光、メリー副社長をクソ野郎呼ばわりした結果ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ