映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(22)が29日、法名「千眼美子」で行っているツイッターを更新した。

    s


    午後6時40分ごろに「何も知らないくせに何も見てないくせに」と意味深ツイート。
    15分後、意味深ツイートに繋がる「そんな思いが出るけれど、それならば、伝えなきゃ」とつぶやいた。
    続けて「この世界は皆、人間なのだから理解しようとする言葉で自分を振り返りみて、反省する心で結びつけあえるはずなんだ。排斥しあう力は間違っている。いま必要なのは結びつける力だ」と自身の思いを打ち明けた。

    この日は芸能界引退表明前にヒロインを演じた映画「東京喰種 トーキョーグール」の公開日だった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000148-spnannex-ent


    所長見解:後悔してるのか・・・
    【【あの人は今】清水富美加「千眼美子」、意味深ツイートってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPの木村拓哉、嵐の二宮和也が初共演する映画『検察側の罪人』(原田眞人監督、2018年公開)のキャストが24日、発表された。
    木村、二宮の“正義”を巡る闘いの行方を左右する重要なヒロインを吉高由里子が演じるほか、松重豊、平岳大、八嶋智人、大倉孝二らが出演する。

    原作は『犯人に告ぐ』『クローズド・ノート』の雫井脩介氏によるミステリー小説。
    エリート検事・最上(木村)と、彼を師と仰ぐ駆け出しの若き検事・沖野(二宮)。
    2人が担当することになったある殺人事件で、かつて最上にとって大事な人の命を奪い、時効を迎えた未解決殺人事件の容疑者が再浮上する。
    その男を執拗に有罪に仕立てようとする最上と、それに疑問を覚えた沖野の間に徐々に亀裂が走り始め、やがてそれぞれの“正義”のもとに決裂した2人が、敵同士となって対峙していく。

    新たに出演が発表されたのは、検察事務官・橘沙穂役の吉高のほか、正義とは対極を成す社会の必要悪である闇社会のブローカー・諏訪部役の松重、最上の重要な決断に影響を及ぼす同級生の国会議員・丹野役の平、沖野と共に検察との闘いに挑んでいく弁護士・小田島役で八嶋、凶悪な殺人事件の容疑者の一人である弓岡役の大倉。
    矢島健一、音尾琢真(TEAM NACS)、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜も出演が発表され、人権派大物弁護士・白川雄馬を山崎努が演じる。

    吉高は、役柄について「幼い頃のある出来事がきっかけで検察事務官になるというすごく信念のある強い女性像です」と説明し、「初めて挑戦する役どころを楽しみながら演じていきたいと思います」と意気込み。
    「木村さん二宮さんそして共演者の方々、スタッフの皆さんと一緒にチームワーク良く撮影に挑めたらなと思います」と話している。

    「私が演じるのは悪い老人の役です」と明かした松重は、原田監督の要望に応えて髪を染めず白髪で臨んだといい、「思ったより白くて、一気に老け込みました。不良にでもならないとやってられない気分です」と告白。
    「木村君も二宮君も以前ガップリ組ませていただいたことがあります。
    今回はどちらも全く違った関係性なので、どんなことになるやら、乙女のようにワクワクしています」と期待を込めた。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    映画『検察側の罪人』に出演する(上段左から)吉高由里子、松重豊、山崎努(中段左から)平岳大、八嶋智人、大倉孝二、矢島健一(下段左から)音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜
    no title

    http://www.oricon.co.jp/news/2094586/full/


    所長見解:今度は大丈夫かな?・・・
    【【ついに共演】木村拓哉&二宮和也の共演作『検察側の罪人』キャスト発表 ヒロインは吉高由里子ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉(44)の凋落に歯止めがかからない。
    SMAPが解散してソロとなった今年に入り、主演したドラマは視聴率、興行収入ともにいま一つの結果。
    CMもトヨタ自動車の「カローラ」とミス・パリの「ダンディハウス」の2本が相次いで打ち切りに。
    6月20日には追突事故を起こす失態を演じてしまった。

    「昨年来のSMAPの一連の騒動で、木村には“裏切り者”イメージが世間に浸透してしまった。
    特に木村以外のSMAPファンの失望感は強く、木村が出演する番組やCMクライアントへの抗議は今も止まらない。
    CMが激減した背景にはクレームの急増という問題が少なからず働いている。
    残るはタマホームのみで、こちらも新規撮影は行われていません」(テレビ局社員)

    騒動の結末として、SMAPメンバーとして苦楽をともにした稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)が退社を決めた。
    その余波として、木村には“A級戦犯”の印象が強く付けられるかたちになってしまった。

    「木村は、3人の退社発表の翌々日に追突事故を起こし、『考え事をしていた』と供述しました。動揺をうかがい知る出来事となってしまいました」(芸能誌記者)

    心労を隠せない木村。
    さらに精神的な負担に拍車をかけているのが、木村の”ある習慣”だという。

    k


    ■オレ様キャラの割に“気にしい”な性格

    木村の知られざる私生活の”習慣”を報じたのは6月22日発売の『週刊新潮』だった。

    「世間体を気にしている木村はネット上での書き込みもチェックしているとのこと。
    インスタグラムを始めた妻の工藤静香(47)にも『突っ込まれることが書かないでくれ』と苦言を呈したとも伝えられている。
    当然、木村は罵詈雑言を目にすることとなり、エゴサーチするたびに落ち込んでしているとか。
    何をしても支持回復にはほど遠く、悪循環が続いています」

    落ち込む木村に追い打ちとなったのが、中居正広(44)の残留だ。
    SMAP存続を一人主張したことで論功行賞を得られると思いきや、中居が残留を決めたことでジャニーズ事務所での特別な立場はあやふやになってしまった。

    かつてのトップスターから一転、八方ふさがりに追い込まれる木村。
    こみあげてくる焦りは、実は“気にしい”な性格、そして自動車メーカーのCMに出演していた割には運転が下手だったことなど、隠された本性を明るみにしている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1328113/


    所長見解:たしかにイメージがね・・・
    【【これはヤバい】木村拓哉、エゴサーチ好きと”中居の残留”で心労に追い討ちってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年のSMAP解散からはや半年。
    育ての親である飯島三智・元チーフマネージャーと共に5人での独立を画策したものの、翻意したことで木村拓哉(44)には裏切り者のレッテルが張られている。

    k


    木村が主演を務めた三池崇史監督「無限の住人」(4月29日公開)は、特別招待作品として5月のカンヌ国際映画祭から声がかかった。
    現地で海外メディアから「解散してさみしくないの?」と問われた彼は、「自分の中で引きずっていたら、きっと今日も(レッドカーペットを)歩けなかっただろうなと思う」と笑顔で話したようだが、その顔が歪んではいなかったか。

    まず映画そのものについて、映画評論家の北川れい子さんはこう評する。
    公開2日の興行収入が1億8900万円で最終的に10億程度でしょうから、はっきり言って大コケですよね。
    これまでのキムタク映画といえば、興行収入が数十億円で、年間の興収ランキングの常連でしたから」

    実際、型破りな検事を演じた「HERO」(2007年)は興収81億円を超え、その年の邦画トップに、前年公開の「武士の一分」も41億円強で5位にランクイン。
    15年の「HERO」続編も約47億円でトップ3に名を連ねていたことに比べると、本人ならずとも物足りなさを感じざるを得ない。

    続けて、映画の敗因はと言うと、「上映時間の7割ほどが殺陣のシーンで非常に殺伐としています。
    これまでのキムタク映画というのは典型的なスターもので、ストーリーも他のキャストも演出も、すべてがキムタクを彩るために存在していました。
    つまり『キムタクを観に行く映画』だった。
    そして、彼の幅広いファン層を楽しませる王道を行く話だったのが、今回はバイオレンス作品。
    誰にでも楽しめるものではないのです」(同)

    ■スポーツ紙は雄姿を報じるも…

    例によってスポーツ紙6紙のジャニーズ担当記者は「アゴ・アシ・枕付き」でカンヌへ出かけ、キムタクの雄姿を報じていた。
    押しなべてこんな具合である。

    〈メイン会場2300席は満席。約5分間のスタンディングオベーションに〉

    〈英ガーディアン紙は5段階で「4」の評価〉

    北川さんは、「スタンディングオベーション、これはカンヌではよくあることですよ。
    よほど酷い作品でない限り、礼儀として立って拍手をしますから、映画の評価とは無関係だと思います」と半畳を入れ、続ける。

    「また、ガーディアン紙の評価ですが、大体こういう映画評というのは海外の映画に甘いものなんですよ。
    文化差があって完全に理解することは難しいという“引け目”があるし、ヨーロッパで人気のある三池監督の作品だということもプラスに作用したのでしょう。
    スペインの田舎のビデオ屋に寄ったときも、三池作品がずらっと並んでいたほどですからね」

    ■CMはゼロに

    木村は映画の大コケのみならず、クライアントの離反という厄介な敵とも対峙していた。
    「今年に入って、ダンディハウスとトヨタが木村から離れました。
    ジャニーズは電通に、“どこか良いところないですか?”と働きかけていますが、色よい返事をするクライアントがなく、とても苦労しています」

    業界全体がキムタクをすっかり持て余していると訴えるのは、広告代理店幹部。

    そればかりか、「木村が出ているCMに、“あんな裏切り者を出すな”といった抗議が結構あったようです。
    ダンディハウスは『キング・カズ』が彼に代わって出ているし、20年以上やっていたトヨタが離れたのも、プライドの高い木村としては屈辱だったことでしょう」(同)
    差し当たって唯一残っているタマホームに、「抗議の有無」を尋ねると、「コメントは差し控えさせて頂きます」と責任者は否定せず。

    「新バージョンを撮影していないようだから、タマホームも遅かれ早かれ終わる。
    CMが1本でもあればドラマは年に1つでも大丈夫なのですが……。
    結局、木村の最大の問題は、将来のビジョンを話し合える相手がいなくなってしまったことだと思いますよ。
    これまでは飯島が戦略を決めていたのに、それを考えてくれる人間が事務所にはいないんですよ」(芸能関係者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00522798-shincho-ent&p=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00522798-shincho-ent&p=2

    ※続きます


    所長見解:公開謝罪がね・・・
    【【これはヤバい】木村拓哉、「あんな裏切り者を出すな」の抗議殺到でダンディハウスとトヨタなどスポンサーが次々と離反 タマホームも降板ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    23日放送のラジオ番組「木村拓哉のWHAT’S UP SMAP」(TOKYO FM)で、木村拓哉が、カンヌで出川哲朗と遭遇した際の裏側を明かした。

    k


    番組では、リスナーからのメールが紹介され、木村が「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)にサプライズ出演していたことが話題にあがった。
    11日放送の同番組で、出川と谷まりあが世界的な著名人との写真撮影に挑戦をする「パパラッチ出川」企画として、カンヌ国際映画祭を突撃していた。
    レッドカーペットを歩く俳優や監督らを直撃する中で、出川はなんと木村の姿を発見し、対面を果たしていたのだ。

    木村は映画祭を振り返り、 「あれは珍しく日本語がボーンと聞こえてきたので」「『木村く~ん!』っていう声が聞こえた」と当時の状況を明かす。
    声に気づいた木村が周囲を見渡すと、空手着を着た出川を発見し、「これって『イッテQ!』のやつだ。スゲェ!カンヌまで来たんだ」と察したそうだ。

    続けて、「あんな形で出川さんとお会いすると思わなかった」と、本当に突然の出来事だったとか。
    最初は近寄るか迷ったそうだが、レッドカーペットを歩く前の、まだカンヌ関係者から誘導される前の自由な時間だったこともあり「ちょっと行ってこようかな?」と出川ところへ向かったという。

    最後に木村は「あの企画はテレビで拝見させてもらったことがあった」「普段から(テレビで)見てると、行きますよね間違いなくね」と笑い、当時を振り返っていた。


    http://news.livedoor.com/article/detail/13246274/ 


    所長見解:さすがキムタク・・・
    【【イッテQ】木村拓哉 カンヌ国際映画祭で出川哲朗と遭遇した舞台裏を明かすってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ