映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    剛力彩芽「洋服はお店で」 映画「お終活―」製作会見

     
    映画「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」(2021年春公開予定)の製作発表会見が、撮影地となった千葉県流山市のホテルで開かれ、俳優の水野勝と剛力彩芽、橋爪功、高畑淳子らが登場した。

     
    生きているうちに人生を整理し、新たな気持ちで残された人生に臨む「終活」をテーマにした映画。

    主人公の葬儀社社員を水野が、橋爪と高畑が熟年離婚寸前の夫婦、剛力がその娘をそれぞれ演じる。

    g


    剛力は久しぶりの映画出演。

    映画にちなんで「最近整理、清算したこと」を問われると、「洋服の整理をつい最近したばかり。
    洋服が大好きなので増えるんです」と答えた。

     
    かつて交際していた、インターネット衣料品通販大手ZOZOの創業者前沢友作氏に絡めて「ネット通販で買うのか」と踏み込まれると、「いえいえ、私はちゃんとお店に行って試着するのが大好きなので。
    試着をして、しっかり選んで買います」とかわした。

     
    東京から離れた場所での会見だったが、新型コロナウイルスの影響で芸能イベントが多数中止となったこともあり、多くの報道陣が詰め掛けた。

    橋爪は「山田洋次監督がこの様子を見たら、嫉妬するんじゃないか」と笑わせた。

     
    会見には他に共演の松下由樹、香月秀之監督が出席した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00000096-kyodonews-cul

    所長見解:否定・・・

    【【元ZOZO】剛力彩芽さん「私はちゃんとお店に行って試着するのが大好きなので。試着をして、しっかり選んで買います」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    選定基準はなに?

    爆死映画『新聞記者』の日本アカデミー賞受賞に邦画ファンも困惑


    3月6日、『第43回日本アカデミー賞』の授賞式が行われ、最優秀作品賞に『新聞記者』が輝いた。

    同作からは最優秀主演男優賞に松坂桃李、最優秀主演女優賞にシム・ウンギョンが選ばれ、3部門を制覇することとなった。

    g


    『新聞記者』は加計問題などについて執拗に質問を浴びせ、“菅官房長官の天敵”と呼ばれる東京新聞・望月衣塑子記者による同名自伝本が原案。

    国家権力の闇に迫ろうとする新聞記者(シム)と現政権に不都合なニュースをコントロールする任務を与えられたエリート官僚(松坂)の姿を描いた政治サスペンスだが……。


    「近年のアカデミー賞の最優秀作品賞の興行収入は、2015年『永遠の0』(87.6億円)、
    16年『海街diary 』(16.8億円)17年『シンゴジラ』(82.5億円)、18年『三度目の殺人』(14.6億円)、19年『万引き家族』(45.5億円)と、いずれも大ヒットしています。
    しかし、『新聞記者』の興行収入はわずか4.8億円。
    他の候補作である『キングダム』(57.3億円)、『翔んで埼玉』(37.6億円)、『蜜蜂と遠雷』(8.6億円)にも遠く及びません。
    興行収入が作品の良し悪しを決めるわけではないとはいえ、邦画ファンからはそもそも誰も観ていないような作品を誰が評価して、何の基準で選んでいるのかという疑問が噴出しています。
    一方で、国内ではほとんど見られない“現政権や政治を扱った作品”ということに関しては、
    ひとつの風穴を開けたのでは、と高い評価は得ています」(映画ライター)


    https://www.cyzo.com/2020/03/post_233711.html

    所長見解:なんかね・・・

    【【悲報】爆死映画『新聞記者』が日本アカデミー受賞の理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    東京映画記者会(デイリースポーツなど在京スポーツ7紙で構成)が制定する「第62回ブルーリボン賞」の授賞式が18日、都内で行われ、主演女優賞の長澤まさみ(32)がシックな黒いドレスを身にまとって登場。

    対象作「コンフィデンスマンJP」のさらなる続編を希望した。

     
    2018年のドラマ版に続き、昨年公開された「-ロマンス編」でキュートな信用詐欺師のダー子を演じ、9年ぶりのブルーリボン賞を獲得。

    今年5月1日には映画版2作目となる「プリンセス編」の公開が待機している。

     
    今年がデビュー20周年の節目。

    コメディエンヌの才能を開花させた新たな代表作が評価され、長澤は「私もダー子のように信念を持って生きていけたら。
    この作品が大好きなので、まだまだ『コンフィデンスマンJP』の世界が続いたらいいのになと思います」とライフワークにする意気込みだ。

     
    2006年のNHK大河ドラマ「功名が辻」で共演している司会の舘ひろしは「あの美貌と笑顔なら、僕もだまされてみたい」とメロメロだった。


    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/18/0013126442.shtml
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/18/0013126442.shtml?pg=2


    no title

    no title

    no title

    所長見解:ええやん・・・

    【【悲報】長澤まさみさん、黒すぎる件wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「昨年5月公開の映画第1弾『コンフィデンスマンJP ロマンス編』は興収約30億円の大ヒット。
    今年5月公開の第2弾『プリンセス編』のヒットを見越し、今秋には第3弾の撮影に入る予定だったのですが……」(映画関係者)


    長澤まさみ(32)が主演した'18年放送のドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)。

    その映画版2作目となる『プリンセス編』が、5月に公開される。


    「先月、長澤さんと詐欺チームを組むボクちゃん役・東出昌大さん(32)に唐田えりかさん(22)との不倫が発覚したことで、状況が一変してしまったんです。
    騒動の余波でどんな影響が出るのか、まだ測りかねるため、今後のスケジュールが一旦、ストップしたんです」(前出・映画関係者)


    d


    主演の長澤も、一連の東出不倫報道にショックを隠せないという。

    「現状、映画の宣伝で東出さんがメディアの前に登場するのは難しいです。
    謝罪会見など、何らかの対応を取らないと、宣伝もままなりません」(前出・映画関係者)


    実は長澤にとって、『コンフィデンスマンJP』シリーズ共演者の不倫騒動に巻き込まれるのは今回で2度目だ。

    映画第1弾『ロマンス編』の公開時には小手伸也(46)の不倫報道があり、舞台挨拶で小手が謝罪する一幕もあった。

    「またも共演者の不倫でとばっちりを受け、長澤さんは怒りを通り越して戸惑うばかりだそうです。
    今回の第2弾『プリンセス編』は、予算もスケールも拡大し、マレーシアロケを敢行しました。
    その際“第3弾を撮るならどこがいいか”も検討され、第3弾では長澤さんも希望していたハワイロケを行う予定だったんです。
    長澤さんも喜んでいただけに、中止になってしまって落胆していると聞きました」(製作関係者)


    そんな長澤だが、5月の映画公開に向けて気持ちを切り替え、孤軍奮闘する覚悟を決めたという。

    「製作のフジテレビは当初、宣伝の一環として長澤さんと東出さんを各バラエティ番組に登場させる予定でしたが、白紙になりました。
    長澤さんは映画の出来栄えに絶対の自信があるため『PRは私一人でも大丈夫です!』と気丈に申し出たそうです」(テレビ局関係者)


    長澤の代表作となった今回のシリーズの今後はどうなるのか――。

    「第3弾の製作中止は避けたいところです。
    東出さんは主要キャストですから配役変更は難しいでしょう。
    世間の反応を見ながら、東出さんの出番を減らすなど大幅な脚本変更などを検討するしかありません」(前出・製作関係者)


    共演の不倫俳優たちに悩まされ続ける長澤の奮闘が実ることを願いたい。


    「女性自身」2020年3月3日号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00010004-jisin-ent

    所長見解:棒め・・・

    【【でっくん速報】長澤まさみさん、 東出不倫騒動の結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    h


    エチエチレビオサーwwww

    画像①

    画像②

    画像③

    所長見解:ええやん・・・


    【【検証画像】ハーマイオニーのお尻がエチ過ぎってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ