映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    v



    ΛVの撮影、やばすぎる



    所長見解:大変やな・・・

    【【検証画像】セクシービデオの撮影、ヤバすぎる件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    生田斗真との結婚で封印!? 

    清野菜名が園子温監督作で魅せた“汗だくバスト”


    「なかなか根性のすわった女優ですよ。
    でも、結婚したことで、彼女の艶ボディが拝めなくなるのは心配ですね」

     
    映画ライターがこう興奮気味に語るのは、6月1日、俳優の生田斗真と入籍した女優・清野菜名のことだ。

    「2人は5年ほど前から交際。
    キッカケは2015年に放送されたドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』での共演と言われています。
    清野といえば、12歳の時にローティーン向けファッション誌『ピチレモン』のオーディションでグランプリを獲得して芸能界入り。

    学生を続けながら同誌の専属モデルとして活躍していましたが、本人はもともと女優志望だったこともあって、高校在学中の2011年にはドラマ『桜蘭高校ホスト部』に出演。
    そのかたわら、養成所に通って、アクション演技の訓練も受けていました」(芸能ライター)

     
    そんな清野が一躍脚光を浴びたのは、園子温監督の映画「TOKYO TRIBE」(2014年公開)。

    そこで初めてヒロイン役に抜擢されたのだ。


    s


    「清野は当時19歳でしたが、この映画で大胆な濡れ場を見せたのです。
    清野はみずからの性を売り物にする女性の役で、武闘派のリーダー(鈴木亮平)に襲われてしまうのです。
    そのシーンでは、ナイフで脅されて、ベッドに押し倒されるのですが、その時のおびえた表情はまさに迫真の演技でした。
    そんな清野をあざ笑うように、男はナイフで彼女の衣服を引き裂いていき、清野のバストがモロ見えになってしまうのです。
    細身とあって、ボリュームはそれほどではないものの、綺麗なおわん型をしており、しっとりと汗ばんでいたのが印象的でした。
    また、次第に清野が恥じらいながらも甘い吐息をもらしていくのですが、アノ声もなかなか艶っぽいと好評でしたね」(前出・映画ライター)

     
    清楚系女優のイメージを持ちながら、脱ぐときは脱ぐ大胆さを持っている清野。

    結婚して人妻となっても、こうした女優魂は忘れないでいてもらいたいものだ。


    https://asagei.biz/excerpt/17015

    所長見解:ええやん・・・

    【【永久保存画像】新婚・清野菜名の汗だくバストがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    我々の心と下半身を掴んで離さない、美女優たちの艶シーン。

    不安や緊張、それとも期待か、あるいは男優の巧みな愛撫に本気でコーフンしてか、「バストトップ」を思いきり硬く尖らせてしまう女優がいる──。

    80年代、アイドルとしてトップ人気を誇った南野陽子が、本格女優への転身をと、映画で立て続けに脱ぎシーンを披露したのが、92年。


    n


    そんな中、大きな話題となったのは、その綺麗な微バストぶりと、痛々しいほどに屹立していた、ピンクの宝石のようなバストトップだった。

    「初脱ぎとなった『寒椿』で、南野の初めての相手となったのは、高嶋政宏。
    真っ赤な襦袢を剥ぎ取られ、飛び出したバストはBカプあるかないかの小ささですが、透き通るように白く透明感のある美肌ぶりは、思わず息を飲むほど。
    その先端はまさにピンクパールのように輝き、緊張からか極限にまで硬くこわばっていたんです。
    別の絡みシーンでは、馬乗りで激しく腰を上下させ、高島を胸に抱いて激しくのけぞりますが、やはり先端は極限状態。
    指先でピンと弾こうものなら、南野は失神してしまうのではというくらい、ギュッと固まっていましたね(笑)」(映画ライター)

    今年1月、久々にバラエティ番組に出演した南野の変わらぬ美貌と若々しさは、話題になった。

    きっとバストトップもあの時のままに違いない…。


    https://news.livedoor.com/article/detail/18221452/

    所長見解:ええよな・・・

    【【検証画像】南野陽子さん、アレを思いきり硬く尖らせてしまった模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    株式会社明後日

    @asatte2015

    たくさんの人に観て欲しいと思う映画でした。

    映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』公式ツイッター

    この映画がフィクションならば「主演俳優も脇を固める役者たちも脚本も編集も最高!
    続編に期待したい。」となるのだが、これは一人の人間を追ったドキュメンタリー。

    自分の人生、生き方を改めて考える時間になった。

    ― 小泉今日子(俳優)
    http://nazekimi.com/#comment

    Show this thread
    https://mobile.twitter.com/asatte2015/status/1265146045127770115


    豊原功補 / kosuke toyohara
    @HeadRockinc1

    観た。

    志に従うことと組織の舵取りを支える矛盾。

    属さない道を選択する自問自答と孤独。

    政治家に限らず、左右上下でもなく、人生を正直に生きようとしてきた人なら共感を覚えるところは多いと思う。

    同世代はもちろん、若い人にもお薦めしたいドキュメンタリー映画。


    https://mobile.twitter.com/HeadRockinc1/status/1265177288930291712


    k

    所長見解:なんなん・・・
    【【不倫中】小泉今日子さん「たくさんの人に観て欲しい映画」← 豊原功補さん「観た。左右なく人生正直に生きた人なら共感を覚えると思う」←なにこれwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・大島優子(31)が、石井裕也監督(36)の最新作「生きちゃった」(今秋公開予定)に出演し、初の“不倫妻”役を演じることが13日、分かった。


    石井監督脚本のオリジナル作で、主演の仲野太賀(27)演じる山田厚久の幼なじみの妻・奈津美役。

    5歳の娘を持ち平凡な生活を送りながらも、ある日不倫相手との情事を夫に目撃されてしまう。

    幼なじみの武田(若葉竜也)を含めた3人の関係がゆがみ、予期せぬ展開が起こっていくという人間ドラマだ。

    f


    17年の日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」で不倫をする役を演じたことはあるが、今作は女性として、母親としてさまざまな葛藤を抱え、精神的にも追い込まれていく難しい役柄。

    石井監督は「きっと多くの役者が避けるであろう重く苦しい役」という。


    それでも出演依頼を快諾した。

    石井監督はある重要なシーンでの演技に特に驚かされたといい「見ていてゾッとして、演技なのか狂っているのか分からなくなって怖くなった。
    監督人生で初の経験。
    大島さんがずっと抱えていたものが爆発したんだと思います」。


    大島は「この作品を通じて、役に“裸”で向き合うことの大切さを学びました」と、体当たりで撮影に臨んだことを明かした。

    初の“石井組”参加で信頼を深め「監督とつながりながら、むき出しであり続けるという、私にとって初めての挑戦でした」と新境地を見せる。


    同映画は中国、香港、台湾、マカオなどでも上映予定。


    ※画像がコチラ


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-25130417-nksports-ent

    所長見解:ええやん・・・

    【【衝撃画像】元AKB・大島優子さん、不倫妻役「裸で向き合う」がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ