映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    z


    有村架純が菅田将暉との泡まみれ全裸混浴シーンを公開!

    菅田は撮影後浴槽が出られず!


    所長見解:ええな・・・
    【【これはすごい】有村架純の泡まみれ全裸混浴シーンがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮崎駿、鬼滅のヒットについて聞かれ「僕には関係ないから」、引退ごみ拾いおじさんへ


    k



    では、王座を奪われる宮崎駿監督(79)の胸中や、いかに。

    11月初旬の早朝、日課にしている自宅周辺のゴミ拾いをするため、自宅を出てきた宮崎氏を直撃した。


    --『鬼滅の刃』の興収が『千と千尋の神隠し』に迫っています。どう見ていますか?

    「まあ、僕には関係ないことだと思います。興行成績がどうのこうのということには、あまり関係しないほうが、現場は平和でいいんです。一生懸命作っていりゃあいいんで」


    --『鬼滅の刃』はご覧になりましたか?

    「観ません。ほとんど観てないんです、ほかのものを。テレビも観ないし、映画も観てない。ゴミ拾いをやっている引退じじいです」


    --『千と千尋の神隠し』が歴代1位でなくなることを残念がるファンもいます。

    「そんなことは、どうでもいいよ。世界はいつもインフレになっているんですから。(それよりも)ゴミを拾わないと……」


    そう、語気を強めて答えた宮崎氏。

    “鬼滅” を観ないと答える一方、ジブリ超えの勢いについては、すでに知っている口ぶりだ。

    はたして、その真意はいかなるものか。


    所長見解:しゃあない・・・


    【【あの人は今】宮崎駿監督、「鬼滅」のヒットについて聞かれた結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    g



    とんかつDJアゲ太郎「映画に罪はない! 上映するぞ!」→ 結果




    所長見解:あらら・・・


    【【悲報】とんかつDJアゲ太郎「映画に罪はない! 上映するぞ!」→ 結果    】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    橋本愛がのんと親友役で再共演!

    「私をくいとめて」メイキング写真と本予告到着


    のんと林遣都の共演作「私をくいとめて」に橋本愛が出演していることが明らかに。

    加えてメイキング写真が到着し、YouTubeでは本予告が公開された。


    綿矢りさの同名小説を「勝手にふるえてろ」の大九明子が映像化した本作。

    脳内に相談役・Aを持つ黒田みつ子にのん、彼女が恋をする歳下の営業マン・多田に林遣都が扮した。

    共演には臼田あさ美、若林拓也、片桐はいりも名を連ねる。


    橋本はイタリアに嫁いだみつ子の親友・皐月役で出演。

    映画オリジナルで、妊婦という設定になっている。

    2013年放送の連続テレビ小説「あまちゃん」以来7年ぶりに共演を果たした橋本とのん。

    橋本は「あまりに久しぶりで、最初はとても照れました。
    それに、昔の私は相当やりづらかっただろうなという、懺悔の気持ちを常に持っていました(笑)」と言いつつ、「でも今回、役としてお互いが目を合わせたときの、電気が走るような、心が通じる感覚。
    鮮烈でした」と振り返った。


    のんも「かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。
    最初は、目を合わせただけでドキドキしちゃうくらい恥ずかしかった! 」とコメント。

    続けて「でも、愛ちゃんの方から本読みをしたいと声をかけてくれて、みつ子と皐月のやりとりで心を通わせることができたように思います。
    そして何と言っても再び親友役。
    これ以上ない相手でした。
    楽しかった!」と述べている。


    映像にはみつ子がAと会話するさまや、涙を流す様子が収録された。

    なお劇中曲として、5.1chにミックスされた大滝詠一の「君は天然色」が選ばれている。

    また、第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」部門への出品が発表されている本作の11月5日に行われる舞台挨拶に、大九とキャストが登壇することも決定。

    チケットは10月24日16時に映画祭公式サイトで発売される。

    「私をくいとめて」は12月18日より全国でロードショー。


    m


    ◆橋本愛 コメント

    出演オファーをもらって
    大九監督と綿矢りささんの最強コンビネーション作品に参加できることが嬉しくて、撮る前から早く観たい!とお客さん気分でわくわくしました。
    とにかく脚本が面白くて、ポップでチャーミングなのに人間の深淵を描いていて、漫画を読んでいるようなライト感がありながら、ドッと心臓が鳴るような読後感。
    これこれ!と嬉しくなりました。

    皐月という役柄に関して、自身で考えたことや大九と話したこと
    皐月は原作で描かれた人間性をベースに、映画ではもっとみつ子との関係性に特化して、また一番今の時代が投影されるキャラクターになりました。
    傍からは幸せに見える条件が揃ったような人でも、内実不安や恐れに毎日襲われていて、その弱さが見えたとき、みつ子を救うといいな、と。
    監督とは、みんな生まれながらのおひとりさまなんだ、という話をして、その言葉を大事に抱えて最後まで演じたつもりです。

    のんとの久しぶりの共演について
    あまりに久しぶりで、最初はとても照れました。
    それに、昔の私は相当やりづらかっただろうなという、懺悔の気持ちを常に持っていました(笑)。
    でも今回、役としてお互いが目を合わせたときの、電気が走るような、心が通じる感覚。
    鮮烈でした。
    声を発して会話しづらい中、心の会話の気持ちよさを強く感じました。
    超超楽しかったです。


    ◆のん コメント

    橋本愛との久しぶりの共演について
    かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。
    最初は、目を合わせただけでドキドキしちゃうくらい恥ずかしかった!
    その時の私は、好きな人にうまく話せない男の子のようでした。
    でも、愛ちゃんの方から本読みをしたいと声をかけてくれて、みつ子と皐月のやりとりで心を通わせることができたように思います。
    そして何と言っても再び親友役。
    これ以上ない相手でした。
    楽しかった!


    「私をくいとめて」メイキング写真。左から橋本愛、のん。 
    https://ogre.natalie.mu/media/news/eiga/2020/1019/watashiwokuitomete_202010_01.jpg


    ●映画『私をくいとめて』本予告 〈12月18日全国ロードショー〉 
    https://www.youtube.com/watch?v=f2XAxI-MPEM


    https://natalie.mu/eiga/news/401327 




    所長見解:ええよな・・・

    【【これはあまちゃん】のん(能年玲奈)、橋本愛と再共演ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    長澤まさみの憔悴 コンフィデンスマンJP終わらせたいと吐露

    竹内結子さん(享年40)が亡くなって数日がたった10月上旬の昼下がり。

    都内の路上をうつむきながら歩くのは長澤まさみ(33)。

    その表情からはひどく憔悴している様子が伝わってきた。


    長澤は竹内さんの遺作となり、現在も公開中の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』で主演を務めている。

    同作の製作関係者は言う。

    「竹内さんは表裏のない姉御肌で、手の込んだ洋菓子などをたびたび差し入れてくれ、スタッフと共演者から愛されていました。
    わずか2カ月の間に共演した三浦春馬さん(享年30)に続いて竹内さんも亡くなってしまい、みんな大きなショックを受けています」


    no title


    同作で共演した俳優の小手伸也(46)は竹内さんの訃報が流れた9月27日、SNSでこうつづった。

    《だめだ、言葉が見つからない、みんなにLINEしたらいいのかな? 僕から? 誰のために? 心配するふりをして落ち着きたいのは自分だろ、悲しい、でももっと悲しんでる人がいる》

    竹内さんが演じたのは、長澤演じるダー子が尊敬する美しき詐欺師・スタア。

    昨年公開された映画第1弾の『ロマンス編』に続いての出演だった。

    長澤は現実でも竹内さんへの憧れを長年抱いていた。

    「2人が初めて共演したのは’03年1月に公開された映画『黄泉がえり』。
    当時デビューまもない長澤さんに、竹内さんは現場で常に優しく接したのです。
    それ以来、長澤さんは18年間、竹内さんに憧れ続けてきました。

    実は『コンフィデンスマンJP』映画化に際して、長澤さんは竹内さんとの共演を熱望したそうです。
    最初に一緒のシーンを撮影するとき、竹内さんの出演映画をほとんど見ている長澤さんは『あの映画はよかったですよね!』と話して、2人で大盛り上がり。
    “憧れの竹内さん”と話しているときの長澤さんはいつも以上にキラキラしていました」(映画関係者)


    長澤のショックは周囲の想像をはるかに超えているという。

    「製作サイドと長澤さんは『コンフィデンスマンJP』を『男はつらいよ』のようなずっと続くシリーズにしたいと考えていました。
    しかし、長澤さんは『もう3で終わらせたい……』とこぼすほど落ち込んでいるそうです。これ以上の続編は難しいかもしれません」(製作関係者)


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19012312/


    ▼写真
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/3/f340f_1212_99af5ca2_2d9c7684.jpg


    所長見解:たしかにな・・・

    【【これはヤバい】長澤まさみ「終わらせたい」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ