ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    s


    俺は確実に見た記憶があるんだよ

    映画館で2回観に行ってラストの引越し業者が文句を言うシーンはハッキリと覚えてるんだよ

    でも世間ではデマな感じになってるのが凄く怖いんだけど


    詳細↓
    no title

    所長見解:ないよね・・・


    【【オカルト】千と千尋の神隠し「幻のエンディング」ある説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「つい先日、小泉さんと恵比寿駅で会ったんです」と語るのは、小泉今日子(53)の古くからの知人。

    現在は制作会社『明後日』の社長としても活動している小泉。

    恵比寿駅といえば、会社の最寄り駅でもある。知人が続ける。


    「久々に会ったので、すごく懐かしかったのですが、驚いたのは彼女が電車で移動をしていたこと。
    会社の社長さんになりましたし、昔とは経済感覚なども変わってきているのかな、と思いましたね」


    k



    '18年2月に、事務所からの独立と、妻子のある豊原功補(53)との恋愛関係を公表した小泉。

    それから1年半が経過し、2人は新たな試みに挑もうとしている。

    プロデューサーとして映画の製作を手がけているというのだ。

    ある映画プロデューサーは言う。

    「豊原さんも小泉さんも映画のプロデュースは初めての体験だそうですが、なかなか映画がヒットしない時代に思い切った決断だと思います。
    昨年は製作費300万円という低予算映画『カメラを止めるな!』が大ヒットして話題になりました。
    でもお2人の映画『ソワレ』は主演の1人が若手人気俳優の村上虹郎さん(22)で和歌山県内のロケも1カ月弱おこなったそうですから、製作費用は少なくとも1~2千万円はかかるのではないでしょうか」


    彼らは製作費や広告費を集めるために、クラウドファンディングサービスを利用している。

    8月5日時点で支援金は350万円を超えており、かなり反響を呼んでいるようだが、小泉と豊原の“捨て身の作戦”も功を奏したようだ。


    「2人で経済誌のインタビューに応じ、豊原が“創造の世界はもっと自由であるべき”など映画製作について熱く語ったのです。
    2人で取材に応じたのは初めてのことで、7月末に配信された記事では和歌山県の海岸で撮影されたツーショットまで公開しています」(芸能関係者)


    豊原はインタビューではこんな発言も。

    《テレビに出られなくなる、CMに起用されなくなる、生活ができなくなる、映画が撮れなくなる。
    無言の圧力をみんな勝手に自分の中に感じてしまっているわけです。
    自分自身もそういう思いをすることはあるんですが》(『Forbes JAPAN』)


    現在の豊原は経済的に苦境にある。

    小泉への不倫愛を宣言して以降、テレビドラマや映画のオファーは激減しているのだ。


    ある舞台関係者は語る。

    「いまの収入の大部分が、『明後日』から支払われている演出料や出演料で、いわば小泉さんが捻出したお金です。
    その収入から、奥さんの生活費やお子さんの養育費を払っているわけですが、豊原さんも金欠状態に苦しんでいるのでしょう」


    この関係者は、2人のこんな場面も目撃したという。

    「楽屋で豊原さんが、ふと『飲み物がなくなったなぁ』と、つぶやいたんです。
    するとすかさず小泉さんが財布から千円札を渡して『私の分もこれで買ってきて』と……。すごく自然で、お金のことは小泉さんが全部面倒をみているんだな、と思いました」


    金欠苦に耐えながらも、“自由な創作”を目指し、映画製作という新たな夢に向かって走り出した恋人のために、実は小泉は大きな決断を下していた。

    “お気に入りの我が家”を売却したのだ。

    以前、小泉が住んでいたのは都心の一等地に所有するマンションだった。

    彼女を知る音楽関係者は言う。

    「小泉さんが50歳の誕生日を迎えたときに、『MEKURU』という雑誌が、彼女の大特集を組みました。
    すっぴんで撮影に臨んだことも話題になりました。
    広いリビングルームにたたずむ姿や、ソファに横たわる姿が印象的でしたが、その撮影現場となったのが、彼女の自宅マンションだったのです」

    部屋の広さは190平方メートル! 

    その重厚なたたずまいが外国人にも人気の物件で、地元の不動産関係者によれば「売却金額は3億円と聞いています」とのこと。

    この決断の理由について、前出の知人は次のように語る。

    「女としての意地というのでしょうか。
    豊原さんを妻子から引き離し、公の場で“恋人宣言”もさせてしまったわけですからね。
    『彼の夢は私が支える!』という思いにとらわれているのでしょう。
    交際を公にしたころ、小泉さんは賃貸マンションに引っ越していました。
    所有している物件を売却して当面の活動資金を調達することで、豊原さんの創作を支えていきたいと考えていたのでしょう」


    “男の夢”と“女の意地”をかけた映画は、来年公開されるという。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00010002-jisin-ent

    所長見解:あれね・・・

    【【悲報】小泉今日子、自宅を売却しなければいけない理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■板野友美演じる女子大生が、中国人留学生“アキラ”や友人たちと、2,300年前に不老不死の仙薬を探しに日本にやって来た徐福とその一行の足跡を辿る旅に!


    e


    板野友美が主演を務める映画『徐福~永遠の命を探して~』が、7月26日から東京・渋谷ユーロライブほかで全国順次公開される。

    本作は、2,300年前に秦始皇帝の命を受けて日本に不老不死の仙薬を探しに来た徐福の一行の子孫である大学生・福住翔子と中国からの留学生・呉明の徐福探しの旅を描いた日中合作映画。

    福住翔子を板野、呉明を中国の俳優でヒップホップミュージシャンの黄礼格、徐福を王班(特別出演)が演じるほか、内藤光祐、伊藤かずえ、佐藤美希、小波津亜廉、段文凝、王依頼君など日中両国の豪華キャストが顔をそろえる。

    なお、主題歌には板野が2月にリリースしたシングル「すき。ということ」に収録されている「君。」が起用される。
     

    板野友美主演映画「徐福~永遠の命を探して~」

    画像①

    画像②


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-00000008-mnet-musi 


    所長見解:懐かしいな・・・
    【【朗報】ともちんこと板野友美、映画主演ってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    e


    ホームアローン

    バックトゥザフューチャー
    所長見解:ないな・・・

    【【感動巨編】10回以上みた映画がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今夏、韓国で「戦闘(セント)」なる反日映画が公開予定だという。

    が、これもまた、ずいぶん史実が曲げられた作品なのだとか。

    またか、と冷めた視線を送れば、なんと、あの北村一輝(49)が出ているではないか! 

     
    徴用工をテーマにした「軍艦島」(2017年)しかり、慰安婦問題の「鬼郷」(16年)しかり。

    いくら娯楽といえど、近年の韓国映画は度を越している。

    日本人は悉(ことごと)く悪し様に描かれ、蛮行の限りを尽くすのだ。

    韓国の映画会社関係者が打ち明ける。

    「『戦闘』は、日本統治時代に活躍した独立活動家が率いる抗日ゲリラ団の戦いがテーマ。今年は、日本の朝鮮半島統治に抵抗して起きた三・一独立運動から100周年ということもあって、分かりやすい反日映画になっています」


    そのなかでクローズアップされるのは、「1920年6月に起きた、鳳梧洞(ポンオドン)戦闘です。
    日本人にはまったく馴染みのない戦闘ですが、韓国では教科書にも載っていて、ほとんどの国民が知っている。
    三・一独立運動後、各地で繰り広げられた独立軍と日本軍の戦いのうちの一つであり、初めて日本軍に勝った戦闘という位置づけなのです」

    実際のところは、独立軍が日本軍の追っ手を山中でちょっと反撃した程度。

    だが、日本軍戦死者は157名、重傷約200名、軽傷約100名。

    対する独立軍の戦死者は1名、重傷2名、軽傷3名と大喧伝されている。

    韓国の百科事典などには、これと似かよった戦闘結果が記されているものの、それはあくまで彼の国の認識でしかない。

    s


    ■北村本人の判断

    先の映画会社関係者曰く、この作品における北村一輝の役どころは、「鳳梧洞で戦ったとされる日本軍の冷酷な少佐ですが、北村さんクラスの日本人俳優がこのような反日映画に出たなんて、記憶にありません。
    こちらのスタッフのなかでも、“彼のような人気俳優が出て大丈夫なのか”との声が上がっていたんですから」

    撮影期間は昨年8月から年末にかけて4カ月ほど。

    すでに撮り終わっているが、「事務所は反対の意向だったといいます。
    明らかな反日映画ですから。
    仮に『戦闘』が史実とかけ離れ、日本国内で問題視されれば、彼が起用されているキリンビールなどのCM打ち切りの可能性だってある。
    なのに、“どんな役でもこなすのが俳優”という彼の信念で出演が決まった。
    事務所ではなく、北村さん本人の判断だったようですよ」

    彼が人気俳優たるゆえんは、その信念にある。

    ゲイを演じるときはゲイバーに通いつめ、チンピラを演じるために歯を5、6本抜くといった、役者魂溢れるエピソードは枚挙に遑(いとま)がない。

    スポーツ紙の芸能担当記者が懸念する。

    「そんな北村は、今年9月からのNHK連続テレビ小説『スカーレット』でヒロインの父親役を演じます。
    NHKの朝の顔ともなる彼が、売国奴と詰(なじ)られかねないこの手の映画に出るのは解せません。
    リスクが大きすぎますよ」

    北村自身にその了見を聞いてみたかったが、所属事務所は、「情報解禁がまだなので取材にはお答えできません」の一点張り。

    産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏はこう語る。

    「史実に反していると指摘されようと、“日本人が悪いことをしたのに変わりはないでしょ”というのが韓国。
    細部はどうでもいいのです。
    ただ、韓国では次第にそうした風潮への批判も広まっている。
    また今年も“イルポン”をやるのか、というんですね。
    日本を意味する“イルボン”と“ヒロポン”のポンをかけて“イルポン”。
    反日愛国映画は、国民を一時的にスカッとさせようとする手段だと揶揄しているわけです」

    むろん、どんな映画の役でも引き受けた以上は台本通り演じ切るのが役者の本分で、それが北村の信念でもあろう。

    ただ内容如何によっては、あらぬ批判の代償が待ち受けるやもしれぬ。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190604-00563353-shincho-ent

    https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2019/06/1906030557_1-714x476.jpg

    所長見解:そうなんや・・・

    【【悲報】俳優・北村一輝が韓国の「反日映画」に出演する理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ