ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いタレントの鳥居みゆきが、先ごろ放送されたドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)に出演。
    クレオパトラ風の派手なメイクとアクセサリーを付け、妖しさ全開のカリスマ占い師・望月ルナを演じると、SNSでは「役にぴったりとはまっていた」「存在感ばっちり」など、その演技力を称賛する声が相次いだ。
    以前からバラエティやネタ番組にはコンスタントに出演を重ねてきた鳥居だが、近年はドラマや映画への露出も増加。
    パジャマ姿で踊り叫ぶネタで知名度を上げ、それから10余年。
    キワモノ扱いされながらもジャンル問わず需要が高まる要因とは?


    ■「お笑い」に重きを置いているワケではなく「演技をすること」が本懐

    昨年の鳥居の出演実績だが、ドラマは3本、映画にいたっては6本に出演。
    R15指定映画『全員死刑』の強盗殺人犯の標的になる資産家一家の母役から、TBSの日曜劇場ドラマ『陸王』の真面目なメガネの高校教師役まで、演じる役柄は幅広い。
    もちろん、バラエティ番組にも定期的に出演し続けており、『有吉反省会』(日本テレビ系)ではブレイク直後に結婚した夫との生活を赤裸々に語り存在感を示すほか、秋田県生まれということで、仙台出身のサンドウィッチマンとともにユニットコントをする『東北魂TV』(BSフジ)のレギュラーも務めている。

    マルチな活動を続ける鳥居だが、実は芸人としての活動は、「趣味である単独ライブのために費やせるお金稼ぎ(笑)」(PICT‐UP/2015年2月18日)と考えており、実際は「演技をすること」にやりがいを感じているようだ。
    舞台にコンスタントに出演するのもそうした理由からであり、同インタビューでは「自分が書いてないから、書いた人の気持ちが想像ができない。
    それが少しずつわかっていけるのがすごく面白い」と語っている。
    昨年は『半沢直樹』(TBS系)の演出家から指名され、1940年代に実際にあった「アナタハン事件」がモチーフとなった『女王と呼ばれた女』に主演するなど、着実に舞台のキャリアを積み重ねている。

    t


    ■「放送コードをいかに“延長コード”にするか」ギリギリ感を演出する自己演出力

    もともとは支離滅裂な言葉を叫びながら踊る「ヒットエンドラーン!」のネタのように、 “狂気”をはらんだ芸でテレビに露出しはじめた鳥居。
    はじめて見た視聴者は「何かヤバいことをしでかすんじゃないか……」と、さぞかし放送を見ながらハラハラしたことだろうが、これまでSNSが炎上してしまうような「度を過ぎた行動」をとったことがない。

    その線引きについて、鳥居は昨年2月28日のORICON NEWSのインタビューでこう語っている。
    「放送コードがあったとしたら、いかにそれを延長コードにするかっていう作業が面白い」と、視聴者からクレームが来ない“ギリギリのライン”をわかった上で番組出演しており、自身を「客観視」できていることがわかる。

    その基になっているのは、そもそも鳥居が裏方でもある「脚本家」を志望していたことが大きいだろう。
    お笑いのことを知ろうと、コメディー芝居をはじめたのがきっかけで芸人の道を歩みだし、その後「不思議なことにお笑いをやったら、役者の仕事が来るようになって、原点に戻りつつあります」(日刊ゲンダイDIGITAL/2017年9月20日)と語る。
    テレビの中で見せる“狂気”は、脚本家仕込みの「プロデュース力」を兼ね備えた鳥居にとって、想定内の演出なのだ。

    ちなみに鳥居みゆきと同類の芸人として思い出されるのは、やはり“エガちゃん”こと江頭2:50ではないだろうか。
    そのハイテンションさゆえ、ときどき“ハミ出す”ことがあるにせよ、基本的には鳥居と同じく、計算された“狂気芸”であり、うまく自分をコントロールする技量がある。
    『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)や『ぷっすま』(テレビ朝日系)など、視聴者が多い時間帯のバラエティに出演できるのは、その技量の裏付けであり、制作側にとっても番組にスパイスを与える最適な存在といえる。

    最近では女優業以外にも、絵本作家、MV監督を務めるなど、気づかない内に次々と才能を開花させている鳥居。
    バラエティでの無鉄砲な印象、ドラマや映画での役でのクセの強い役の印象……部分部分の彼女だけを見てイメージ付けをするのは尚早であり、視聴者目線で自己を演出している彼女にとって“思うツボ”なのだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000350-oric-ent


    所長見解:長いな・・・

    【【狂気芸人】鳥居みゆきの需要の裏がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    映画『アウトレイジビヨンド』などへの出演で知られる俳優・新井浩文が、6月10日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。
    お笑い芸人の千原ジュニアや俳優の三浦誠己とともに、映画俳優のギャラ事情について語っていた。

    h


    2002年の『青い春』に準主役として出演した新井。
    高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞するなど、高い評価を得て出世作となる。
    その際に、「凄いお金いっぱいもらえると思った」が、実際のギャラは、主役の松田龍平を除く全員が10万円だったという。
    事務所の取り分が3割、源泉徴収で1割が引かれ、手元に残ったのは6万円だったとか。

    この事実を知った視聴者たちがTwitterで

    “準主役のギャラが手取りで6万円…(´Д`)”
    “映画出演のギャラがびっくりするほど安い”
    “そんなものなのか……小劇場と大差ない”

    と驚きの声を上げている。

    新井は「俳優って、特に映画ではあまり(ギャラを)もらってないってみんな知らない」「今、日本には映画俳優って一人もいない。みんなCMかドラマか何かで補っている」と、日本に”映画俳優”が存在しない理由を明かしていた。

    “ほんとそーだよね。映画俳優いなくなったよね…”
    “映画スターという職業が死滅しているの今朝気づかされた”
    “長い日時や俳優としての努力に対しての対価がこれでは…海外と日本の差が違いすぎますね。知人の制作スタッフや監督からお話を聞くと、同じように割りに合わない事が多いと思います”(原文ママ)

    と海外と比較して、日本の映画産業の違いを嘆く声もあった。

    ちなみに、新井がギャラについて言及したのは初めてではなく、
    “仕事を選ぶ決定権ない、自分のギャラ知らない、ありえないから事務所に言おう。事務所の人間は聞こう。。。これ、大事。”
    “うちはデビュー前から仕事選んでるし、ギャラも全部知ってるよ。”
    “映画関係者の方、今月いっぱいに台本持ってきた組は、ギャラ30%OFFにしますよ。つまんない台本持ってきたら、50%上乗せします”

    と独自のキャンペーンを張って、注目を浴びたこともある。
    現役で活躍する俳優が金銭面について赤裸々に語ることはレア。
    裏側をぶっちゃけ続けることで、労働環境が見直されていけばいいのだが……。

    http://www.standby-media.jp/case-file/173488 


    所長見解:そうなんか・・・

    【【衝撃暴露】俳優・新井浩文「日本に映画俳優がいない理由」がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気グループ・TOKIOのメンバーで俳優の長瀬智也(39)が12日、都内で行われた映画『空飛ぶタイヤ』(15日公開)のイベント「生存競争(いきていくの)はつらいよ 闘う戦士(もの)たちへ 川柳コンテスト」に登場。
    自身の年齢を感じさせるエピソードを披露すると、会場から驚きの声が上がった。

    n


    サザンオールスターズによる同作の主題歌「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」の歌詞にちなみ「しんどいね、生存競争(いきていくの)は」と感じた瞬間をテーマに事前に川柳を募集。
    「あっ、白髪! 抜きたい、つかめぬ 遠近感…。」という作品に対して、長瀬が「ありますね。若干、最近(目の方が)きましたね。鏡とか見てもわかりにくくなっちゃって」と打ち明けた。

    同じくイベントに参加したTKOから「鼻毛(の白髪)はありますか?」と質問されると「全然ありますよ」と即答。
    客席から「えー」というどよめきが起こる中、長瀬は「ひげとかもすごいですよ。なんで、鼻(の白髪)って多いんですかね」と笑顔で話を続けていた。

    同作は人気作家・池井戸潤氏の作品を初の映画化。
    累計160万部を突破した原作は、ある日起きたトレーラーの脱輪事故を機に、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)が車輪の欠陥に気づき、製造元であるホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を依頼。
    一方、ホープ銀行本店営業部・井崎一亮(高橋一生)はグループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、それぞれ独自の調査のなか、大企業の“リコール隠し”という真実にたどり着く。

    https://www.oricon.co.jp/news/2113403/full/ 


    所長見解:そんなもんやで・・・

    【【衝撃事実】TOKIO・長瀬智也の告白がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月5日発売の「サンデー毎日」が、バラエティ番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)の打ち切りに関する記事を報じた。
    同番組は放送開始以降、視聴率が低迷しているという。

    「記事によると、石橋は当初、木梨憲武に『一緒にやろう』と声をかけていたものの、乗り気ではなかったため、ミッツ・マングローブとMCをやることになったそうです。
    しかし視聴率は、2~3%と低迷し、石橋のギャラに見合った結果を残せていないことで、一部関係者の間では、10月の改編期での打ち切りが囁かれているとのこと」(テレビ誌記者)

    番組は“大人のノスタルジーを刺激する”というコンセプトのトーク番組だが、テーマによっては年齢層がさらに限られてしまうため、数字に結びついていないようだ。

    また石橋だけでなく、相方の木梨も窮地に立たされているという。

    「木梨は今年、映画『いぬやしき』で16年ぶりに主演を務めました。
    しかしフタを開けてみれば、興行収入ランキング初登場5位の大コケで、その後も数字は伸びていません。
    そのため、この状況に一部お笑いファンからは

    『このまま、とんねるずが消えてしまうのでは?』
    『ノリさんは、表舞台から消えて芸術家の道に行くかもね』
    『テレビで見れなくなったら寂しい』

    と心配する声があがっています」(前出・テレビ誌記者)

    平成の終了と共に、とんねるずも消えることになってしまうのだろうか。 

    t


    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_105941/


    所長見解:もうね・・・

    【【映画大コケ&番組低視聴率】とんねるず終了のお知らせ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    宗教家で女優の千眼美子(清水富美加)が8日、ヴィレッジヴァンガード渋谷本店で行われた映画『さらば青春、されど青春。』公開&主題歌CD発売記念イベントに出席した。
    「幸福の科学」への出家以来、久々のファンイベントに登場した千眼は「ドキドキしますね」と笑顔であいさつ。
    会場につめ掛けた女性が号泣するシーンもみられた。

    千眼美子としては初の映画出演、そして主題歌を担当したことに「なんでもやりたいと思っていたので、声を掛けていただいてありがたかったです」と感謝を述べると「清水富美加時代から、『幸福の科学』が製作している映画はいいなと思っていたので、いつか出たいと思っていました」と念願が叶ったことを明かした。

    会場には入りきれないほどのファンが駆けつけたが「InstagramやTwitterを通して近況はお伝えしていましたが、こうして直接お話しする機会は1年半ぶり。
    いろいろな意見はすべて感謝しているのですが、特に、応援していただいた方には元気な姿を見せて『ありがとう』を伝えたかった。
    こういう機会をどんどん作って、いい意味で倍返ししていきたいです」と熱い胸の内を語る。

    再始動を果たした千眼だが「改めて女優さんとして『まだまだだな』と思いましたし、宗教家としてもまだまだ。
    いろいろと挑戦しながらプロになっていきたい」と抱負を述べると「清水富美加からよりパワーアップしてがんばっていきたいです」と力強くコメントしていた。

    千眼は劇中、愛する男性のために身を引く女性・額田美子を演じたが「額田さんは、日本女性の鏡のような方で、自分とは全然違う大人の女性。
    でも思ったことを自分の言葉で伝えたいと思っている部分は似ていると思います」と紹介していた。 

    『さらば青春、されど青春。』は5月12日より全国公開

    https://www.cinematoday.jp/news/N0100591

    no title


    所長見解:肥えたね・・・
    【【宗教女優】千眼美子(元・清水富美加)の登場で号泣するファンの結果・・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ