ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:明石家さんま

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    明石家さんまが15日、TBSで放送された「1番だけが知っている」に出演。
    60分間の独占インタビューに応じ、ビートたけしに「2人で辞めた方が…」と引退勧告したことを提案したことを明かした。

    タモリとの“お笑いBIG3”のうち、たけしとさんまは「ひょうきん族」(フジテレビ)などを通じて、お笑い会を牽引してきたツートップ。
    たけしについて「同じ兵士、戦友」と表現したさんまは、「たけしさんに言ったことある。同じ2人がずっとやってる業界っておかしいやろ。2人で辞めた方がテレビ界のためじゃないか」と2人一緒の引退を提案したことを明かした。

    お笑い界はたけし、さんまが健在で、ダウンタウンらの系譜が続き、“高齢化”も指摘される。
    さんまは「もう上が抜けないとダメですから」とたけしに自分たちが抜けないと若手が活躍する場を奪ってしまう、という気持ちで“引退勧告”したという。

    st


    しかし、たけしはいつものように「やなこった!」と拒否したという。

    たけしはさんまについて「明石家さんまがテレビの時代で一番ショックだったね。初めて俺、ツッコミに回ろうと思った」と語っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000125-dal-ent


    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【ついに】明石家さんま、ビートたけしに引退勧告した結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの明石家さんま(63)が10日放送のフジテレビ系「ホンマでっか!?TV」に出演し、再婚を考えた相手が2人いたことを打ち明けた。

    s


    1992年に女優の大竹しのぶ(61)と離婚後、「今まで再婚を真剣に考えた相手とか…」とブラックマヨネーズ・吉田敬(45)に聞かれたさんまは「えー…2人いるなあ」と告白。

    「名前言うても分かんないと思いますよ。一般の人、一般の人」と、お相手は一般女性であることを明かし、「俺もう芸能人とは絶対に付き合わへん。マジで邪魔くさい、芸能人は」と、芸能人との交際には拒絶反応を示した。

    さんまは結婚に至らなかった理由を「向こうが頑張ってくれない。俺と恋愛するには頑張りが必要やねん、ちょっと」と説明。

    「振られたに決まってるやろ」と、女性の方から別れを告げられたことを明かしつつ、「恋愛で終わったら、失恋やな、両者とも。振られたってことや、両者とも」と、さんま流の恋愛哲学を披露していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000121-dal-ent


    所長見解:一般の人?・・・

    【【大胆告白】明石家さんま、再婚を考えた相手がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「さんまのお笑い向上委員会」(フジ系)で、MCの明石家さんまが、今、本気で狙っている女優の名前を告白した。

    y


    番組には、ゲストですっかりやさぐれてしまった芸人としてインパルス・板倉俊之が登場。
    板倉が「僕が3週持つわけがない。これ以上向上するわけがない。もう終わってるんですから」と登場するや否や、負のオーラを放つと、さんまはすぐに、ターゲットとして狙っている女優・新川優愛がNONSTYLE・井上裕介のファンであるという話題に方向転換。

    さんまは「剛力の次に狙っているのは新川さんなんやで」と告白。
    「さんまのまんま」の収録にゲストで現れた新川が井上のファンだと知ると、収録中に本気で落ち込んでしまったとか。
    これを受けた井上は「60を超えて、狙ってる女優をキャスティングしてるんですか?」ともっともなツッコミを入れるが、さんまは「歳を言うな~。青春青春!」と豪語し、ひな壇芸人たちを沸かせた。

    ネット上には、

    「向上委員会のザブングル加藤と板倉がめちゃくちゃ好き」
    「向上委員会は事故が多いイメージなんだけど今日は全体的に面白かったな~」
    「新川優愛がノンスタ井上のファンだと聞くと希望が持てる」

    などのコメントが。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00164942-the_tv-ent


    所長見解:孫・・・

    【【剛力失恋】明石家さんま、本気で狙う20代美人女優がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「明石家さんまに、徐々に老いが忍び寄っている」、と言われたらアナタは疑問に思うだろう。
    出れば必ず爆笑をさらい、フリ、ボケ、ツッコミ、一発ギャグ、天丼、スカシ、例え表現、オーバーリアクションと、すべての「笑い」に長けた“お笑い怪獣”だ。

    だが、業界関係者から言わせると、すでに10年ほど前から精彩を欠くことが多くなってきたという。

    どういうことなのか?

    s


    「他人の発言に対して、必ずしも“拾えなく”なってきているのです。
    それを広げれば話がふくらむところに瞬時に返せなくなっているのか、あえてスルーしているのかはわかりません。
    ですが、かつてのさんまなら、そこを拾って、2倍にも3倍にも笑いを増幅させていたのですが…」(業界関係者)

    さらに致命的なのは、さんまには最近、記憶違いが目立つことだ。
    8月7日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)では、結婚生活を語る若槻千夏に対し、「お前初婚か!?」「離婚してないのか?」さらには「一回離婚したやないかい!」と追及。
    若槻を慌てさせていた。

    「おそらくですが、さんまは、“若槻千夏”を“益若つばさ”と混同していたのではないでしょうか。
    同じような服のプロデュースもしていますし、バラエティでの活躍経験もある。
    当然、似たような名前ですしね。
    さんまは『オレの頭の中の週刊誌(では)、お前一回離婚してる』と笑いを誘っていましたが、司会者はしっかり覚えておいてほしいものですね」(芸能ライター)

    だが、この“勘違い”はこの後にも起きていた。
    8月29日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、離婚を2回し、現在も独身の女優・ともさかりえに、今度は「してるよな結婚」と尋ねたのである。

    「彼の中では、まだ、ともさかは結婚していたという情報で止まっていたのでしょう。
    共演経験もそこまでないでしょうし。
    ただ、これも若槻の場合同様、せめてMCである以上、きちんとゲストの身辺を把握しておかなければいけないのではないでしょうか」(前出・芸能ライター)

    ほかのMCであれば大問題。
    カットされる場面の候補になっていたことだろう。
    もしくはこのご時世、「炎上」案件になっていた危険性もはらんでいた。

    「お笑い帝王」といまだに呼ばれ、もてはやされるさんま。
    今後、「裸の王様」にならないことを祈るばかりだが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1527638/

    所長見解:こんなもんだよね・・・

    【【衝撃情報】明石家さんまに囁かれる“ヤバい”噂・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “カトパン”こと加藤綾子が、交際を申し込まれていた明石家さんまと完全決別。
    来年には共演番組『ホンマでっか!?TV』も降りる可能性が高いという。

    「番組は10月で10年目に突入。
    来年3月なら9年半ですが、時期的には年度末の3月で降板がベストでしょう。
    それを逃したら満10年の9月。
    加藤としては区切りの10年目に入ったし、3月に降りたいようです」(テレビ雑誌編集者)

    s


    何しろ最近の加藤の“降りたい態度”は、あからさまだという。

    「2人は並んで立って司会をしていますが、以前より距離が10センチ離れたというネット上での分析もあるぐらい。
    さんまはコメンテーターに大ゲサにしゃべるのですが、カトパンはニコやかにしているだけで、最近どこか冷めている。
    第一、さんまの方を向いてしゃべらない露骨さです」(同・編集者)

    さんまは今年5月、フジテレビ系列で放送されたスペシャル番組『さんま&女芸人お泊り会~人生向上の旅~』で、お笑いタレントから加藤との関係を聞かれ、

    「付き合いたいし、抱きたい」
    「当たり前や、抱きたいやろ、あれくらいのクラスの女やったら」

    などとハレンチ発言。

    「加藤は、この話を聞いて『冗談じゃない!』『そんな気ないから!』と激怒したわけです。
    実は、もっと以前、加藤はさんまにバッグを買ってもらったことを“おねだり加藤”とネタにされたことがある。
    そんな私的な部分までネタに使われたことに立腹。
    付き合うも何も、随分と嫌っているという話もあります」(女子アナライター)


    インスタで示す「無理」の意思表示

    それが鮮明に表に出たのが、加藤の8月2日付のインスタグラム。
    加藤はインスタで、さんまの誕生日会の様子を投稿し、“のし紙付き”のラスクをプレゼントしたことを報告したのだが、6人並んで撮った写真は、さんまから1人置いて座っているものだった。

    「誕生日に好きな子から“のし紙付き”のお菓子をもらって、記念写真を撮るときに離れたところに座られたら“脈なし”と思うのが普通じゃないですか。
    インスタは間違いなく『交際は無理です』の意思表示。
    のし紙については購入時のうっかりを強調していましたが、ワザとやったといわれています」(同・ライター)

    最近、さんまは「加藤に相手されへんのや」とグチることもあるという。

    「加藤は名前こそ出しませんが、『分かってくれない』『一緒に仕事したくないの』とハッキリ言っています。
    去年夏、フジテレビの同期・椿原慶子アナとニューヨーク旅行にこっそり行ったこともさんまにバレ、文句を言われた。
    彼女は『付き合う気ないし、そんなこと言われる筋合いはない』と怒り心頭。
    そのとき共演を辞める決意をしたみたいです」(加藤と親しい記者)

    テレビを通して「お前とヤリたい」などと発言する人間と番組共演するのは、われわれが想像する以上にキモイことなのだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1531504/


    所長見解:そうなんだ・・・

    【【完全決別】加藤綾子アナ、明石家さんまとの共演解消の理由・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ