ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    明石家さんま

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    もっと若々しいイメージやったのに

    no title

    所長見解:しかたない・・・

    【【悲報】明石家さんまさんが老けた件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「しゃべりの天才」「お笑い怪獣」などの異名を持つベテラン芸人・明石家さんま。

    しかし、先般発表された「嫌いな芸人ランキング」では、まさかの1位に。

    さんまの好感度が下がっている理由とは?


    昨年、『日経エンタテインメント!』(日経BP社)の「好きな芸人・嫌いな芸人2018」ランキングで異変が起こった。

    「好きな芸人」部門で、調査開始以来、不動の首位を保ってきた明石家さんまが敗れて、新たにサンドウィッチマンが1位に輝いたのだ。

    さんまを上回る次世代の好感度No.1芸人の誕生は、大きな話題になった。


    しかし、今年はさらに驚くべきことが起きた。

    『日経エンタテインメント!』2019年8月号で発表された「好きな芸人・嫌いな芸人2019」で、さんまが初めて「嫌いな芸人」で1位になってしまったのだ。

    もちろん「嫌い」と思うほど感情が動くのは、それだけ認知されている証拠でもある。

    いわば、嫌いな芸人として名前が挙がるのは人気者の宿命でもあるのだ。

     
    それでも、あのさんまが1位になるというのは衝撃的だ。

    40年以上にわたって幅広い世代に愛され続けてきたさんまに、いま逆風が吹いている。

    そんな空前の事態が起こったのはなぜなのか、改めて考えてみたい。


    s


    ■なぜ好感度が下がっているのか

    記事の中でさんまを嫌いだと思う理由として挙げられているのは、「価値観の押し付けは目に余る」(57歳男性)、「なんでも自分の話にしてしまい、MCとして機能していない」(57歳女性)といった意見である。

    さんまを根強く支持していたはずの熟年世代からも、このような批判が出てくるようになっているのだ。

    ここで挙がった「価値観の押し付け」「何でも自分の話にする」という2つの問題について順番に検討していこう。

     
    まず、1つ目の問題について。

    確かにここ数年、さんまのテレビやラジオでの発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。

    「いい彼氏ができたら仕事を辞めるのが女の幸せ」といった旧来の価値観の押し付けに思えるような発言や、「カトパン(加藤綾子)を抱きたい」というセクハラまがいの発言、さらには剛力彩芽などの若い女性タレントを本気で狙っていると公言したりするところが、バッシングの対象になっている。

     
    つい最近も、8月20日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、性別非公表のものまねタレントのりんごちゃんに対して「りんごちゃんなんかは男やろ?」と詰め寄った。

    空気を察してヒロミがすかさず「りんごちゃんはね、そういうのないの、性別がないの」とフォローを入れると、さんまはそれでも納得せず「おっさんやないか、アホ、お前」と声を荒げた。


    りんごちゃん自身は場を収めようと「人それぞれの捉え方でいいんです」と答えていたが、ネットではLGBTに関してあからさまに無理解であるように見えるさんまに対する批判が相次いでいた。

     
    セクハラやパワハラに対する世の中の意識が変わり、それに伴ってテレビの世界でも、露骨にセクハラ・パワハラ的な言動を見せるタレントは少なくなっている。

    そんな時代に、さんまだけが旧態依然とした価値観にとらわれ、世の中の空気にそぐわない発言を連発している。

    それに違和感を抱く人が年々増えているのだろう。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190908-00300321-toyo-bus_all

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190908-00300321-toyo-000-1-view.jpg

    所長見解:そやね・・・
    【【悲報】明石家さんま老害説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◇吉本謹慎芸人11人処分解除

    闇営業問題で契約解消となり、その後に吉本興業側が処分を撤回した雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の処遇についてはいまだ決まっていない。


    s


    宮迫は親交の深い明石家さんま(64)からオファーを受け、さんまの個人事務所入りは“内定”しているものの、吉本側と最終的な協議が終わっていない。

    関係者は「“明石家興業入り”で気持ちは固まっているみたいですが、話し合いが終わっていない。
    本人は反省して社会奉仕活動も始めていますが、年内は謹慎する方向になるのでは」と指摘。

    活動を再開するにしても来年以降となる可能性は高い。

     
    亮については精神的な落ち込みが見られ体調不良だったが、回復傾向にあるという。

    芸人仲間によると、吉本側とは、既に1度話し合いの場を持っており「最近は体調も落ち着いてきた。
    これから時間をかけて今後の身の振り方を考えることになる」とした。


    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000047-spnannex-ent

    所長見解:もうええで・・・

    【【謹慎中】宮迫博之さんの復帰時期がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント明石家さんま(64)が、10日午後11時15分から放送された大阪・MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で、闇営業問題から吉本興業との契約解消、その解除をめぐり、中ぶらりんになっていた雨上がり決死隊宮迫博之(49)の自身の個人事務所入りについて、ほぼ確実になった見通しを語った。


    s


    さんまは、番組冒頭で「世間的には(吉本の騒動も)落ち着いてきたみたいやけど、ウチら的にはこれからが大変」と言い、加藤浩次の残留が決まるなどし、騒動後の“事後処理”へと言及した。


    宮迫については「(自身の事務所入りが)本決まりでも何でもないんですけど、宮迫がウチに来てくれるということ(意向)で」と、宮迫と意志確認ができている状況を明かした。


    ただ、宮迫の事務所入りが実質的に内定したことで「そしたら続々、僕も入れてくれ、と言うてくるんですよ。まあ、協力はさせてもらいますけど」と言いつつも「社員もね、くるんですよ。宮迫やから、受け入れてもええよということやからね」と吐露した。


    ただ、大勢を受け入れるには、有能なマネジャーら、社員、スタッフの充実も不可欠。

    「今、仕事いうてもないしね。いっぱい来てもろても。社員もね、キレるヤツいうのはやっぱり(会社に)残るしね。気のきいた腕のいいマネジャー来てくれたらええなあ」
    「タレントいらんわ。(腕のいい)社員」などとぼやいた。


    また、同番組に出演している村上ショージ(64)が、吉本興業の大崎洋会長について「(会社の)中庭で(ゴルフの)アプローチの練習を始めたらしい」と言い、多少、余裕が出てきたことを、ゴルフの練習にたとえて表現。

    すると、さんまは「いや、人生かけて(のアプローチ)と思うわ。国へのアプローチとか」などと言い、本拠地の大阪府、大阪市をはじめ、行政とタッグを組み、事業を進めている吉本を思い、話していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-08101409-nksports-ent

    所長見解:どうするんやろ・・・
    【【闇芸人】宮迫博之さん、さんま個人事務所入り決定ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “闇営業問題”で吉本興業から契約を解消された「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が、8日発売の「週刊文春」のインタビューに答えて、「さんまさんについていきます」と明石家さんま(64)のもとで再起を図る考えを明かした。

    すでにさんまも受け入れを表明しており、実現は時間の問題だ。

    そうした流れで、注目の復帰の場はクリスマス恒例のバラエティー番組「明石家サンタ」(フジテレビ系)が確実視されている。

    m


    吉本から7月19日に契約解除された宮迫は翌20日、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮とともに謝罪会見を開き、岡本昭彦社長のパワハラまがいの言動を涙ながらに告白した。

    これに対し岡本社長は22日の会見で、宮迫への契約解除の撤回を明言。

    さらに後日、その措置を「再度検討せざるを得ない」と発表するなど迷走続きだが、最近は吉本と宮迫の間で話し合いは行われている。


    文春によると、宮迫は吉本の藤原寛副社長ら幹部3人との話し合いで、「戻る気はないし、戻れない」と伝えたという。

    そのうえで今後は、大崎洋会長、岡本社長と近い「ダウンタウン」松本人志ではなく、さんまを頼っていくという意思を明らかにした。

    一方のさんまもラジオ番組「ヤングタウン」(MBSラジオ)などで「フリーになったのでうちの事務所に来てほしい」と宮迫を公然と勧誘。

    さんまの個人事務所「オフィス事務所」所属にする構想を明かしている。


    当初は「さんま流のジョーク」とも受け止められていたが、「さんまは本気です。
    かなり昔から宮迫をかわいがっており、今回の騒動でも本気で心配していました。
    吉本のトップである大崎会長にも話を通しており、吉本もノーとは言えない。
    近々、正式にオフィス事務所の所属となる見込みです」(お笑い関係者)。


    さんまがバックにつくとなれば、「宮迫の本格復帰も近い」と思う人がいてもおかしくないが、話はそう簡単ではない。

    涙の謝罪会見で宮迫のイメージが多少回復したとはいえ、特殊詐欺グループの忘年会に出席して100万円もらったこと、さらに当初は「ノーギャラだった」とウソをついていた事実は変わらないからだ。


    テレビ番組に復帰すると抗議が殺到して、スポンサーが敬遠する可能性が高い。

    そんなことは芸能界で50年近くにわたって活躍してきたさんまは百も承知のはず。

    「闇営業問題が起きる前のようなペースで宮迫さんがテレビに出るのは難しいので、舞台や地方営業などで徐々に復活の足がかりをつくっていくというのが、さんまさんの考えです。それが現実的なプランでしょう」(芸能プロ関係者)


    だからといって、テレビを無視するわけではない。

    できるならばテレビには出したいし、宮迫本人も出たいだろう。

    そこでバラエティー復帰番組として、テレビ局関係者の間で“本命”となっているのが、年末恒例の「明石家サンタ」だ。

    正式には「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」というタイトルで、さんまとフリーの八木亜希子アナが司会を務める。

    視聴者から“寂しい話”を募集して電話で話し、面白ければ合格で賞品をプレゼント、という企画。

    1990年に始まり、97年以降は毎年12月24日深夜(25日未明)に放送されている。


    「宮迫は出演者ではなく、電話で伝える側。
    さんまさんに怒られることでミソギともなりますし、さまざまな騒動を、ネタにしやすくもなります。
    顔が映らない、一般視聴者と同じ扱いでノーギャラなら、『宮迫を出すな!』という抗議が来る可能性もグッと減ります。
    ということは、番組スポンサーを説得しやすい。
    宮迫がバラエティー復帰するための条件は整っています」(テレビ局関係者)


    宮迫については、ダウンタウンが出演する大みそか恒例の日本テレビ系特番「ガキの使いやあらへんで!」の「笑ってはいけない」シリーズでの復帰が噂されていたが、今回のインタビューで「松本ではなくさんまについていく」と明言したことで、「明石家サンタ」での復帰が現実味を帯びてきたようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000009-tospoweb-ent 

    所長見解:あかんやろ・・・

    【【完全復帰へ】宮迫博之さんのテレビ復帰番組がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ