明石家さんま

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大竹しのぶ、明石家さんまと長男のショット公開 

    プレゼントの“奇跡”に「幸せを感じる夜になりました」

     
    女優の大竹しのぶ(63)が4日、自身のインスタグラムを更新し、元夫の明石家さんま(65)と、最初の夫・服部晴治さん(1987年に死別)との長男のツーショット写真を公開した。

     
    大竹は「彼の誕生日、昼間ふらっとプレゼント買いに行ってくると出かけた息子。
    何を買ってきたのか心配だったのですが、聞けばコーヒーメーカーだとか。
    絶対に持ってるに決まってるのになあと少し不安な気持ちで、いよいよプレゼントを渡す時間が。
    開けた途端、さんまさんが言った言葉。
    『2日前に壊れたんやあ』これに対してみんながわあと盛り上がり、私も本当に良かったなあと」と記し、長男と一緒に満面の笑みを浮かべるさんまの写真をアップ。

     
    「家に帰って聞いてみるとかなり高価なものだったみたいで。
    だって本当にあげたいものあげたかったから。と。
    ボスと息子が過ごしたのはたった4年。
    それでも今もこうして繋がっているという事や、大人になったなぁとしみじみ、思ったり、私自身が幸せを感じる夜になりました。
    ありがとう」とつづった。

     
    この投稿には、

    「いい親子関係ですね」
    「愛ですね」
    「さんまさん、すごく嬉しそう 本当に優しい息子さんですね」
    「とびきりの笑顔 お互いを思いやる気持ち素敵ですね」
    「さんまさんと、息子さんの関係がしっかりできているんですね」
    「涙が出ました」
    「幸せな気持ちになりました」
    「心温まるお話」

    などの声が寄せられた。


    インスタグラムの写真

    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/3ed06b98616b8135174bb3d45febb8a8fa18ba18

    所長見解:ええやん・・・

    【【これは感動】大竹しのぶさんが、明石家さんまと長男の2ショット公開の結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いタレントのラサール石井(64)が12日、ツイッターで1985年8月12日に起きた日航機墜落に言及した。


    n

     
    ラサールは当時、人気番組「オレたちひょうきん族」にレギュラー出演しており、事故を聞いた時に真っ先に浮かんだのは明石家さんまのことだったといい「35年前の今日。
    日航ジャンボ機墜落事故。
    私は渋谷スタジオで収録後にニュースを聞いた。
    いつも月曜日はさんまさんがこの便に乗っていた筈だったので驚いたのを覚えている」と当時のことを回想した。

     
    今となっては有名な話だが、さんまはたまたま「ひょうきん族」の収録が早く終わったため、ひとつ早い便に乗り、事故を逃れていた。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2065410/



    所長見解:すごいよな・・・

    【【日航機墜落事故】ラサール石井氏「いつもさんまさんがこの便に乗っていた」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いタレントの明石家さんまがラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS)に出演し、政府から各世帯に2枚ずつ配布される布マスクについて語っている。


    以前はあまりマスクを着用することはなかったというさんまだが、今回の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、マスクを着けることを習慣化したと説明。


    トーク中、共演者の村上ショージが「これ、アベノマスク(サイズが)ちっちゃい」と披露すると、さんまは驚きながら「お前のとこ、届いたん!?」と反応し、まだアベノマスクが送られていない現状を嘆いた。


    アベノマスクの配布については、そのサイズや世帯当たりの配布枚数、そして配送を含めた総費用に批判が集まっており、ショージも「これで460億円…」と税金の使い途に疑問を投げかけていた。


    だが、さんまは、「国が一生懸命考えて考えて、こういう風にしてあげようということやからな。
    そういうもんやわ」と理解を示すと「俺要らんわ、とか色々思うねんけど、帰ったらポストを開けて見るのがすごい、なんかちょっと待ってる感ある。
    今日も来てへんな、と。
    なんか俺はちょっと人から送ってもらえるのは嬉しい」とも語り、今ではアベノマスクの到着を心待ちにしているという。


    no title


    https://www.excite.co.jp/news/article/Asajo_89695/

    所長見解:まだやな・・・
    【【アベノマスク】明石家さんまさん「国が一生懸命考えて考えて、こういう風にしてあげようということやからな。俺は嬉しい」 ←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月18日、明石家さんまが、自身がパーソナリティーを務める『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)に出演。

    冒頭、ラジオブース内にはアクリルパネルで共演者同士が仕切ってあると踏まえた上で、いつも通りに放送はスタートした。


    共演者は村上ショージ、「モーニング娘。」元メンバーの飯窪春菜と現役の横山玲奈。

    ラジオでは新型コロナウイルスの感染拡大についてさんまが持論展開した。

    「まだまだ長引きそうで。
    こればっかりはどうしようもない。
    立ち向かっていかなしゃあない。
    人類は昔からウイルスと闘ってきて、勝ってきているからね。
    もっと薬がなかったからね。
    これだけ医療設備が整っていて、お医者さんがこれだけやってくれていて、今この結果というのは、満足せなしゃあないよね」

    こんな話をしているだけに、気になる点があったという。


    「『ヤンタン』は1時間半の番組。
    さんまさんはその日もいつもの調子でマシンガントークでした。
    普通に話しているときは大丈夫なのですが、特に笑うときにはゴロゴロっと何度も痰(タン)が絡んでいたんですよ。
    報道ステーションの富川アナも痰が絡んでいたと言っていましたから、さんまさんも万全の体調でないなら収録を見合わせても良かったのではないでしょうか。
    特にさんまさんは力説すると唾などの飛沫が多い人なのでラジオブースにいくら仕切りをしても危険ですよ」(芸能リポーター)


    ラジオでは他にも立憲民主党の高井崇志衆議院議員が、緊急事態宣言が出されたあとに新宿・歌舞伎町の風俗店に行っていた話題になると、さんまは「開いた口が塞がらなくて、逆に笑えた」と話していたが、やはり笑ったときには苦しそうに痰が絡む場面も目立った。

    s


    ツイッターにはリスナーから心配する声が。

    《さんまさんコロナ大丈夫かな。喋りずっと痰がからんでる》

    《さんまさん痰がすごい絡んでいる音がしますが、一度診察された方がいいのではないでしょうか。心配で仕方ありません》


    ラジオでは「国が言う通り俺も自粛している」と語ったさんまだが、感染経路が不明なまま「まさか自分がうつるとは」と感じる人が多いというので油断はできない。


    亡くなった志村けんさんを始め、石田純一、森三中・黒沢かずこ、たんぽぽ・白鳥久美子、宮藤官九郎、富川悠太アナ、赤江珠緒アナ、阪神の藤浪晋太郎選手、元阪神の片岡篤史氏、元プロ野球監督、梨田昌孝氏など国内の著名人だけでも終わりが見えないほどに拡大しつつある。

    楽しみにしているリスナーのためにサービス精神旺盛なさんまはラジオ収録に挑んだのかもしれないが、もし体調に不安があるのなら、どの芸能人も万全を期して今は自粛した方がいいのかもしれない――。



    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200423-00000002-friday-ent

    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200423-00000002-friday-000-1-view.jpg


    所長見解:いつもやん・・・

    【【これはヤバい】明石家さんまさん、コロナ感染疑惑ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ホトちゃんは(宮迫を)待ってるな? 頼むから待ってるって言うてくれ!」

    これは明石家さんまが、4月11日の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、「雨上がり決死隊」の蛍原徹に対し、詰め寄ったシーンだ。

    待っているか聞かれた蛍原は「はい?」と、とぼけて返答を濁した。

    さらに共演者の陣内智則が「もし宮迫さんにYouTubeに出てって言われたらどうするんですか?」と聞くと、

    「今? 出るわけないやんか、そんなん。(宮迫の)YouTubeは見たことない」

    と当然のように拒否する姿勢を示した。


    m


    一方、吉本興業を離れ、ユーチューバーとして活躍中の宮迫博之は相変わらず毎日動画を更新している。

    「宮迫さんは今、芸人時代よりも忙しいと言っています。
    YouTubeは広告審査が通り収益化できているが、カメラマンや編集スタッフの給料も払っているのでそれほど利益は出ていないそうです」(芸能リポーター)


    そして先日、宮迫が一般人からの質問に答えるという企画を行った動画でも同じように、視聴者から“蛍原さんは動画に出ないんですか?”という質問がきた。

    “僕が相方の隣に戻りたいと言っているのは『アメトーーク!』が一番の希望です。
    だからアメトーークの前に動画で相方と絡むというのは違う”

    と、蛍原にはオファーも出していないと話し、『アメトーーク!』への復帰を目標としていることを明かしていた。


    ロミオとジュリエットのごとく蛍原とは会えない日々が続いているが、宮迫は今、大事にしている“新しい相方”がいる。

    「奥さんです。
    以前“嫁迫”としてお面をつけた状態で動画に出してみたところ100万回再生を超えた。
    味をしめたのか、最近も“嫁ドッキリ”の動画をあげていました。
    宮迫さんは“嫁にはこれからもお願いする”と言っています。
    あれだけ女遊びしていたくせに、今はすっかり愛妻家キャラですよ。

    “毎朝おでこにおはようのチューをしている”と照れ臭そうに動画で明かしていました。
    奥さんも出演はまんざらではないようで、自分が出演した動画の再生回数を非常に気にしているようです。
    先日、三又又三さんが出演した動画に再生回数が負けていると悔しがっていました」(同・芸能リポーター)


    このコロナ禍で収入が激減している芸能人が多い中、もしも動画で稼ぐことができ、そのうえ家庭も円満になるならば、言うことはないだろう。

    そんな中、宮迫に“ちゃんとした芸人の仕事 ”をさせてやろうと人肌脱いでいるのが明石家さんまだ。

    「今年5月には、さんまさんが吉本との間に入り、さんまさんと雨上がり決死隊の3人で舞台に出演する予定でしたがコロナの影響で中止になりました。
    宮迫さんには“(中止になって)すまんな”と謝罪があったみたいです。
    しかし、なぜそこまでして宮迫さんを救いたいのか。
    蛍原さんよりもさんまさんの方が復帰を願っているような気がします」(芸能プロ関係者)


    吉本興業には契約解除された宮迫と違い、ロンドンブーツ1号2号の田村亮は、12日深夜、吉本興業の大崎洋会長がパーソナリティを務めるラジオ『らぶゆ~きょうと』(KBS京都ラジオ)にゲスト出演を果たした。

    「亮さんは現在、相方の田村淳さんが社長を務める会社に所属し、吉本とはエージェント契約を結んでいますが、大崎会長は将来的に亮さんを吉本に戻そうと考えているようです。
    その足掛かりとして歩み寄ったのかもしれません。
    しかし宮迫さんについては吉本に戻すことを全く考えていないと思います。
    さんまさんがバックにいる手前、はっきりとは言いませんが……」(同・芸能プロ関係者)


    宮迫は悲願の『アメトーーク!』復帰を実現することができるのか。

    それは救世主のさんま次第かもしれない。


    https://friday.kodansha.co.jp/article/108129

    所長見解:もうな・・・


    【【朗報】明石家さんま「宮迫を何とか復帰させたい」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ