日本代表

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    死の組[ドイツ・スペイン・日本・(コスタリカ|ニュージーランド)]


    s


    4年に1度のサッカーの祭典、22年ワールドカップ(W杯)カタール大会の組み合わせ抽選会がドーハエキシビション&コンベンションセンターで行われ、7大会連続出場の日本の1次リーグはスペイン、ドイツ、大陸間プレーオフ(コスタリカ―ニュージーランド)の勝者とともにE組に入った。

    初戦(11月23日)の相手はドイツ、2戦目(27日)がコスタリカかニュージーランド、3戦目(12月1日)がスペインとなる。



    森保一監督は笑みを浮かべながら「W杯で優勝経験のあるスペインとドイツ。
    我々にとっては非常にいい相手と戦える。
    どこが相手でも我々の目標は変わらない」と話し、目指すベスト8進出を強調した。

    また、自らが経験した93年の「ドーハの悲劇」になぞらえ、「ドーハの歓喜に変えたい」とも誓った。



    【W杯組み合わせ一覧】森保ジャパンはスペイン、ドイツと同じ“死の組”/抽選会ライブ詳細

    抽選会には、参加32カ国・地域のうち出場を決めた29チームが国際サッカー連盟(FIFA)ランキングに基づいて4つのポットに格付けされ、欧州を除き同じ大陸連盟のチームは同じ組とならないよう、A-Hの8組に振り分けられた。


    元ブラジル代表主将のカフー氏や元ドイツ代表主将のマテウス氏らがドロワー(抽選人)やアシスタントとして立ち会う中、開催国のカタールを含む、最上位の第1ポットからスタート。

    日本は前回18年ロシア大会より1つ上の第3ポットから、スペイン、ドイツという優勝経験国との対戦が決まった。

    日本は16強(02年、10年、18年)が最高成績。

    2大会連続の1次リーグ突破とともに初の8強入りを目指すチームは、大きな壁に立ち向かう。


    大会はカタールの夏場の酷暑を避け、史上初めての冬開催。

    11月21日にカタール対エクアドル戦で開幕し、12月18日の決勝まで64試合が行われる。

    8会場は全てドーハの中心部から車で約30分あればアクセス可能。

    一番離れたスタジアムとの間も約70キロという過去にない「超コンパクト」W杯となる。



    https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202204010001193.html
    所長見解:しゃあない・・・

    【【訃報】サッカーW杯・死の組「ドイツ・スペイン・日本・(コスタリカ|ニュージーランド)」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【サッカー】<日本代表>悲願のW杯8強入りに「必要な選手・不要な選手」を徹底分析!

    「メンバーを入れ替える作業が求められる」



    m


    24日、森保一監督率いる日本代表が、7大会連続7度目のW杯出場を決めた。

    カタールW杯アジア最終予選B組2位の日本は3位オーストラリアとのアウェー対決を2-0で制して「予選2位以内」を確定させたのである。



    三笘薫 代表当確も焦燥感「1秒たりともムダにはできない」



    ■三笘がわずか10分で2ゴール決めて豪州撃破!

    立役者は、ラスト10分にMF南野拓実(27=リバプール)に代わって投入され、2ゴールを叩き込んだMF三笘薫(24=サンジロワーズ)だ。

    後半44分、MF守田英正(26=サンタクララ)のパスを受けた右SBの山根視来(28=川崎)がマイナスに折り返し、走り込んだ三笘がゴール左サイドネットに突き刺した。

    終了間際にも右サイドからキレ味鋭いドリブルでDF3人を置き去りにしてシュート。

    オーストラリアの息の根を完全に止めた。


     
    森保日本は最終予選序盤3試合で1勝2敗と出遅れ、W杯出場に黄信号がともったが、右サイドアタッカー伊東純也(29=ゲンク)の獅子奮迅の働きで踏みとどまり、昨年10月の埼スタでのオーストラリア戦から破竹の6連勝。

    W杯出場を決める大仕事をこなした三笘、そして最終予選を通して結果を残した伊東が、モタついた森保日本をW杯に導いたといっても過言ではない。

    伊東はもちろん、試合後に「まだ僕自身、代表に定着していない。
    これから始まる競争に勝っていけるようにしたい」と言った三笘もW杯本番で絶対に欠かせない選手になった。


     
    メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏がこう言う。


    「長く日本代表の1トップを務めてきた大迫(勇也・31=神戸)がケガで欠場した試合で東京五輪組の三笘が2ゴールを決めた。
    これで森保監督も<大迫に代表から退いてもらう>ことに踏ん切りがついたはず。
    これから指揮官には世代交代を進めながら<W杯本番で勝つため>にメンバーを入れ替える作業が求められる。
    三笘と伊東のカタール行きは当確。
    大迫に代わる1トップの人選も含め、攻撃系選手の見直しが急務となるでしょう」



    https://news.yahoo.co.jp/articles/a40e9b2bb0af7f186643740ff153164aca702b65


    写真
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220325-00000025-nkgendai-000-1-view.jpg?exp=10800
    所長見解:せやで・・・

    【【出場決定】サッカー日本代表、悲願のW杯8強入りに「必要な選手・不要な選手」がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    h



    中田英寿さん(45)、胡散臭さに磨きがかかる





    所長見解:ええやん・・・

    【【あの人は今】元サッカー日本代表・中田英寿さん(45)の現在がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    k


    カーリング女子日本代表が白人と並んだ結果www


    ▼画像
    所長見解:まあな・・・

    【【検証画像】カーリング女子日本代表が外人さんと並んだ結果・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本はオマーンにかわされて4位後退、サウジアラビアが4連勝で首位浮上…A組の首位攻防戦は痛み分け


    m


    カタールW杯のアジア最終予選第4節が12日に行われた。


    開幕3試合で1勝2敗と崖っぷちに追い込まれた日本代表はホームにオーストラリア代表を迎えた。

    前半8分にMF田中碧の得点で先制した日本は、後半24分にMFアイディン・フルスティッチに直接FKを叩き込まれて追い付かれながらも、同41分にオウンゴールで勝ち越しに成功して2-1の勝利を収めた。


     
    日本と同組となるグループBでは中国代表を3-2で下したサウジアラビア代表が4連勝を飾って首位に浮上。

    また、ベトナム代表に3-1で勝利したオマーン代表が勝ち点を6に伸ばし、同勝ち点の日本を総得点で上回って3位に。

    日本は4位に後退している。


     
    グループAでは首位イラン代表と2位の韓国代表が激突し、1-1で引き分けた。

    また、レバノン代表がシリア代表を3-2で下して今予選初勝利。

    UAE代表とイラク代表の一戦は2-2のドローに終わっている。



    以下、各グループの試合結果

    [グループB]

    日本 2-1 オーストラリア
    オマーン 3-1 ベトナム
    サウジアラビア 3-2 中国

    [グループA]

    イラン 1-1 韓国
    シリア 2-3 レバノン
    UAE 2-2 イラク


    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?343044-343044-fl
    所長見解:あかんか・・・

    【【悲報】サッカー日本代表、やっぱりワールドカップ出場できない説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ