ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    日本テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    その存在自体にも賛否があるものの、毎年8月下旬に放送される『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。
    そして同番組の恒例企画といえば24時間をタレントが走り続けるマラソンだ。

    2


    しかし、毎年必ずエンディングのタイミングでゴールするため、車にランナーを乗せて移動させているともささやかれている。
    あまりに絶妙なタイミングでのゴールのため、そう思われるのも仕方ないが、実際のところ24時間マラソンではどんな手法が使われているのか。
    関係者に聞いた。

    「まず、車に乗せているという話はよく耳にしますが、これはあり得ません。
    なぜなら24時間マラソンは急ぐ必要がないからです。
    24時間で100キロ前後を走破するのは大変と思うかもしれませんが、実際は歩いてもゴールできる距離です。
    そのため、車に乗せて急ぐ必要はありませんし、スマホのカメラがあらゆる場所で狙っている時代ですから、そんなマネはしませんよ」(テレビ局関係者)

    どうやら車に乗せているという話は都市伝説のよう。
    だが、それとは真逆の行為はあるという。

    「急ぐより、むしろ遅く走ってもらいたいのが本音なんです。
    一番の目的はエンディングに合わせてゴールさせるためです。
    さっさと走ってしまったら、場合によっては翌日の昼間にゴールしてしまいます。
    それでは視聴者に感動してもらえないので、時間調整の意味で遅く走らせます」(同)

    遅く走らせているとは驚きだが、ランナーが意識的に遅く走っているということか。

    「ランナー本人には何も伝えません。
    まわりが遅くなるように仕組むんです。
    一番多いパターンは休憩時間を長くとることです。
    必要以上にここで時間を使っています。
    また、前方を走る中継車や警備の自転車の走る速度をわざと遅くして、時間を稼ぐこともあります」(同)

    ランナーは何も知らないそうだが、それもこれも早くゴールされては困るからだという。
    また、このような理由以外にも中継の電波が届かないエリアもあるため、生中継のタイミングにそのような場所を通過することがないよう、時間調整を行うこともあるらしい。

    さらに、感動を盛り上げるためのさらなる工夫もあるという。

    「24時間の中盤あたりからランナーを疲労困憊の状態にしておかないとゴールの感動も薄れます。
    そのため、中継車をわざとゆっくり走らせたり、急に速度を上げたりして、ランナーの走る速度を上げ下げするんです。
    一定の速度で走るより疲れるので、真夜中には疲れがピークに達して明け方には本当に疲れ切った顔をカメラの前で見せてくれるんです」(同)

    あまりに無茶苦茶な話で開いた口がふさがらない。
    しかし、こうした手法を駆使したとしても体力が残っているランナーもいるはずだ。

    「たしかに体力や持久力があって、遅れさせようと思っても、そうはいかない人もいます。でも、そのような方は事前練習で判明します。
    そのため、あらかじめスタート時間を遅めに設定したり、走る距離を長くしたりしているんです。
    24時間マラソンと言えば100キロというイメージがあると思いますが、2011年の徳光和夫さんはおよそ60キロ、2009年のイモトアヤコさんは約120キロと2倍も違います。
    それでもダメなら最終手段は直接ランナーにお願いして、わざと遅く走ってもらいます」(同)

    こうした裏技によって、ほぼすべての回でエンディングにゴールする劇的なシーンが出来上がっているという。
    だが、そこまでして見せたい感動とは一体何なのか。

    やはり、この番組は何かがおかしい。

    http://tocana.jp/2017/07/post_13251_entry.html


    所長見解:みんな知ってるよね・・・
    【【知ってた】『24時間テレビ』 マラソンの異様な裏側を大暴露「車にランナーを乗せて移動するのではなく…」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    8月26日、27日放送の日本テレビ系『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう』のチャリティーマラソンランナーが、放送当日に発表されることが30日、わかった。
    同日放送の『行列のできる法律相談所』(毎週日曜 後9:00)内で発表された。

    務める羽鳥慎一アナウンサーが、メインパーソナリティーのNEWS・小山慶一郎、スペシャルサポーターを務める東野幸治、雨上がり決死隊の宮迫博之、フットボールアワーの後藤輝基、アンジャッシュの渡部建、梅沢富美男、ブルゾンちえみを前に「マラソンランナーに関する」緊急発表。
    「今年のランナーですが、なんと24時間テレビ当日に発表されます。当日まで本人には知らされません」と断言し、一斉に「エエエッ!?」「パニック!パニック!」と騒然となった。

    2


    ヒントは「当日武道館にいる人全員」「一番、走る理由がある人が、走ります」とし、メインパーソナリティーの小山、嵐・櫻井翔、KAT-TUN・亀梨和也の3人、チャリティーパーソナリティーの石原さとみ、総合司会の羽鳥アナ、水卜麻美アナ、前出のスペシャルサポーター、北入口でゲストを迎えるANZEN漫才みやぞん、サンシャイン池崎も対象に。
    小山が「ジャニーズはないですよね? 翔くんと亀ちゃんが走ったらパニックになっちゃう」と動揺すると、後藤が「TOKIOのリーダー(城島茂)走ってるやん」とツッコミ、小山は呆然とした。

    当日発表の理由として、
    (1)当日発表のほうが面白い 
    (2)当日発表の理由も当日発表
    と説明。

    宮迫が「急に言われて走れるわけがない」とクレームを入れると、ランナー候補にはおなじみの坂本トレーナーから「武道館への道」なるトレーニングメニューが渡されることが明らかに。

    羽鳥アナは「自主的にトレーニングしてください。選ばれなかったときはいい運動になったなと思ってください」話し、視聴者に向けて「誰なんだろうと本気で詮索するのはやめてください」と呼びかけた。

    『24時間テレビ』は1978年の第1回放送から今年40回目。
    チャリティーマラソンは第15回(1992年)に始まり、これまでに20人と3組が挑戦したが、前代未聞の展開となった。

    ■過去10年の『24時間テレビ』マラソンランナー
    第30回(2007年)萩本欽一
    第31回(2008年)エド・はるみ
    第32回(2009年)イモトアヤコ
    第33回(2010年)はるな愛
    第34回(2011年)徳光和夫
    第35回(2012年)佐々木健介&北斗晶ファミリー
    第36回(2013年)大島美幸
    第37回(2014年)城島茂
    第38回(2015年)DAIGO
    第39回(2016年)林家たい平

    オリコン
    http://www.oricon.co.jp/news/2094909/


    今年の日本テレビ系「24時間テレビ40 愛は地球を救う」(8月26、27日)で24時間マラソンを走るランナーが、当日に発表されることに決まった。30日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)で、発表された。

    フリーの羽鳥慎一アナウンサー(46)が「24時間マラソンに関する発表」として、何と当日に発表します。当日まで本人は知らされません」と出演者の誰が走ることになるか、当日にならないとわからないという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00010003-spht-ent


    所長見解:もう誰でもいいよ・・・
    【【誰なの?】「24時間テレビ」マラソンランナーは当日発表ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    40回目の節目を迎える“真夏の恒例特番”日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ」(8月26、27日)の放送まで1か月を切ったが、いまだ発表されていないのが24時間ひた走る看板企画「チャリティーマラソン」のランナーだ。

    例年なら5~6月に発表されるだけに、誰が走るのかと注目されてきたが、本紙はアッと驚く芸能人の名前をキャッチした。

    人気“オネエ系タレント”で新婚ホヤホヤのりゅうちぇる(21)で内定したというのだ。
    その舞台裏を追跡すると…。

    r


    http://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/%EF%BC%E6%9C%EF%BC%EF%BC%E6%A5%EF%BC%E9%91%EF%BC%89/


    所長見解:なんか普通・・・
    【【24時間マラソン】りゅうちぇる内定ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    夏の風物詩『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)のマラソンランナーが、7月下旬になっても発表されていないことが、業界内外で物議を醸している。
    例年であれば、「早くて5月、遅くとも6月中旬までには発表される」(スポーツ紙記者)だけに、疑問の声が噴出するのは当然だが、日テレ局内でもマラソンランナーに関しては“極秘事項”扱いされているため、なかなか情報が漏れてこないそうだ。

    昨年は5月末、落語家・林家たい平のランナー就任が『笑点』内で発表され、話題を呼んでいた。

    「今年は、かなり早い段階で、『同局の水卜麻美アナウンサーが走ることになるだろう』とウワサされていました。

    m


    局員であることから、ネット上で『高額ギャラを受け取っているのでは』といった疑惑も取り沙汰されないでしょうし、何より水卜アナは『好きな女性アナウンサーランキング』(オリコン調べ)4連覇という好感度抜群のアナウンサーだけに、有力視されていたんです。
    ところが、本人が乗り気でないのか一切表沙汰にはならず、『どうも別の人になるようだ』という声も聞こえてきました」(同)

    http://www.cyzowoman.com/2017/07/post_146953_1.html


    所長見解:痩せてしまうじゃん・・・
    【【女子アナ】水卜アナ、『24時間テレビ』のマラソンランナーを渋るってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1978年から始まり、毎年恒例となっている『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)は、今年も8月26、27日に放送される。

    その『24時間テレビ』のもっとも大きな注目を浴びるコンテンツのひとつが、「マラソン」だ。
    だが、今年はいまだにランナーが誰なのか発表されていない。
    例年、5月下旬から6月上旬には発表されるため、7月に入っても発表されないことで懸念する声が多く上がっている。

    インターネット上では、「ランナーが誰になるか」といった予想投票が行われたり、多くの候補者の名前が挙がっている。
    複数のメディアでも、ランナーが内定したといった報道がなされたが、いずれも誤りであったことが判明し、混沌とした様相を呈している。

    だが、ランナーが誰になるにせよ、仮にまだ決まっていないとすると、気になるのは練習時間の問題だ。
    あと50日ほどしかない状況で、24時間走り切る体力と脚力を身につけるのは容易ではない。
    発表されていないだけで、すでにランナーが決まっていて練習も積んでいるのであれば問題ないが、まだ決まっていなかった場合、準備は間に合うのだろうか。

    『骨格ランニング』(講談社)、『ランニングの科学』(池田書店)などランニングに関する著書を多く持つアスレチックトレーナーの鈴木清和氏に話を聞いた。

    24


    ●基礎体力のない人が走れば命の危険も

    --『24時間テレビ』のランナーがいまだに発表されていませんが、今から準備を始めたとした場合、本番までに間に合うのでしょうか。
    鈴木清和氏(以下、鈴木) 自分にはご縁がないと思うのですが、「もしもコーチング依頼をいただいたら」という前提でお話しいたします。

    まず、24時間マラソンを完走するためにもっとも重要なのは、「基礎体力」です。
    今から1カ月半で、24時間「動き続ける体力」を身につけることは、現実的に不可能です。
    普段から運動していない方がいきなり出ても、疲労困憊で歩くどころか“バタン・キュー”で眠りに落ちてしまいます。

    がんばりすぎてしまうと、低血糖、低体温で動けなくなってしまいますので、生命維持の観点でも大変危険です。
    したがって、24時間完走を目指す場合、まず「基礎体力」を持っている人を選出する必要があります。
    ただ、芸能界には、もともと体力があったり、元スポーツ選手という方も多いので、そのなかから探せばよいかと思います。
    その上で技術練習を行えば、不可能ではなくなってきます。

    >>2以降につづく

    Business Journal 
    https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_350761/?p=2


    所長見解:走んなくていいよ・・・
    【【これはヤバい】日テレ『24時間テレビ』、マラソンランナー未定が波紋…今から準備では命の危険ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ