日本テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    毎年8月下旬に放送されている日本テレビ系のチャリティー番組『24時間テレビ』。

    大きな注目を集めるチャリティーマラソンランナーだが、早くも内定者が決まったという。

    24


    「元レスリング選手の吉田沙保里が最有力候補として挙がっています。
    現在は本人にも内緒で事務所関係者と日テレサイドが話し、スケジュールの調整にあたっているようです。
    今、吉田は次々に日テレ系の番組に出演。
    これがマラソンランナーに対する1つの見返りになっているといいます」(芸能記者)

    吉田といえば、4月より日テレ系の朝の情報番組『ZIP!』のMCに電撃抜擢されたのを皮切りに、『おしゃれイズム』『行列のできる法律相談所』など日テレの人気番組に多く出演。

    そして5月より、日テレ系の中京テレビで初の冠番組『吉田沙保里のまるみえ検定』を持つことになった。

    ここ5年のマラソンランナーを見ても、14年は日テレの超人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』のレギュラー出演者・城島茂、15年は日テレの『火曜サプライズ』『幸せ!ボンビーガール』に長年レギュラー出演しているDAIGO、16年は『笑点』でおなじみの林家たい平、17年は『ぐるナイ!』の〝おもしろ荘〟でブレークしたブルゾンちえみ、そして昨年は『イッテQ!』の準レギュラーであるみやぞんと、日テレに貢献したタレントが出演している。

    「吉田が出演できない場合、代替案として『イッテQ!』に不定期出演している木村佳乃、『イッテQ!』の準レギュラーであるガンバレルーヤなども候補に挙がっているようです」

    https://myjitsu.jp/archives/83053

    所長見解:そうやろね・・・


    【【悲報】24時間テレビのマラソンランナーがコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    春は、番組改編の季節。

    出演者の新旧入れ替えなどで、番組を卒業する出演者を送り出すための涙の演出などもつきもの。

    しかし、日テレの朝の看板番組『ZIP!』の場合は、3人もの“功労者”が番組から去るというのに、実にあっさりしたものだった。

    2年半にわたって番組MCを務めた川島海荷(25)や、7年もの間、金曜日のレギュラーを務めていた鈴木杏樹(49)にも、最後に花束を渡すなどのセレモニーはなかった。

    また、3月29日の番組終了後、局内で行われた100人規模の送別会には、川島こそ出席したものの、鈴木は仕事を理由に欠席するなど、盛り上がりに欠けるものだったという。

    人気コーナー『MOCO’Sキッチン』で8年間もの間、番組を盛り上げていた、速水もこみち(34)も番組を卒業したが、送別打ち上げ会には出席せず、番組内でのあいさつすらなかった。

    m


    いったい何があったのか、視聴者も疑問に思ったことだろう。

    番組関係者はこう話す。

    「実は、当初『ZIP!』スタッフは『MOCO’Sキッチン』を終わらせるつもりはなかったんです。
    それが、速水の事務所とのボタンのかけ違いで、終了することになってしまった」(日テレ関係者)

    この騒動を報じた『デイリー新潮』によると、昨年、番組の視聴率低迷を脱するために『ZIP!』は、番組内連ドラ『生田家の朝』をスタートした。

    その間、『MOCO’Sキッチン』は2週間お休みということになったのだが、これを「打ち切り」と解釈した速水の所属事務所が、「どういうことだ」と日テレに猛抗議。

    これが、さらに日テレ上層部を怒らせてしまったのだという。

    『生田家の朝』が終われば、また『MOCO’Sキッチン』に戻す予定だったが、事務所の抗議に合い、日テレ側は今後のトラブルを避けるため「だったら、速水には卒業してもらっても結構」ということになり、急遽卒業が決まったというのだ。

    「鈴木に関しては本当に仕事が入ったための欠席だったのでしょうが、速水の場合、最後はけんか別れのようなものなんでしょう。
    だとしたら、打ち上げに出ないのも当然ですよね……」(放送作家)

    3人の功労者を卒業させたが、なんとも後味の悪い話が聞こえてくる『ZIP!』。

    金曜レギュラーを務める吉田沙保里らを起用した新体制で視聴率は戻るのだろうか……。

    https://taishu.jp/articles/-/64505?page=1 

    所長見解:いろいろあるんやね・・・
    【【不可解降板】速水もこみち、鈴木杏樹も『ZIP!』打ち上げを欠席した模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2014年から昨年まで5年連続で視聴率3冠を獲得している日本テレビが、よりによってジャニーズ事務所を激怒させる失態を犯していたことが分かった。

    場合によっては、ジャニーズの次代を担うといわれる人気アイドルグループ「King&Prince(略称キンプリ)」の同局番組降板、さらには出演プランが浮上している「24時間テレビ」の起用にも影響する事態になりかねない、というから穏やかではない。

    舞台裏を追跡した――。

    問題となった番組は、朝の情報番組「ZIP!」(月~金曜午前5時50分)だ。

    キンプリは現在、同番組でレギュラーコーナーを持っているのだが…。

    「担当プロデューサーはオロオロするばかり。
    最悪の場合、ジャニーズは、キンプリを降板させることも視野に入れている。
    かなりヤバい状況に陥っています」(放送作家)

    騒動の発端は「ZIP!」でナショナルスポンサーである「アート引越センター」が降板を申し出たことだという。

    ナショナルスポンサーとは、全国を対象に広告を行うスポンサー。

    特定の地域のみでCMを流すローカルスポンサーとは、負担する金額も違ってくる。

    ちなみにキンプリのレギュラーコーナーは「DESHIIRI King&Prince」。

    内容は、メンバーがある仕事に1週間、弟子入りし、その様子を約5分間のVTRにまとめ、月~金曜に連日放送するドキュメント番組だ。

    昨年11月5日から9日までは、神宮寺勇太が“引っ越しのプロ”に弟子入りする様子が放送された。

    「もちろん最初は、スポンサーであるアート引越センターにオファーしたが多忙を理由に断られた。
    プロデューサーは迷ったが、時間もないからライバル社のサカイ引越センターにオファーしたら一発でOK。
    それでロケを敢行してしまった」(広告代理店関係者)

    これによってアート引越センターが激怒したという。

    「アートは数千万円のCM料を支払っているんです。
    一方のサカイは1円も払っていないにもかかわらず、莫大なPR効果を得られた。
    アートが激怒するのも無理はない。
    こんなことは前代未聞ですよ。
    日テレの局プロデューサーは、局長もそうですが少々、おごっているとしか思えない。
    二言目には『ウチがトップ』と嫌みのように話すんです。
    かつてのフジテレビを思い出します」(大手代理店関係者)

    j

    こうした日テレの不手際にカンカンになっているのがジャニーズだ。

    「スポンサーを軽んじる日テレの態度が許せないようだ。
    引っ越し業界では今後“『ZIP!』でトラブったキンプリ”との烙印を押されてしまったワケだから」(日テレ関係者)

    またキンプリは、本紙が1月23日発行1面で既報したように、夏の大型特番「24時間テレビ」のメインパーソナリティーに起用するプランも浮上していた。

    「ジャニーズを怒らせてしまったわけだから『24時間テレビ』への出演も辞退しかねない」(同)

    実は日テレのスポンサーに対するチョンボは、これだけではない。

    2月20日に放送された「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(水曜午後7時56分)でも似たような失敗があったという。

    「所ジョージが司会を務める長寿番組ですが、人気コーナー『日本列島ダーツの旅』で、ロンブーの田村淳が栃木県茂木町に行ったが、そこで積水ハウスをやたら絶賛する主婦が登場した。
    実はこの番組スポンサーは大和ハウス工業。
    もちろん大激怒です」(宣伝部幹部)

    ここまで失敗が続くと、日テレとしても何か対応策を取らざるを得ない。

    「広告界では最近『日テレは視聴率3冠でてんぐになっているのでは』と言われている。
    6月の人事異動では、制作や営業など、現在の局長を総シャッフルして対応策を練るといわれている」(事情通)

    最近はテレビ朝日に猛追され「視聴率3冠も風前のともしび」といわれる日テレ。

    ジャニーズを怒らせたツケは今後、どんな結果を招くのか?


    ★日テレ「詳細についてはお答えしておりません」=この件について日本テレビに本紙が取材したところ、広報部は「番組制作に関わる詳細についてはお答えしておりません」との回答だった。

    また、アート引越センターを運営するアートコーポレーション広報宣伝部は「日本テレビ様の放送及び構成内容について、当社では答える立場にございません」と回答。

    一方、サカイ引越センターの広報担当者によると「ZIP!」のスタッフからオファーがあり、番組内容を聞いたうえで「協力できるなら」ということで撮影ロケを受けたという。

    放送後、番組サイドとスポンサーサイドがもめたという話は「特には聞いていない」と話している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000007-tospoweb-ent

    所長見解:こりゃあかん・・・

    【【これはヤバい】「キンプリ引っ越しトラブル」でジャニーズ事務所が激怒の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日テレで猛威を振るった抗議電話 

    蓋を開けてみると、3番組はいずれも視聴率が好評だった。

    ビデオリサーチが調べた関東地区の視聴率は、1月30日の「ヒルナンデス!」が6.0%、2月6日の「ヒルナンデス!」が7.2%。

    「行列のできる法律相談所」に至っては17.0%を記録した。

    「キー局の地上波番組、それも人気の高い『ヒルナンデス』や『行列のできる法律相談所』にゲスト出演を果たし、なおかつ視聴率も好調でした。
    ベッキーさんは、今こそが結婚を発表すべきタイミングと見たのでしょう。
    ご存知の通り、女性芸能人にとって結婚は、新しい仕事を切り開く、重要なターニングポイントの1つですからね」(同・関係者)


    芸能界は浮き沈みが激しい。

    たとえスキャンダルが皆無でも、グラビアアイドルや女性芸人が一過性のブームで消えていくことは珍しくない。

    だが、結婚が報道されると再び脚光を浴びるケースも非常に多い。

    “良妻”というイメージが、仕事の後押しになるわけだ。

    ベッキーが狙うのも、その戦略だという。

    「日テレで視聴率の“実績”を出したわけです。
    ベッキーさんは『これなら他局からも出演オファーは来る』と判断したに違いありません。その上での結婚発表、というわけです」(同・関係者)

    2月13日の水曜に発表したのも、視聴率と関係があるそうだ。

    「2月9日の土曜から、11日月曜までは3連休でした。
    そのため12日の火曜に『行列のできる法律相談所』の視聴率が発表されたのです。
    ベッキーさんは17.0%の数字をしっかり把握して、結婚の発表に踏み切った可能性があります」(同・関係者)

    これほど冷静でなければ、芸能界では生き残れないのだろう。

    しかしながら、まさかの“策士策に溺れる”という結果だったようだ。

    日テレ側は、ベッキーが稼いだ視聴率を評価していないという。

    「実は、ベッキーが日テレに出演すると、相当な抗議電話が殺到したそうです。
    件数は数百件レベルと聞いています。
    大半が『なぜベッキーを出演させるんですか!? もう日テレは見ません!』という苦情でした。
    報告を受けた日テレ上層部は『まだしばらくは、ベッキーを出演させないほうがいい』と判断したようですよ」(同・関係者)

    b


    それでは最後にツイッターで「ベッキー 結婚」と検索した結果をご紹介し、この記事を終えることにしよう。

    引用文のうち改行は省略した。

    《巨人片岡、よく平気で不倫できる女と結婚するし、ベッキーもよく他人の家庭ぶっ壊しといて幸せですとか言えるよな。マジでクソ。この世から消えてくれ》

    《ベッキーの結婚を祝えないヤツは精神の状態がどーたら、器の大きさがこーたら…って善人ぶってるヤツらは、どうせ全員自分が、絵音の奥さんの立場ではなかったヤツら。痛みを味わってない奴らが偉そうに知ったかぶるな。分からないなら、せめて黙れよ》

    《ベッキーの結婚って、みんな祝福してるんだ。1人の女性の人生めちゃくちゃにしたくせに、おめでとうって言えるんだ。幸せになる権利云々言ってる人もいるけど私はそうは思わない。メディアもあんなに批判してたのに、おめでとうございますってなんなの。不倫された側の気持ち考えて》

     
    これが世論において、相当数を占めている“本音”らしい。

    確かに、ベッキーの完全復活を阻むハードルは、依然として高そうだ。


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16062950/


    所長見解:もうあかんね・・・
    【【抗議電話殺到】日テレ上層部「まだしばらくは、ベッキーを出演させないほうがいい」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月13日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)での、MC・加藤浩次の発言が注目を集めている。

    番組では、専業主婦に関するアンケートが紹介されたという。

    「番組では、『専業主婦の5割強が罪悪感を抱いている』という、調査機関によるアンケートを取り上げました。
    一部の主婦は、『健康なのに働かないなんて』など陰口を言われることもあるようで、悩んでいるのだとか。
    これに加藤は『それぞれの夫婦の形がありますから』『罪悪感を感じる必要はない』ときっぱりコメントし、視聴者の主婦から『救われた』と称賛の声が飛び交いました」(テレビ誌記者)

    かつては狂犬と呼ばれるバラエティのイメージが強かった加藤だが、2006年に同番組が始まって以降は、バランス感覚に優れたコメントで人気を博し、長年、朝の顔を務めている。

    しかし12月14日発売の「フライデー」によると、番組が近々打ち切られる可能性があるというのだ。

    s


    「『フライデー』が日テレスタッフに取材したところ、近年は羽鳥慎一の『モーニングショー』(テレビ朝日系)に視聴率が大きく離されているそう。
    その原因は、サブMC・ハリセンボンの近藤春菜のコメントが説得力に欠け、主婦層に支持されていないからだと考えているようです。
    それならば近藤だけを降板させればいいのですが、どうやら彼女は加藤の推薦で加入した背景があるため、クビにするわけにはいかないとのこと。
    そのため、このまま数字が下がり続ければ、番組ごと打ち切りとなる可能性があるようです」(前出・テレビ誌記者)

    朝の情報番組は「PON!」を9月に打ち切ったばかりの日テレ。

    今度は「スッキリ」に大ナタを振るうことになるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1615721/


    所長見解:たしかに・・・

    【【朝の情報番組】「スッキリ」が打ち切りの原因がコチラ・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ