日本テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「週刊文春」が2018年11月に報じた「やらせ疑惑」で休止していた「世界の果てまでイッテQ!」の「祭り企画」について、日本テレビは2月17日の定例会見で、3月中に再開させると発表した。

    q


    この復活をめぐり、「祭り企画」に出演していた宮川大輔(47)が所属する吉本興業と日テレの間に不協和音が生じていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

    日テレ関係者が語る。

    「日テレは秘密裏に『祭り企画』を再開させる準備を進め、吉本にも協力を仰いでいた。
    それなのに、情報解禁前に企画の復活が報じられてしまったのです」


    2月4日付の「NEWSポストセブン」が、1月25日にアメリカ・コロラド州で開催された「フルーツケーキ飛ばし祭り」に宮川が参加していたことを報じたのだ。

    「現地の『FOXニュース』で、宮川さんが祭りに挑む様子が放送されてしまったのです。
    宮川さんは青い法被にねじり鉢巻姿でインタビューを受け、“日本のコメディアン”などと紹介されていました」(スポーツ紙記者)


    この事態を受け、吉本興業サイドは激怒したという。

    「日テレは何のためにこれまで極秘裏に動いてきたのか。
    情報統制が甘すぎますよ」(吉本関係者)


    加えて、吉本社内では日テレが大々的なPR略を計画していたことに、怒りの声が上がっていた。

    「やらせ疑惑はいわば日テレの不祥事。
    宮川のタレント生命を脅かすような事案だったにもかかわらず、日テレでは関係者の処分も行われなかった。
    何事も“なかった”ように大々的にPRするのはおかしい」(同前)


    日テレ社長室広報部は「大々的なPRを検討していた事実はございません」と回答。

    吉本興業の広報は「この件に関してお答えする立場にありません」と答えた。


    2月20日(木)発売の「週刊文春」では、やらせ疑惑についてBPOが「放送倫理違反」があったと認定した後にも日テレが番組関係者の処分を行わなかったことや、アメリカロケに決まった経緯、PR戦略の内容などについて詳報する。


    https://bunshun.jp/articles/-/35589

    所長見解:もうね・・・

    【【これはヤバい】吉本興業が激怒の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「35億」のキメ台詞で有名な女優・アーティスト・タレントのブルゾンちえみが、今春の改編をもって『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)レギュラーを卒業するとウワサされている。

    ブルゾンが同番組のレギュラーに就任したのは、約1年前の2019年4月。

    しかし、番組内ではおよそ〝本業〟の芸人とは思えない振る舞いを連発し、今や番組の〝お荷物扱い〟がすっかり板につくほど視聴者から反感を買っている。

    「ブルゾンの出演する水曜日の『ヒルナンデス!』は、現在、視聴者の間で『最弱の曜日』と呼ばれています。
    番組を安定的に盛り上げられるのは『オードリー』だけで、まだまだバラエティー慣れが足りない『和牛』、スター気取りの態度で視聴者をイラつかせているつるの剛士と、面子は他の曜日に比べて1枚も2枚も劣る惨状。
    その中でもブルゾンの評判は特に悪く、芸人なのにボケないどころか、その態度からは番組を盛り上げようとする意欲すら感じられません」(テレビ雑誌編集者)

    no title

    いつまでたっても結果を残せず…

    ネット上でも、水曜日の放送は特に荒れ模様。


    とりわけブルゾンに対する風当たりは強く、

    「番宣女優よりもおとなしい」
    「立って飯食ってるだけ」
    「お荷物は南原だけでいいのに」

    など、毎週さまざまな批判を受けている。


    そしてついに、制作サイドもこの状況を無視できなくなったようで…。

    「ご存じの通り、ブルゾンがブレークするきっかけとなったのは、2017年新春に放送された『おもしろ荘』(日本テレビ系)。
    その後も、同年の『24時間テレビ』マラソンランナーや『行列のできる法律相談所』準レギュラーに起用されるなど、イモトアヤコよろしく〝日テレ専属〟と言っていいタレントとなっています。
    しかし、もともと女優志望だったブルゾンはバラエティーで結果を残そうとしない上、NG項目だけは大御所並。
    次第に制作側はイライラを募らせていたのですが、その声が上層部にも響き、ブレークから丸3年となる今年で〝局を上げてのバックアップ〟をやめる方針が決まったそうです。
    『ヒルナンデス!』のレギュラーも、4月の改編で降板することが濃厚。
    まぁ、今のブルゾンは制作側としては扱い難い人材でしかありませんから、残念ながら当然だと言えるでしょう」(同・編集者)


    一時は〝時の人〟となったブルゾンだが、実力不足を露呈させたことで、最大の後ろ盾すらもなくしてしまったようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2188049/

    所長見解:たしかに・・・
    【【悲報】ブルゾンちえみさん、無能すぎる説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    6年連続の「視聴率3冠王」に沸く日本テレビが、元SMAPの「新しい地図」の稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の“囲い込み”に動き始めた。  

    地上波番組復帰となった大みそかの特番で大きな爪痕を残した3人に対し、なんとこの4月から、地上波ゴールデン&プライム帯のレギュラー番組を立ち上げ、すでに出演交渉もスタート、詰めの話し合いをしているという。


    t

     
    3人のレギュラー起用については、各テレビ局によるジャニーズ事務所への忖度により、地上波での活躍の場は皆無に等しかった。

     
    それが昨年、潮目が変わった。

    本紙既報通り、公正取引委員会が芸能事務所を退所したタレントの活動を一定期間禁止する契約は、独禁法違反に当たるとの見解を11月にまとめた。

     
    事務所が強い立場を利用した契約は、独禁法の「優越的地位の乱用」にあたり、悪質な場合は行政処分に踏み切る。

    これまでは一定の範囲では認められていたが、今後は原則禁止。

    公取委は業界団体を通じて各事務所に通知するとした。

     
    そして、日テレが動きだしたのは、それだけが理由ではなかった。

    「実際にこの3人を起用することに対して、やはりジャニーズ事務所に忖度する声が、日テレ内の編成や制作局のジャニーズ担当プロデューサーから多数出ていたんです。
    でも、そんな声も今では一蹴され、3人を起用することに対し、異議を唱える関係者は誰もいません」と明かすのは、ある事情通だ。

     
    状況を一変させたのは昨年大みそかに放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日スペシャル! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」だった。

    第1部の平均視聴率が16・2%、第2部が14・6%と、同時間帯の民放番組で堂々のトップ視聴率を叩き出したのだ(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    これによって、日テレ内のジャニーズに近い一派も何も言えなくなったわけだ。

    「昨年のNHK紅白歌合戦の第2部がワーストを記録したのは、間違いなく“ガキの使い”が予想以上の視聴率を取ったからに他なりません」(制作関係者)

     
    そして、その立役者と言われているのが、サプライズゲスト枠で出演した元SMAPの3人だ。

    本紙既報通り、その内容はジャニーズ時代では考えられないものだった。

     
    草なぎは話題の「全裸監督」の村西とおる監督役に扮し、パンツ一丁でカメラを持って登場。

    続いて登場した香取は生徒指導役の教師に扮して短髪のカツラをかぶり、超ミニスカートでのパンチラを披露。

    稲垣はお笑いコンビ「どぶろっく」とコラボし“大きなイチモツをください”を熱唱した。

     
    それだけではない。

    草なぎは数年前の泥酔全裸事件をイジられると、松本に中居正広と自分のどちらが好きかと迫った。

    NHK大河ドラマ「新選組!」で主演まで務めた香取が、パンチラをさらしたのも驚きだが、クールな二枚目イメージ稲垣の「イチモツ」連呼と、股間を巨大に膨らませるシーンにはファンもあぜんぼうぜんものだった。

    しかも、今回のこの企画は全て3人の発案だったというから2度ビックリだ。

    「昨年、3人は構成会議に出席するため、変装して日テレに来ていたそうです。
    ダウンタウン、月亭方正、ココリコの5人を笑わせるためにどうしたらいいのか? 
    過去の全シリーズを丹念に見直し、行き着いたテーマがこの下ネタだった。
    言い出しっぺは草なぎで『自分がパンイチで村西監督をやる』と言いだした。
    当初は引き気味だった香取と稲垣も『よし、やろう。今さら失うものはないよね』と腹をくくったんです。
    そして歴史に残るあのパフォーマンスとなった」(同事情通)

     
    この3人の覚悟と行動力に日テレの上層部もすっかり感心させられたという。

    こうなれば4月の新レギュラー番組の話も、トントン拍子で進んだことは想像に難くない。

     
    番組のタイトルも気になるが、いったいどんな内容になるのか、ファンならずとも大注目だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000003-tospoweb-ent

    所長見解:よかったやん・・・


    【【四月新番組】元SMAP・3人が地上波レギュラー復活の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いタレントのブルゾンちえみが、12月15日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。

    毎度、レギュラーメンバーのような頻度で登場しているブルゾンだが、その〝無能〟さに呆れている視聴者が多いようだ。


    この日の放送ではウエートリフティング選手の八木かなえや、女優の橋本愛といったノリに乗っている著名人が多く出演。

    「祝・初MC!世界の渡部があなたの願いかなえます!」というテーマのもと、MCを務める『アンジャッシュ』渡部建が出演者の願いを次々とかなえていった。

    そんな中、完全に置いてけぼりを食ってしまったのがブルゾン。

    『バイきんぐ』小峠英二が頭の上にニンジンを乗せてミニチュアホースに食べさせようと身体を張ったり、東野幸治が場をぐいぐいとリードする中、1人無言を貫いていった。

    その姿は凄まじく、出演陣の後方で地蔵のように固まり、気の利いた発言をする素振りすら見せなかった。

    b


    ようやく発言したと思ったら…

    そんなブルゾンがようやく重たい腰を上げたのは、和菓子専門店『くろぎ』のわらび餅を試食したシーン。

    しかし、1時間の放送の中での発言は、「私たちが普段食べているわらび餅は何パーなんですか?」と、わらび粉の含有量を訊ね、実食した名店の味を「この世にちょうどのモノがない!」「似てるモノがない!」と自慢げに語りだした試食シーンのみだった。

    独特過ぎる上に中身のない食レポに共演者も困り果てたのか、あっさりとスルーされたのが印象的だったこのくだり。

    完全にお荷物と化しているブルゾンに対し、視聴者からは、

    《マジで何のために出てるのコイツ》

    《そこらへんの子役でももっとマシなこと言えそう》

    《共演者ですら持て余してるのが伝わってくるわ》

    《この程度のコメントしかできないのにレギュラー面できるのはすごい》

    などといったストレートな意見が多数上がっている。


    「『芸人らしいことを一切言わない』『的確なコメントや専門知識が必要な発言を見せない』として数々の出演番組で醜態を見せてきたブルゾンですが、とうとう番組内での発言回数すら激減してきたようです。
    12月22日放送の『行列――』には出演しないようですが、今回の放送での〝地蔵っぷり〟が原因で、メディア露出はさらに減っていくのではないでしょうか」(芸能記者)


    果たして来年、テレビでブルゾンの姿を見ることはできるのだろうか…。

    http://dailynewsonline.jp/article/2122853/

    所長見解:もうね・・・
    【【放送事故】ブルゾンちえみさん無能すぎる説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年、日本テレビに入社した市來玲奈アナがパッとしない。

    彼女は元『乃木坂46』の第1期メンバー。

    同期には白石麻衣などがいる。


    r


    「伸び悩みという見方もありますが、見込み違いという説も出ています。
    元タレントですから、もっとブレークすると局側は踏んだのでしょう。
    ところが、入社以来、さして話題もなし。
    先が見えた感じもします」(女子アナライター)


    市來アナは早稲田大学卒業後、昨年4月に入社した。

    「入社直前までTBSのバラエティー企画で“社交ダンサー”として登場。
    同局のYアナウンサーとともにペアで大会に出る予定でした。
    ところが、いつの間にか彼女は画面から消滅。
    実は日本テレビに内定をもらっていたのにTBSに出演。
    収拾がつかなくなって逃げたというのが定説。
    現場で待たされたYアナは怒り心頭だったといいます」(同・ライター)


    どうやら日テレ内定を黙っていただけでなく、番組に出ないことも告げずに逃げたようだ。

    「市來アナは『乃木坂46』の卒業も、ほぼ脱走状態でした。
    早稲田の付属高校時代に乃木坂に合格。
    その後、早稲田大に進学すると、入学と同時に『勉強に専念する』という理由で卒業。
    早大に入るため、高校時代に勉強専念するなら分かりますが、大学に入ってから専念という意味不明さ。
    実は複数のファンと特別な関係を持ち、私的にデートしていたことがバレたと囁かれました。
    部屋で抱き合っている写真もネットに流出。
    男問題がチクられクビになったとウワサされたのです」(芸能記者)


    彼女のアヤシさは、これだけでない。

    大学で勉強に専念するはずが、すぐさま芸能プロに所属。

    それでTBSの社交ダンスに出た経緯がある。

    「日テレ入社後も“広末涼子似”とかいってアヒル口を売り物にしたものの、ほとんど反響がなかった。
    彼女、『元アイドルとして』『アイドル時代は』と言うのが、結構ハナにつく。
    目立とうとしている割に、全然オーラもないのです」(同・記者)


    10月からは、朝4時からの情報番組『『Oha!4 NEWS LIVE(おはよん)』の水曜日MCに異動。

    「おはよんは局の窓際番組。
    市來アナは夜ニュース『news zero』のお天気キャスターも降ろされた。
    一説では水卜麻美アナの後継を自認。
    冠番組を直訴したところ、早朝行きになったとか」(同)


    ルックスはさすがの元アイドル。

    何とかそれを生かしガンバってほしいものだが…。


    http://dailynewsonline.jp/article/2111719/
    週刊実話

    所長見解:行列の子やね・・・


    【【元・乃木坂】日テレ・市来玲奈アナがいまいちパッとしない闇過ぎる理由がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ