新しい地図

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年9月にジャニーズ事務所から独立し同じマネジメント会社に所属する元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が地上波の番組からのオファーがあったことを、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。

    s


    独立から1年経過した3人だが、仕事は順調そのもの。

    稲垣は3人で唯一の地上波レギュラー番組「ゴロウ・デラックス」(TBS系)が独立後にも継続。

    主演映画「半世界」(阪本順治監督、来年2月公開)が、先日開催された東京国際映画祭授賞式で観客賞を受賞。

    現在は主演舞台「No.9―不滅の旋律―」が都内で上演中だ。


    草なぎは独立前からのNHK「ブラタモリ」のナレーションを継続。

    春先に主演舞台をこなし、12月にも主演舞台が上演される。


    香取は9月19日から10月3日まで、パリのルーブル美術館・シャルル5世ホールにて初の個展を開催。

    12月から来年1月にかけて三谷幸喜氏作・演出の舞台「日本の歴史」に出演する。


    3人での活動は4月に期間限定で公開されたオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」がヒット。

    今年7月には「東京2020パラリンピック競技大会に向けての国際パラリンピック委員会特別親善大使」に就任。

    そちらの活動も精力的にこなしている。

    「ほかにはAbemaTVとガッチリタッグを組んでレギュラー番組を持ち、それぞれCMにも出演。稼ぎはとっくにSMAP時代を上回っているだろう」(芸能記者)

    そんな3人をついに地上波も無視できなくなった模様。

    同誌によると、3人には日本テレビ恒例の年末番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!」でオファーを出す動きがあったとか。

    結局、古巣・ジャニーズ事務所への忖度で話が立ち消えになってしまったという。

    「ジャニーズの看板・嵐がグループでレギュラー番組を持つフジテレビと日テレはいまだに3人のイベント取材に来ませんが、ついに3人の勢いを無視できなくなってしまったのでは」(同)

    最初に、独立後に初めてどこの局が3人を起用するかが非常に注目される。

    https://npn.co.jp/article/detail/15171285/


    所長見解:見たかったな・・・

    【【新しい地図】元SMAPの3人、ついにあの大型番組からオファーの模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『新しい地図』の稲垣吾郎が、中居正広との今後の関係を示す意味深な発言をした。

    稲垣は10月30日、自身が主演の映画『半世界』の記者会見に出席。
    映画は、生まれ育った地元の山で備長炭を作る炭火焼職人の紘(稲垣)が主人公。
    そこに中学生の同級生・瑛介(長谷川博己)が地元に戻ってくる。
    もう1人の同級生・光彦(渋川清彦)とともに、同じ年の3人、人生の半ばに差し掛かった葛藤、家族について見つめ直すヒューマンヒストリーだ。

    g


    「映画は来年2月公開。去る10月には『第31回東京国際映画祭』コンペティション部門に出品されています。これからの課題は、宣伝力でしょうね。
    今後、情報番組などで紹介してもらええるかどうか。
    ジャニーズ事務所の影響力が心配されます」(映画ライター)

    稲垣は会見で映画の主題である“仲間”“友情”について触れ、「ずっと仕事は男のグループでやってきて、今も形は変わっているのですが『新しい地図』として香取(慎吾)くんや草彅(剛)くんと一緒に多くのファンの方とともに、その地図を広げていくことに今は本当に無我夢中なんです」と語った。

    ここで気になるのは、稲垣は「ずっと仕事は男のグループ」と話したことだ。
    これは『SMAP』のことを、あえて指したのだとされる。
    その上で、「友情と仕事の仲間はちょっと違いますが、そういう絆は僕らにもありますし、すごく分かりますので、2人(草彅、香取)にも早く見てもらいたいですね」と発言。
    あえて草彅、香取のことを繰り返し、“仲間2人”をアピールした。

    「稲垣が草彅や香取の話をするときは、本当に真剣な目でした。
    たぶん、今後も3人でやっていくという決意なのでしょう。
    “友情”という言葉を強調したのは印象的でした」(ジャニーズライター)


    3人の友情を強調することで中居を拒否

    今、稲垣には中居が急接近中だ。
    一昨年、木村拓哉を“ハブ”にして行った忘年会をまたやろうと、中居が提案してきているという。

    「稲垣は中居が裏切る前まで、仕事上では中居とは仲が悪くはなかった。
    だから、今でも中居から連絡がきていて、昨年やっていない忘年会の話を中居が出してきた。
    稲垣は乗り気ではないのですが、いまだ断っていないといいます」(同・ライター)

    この背景にはマジメな草彅が中居に会うことを拒否していることもあるようだ。

    「稲垣は中居にハッキリ断れないので、映画を通し『今後も3人でやっていく』と語ったようです。事実上の中居合流拒否だと思いますね」(同)

    事務所に居場所のない中居が諦めるとも思えないが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1557480/


    所長見解:どうなんだろうね・・・

    【【元SMAP】稲垣吾郎が中居正広を完全拒絶の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「新しい地図」が原因!?
    ジャニーズが鈴木おさむに激怒し業界追放の危機!

    10月7日に放送されたバラエティ番組「7.2新しい別の窓」(AbemaTV)にて、19年の元旦に「お正月スペシャル」が放送されることが発表された。
    稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が元旦に集まって仕事をするのは23年ぶりとなる。

    72


    「今回の放送では、17年9月に『新しい地図』をスタートさせてから1年を迎えた3人が、パリで語り合う企画が放送されました。
    その際、草なぎは新たな道を歩み始めたことについて『自分の選択は間違っていなかったと思う』と本音を明かし、1年を振り返りました。
    また番組の最後には元旦SPの放送も発表され、ファンから歓喜の声があがりました」(テレビ誌記者)

    同番組が始まった当初は、ゲストに大手芸能事務所のタレントが1人も出演していないことが話題になったものの、現在は、ジャニーズに忖度しない大物俳優や歌手が続々と出演している。

    そんな中、ジャニーズが放送作家にまで圧力をかけている疑惑を、10月12日発売の「フライデー」が報じている。

    「『フライデー』の取材によると、森三中・大島美幸の夫で、放送作家の鈴木おさむが、Abemaの『新しい地図』の番組に関わっていた可能性があるとのことで、ジャニーズ事務所から『鈴木の起用を控えるように』と民放スタッフにお達しがあったそうです。
    しかし鈴木といえば、放送業界ではトップクラスの売れっ子作家ですから、彼を干すことでジャニーズは自分の首を絞めることになる可能性もあるでしょう。
    また、そんな状況のため、一部の業界人は、番組に関わっていることを内密にして『新しい地図』に協力している者も多いとのことです」(前出・テレビ誌記者)

    「フライデー」といえば2月の記事で、各局のプロデューサーに対し「『新しい地図』の番組に出演したタレントとは、共演NGにするように」と、ジャニーズから通達があったという内情を報じていた。
    それが今度は、裏方のスタッフにまで影響が出始めたようである。

    https://news.nifty.com/amp/entame/showbizd/12104-114056/


    所長見解:なんかね・・・

    【【ジャニーズ圧力】「新しい地図」の番組関与で放送作家・鈴木おさむ氏が業界追放の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「SMAP」という言葉が、消えてしまうのか。
    分裂騒動を引き起こし、一昨年、惜しまれつつも解散したSMAPの元メンバーはジャニーズ事務所内に木村拓哉と中居正広を残すのみとなったが、その2人に対して「元SMAP」の名称を使わないようにという“使用禁止令”がメディアに通達されていた。

    いったいどういうことなのか?

    この夏、木村は主演映画「検察側の罪人」が公開され、一時は連日のように番組に出演し、作品のPRに奔走していた。
    そんな動向が連日、報道される中、ある出版関係者は「ちょうどそのころメディアに対して、ジャニーズ事務所から『キムタクや中居正広に関しては“元SMAP”という肩書を使わないでくれ』というお達しが内々で出ていたんです。
    キムタクは『俳優の木村拓哉』で、中居は『タレントの中居正広』ということでやってくれという話でしたね」と明かす。

    2016年末の解散以降、即座に「SMAP」という文字を使わないメディアもあったが、「元SMAP」という文言を使用し続けている社も存在した。
    「まだ使っているところに通達が入った形です」と同関係者。

    すでに解散したとはいえ、一世を風靡したグループ名だけになぜなのか?

    あるテレビ局関係者は「過去を消すということではなく、いつまでもSMAPという文字が使われるのは、本人たちにとっても過去を引きずっているようで、マイナスイメージにつながりかねない」というワケだ。

    それだけではない。
    17年9月に事務所を辞めた香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人が立ち上げた「新しい地図」の影響もあるのではないかという。

    t


    芸能プロ関係者は「新しい地図の3人の躍進は目覚ましいですからね。
    『元SMAPの3人』という言われ方をしているケースが多いことから、『元SMAP』というと、どうしてもその3人のイメージが強すぎる。
    3人は地上波のテレビ番組こそ出てませんが、ビッグスポンサーのCMに出まくっている。キムタクや中居がそういう彼らと比べられるのも、決してプラスにはならないという判断もあるんじゃないですか」。

    とはいえ、木村らが「SMAP」だったということをNGにしているのではない。
    前出のテレビ局関係者は「キムタクが映画(「検察側の罪人」)のPRのために(ダブル主演の)嵐の二宮和也と出演した番組では、SMAPのグループ名の由来などについて話していたこともあるので、彼らにとって、SMAPのことは話してはいけないものでもないし、ましてや“黒歴史”ということでもない。
    ただ、単にメディア向けの措置と考えていいのでしょう」と話す。

    SMAP解散以後の木村は、解散を加速させた張本人といわれ人気を落としている。
    「そういう意味でもSMAPの文言はキムタクに、あまりいい影響を及ぼさないかもしれない」(前出のテレビ局関係者)

    使用禁止という措置も致し方がないのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000008-tospoweb-ent


    所長見解:怖いね・・・

    【【使用禁止令】「SMAP」が事実上消滅へ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演するAbemaTVのレギュラー番組『7.2新しい別の窓』(毎月第1日曜17:00~7.2時間生配信)の正月特番が、来年1月1日(15:00~22:15)に生配信されることが決定した。
    7日の番組内で発表された。

    番組の最後に、香取が「1月1日にお昼3時から『ななにー元日スペシャル!!』」と発表。
    毎月第1日に配信している同番組だが、1月は元日に特番として配信することが決定した。

    今年の1月1日も、0時45分から27分間にわたって同局で配信された特番『27Hunホンノちょっとテレビ』に生出演した3人だが、稲垣と草なぎが元日の日中に仕事をするのは23年ぶりとのこと。
    草なぎが「元日に僕らが会って仕事をするのは23年ぶりらしいです」と言うと、これまでも元日からよく稼働していた香取は「俺はけっこうしているよ。2人が…その情報、今いる!?」と突っ込んでいた。

    香取は番組終了後、自身のツイッターを更新。
    「元日スペシャル!なにすんだろ!みんなでお雑煮食べたい!」とつぶやいた。

    no title

    https://news.mynavi.jp/article/20181008-703112/ 


    所長見解:72時間はやらないのか・・・

    【【元SMAP】香取慎吾・稲垣吾郎・草なぎ剛で元日特番ってよwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ