ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    新しい地図

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    嵐活動休止に次ぐ衝撃情報が飛び込んで来た。

    これまで再三に渡りジャニーズ事務所からの独立説が囁かれてきた元『SMAP』のリーダー・中居正広(46)が一転、事務所残留を決意したという。

    k


    この情報を安堵と驚きをもって見守っているのがテレビ関係者だ。

    「ここだけの話、中居のジャニーズ離脱は時間の問題だった。
    GW連休明けの5月末には『今年9月をもっての円満退所』が発表されると噂されていた。
    ところが、すべてが白紙になった。
    なんでも中居の気持ちに大きな変化が起きたというんですよ」(民放編成関係者)


    そもそも、中居の“独立”が持ち上がった背景には、レギュラー番組の打ち切りがある。
    MCを務める『ナカイの窓』(日本テレビ系)と『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)の2番組が3月一杯で打ち切りになってしまうからだ。

    「5本あったレギュラーの内、いきなり2本が消えてしまうんです。
    それも理由があまりに不透明。
    百歩譲って視聴率が振るわないのなら理解できますが、この2番組はいい方で時間帯を考えたらむしろ優等生。
    打ち切る理由が全く見当たらない。
    しかも、ジャニーズという業界ガリバーの庇護下にあるわけです。
    スタッフにすらギリギリまで打ち切りについては知らされていなかった。
    まさに大人の事情があったと見るべきでしょう」(番組関係者)


    中居の2本のレギュラー番組打ち切りには、ジャニーズ事務所の意向が働いたことは確実。

    結果、事務所の判断に納得がいかない中居が退所を決めたと囁かれていたのだ。

    「中居が納得いかなかったのはレギュラー番組だけではない。
    今やCMも0本なんです。
    昨年秋、ゲーム会社のCMが最後になってしまった。
    中居の元には出演オファーがいくつか来ていたそうですが、ジャニーズサイドが戦略を盾に出演を許可しなかったと言われている。
    中居ばかりに集中すると、ジャニーズの若手の出演機会が奪われるというのが理由だとか」(大手広告代理店関係者)


    そんな飼い殺し状態に追い込まれた中居が、まず頼ったのがジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人。

    彼らが活動する『新しい地図』への合流を試みたという。

    「昨年末には4人で会食をした情報も飛び交いました。
    ここまでの話なら中居離脱はもはや避けようのない事柄。
    来るべきXデーに向け、中居のレギュラー番組を抱える日テレ、TBS、テレ朝はポスト中居を見込んで水面下で動き始めていた。
    7月には中居のレギュラー番組はすべて終了することまで内々定していたんです」(ジャニーズ関係者)


    それが急転直下、前述したように白紙に戻ってしまったのだ。

    周辺で何が起きたのか。

    「これまで犬猿の仲と言われていた中居とタッキーが手を組んだのです」

    こう証言するのは民放の宣伝担当幹部A氏。

    ジャニーズ事務所に所属するタレントの人事権を持つ系列会社『ジャニーズアイランド』の代表取締役社長に就任したタッキーこと滝沢秀明(36)に中居が絶対服従を誓ったというのだ。

    「実際に終了する中居の2番組の後枠を見ても、その片鱗が窺えます。
    『~身になる図書館』の後番組は、ジャニーズ事務所の後輩であるKis-My-Ft2がMCを務める『10万円でできるかな』(仮題)。
    『ナカイの窓』はKing&Princeの『深夜探偵団』(仮題)がスタートする。
    中居は後輩育成のために、喜んで自分のレギュラー番組を差し出したわけです」(事情通)

    ゆえに、一連の中居の行動については保身からくる完全なパフォーマンスだったと言われている。

    「独立に関しては採算が取れないことに気が付き、相当早い時期に断念していたそうです。それよりも中居を追い詰めたのが2年後に嵐のメンバーがソロ活動すること。
    特にライバルになるのが相葉雅紀(36)。
    キャラが中居とモロ被りするからです。
    相葉も演技や歌は下手だから、バラエティー番組が中心となる。
    しかも、最近やたらと“スポーツの相葉”あるいは“野球の相葉”として各テレビ局に猛烈な売り込みを掛けていた。
    相葉の後ろにはジャニーズの実質的権力者であるメリー喜多川副社長と藤島ジュリー景子副社長の母娘が付いていますから鬼に金棒です」(放送作家)

    https://npn.co.jp/article/detail/84058382/

    所長見解:そうなるか・・・

    【【元SMAP】中居正広、ジャニーズ事務所残留の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    春の番組改編で、中居正広の冠番組が2本消滅し、しかし2本新たにスタートするという。

    実質プラマイゼロだ。

    日本テレビは25日の定例会見後に、4月から深夜のエンタメ枠「プラチナイト」を金曜深夜に増枠し、中居正広が新番組MCに就任したと発表。

    同時に、水曜プラチナイトの『ナカイの窓』は、3月をもって終了する。

    かねてより、この春の改編で『ナカイの窓』と『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)が終了することは話題となっていた。

    いずれもとりわけ視聴率が低いわけでもなく、固定ファンのついている番組であるだけに、終了を訝しむ向きが強く、終了と引き換えに中居正広を起用した新番組が始まるかどうか、注目されていた。

    日テレでは新番組がスタートすることが明らかになったが、テレ朝はどうか。

    すでに『中居正広の身になる図書館』が終了することは発表されているが、2月19日配信の「東スポWeb」ニュースは、4月から新たに土曜日中にワイドショー番組をスタートさせ、中居正広が司会就任すると伝えている。

    その内容は、政治経済から芸能ニュースまで一週間のトピックを総ざらいするもので、日曜午前の『ワイドナショー』(フジテレビ系)を意識したものだという。

    中居正広のMC力はもはや誰もが疑わないところだが、しかしタレントが時事ネタを扱うのはリスクも伴う。

    本人の剥き出しの価値観が表に出てしまうからだ。

    現に『ワイドナショー』の松本人志は、事件などを下手にイジろうとして失言を重ねており、もはや笑えない状況になっている。

    n


    また、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)、『中居くん決めて!』(同)は改編の影響なく継続するとすれば、中居正広のレギュラー司会番組はこの春以降も変わらず5本。

    あるいはさらに新規の番組がこれから発表される可能性もある。

    気になるのは、ジャニーズ事務所との微妙な関係性だ。

    『ナカイの窓』『身になる図書館』終了の報道と同時に、今年こそジャニーズとの契約を切り独立するのではないかとの噂が俄かに再燃した。

    今の中居にその意思があるのかは不明だが、断念したとはいえ、SMAPとして離脱を検討した時期があったことは確か。

    ただ新番組のスタートや、レギュラー継続があることから少なくとも今年はその決断の年でないのだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1709429/

    所長見解:出ないか・・・

    【【独立問題】中居正広の番組が新たに2本スタートの意味・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月16日、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、東京・調布市の武蔵野の森スポーツプラザメインアリーナで、初のファンミーティングを行った。

    会場には、昼夜2回公演で1万6000人ものファンが集まったという。

    「3人がジャニーズ事務所から独立後、初の単独イベントということで多くのファンが集結。
    一部スポーツ紙によると、会場では『新しい地図』の代表曲『雨あがりのステップ』などのライブパフォーマンスや、抽選で選ばれたファンをステージに上げ、一緒にゲームを楽しむなど、ファンにとっては満足のイベントとなったようです」(芸能記者)

    そんななか会場では、一部の心無いファンの暴走によって、お年寄りが大怪我を負う悲劇が起きたという。

    t


    「イベント後、ある女性ファンのツイッターの投稿が物議を醸しています。
    彼女によると、85歳の母親がイベントに参加していたそうなのですが、客席に金のテープが落ちてきた際、我を失ったファンが殺到し、母親は押し倒され、骨折したというのです。
    その時、ファンはイノシシ化しており、倒れた母親に目もくれずテープを追いかけていたとのこと。
    また、怪我をした女性はその後、入院となったようです。
    これにはSNSで『ご高齢の方を突き飛ばすとか、いい歳して常識がなさすぎる!』と批判の声が殺到。
    今後、イベントでは警備員の増員やテープの廃止が検討されるかもしれません」(前出・芸能記者)

    ファンには節度とマナーを守ってライブを楽しんでもらいたいものだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16044453/

    所長見解:元気やね・・・

    【【元SMAP】「新しい地図」ファンミーティングで何やら大事故の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中居正広の冠番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)が、3月いっぱいで打ち切られるという。

    14日発売の「女性セブン」(小学館)がその打ち上げの様子を報じ、中居正広に囁かれている「6月事務所退所説」も、とうとう信憑性を増し始めている。

    「女性セブン」によれば、2月8日の午後9時頃、中居正広は都内の居酒屋に姿を現した。

    中居が引き連れていたのは、陣内友則、アンタッチャブルの山崎弘也、おぎやはぎの矢作兼、タカアンドトシのトシ、ハリセンボンの近藤春菜。

    中居の冠番組『ナカイの窓』のレギュラーメンバーである。

    この夜は、3月いっぱいで打ち切りとなる『ナカイの窓』の打ち上げの席だったそうだ。

    日本テレビの正式な発表はまだないものの、『ナカイの窓』は4月の番組改編時期に合わせて終了すると見られており、後番組の担当にはジャニーズの後輩グループ、King&PrinceやSexyZoneが浮上しているという。

    n


    1月から囁かれてきた中居の番組打ち切り。

    1月16日付の「デイリー新潮」が、中居正広が抱える冠番組5本のうち、『ナカイの窓』と『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)が相次いで打ち切りになると報じたのだ。

    いずれも理由は「視聴率の低迷」という。

    しかし、実際の数字はどちらも打ち切りが必要なほど悪くはない。

    キー局が不自然な「中居切り」へと舵を切ったことに、関係者には驚きと衝撃が広まっていた。

    この不可解な動きによって浮上したのが、中居正広の「ジャニーズ事務所退所」だ。

    ジャニーズ事務所の契約更新確認は6月に行なわれるが、中居は契約を更新せず9月で退所するとの説である。

    現在、ジャニーズ事務所は転換期を迎えており、2018年をもって引退して裏方に回った滝沢秀明がJr.を統率するなど抜本的な改革が始まっている。

    この背景には、2016年のSMAP解散騒動に端を発し、ジャニーズのブランド毀損が進んでいるという事情がある。

    そんな中で、中居は事務所を立て直す役割を負うのか、それともこのタイミングで事務所を離れるのか。

    不可解な冠番組の打ち切りが相次いでいるのは、事務所が中居を「干して」いるのではなく、むしろ中居が現状の仕事を“整理”していると見ることも出来る。

    草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾は独立し、現在は自由な活動ぶりを見せている。

    中居がそちらに合流するとしても、ファンは納得するだろう。

    また、木村拓哉も同じく6月に契約更新を控えており、その動向が注目されている。

    木村は1月14日放送の『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に出演、占い芸人のアポロン山崎から「6月に新たなことがスタートする」とのお告げを受けて複雑な表情を浮かべていた。

    何事もなく夏を過ぎ、冬を迎えるのか。

    それとも「新たなことがスタートする」のか。

    中居と木村の決断に、注目が集まっている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1694320/

    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【合流へ】中居正広、6月に決断説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPで俳優の稲垣吾郎がMCを務める、TBS系「ゴロウ・デラックス」が今春終了することが内定したことを、一部スポーツ紙が報じている。

    同番組は、2011年4月にスタート。

    稲垣と同局の外山惠理アナウンサーが、毎週1冊の話題書やベストセラーなど、さまざまなジャンルの本を深く紹介し、著者をゲストに招いて辛口トークを展開。

    良質な教養番組として評価が高かった。

    記事によると、これまでも番組存続について議論されることがあったというが、春の改編を機に、8年の歴史に幕を下ろすことになったというのだ。

    「稲垣は香取慎吾、草なぎ剛とともに17年9月にジャニーズ事務所から独立。
    その後、香取と草なぎは翌年4月の改編までに民放地上波のレギュラー番組が0本になり、稲垣のみ残っていたが、これで消滅してしまった。
    その背景には、相変わらずテレビ各局の、3人の古巣であるジャニーズ事務所への必要以上の忖度が働いてしまっている」(放送担当記者)

    t


    民放地上波でレギュラー0本の3人だが、映画、舞台、CM、インターネットTV・AbemaTVのレギュラー番組、SNSなどでマルチに活動を展開。

    それぞれの年収はすでにジャニーズ時代を上回っているとも言われているが、今後、民放地上波への復帰が叶うかどうかが気になるところだ。

    「一部報道によると、元SMAPの中居正広が3人の起用を旧知の制作サイドに対してアピールしているという。
    しかし、結果、中居のアピールは聞き入れられず。
    3人のために中居が大胆な行動を起こす可能性もありそうだ」(テレビ局関係者)

    今後、売れっ子の中居が3人を“サポート”し続ければ、民放地上波への復帰がかなうかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1680259/

    所長見解:中居いいやつやね・・・

    【【中居協力も】元SMAPの3人、民放キー局のレギュラーが全滅した理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ