新しい地図

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    公正取引委員会が、元SMAPの稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の3人を民放テレビ局に出演できないよう圧力をかけた疑惑があるとして、ジャニーズ事務所を注意した問題に関して、マツコ・デラックス(46)が“爆弾発言”し周囲をギョッとさせている。

    1日発売の「週刊文春」で「あの3人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていたんだから」などと指摘したのだ。

    テレビ局、元SMAPファンを巻き込んで大騒動に発展するのは必至。

    「新しい地図」の3人の今後の地上波出演にも、大きな影響を及ぼしそうだ。


    m


    公取委が、独占禁止法違反につながる恐れがあるとして、ジャニーズ事務所を注意したことが発覚してから、「新しい地図」の稲垣、草なぎ、香取の3人は、さながらジャニーズの“圧力にも負けずに頑張っている悲劇のヒーロー”のように捉えられている。

    ジャニーズ、民放各局ともに圧力を否定しているが、世間の目はそれを100%信じているわけではないだろう。


    そうしたなか、1日発売の「週刊文春」が、TOKYO MXの「5時に夢中!」を舞台に発生した、ある“事件”を報じた。

    ジャニーズ退所後の2017年10月、稲垣が同番組に出演した後のことだ。

    好評だったためレギュラー化する計画が持ち上がったところ、月曜レギュラーで、稲垣のパートナー候補に挙がったマツコの事務所が拒否して話が流れた――というものだ。

    「マツコはジャニーズのタレントと共演しているだけではなく、幹部とも親しい関係にある」(芸能関係者)。

    そのために忖度したのかと思いきや…。

    マツコは文春の直撃に「私は『(共演者の)若林史江以外、嫌です』っていう話よ」
    「あの騒動直後の稲垣が出ることによって、あの番組が築き上げたカラーがどうなるか考えてよ。(中略)当時なら中居正広でも木村拓哉でも断ってたわよ」と否定した。

    マツコと木村は高校時代の同級生だったにもかかわらず「断ってたわよ」と発言しただけに、これはマツコの本音だろう。

    それだけに大きな波紋を呼びそうなのは、マツコが「新しい地図」の3人に言及した部分だ。

    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.excite.co.jp/news/article-amp/TokyoSports_1494591/%3Fusqp%3Dmq331AQPKAFwAZgBh97YmsS9q-UT

    所長見解:なんやろね・・・
    【【これはひどい】マツコ、元SMAP3人のことをボロクソに言った件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    公取委が注意 「新しい地図」への「圧力」中心人物は嵐の元マネージャーだった

    独占禁止法違反の恐れがあるとして、公正取引委員会から注意を受けていたことが明らかになったジャニーズ事務所。

    テレビ局に圧力をかけていた中心人物が、嵐の元チーフマネージャー・A氏だったことが、「週刊文春」の取材でわかった。


    m


    「公取委が問題視したのは、2017年9月にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎(45)、草彅剛(45)、香取慎吾(42)の3人を巡るテレビ局への圧力です。
    公取委は3人の独立後に出演番組が次々と終了した経緯などを調査。
    昨年頃からテレビ局をはじめ、関係各所にヒアリングを行っていました」(社会部記者)



    ジャニーズ事務所が、テレビ局への圧力を強めるきっかけとなったのが、2017年11月に3日間にわたり、インターネットテレビ「Abema TV」で放送された「72時間ホンネテレビ」だった。

     
    その後、A氏は、元SMAPの3人を取り上げた番組や尺の長さをリストにしたものを提示し、「なぜこうなったのですか?」と理由を問い詰めるなどしていたという。

    A氏は、嵐の元チーフマネージャーで、藤島ジュリー景子副社長の右腕として知られる人物だ。


    (リンク先に続きあり)
    https://bunshun.jp/articles/-/12988?page=1 

    所長見解:そうやろね・・・
    【【調査結果】元SMAPへの「圧力」中心人物はまさかの人物の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    公正取引委員会がジャニーズ事務所に注意をしたとの報道を受け、日本財団の笹川陽平会長が2019年7月23日、ブログで「早急に(元SMAPの)3人のテレビ復帰を実現させてほしい」と要請した。


    s


    元SMAPの元メンバーである稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんは、SMAP時代の2015年から日本財団パラリンピックサポートセンタースペシャルサポーターを務める。

    「ジャニーズ事務所の〝圧力〟もさることながら、テレビ局の姿勢にはあきれてしまう。
    日ごろ『報道の自由』を金科玉条にしているはずの各テレビ局が、国家的イベントである東京パラリンピック大会の成功よりも、多くのタレントを擁するジャニーズ事務所の意向を忖度したとしか思えない。
    公正取引委員会はジャニーズ事務所に対し、独占禁止法への違反行為は認められないものの、違反につながる恐れがあるとして注意したという。
    これはジャニーズ事務所が、SMAPの元メンバー3人を出演させないよう各テレビ局に圧力をかけたことを物語ってはいまいか」

    「視聴率を1%アップするためにしのぎを削る各テレビ局が、根強い人気をもつSMAPの元メンバーを2年間も出演させないこと自体が異常である。
    『出演の可否は独自の判断で決めている』
    『ジャニーズ事務所からの圧力はなかった』
    などとするテレビ局側の白々しいコメントを信じる視聴者など、どこにもいないだろう。

    独禁法違反につながりかねない状況を公取委が確認したのであれば、各テレビ局も謙虚に事実を認めるべきである。
    東京パラリンピック大会を成功させるためにも、早急に3人のテレビ復帰を実現させてほしいものだ」

    https://www.j-cast.com/2019/07/23363275.html

    所長見解:まあね・・・
    【【朗報】大物さん「元SMAPの3人をテレビに復帰させろ」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「SMAP」の元メンバー、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人を出演させないよう、民放テレビ局などに対し圧力をかけていた疑いがあるとして、公正取引委員会はジャニーズ事務所を注意しました。

    公正取引委員会は、民放テレビ局などに対し独立した3人を出演させれば、所属タレントの出演が難しくなるなどと感じさせる言動があり、独占禁止法違反につながるおそれがあると判断したとみられます。

    関係者によりますと、ジャニーズ事務所は3年前に解散した「SMAP」の元メンバー、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人を出演させないよう、民放テレビ局などに対し圧力をかけていた疑いがあるということです。

    公正取引委員会は、ことしに入ってジャニーズ事務所の幹部やテレビ局の関係者などから事情を聴くなどして調査を進めていたということで、公正取引委員会は独占禁止法違反につながるおそれがあるとして、17日までにジャニーズ事務所を注意しました。

    稲垣さん、草なぎさん、香取さんの3人は、テレビのドラマやバラエティー番組に数多く出演し、国民的な人気を集めていましたが、ジャニーズ事務所から独立後、民放テレビ局のレギュラー番組が次々に打ち切りとなり、現在、民放の番組への出演はなくなっていました。

    公正取引委員会は民放テレビ局などに対し、独立した3人を出演させれば、ジャニーズ事務所の所属タレントの出演が難しくなるなどと感じさせる言動があり、こうした行為が3人が新たに所属する事務所の活動を不当に妨害する「取引妨害」などにつながるおそれがあると判断したとみられます。

    芸能人と所属事務所の関係をめぐっては、独立や移籍をめぐってトラブルになるケースが相次いでいて、公正取引委員会は引き続き、芸能人のトラブルなどの実態把握を進めるものとみられます。


    m


    ジャニーズ事務所「圧力などかけた事実はない」

    ジャニーズ事務所は「テレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして、行政処分や警告を受けたものでもありません。
    とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います」とするコメントをウェブサイトに掲載しました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190718/k10011996431000.html

    所長見解:忖度やんね・・・
    【【話題】ジャニーズ事務所、元SMAPのテレビ出演に圧力の疑いってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月13日に、千葉・幕張イベントホールで開催される、bayfmの30周年を記念する無料招待制イベント『幕張メッセ×bayfm 30th ANNIVERSARY THANKS PARTY』の追加出演者が、7月8日に発表された。

    8日の発表では、『新しい地図』として活動する、元SMAPの草なぎ剛(44)と香取慎吾(42)の『ShinTsuyo』が、同イベント第1部のMCを務めることが明らかになった。

    「第1部に出演するアーティストには、SMAPの代表曲で、平成で最も売れたシングル曲となった『世界に一つだけの花』の作詞作曲を担当した、槇原敬之(50)もいます。
    もしかしたら、草なぎと香取の前で、槇原が『世界に一つだけの花』を披露するなんていうサプライズも……」(音楽誌ライター)

    『新しい地図』は、同イベント以外にも9月14日・15日に千葉・袖ヶ浦海浜公園で開催される音楽フェス『気志團万博2019~房総ロックンロール最高びんびん物語~』にも出演する。

    さらに、個人の活動では、香取主演の映画『凪待ち』が公開中。

    稲垣吾郎(45)は手塚治虫が描いたマンガ『ばるぼら』を原作とする映画で主演を務めることが明らかになっている。

    「『新しい地図』の3人は、テレビCMも絶好調です。
    3人そろってでは、『ロト&ナンバーズ』と『星のドラゴンクエスト』のCMに出演。
    さらにそれぞれ『オールフリー』『ファミリーマート』をはじめ、10本近くのCMに出演し、3人を見ない日はありません。
    7月7日の『デイリー新潮』の報道にもありますが、これだけ『新しい地図』が活躍できるのは、3人とともにジャニーズ事務所を退所した元SMAPマネージャーで、現在3人が所属する事務所『CULEN』の代表を務めるI女史が業界内で信頼されていることが大きいからだといいます」(芸能プロ関係者)

    勢いの止まらない『新しい地図』。

    そしてさらに、ここにきて地上波のテレビでも、彼らに関する大きな動きがあったという。

    「これまで、キー局の情報番組、ワイドショーでは『新しい地図』を芸能ニュースで取り上げることはありませんでした。
    それは、もちろんジャニーズ事務所への忖度です。
    それがここにきて、複数の局が“短い時間ならOK”という方針を出したそうなんです。
    『新しい地図』解禁の背景には、“ジャニーズの弱体化”という面もあるかもしれません。
    現在、イケメンはジャニーズ以外にもたくさんいます。
    さらに社長のジャニー喜多川氏あってこそのジャニーズ事務所。
    ジャニー氏を尊敬してジャニーズに入所するタレントばかりですからね。
    しかし、次期社長と目される藤島ジュリー景子副社長に世代交代したら、ますますジャニーズ事務所の影響力は弱体化するのではないでしょうか。
    ジャニー氏も残念ながら亡くなってしまいましたからね……」(前出の芸能プロ関係者)


    t



    ■『新しい地図』の3人がフジテレビで歌声を披露!?

    6月26日放送の『テレ東音楽祭2019』(テレビ東京系)では、SMAPのコンサート映像が流れ、稲垣、草なぎ、香取らがSMAPの名曲『俺たちに明日はある』を歌う映像もしっかりと放送された。

    「『テレ東音楽祭』でSMAPの映像が流れたことで、同業者の間でも、ようやくSMAP5人の映像が地上波で“解禁”されたんだと話題になりました。

    また、9月15日に『新しい地図』が出演する『気志團万博』は、例年『WOWOW』や『フジテレビNEXT』といった有料チャンネルで放送されています。
    有料チャンネルですが、『フジテレビNEXT』で『気志團万博』が放送されれば、『新しい地図』の3人がフジテレビの番組で歌うのは『SMAP×SMAP』以来ということになります。

    これをきっかけに地上波への解禁もどんどん進んでいくのではないかとささやかれていますね。

    さらに、『新しい地図』は、『日本財団パラリンピックサポートセンタースペシャルサポーター』を務めています。
    来年のパラリンピック開催時には3人を地上波で目にする機会も増えるかもしれません」(民放局ディレクター)

    SMAP解散から3年、『新しい地図』の本格攻勢がいよいよ始まるようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1923888/
    日刊大衆

    所長見解:よかったやん・・・


    【【元SMAP】稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、ついにテレビ復帰ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ